Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO2020196275 - DISPOSITIF TERMINAL, DISPOSITIF DE STATION DE BASE, PROCÉDÉ DE COMMUNICATION ET PROCÉDÉ DE COMMANDE DE DISPOSITIF DE STATION DE BASE

Document

明 細 書

発明の名称 端末装置、基地局装置、通信方法、及び基地局装置の制御方法

技術分野

0001  

背景技術

0002   0003  

先行技術文献

特許文献

0004  

発明の概要

発明が解決しようとする課題

0005   0006  

課題を解決するための手段

0007  

図面の簡単な説明

0008  

発明を実施するための形態

0009   0010   0011   0012   0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046   0047   0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059   0060   0061   0062   0063   0064   0065   0066   0067   0068   0069   0070   0071   0072   0073   0074   0075   0076   0077   0078   0079   0080   0081   0082   0083   0084   0085   0086   0087   0088   0089   0090   0091   0092   0093   0094   0095   0096   0097   0098   0099   0100   0101   0102   0103   0104   0105   0106   0107   0108   0109   0110   0111   0112   0113   0114   0115   0116   0117   0118   0119   0120   0121   0122   0123   0124   0125   0126   0127   0128   0129   0130   0131   0132   0133   0134   0135   0136   0137   0138   0139   0140   0141   0142   0143   0144   0145   0146   0147   0148   0149   0150   0151   0152   0153   0154   0155   0156   0157   0158   0159   0160   0161   0162   0163   0164   0165   0166   0167   0168   0169   0170   0171   0172   0173   0174   0175   0176   0177   0178   0179   0180   0181   0182   0183   0184   0185   0186   0187   0188   0189   0190   0191   0192   0193   0194   0195   0196   0197   0198   0199   0200   0201   0202   0203   0204   0205   0206   0207   0208   0209   0210   0211   0212   0213   0214   0215   0216   0217   0218   0219   0220   0221   0222   0223   0224   0225   0226   0227   0228   0229   0230   0231   0232   0233   0234   0235   0236  

符号の説明

0237  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17  

図面

1   2   3   4   5   6A   6B   7   8   9   10   11   12A   12B   12C   12D   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25  

明 細 書

発明の名称 : 端末装置、基地局装置、通信方法、及び基地局装置の制御方法

技術分野

[0001]
 本開示は、端末装置、基地局装置、通信方法、及び基地局装置の制御方法に関する。

背景技術

[0002]
 セルラー移動通信の無線アクセス方式および無線ネットワーク(以下、「Long Term Evolution(LTE)」、「LTE-Advanced(LTE-A)」、「LTE-Advanced Pro(LTE-A Pro)」、「5G(第5世代)」「New Radio(NR)」、「New Radio Access Technology(NRAT)」、「Evolved Universal Terrestrial Radio Access(EUTRA)」、または「Further EUTRA(FEUTRA)」とも称する。)が、第三世代パートナーシッププロジェクト(3rd Generation Partnership Project: 3GPP)において検討されている。なお、以下の説明において、LTEは、LTE-A、LTE-A Pro、およびEUTRAを含み、NRは、NRAT、およびFEUTRAを含む。LTEおよびNRでは、基地局装置(基地局)はLTEにおいてevolved NodeB(eNodeB)およびNRにおいてgNodeBとも称され、端末装置(移動局、移動局装置、端末)はUE(User Equipment)とも称される。LTEおよびNRは、基地局がカバーするエリアをセル状に複数配置するセルラー通信システムである。単一の基地局は複数のセルを管理してもよい。
[0003]
 例えば、特許文献1には、複数のビームフォーミングアンテナを使用する無線通信システムにおいて、ビームフォーミングを使用して通信するためのフレームについて開示されている。

先行技術文献

特許文献

[0004]
特許文献1 : 特表2014-524217号公報

発明の概要

発明が解決しようとする課題

[0005]
 ところで、端末に受信アンテナパネルが複数ある場合、端末が使用する受信アンテナパネルや受信ビーム等の組み合わせによって、基地局と端末との間の無線品質(e.g. チャネル品質)が異なるかもしれない。従って、端末が基地局から信号を受信する場合に、端末が使用すべき受信アンテナパネルや受信ビーム等の組み合わせを基地局に指定してもらうことが望ましいかもしれない。この場合、基地局から受信アンテナパネルや受信ビーム等の組み合わせの指定が無かった場合に備えて、受信アンテナパネルや受信ビーム等の組み合わせのデフォルトを設定しておく必要がある。
[0006]
 そこで、本開示では、受信アンテナパネルや受信ビーム等の組み合わせのデフォルトを適切な設定に寄与することができる端末装置、基地局装置、通信方法、及び基地局装置の制御方法を提案する。

課題を解決するための手段

[0007]
 上記の課題を解決するために、本開示に係る一形態の通信装置は、選択部と、設定部とを備える。前記選択部は、基地局から送信された複数の参照信号から予め設定されたグループごとに参照信号を選択する。前記設定部は、前記基地局から送信される複数の制御情報それぞれを受信する際の受信アンテナパネル及び受信ビームの組み合わせを、前記選択部で前記グループごとに選択された参照信号を受信した際の受信アンテナパネル及び受信ビームの組み合わせに基づいて設定する。

図面の簡単な説明

[0008]
[図1] 本開示の一実施形態に係る通信システムの全体構成の一例を示す図である。
[図2] BWPについて説明するための図である。
[図3] ビームスィーピングについて説明するための図である。
[図4] 基地局と端末装置とにより実行される典型的なビーム選択手続き及びCSI取得手続きの流れの一例を示すシーケンス図である。
[図5] 基地局と端末装置とにより実行される典型的なビーム選択手続き及びCSI取得手続きの流れの他の一例を示すシーケンス図である。
[図6A] アナログ-デジタルハイブリットアンテナアーキテクチャの一例を説明するための図である。
[図6B] 端末装置に8つのアンテナパネルが配置されている例を示す説明図である。
[図7] 2つのビームセットを示す図である。
[図8] 同期信号を示す図である。
[図9] 同期信号を示す図である。
[図10] 実施形態に係る基地局装置の構成の一例を示すブロック図である。
[図11] 実施形態に係る端末装置の構成の一例を示すブロック図である。
[図12A] 端末設定されたリソース領域を示す図である。
[図12B] 端末設定されたリソース領域を示す図である。
[図12C] 端末設定されたリソース領域を示す図である。
[図12D] 端末設定されたリソース領域を示す図である。
[図13] 実施形態に係る通信システムが実行する通信制御処理のシーケンス図である。
[図14] 端末設定されたリソース領域を示す図である。
[図15] 端末設定されたリソース領域を示す図である。
[図16] 端末設定されたリソース領域を示す図である。
[図17] 端末設定されたリソース領域を示す図である。
[図18] PDSCHのリソース領域の設定方法を示す図である。
[図19] PDSCHのリソース領域の設定方法を示す図である。
[図20] PDSCHのリソース領域の設定方法を示す図である。
[図21] PDSCHのリソース領域の設定方法を示す図である。
[図22] 本開示に係る技術が適用され得るgNBの概略的な構成の第1の例を示すブロック図である。
[図23] 本開示に係る技術が適用され得るgNBの概略的な構成の第2の例を示すブロック図である。
[図24] 本開示に係る技術が適用され得るスマートフォンの概略的な構成の一例を示すブロック図である。
[図25] 本開示に係る技術が適用され得るカーナビゲーション装置の概略的な構成の一例を示すブロック図である。

発明を実施するための形態

[0009]
 以下に、本開示の実施形態について図面に基づいて詳細に説明する。なお、以下の各実施形態において、同一の部位には同一の符号を付することにより重複する説明を省略する。
[0010]
 また、本明細書及び図面において、実質的に同一の機能構成を有する複数の構成要素を、同一の符号の後に異なる数字を付して区別する場合もある。ただし、実質的に同一の機能構成を有する複数の構成要素の各々を特に区別する必要がない場合、同一符号のみを付する。
[0011]
 また、以下に示す項目順序に従って本開示を説明する。
  1.はじめに
   1.1.システム構成
   1.2.関連技術
   1.3.提案技術の概要
  2.構成例
   2.1.基地局の構成例
   2.2.端末装置の構成例
  3.実施形態
   3.1.PDCCHにおけるリソース領域のデフォルト設定
   3.2.PDSCHにおけるリソース領域のデフォルト設定
  4.応用例
   4.1.基地局に関する応用例
   4.2.端末装置に関する応用例
  5.変形例
  6.まとめ
[0012]
<<1.はじめに>>
<1.1.システム構成>
 図1は、本開示の一実施形態に係る通信システム1の全体構成の一例を示す図である。図1に示したように、通信システム1は、基地局100(100A及び100B)、端末装置200(200A及び200B)、コアネットワーク(Core Network)20、及びPDN(Packet Data Network)30(又は単にDN(Data Network))を含む。
[0013]
 基地局100は、基地局に設置された基地局装置であり、セル11(11A及び11B)を運用し、セル11の内部に位置する1つ以上の端末装置へ無線サービスを提供する通信装置である。例えば、基地局100Aは、端末装置200Aに無線サービスを提供し、基地局100Bは端末装置200Bに無線サービスを提供する。セル11は、例えばLTE又はNR(New Radio)等の任意の無線通信方式に従って運用され得る。基地局100はeNodeB、ng-eNodeB、gNodeBおよびen-gNodeBのいずれかであってもよい。さらに又はこれに代えて、基地局100がeNodeB、及びen-gNodeBのいずれかである場合、基地局100はEUTRANと称されてもよい。さらに又はこれに代えて、基地局100がgNodeB、及びng-eNodeBのいずれかである場合、基地局100はNGRANと称されてもよい。基地局100は、コアネットワーク20に接続される。コアネットワーク20は、PDN30に接続される。
[0014]
 コアネットワーク20は、LTEにおけるEPCである場合、例えばMME(Mobility Management Entity)、S-GW(Serving gateway)、P-GW(PDN gateway)、PCRF(Policy and Charging Rule Function)及びHSS(Home Subscriber Server)を含み得る。MMEは、制御プレーンの信号を取り扱う制御ノードであり、端末装置の移動状態を管理する。S-GWは、ユーザプレーンの信号を取り扱う制御ノードであり、ユーザ情報の転送経路を切り替えるゲートウェイ装置である。P-GWは、ユーザプレーンの信号を取り扱う制御ノードであり、コアネットワーク20とPDN30との接続点となるゲートウェイ装置である。PCRFは、ベアラに対するQoS(Quality of Service)等のポリシー及び課金に関する制御を行う制御ノードである。HSSは、加入者データを取り扱い、サービス制御を行う制御ノードである。一方、コアネットワーク20がNRにおける5GCである場合、AMF(Access and mobility Management Function)、SMF(Session Management Function)、UPF(User-Plane Function)、PCF(Policy Control Function)及びUDM(Unified Data Management)を含みうる。AMFは、制御プレーンの信号を取り扱う制御ノードであり、端末装置の移動状態を管理する。SMFは、制御プレーンの信号を取り扱う制御ノードであり、データの転送経路を管理する。UPFは、ユーザプレーンの信号を取り扱う制御ノードであり、ユーザ情報の転送経路を管理する。PCFは、ポリシーに関する制御を行う制御ノードである。UDMは、加入者データを取り扱う制御ノードである。
[0015]
 端末装置200は、基地局100による制御に基づいて基地局100と無線通信する通信装置である。端末装置200は、いわゆるユーザ端末(User Equipment:UE)であってもよい。例えば、端末装置200は、基地局100にアップリンク信号を送信して、基地局100からダウンリンク信号を受信する。
[0016]
 <1.2.関連技術>
(1)BWP(Bandwidth Part)
 図2は、BWPについて説明するための図である。図2の例では、CC(Component Carrier)#1は、複数のBWP(#1及び#2)を含み、CC#2は、複数のBWP(#1及び#2)を含む。なお、本明細書において、#の後の数字は、インデックス(又は識別子(identifier))を示すものとする。異なるCCに含まれるBWPは、インデックスが同一であっても、異なるBWPを示している。BWPは、ひとつのオペレーション周波数帯域幅(operation band width)であるCCを複数の周波数帯域幅に分けたものである。各々のBWPにおいては、異なるサブキャリア間隔(Subcarrier spacing)(i.g. Numerology)が設定され得る。なお、1つのCCはDownlink Component CarrierとUplink Component Carrierとを含んでいてもよいし、Downlink Component CarrierとUplink Component Carrierのいずれかであってもよい。また、1つのCCは1つのCellと対応していてもよい。すなわち、1つのCellの中に複数のBWPが含まれていてもよい。
[0017]
 3GPP Rel15のNRでは、このBWPが規格化された。BWPは1つのセルのトータルセル帯域幅(total cell bandwidth)のサブセットともいえる。LTEについてRel8で規格化されたOFDM(Orthogonal Frequency Division Multiplexing)変調方式では、サブキャリア間隔は15kHzに固定されていた。他方、Rel15のNRでは、サブキャリア間隔を15kHz、30kHz、60kHz、120kHz又は240kHzにすることが可能である。サブキャリア間隔が長くなると、その分OFDMシンボル長が短くなる。例えば、LTEでは、サブキャリア間隔が15kHzであるから、1ms(ミリ秒)(i.e. 1サブフレーム)あたりに2スロット送信可能であり、換言すると、14OFDMシンボルを送信可能であった。他方、NRでは、例えばサブキャリア間隔が60kHzである場合には1msあたりに4スロット、120kHzである場合には1msあたりに8スロット、240kHzである場合には1msあたりに16スロットを送信可能である。このように、サブキャリアを長くすることで、OFDMシンボル長が短くなる。その分、低遅延通信に適したフレーム構成を提供することが可能となる。
[0018]
 NRでは、異なるサブキャリア間隔が設定されたBWPを同時に端末へ設定することができる。そのため、NRでは、異なるユースケースに対応する、複数のBWPを同時に提供することができる。
[0019]
(2)アクティブBWPの数
 送受信を行うことが可能なBWPは、アクティブBWPとも称される。3GPPにおいてアクティブBWPは、セルがオペレートする帯域幅の中でUEがオペレートする帯域幅とも定義される。そして、基地局100が同時に送受信を行うことが可能なBWPの数は、アクティブBWPの数とも称される。基地局100のアクティブBWPの数は複数であってもよい。他方、端末装置200のアクティブBWPの数は3GPP Rel.15のUEの場合1つである。しかし本明細書において、端末装置200のアクティブBWPの数は複数であってもよい。本開示にかかる技術では、端末装置200のアクティブBWPの数が1つである場合が想定される。
[0020]
(3)セル(又はCC)、キャリア及びBWPとの関係
 本開示では、1つのCarrier内で複数のセルが周波数方向にて重なることを許容してもよい。例えば、複数のSSB(Synchronization Signal/PBCH block)が1つのCarrier内の複数のfrequency span毎で送信されてもよい。ただし、UE(端末装置200)の観点では、各セル(サービングセル)が最大で1つのSSB(Cell-defining SSB)と関連付けられる。UE(端末装置200)はCell-defining SSBに関連付けられたBWPをInitial BWPとして使用する。さらにUE(端末装置200)は、Initial BWPと同一Carrier内の1又は複数のfrequency spanで構成されるDedicated BWPをInitial BWPに加えて使用してもよい。UE(端末装置200)の観点では、これらのInitial BWPと追加的なDedicated BWPが1つのセルと関連付けられる。なお、本実施形態は、端末装置200が複数のBWPを同時刻に使用する場合を含んでもよい。
[0021]
(4)コードブックベースビームフォーミング
 基地局100は、ビームフォーミングを行って端末装置200と通信することで、例えば通信品質を向上させることができる。ビームフォーミングの手法としては、端末装置200に追従するようなビームを生成する手法と、候補のビームの中から端末装置200に追従するようなビームを選択する手法とがある。前者の手法は、ビームを生成する度に計算コストがかかることから、セルラー無線通信システム(例えば、5G)において採用されないかもしれない。一方で、後者の手法は、3GPP(Third Generation Partnership Project)のリリース13のFD-MIMO(Full Dimension Multiple Input Multiple Output)でも採用されている。後者の手法は、コードブックベースビームフォーミング(codebook based beam forming)とも称される。
[0022]
 コードブックベースビームフォーミングでは、基地局100は、あらゆる方向に向けたビームを事前に準備(即ち、生成)しておき、その事前に準備しておいたビームの中から対象の端末装置200に適するビームを選択して、選択したビームを用いて端末装置200と通信する。例えば、基地局100は、水平方向の360度での通信が可能である場合、例えば1度刻みで360種類のビームを準備する。ビーム同士が半分重なるようにする場合、基地局100は、720種類のビームを準備する。垂直方向に関しては、基地局100は、例えば-90度から+90度までの180度分のビームを準備する。
[0023]
 なお、端末装置200は、ビームを観測(monitor)するだけなので、基地局100側のコードブックの存在を知っておく必要性は低い。
[0024]
 基地局100が事前に準備しておいた複数のビームを、以下ではビーム群とも称する。ビーム群は、例えば、周波数帯域毎に定義され得る。また、ビーム群は、Rx/Txビームごとに、またダウンリンク/アップリンクごとに定義され得る。なお、基地局100によって準備又は運用される複数のビームは1つのセルと対応付けられてもよい(i.e. 複数のビームで1つのセルが構成されてもよい)。これに代えて、基地局100によって準備又は運用される複数のビームは複数のセルと対応付けられてもよい(i.e. 複数のビームで複数のセルが構成されてもよい)。
[0025]
(5)ビームスィーピング
 NRでは、通信に用いるべき最適なビームを選択するために、ビーム群に属する複数のビームの各々を用いて、測定用信号(既知信号)を送信する又は受信する、ビームスィーピングについて検討されている。測定用信号は、参照信号(Reference Signal)とも称される場合がある。測定用信号が下り信号の場合、測定用信号はSSB(Synchronization Signal/PBCH(Physical Broadcast Channel) block)又はCSI-RS(Channel State Information-Reference Signal)を含んでもよい。ビームスィーピングしながら基地局から送信された測定用信号(i.e. 各ビームの測定用信号)の測定結果に基づいて、端末は最適な送信用ビーム(以下、送信ビームとも称する)を選択することができる。その一例を、図3を参照して説明する。
[0026]
 図3は、ビームスィーピングについて説明するための図である。図3に示した例では、基地局100が、ビーム群40を用いてビームスィーピングしながら(即ち、送信ビームを切り替えながら)測定用信号を送信する。なお、ビームスィーピングしながら送信することを、以下ではビームスィーピング送信とも称する。そして、端末装置200は、ビームスィーピング送信された測定用信号を測定し、どの送信ビームが最も受信しやすいかを決定する。このようにして、端末装置200にとっての基地局100の最適な送信ビームが選択される。なお、基地局100と端末装置200とを入れ替えて同様の手続きを実行することで、基地局100は、端末装置200の最適な送信ビームを選択することができる。
[0027]
 他方、測定用信号をビームスィーピングしながら受信することで得た測定結果に基づいて、最適な受信用ビーム(以下、受信ビーム、あるいはビームとも称される)を選択することもできる。例えば、端末装置200が、測定用信号をアップリンクで送信する。そして、基地局100は、ビームスィーピングしながら(即ち、受信ビームを切り替えながら)測定用信号を受信し、どの受信ビームが最も受信しやすいかを決定する。このようにして、基地局100の最適な受信ビームが選択される。なお、基地局100と端末装置200とを入れ替えて同様の手続きを実行することで、端末装置200は、端末装置200の最適な受信ビームを選択することができる。また、ビームスィーピングしながら受信することを、以下ではビームスィーピング受信とも称する。
[0028]
 ビームスィーピング送信された測定用信号を受信及び測定する側は、測定結果を測定用信号の送信側に報告する。測定結果は、どの送信ビームが最適かを示す情報(e.g. ビーム識別子、時間、プリアンブル等)を含んでもよい。最適な送信ビームとは、例えば、受信電力が最も大きい送信ビームである。測定結果は、受信電力が最も大きい1つの送信ビームを示す情報を含んでいてもよいし、受信電力が大きい上位K個の送信ビームを示す情報を含んでいてもよい。測定結果は、例えば、送信ビームの識別情報(例えば、ビームのインデックス)、及び送信ビームの受信電力の大きさを示す情報(例えば、RSRP(Reference Signal Received Power))を、対応付けて含む。
[0029]
 ビームスィーピングのためのビームは、既知信号である参照信号に指向性を持たせて送信するものである。従って端末装置200は参照信号というリソースでビームを判別することができる。
[0030]
 基地局100は、一つの参照信号のリソースを使って、一つのビームを提供できる。すなわち、リソースを10個用意すれば、基地局100は異なる10方向に対応したビームスィーピングを行うことができる。10個のリソースをまとめてリソースセットと呼ぶことができる。10個のリソースで構成された1つのリソースセットは、10方向に対応したビームスィーピングを提供することができる。
[0031]
(6)CSI取得(Acquisition)手続き
 CSI(Channel State Information)取得手続きは、上述したビームスィーピングを伴うビーム選択手続きにより、最適なビームが選択された後に実行される。CSI取得手続きにより、選択されたビームを用いた通信におけるチャネル品質が取得される。例えば、CSI取得手続きにおいて、CQI(Channel Quality Indicator)が取得される。
[0032]
 チャネル品質は、変調方式等の通信パラメータを決定するために用いられる。チャネルの品質が良いのに、少ないビットしか送ることができない変調方式、例えばQPSK(Quadrature Phase Shift Keying)が採用されると、低スループットになってしまう。一方、チャネルの品質が悪いのに、多くのビットを送ることができる変調方式、例えば256QAM(Quadrature Amplitude Modulation)が採用されると、受信側でデータの受信(i.e.デコード)に失敗し、結果として低スループットになってしまう。このように、チャネル品質を正しく取得することが、スループット向上のために重要である。
[0033]
 図4は、基地局と端末装置とにより実行される典型的なビーム選択手続き及びCSI取得手続きの流れの一例を示すシーケンス図である。図4に示すように、基地局は、ビーム選択のための測定用信号(e.g. SSB)をビームスィーピング送信する(ステップS11)。次いで、端末装置は、ビーム選択のための測定用信号の測定を行い、ビームの測定結果(ビームレポート)を基地局に報告する(ステップS12)。かかる測定結果は、例えば、基地局の最適な送信ビームの選択結果を示す情報(e.g. 最適なビーム(best beam)に関連付けられたインデックス)を含む。次に、基地局は、選択された最適なビームを用いてチャネル品質取得のための測定用信号(e.g. CSI-RS)を送信する(ステップS13)。次いで、端末装置は、測定用信号の測定結果に基づいて取得されたチャネル品質を基地局に報告する(ステップS14)。そして、基地局は、報告されたチャネル品質に基づく通信パラメータを用いて、ユーザ情報を端末装置に送信する(ステップS15)。以上から、ビームレポートは、基地局または端末が受信した、ビーム選択のための測定用信号の測定結果が、端末または基地局に対して送信される。
[0034]
 ダウンリンクのチャネル品質は、ダウンリンクで送信される測定用信号に基づいて測定される。一方、ダウンリンクのチャネル品質は、アップリンクで送信される測定用信号に基づいて測定することもできる。これは、アップリンクのチャネルとダウンリンクのチャネルとが可逆性を有しており、これらのチャネルの品質は基本的に同一なためである。このような可逆性は、チャネルレセプロシティとも称される。
[0035]
 ダウンリンクの測定用信号に基づいてダウンリンクのチャネル品質を測定する場合、図4のステップS14に示したように、チャネル品質取得のための測定用信号の測定結果の報告が行われる。この測定結果の報告は、大きなオーバーヘッドになり得る。チャネルは、送信アンテナ数がMであり、受信アンテナ数がNである場合には、N×Mの行列で表すことができる。行列の各要素は、IQに対応した複素数となる。例えば、各I/Qが10bitで表され、送信アンテナ数が100本であり、受信アンテナ数が8本である場合、チャネル品質の測定結果の報告には、8×100×2×10=16000ビットが費やされ、大きなオーバーヘッドになる。
[0036]
 これに対し、アップリンクの測定用信号に基づいてダウンリンクのチャネル品質を測定する場合、測定主体が基地局であるから、測定結果の報告は不要である。そのため、アップリンクの測定用信号に基づいてダウンリンクのチャネル品質を測定することで、測定結果の報告に関するオーバーヘッドを削減し、スループットを向上させることが可能である。アップリンクの測定用信号に基づいてダウンリンクのチャネル品質を測定する場合の処理の流れを、図5を参照して説明する。
[0037]
 図5は、基地局と端末装置とにより実行される典型的なビーム選択手続き及びCSI取得手続きの流れの他の一例を示すシーケンス図である。図5に示すように、端末装置は、ビーム選択のための測定用信号をビームスィーピング送信し、基地局はビームスィーピングしながら測定用信号を受信する(ステップS21)。その際、基地局は、測定結果に基づいて、端末装置の最適な送信ビーム、及び基地局の最適な受信ビームを選択する。次いで、基地局は、ビームの測定結果(ビームレポート)を端末装置に報告する(ステップS22)。かかる測定結果は、端末装置の最適な送信ビームの選択結果を示す情報を含む次に、端末装置は、選択された送信ビームを用いてチャネル品質取得のための測定用信号を送信する(ステップS23)。基地局は、測定結果に基づいて、アップリンクのチャネル品質を取得し、アップリンクのチャネル品質に基づいてダウンリンクのチャネル品質を取得する。そして、基地局は、取得したダウンリンクのチャネル品質に基づく通信パラメータを用いて、ユーザ情報を端末装置に送信する(ステップS24)。以上から、ビームレポートは、基地局または端末が受信した、ビーム選択のための測定用信号の測定結果が、端末または基地局に対して送信される。
[0038]
(7)アナログ-デジタルハイブリットアンテナアーキテクチャ
 アンテナの指向性を制御するために、アナログ回路ですべての処理を行うアーキテクチャが考えられる。そのようなアーキテクチャは、フルデジタルアーキテクチャとも称される。フルデジタルアーキテクチャでは、アンテナの指向性を制御するために、アンテナ(即ち、アンテナ素子)と同じ数だけのアンテナ重みがデジタル領域で(即ち、デジタル回路により)適用される。アンテナ重みとは、振幅及び位相を制御するための重みである。しかし、フルデジタルアーキテクチャでは、デジタル回路が大きくなってしまうという短所があった。このような、フルデジタルアーキテクチャの欠点を解消するアーキテクチャとして、アナログ-デジタルハイブリットアンテナアーキテクチャがある。
[0039]
 図6Aは、アナログ-デジタルハイブリットアンテナアーキテクチャの一例を説明するための図である。図6Aに示すアーキテクチャは、デジタル回路50、アナログ回路60(60A及び60B)及びアンテナパネル70(70A及び70B)を含む。デジタル回路は、複数のアンテナ重み51(51A及び51B)を適用可能である。そして、アナログ回路60及びアンテナパネル70は、デジタル回路50で適用可能なアンテナ重み51の数と同数、設けられる。アンテナパネル70には、複数のアンテナ72(72A~72F)、及びアンテナ72の数と同数のフェイズシフター71(71A~71F)が設けられる。フェイズシフター71は、アナログ領域で、位相のみ制御可能なアンテナ重みを適用する装置である。
[0040]
 デジタル領域のアンテナ重みとアナログ領域のアンテナ重みとの特性を、下記の表1に示す。
[0041]
[表1]


[0042]
 デジタル領域におけるアンテナ重みは、OFDM変調方式が利用される場合、周波数領域において適用される。例えば、デジタル領域におけるアンテナ重みは、送信時にはIFFT(Inverse Fast Fourier Transform)の前に適用され、受信時にはFFT(Fast Fourier Transform)後に適用される。
[0043]
 デジタル領域のアンテナ重みは、周波数領域において適用される。そのため、デジタル領域のアンテナ重みを適用することで、同一の時間リソースであっても、異なる周波数リソースを用いて異なる方向へビームを送信することができる。一方で、アナログ領域のアンテナ重みは、時間領域において適用される。そのため、アナログ領域のアンテナ重みを適用しても、同一時間リソースでは、全ての周波数リソースに渡って同じ方向にしかビームを向けることができない。
[0044]
 つまり、アンテナパネル70ごとに、同一の時間リソースであっても、異なる周波数リソースを用いて異なる方向へビームを送信することができる。一方で、ひとつのアンテナパネル70は、同一の時間リソース及び周波数リソースを用いて、ひとつの方向にしかビームを向けることができない。よって、アナログ-デジタルハイブリットアンテナアーキテクチャでは、同一の時間リソースにおいて送受信することができるビームの方向は、アンテナパネル70の数に対応する。さらに言えば、アナログ-デジタルハイブリットアンテナアーキテクチャでは、同一の時間リソースにおいてビームスィーピング送信又はビームスィーピング受信することが可能なビーム群の数は、アンテナパネル70の数に対応する。
[0045]
 このようなアナログ-デジタルハイブリットアンテナアーキテクチャは、基地局100及び端末装置200の双方において採用され得る。
[0046]
(8)アンテナパネル
 図6Aでは、一つのデジタル領域の重みに3つのアナログ領域のフェイズシフターが接続されている。この一つのデジタル領域の重みと、3つのアナログ領域のフェイズシフターとの組をアンテナパネルとして纏めて配置することができる。図6Aに示したのは、アンテナ素子3つでアンテナパネルを構成し、このアンテナパネルが2つある場合の例になっている。表1で説明したが、通常は、一つのパネルでは、同じ時間に別の周波数を使って別の方向のビームを作ることができない。しかし、2つのパネルを使えば、同一時間であっても、別の方向のビームを作ることができる。このアンテナパネルの構成は、基地局側と端末側の両方で使用される。
[0047]
 図6Bは、端末装置200に8つのアンテナパネルが配置されている例を示す説明図である。図6Bには、端末装置200の表面と裏面にそれぞれ4個、計8個のアンテナパネルが配置されている例が示されている。一つのアンテナパネルに搭載されるアンテナ素子の数は特定のものに限定されないが、例えば一つのアンテナパネルには4本のアンテナ素子が搭載されている。表面に配置された4個のアンテナパネル同士、または裏面に配置された4個のアンテナパネル同士は、同じ向きを向いて配置されるため、コヒーレントアンテナパネルと呼ぶことにする。一方、表面のアンテナパネルと、裏面のアンテナパネルとは、ノンコヒーレントアンテナパネルと呼ぶことにする。
[0048]
(9)参照信号とユーザ情報のリソース
 ビームスィーピングやCSI取得手続きを実施するためには、基地局装置100と端末装置200との間で参照信号の送受信が必要となる。また、基地局装置100と端末装置200との間でユーザ情報を送受信する場合にも、参照信号の送受信が必要となる。これらの参照信号は、基本的は、周波数と時間のリソースで指定され、一部、直交するシーケンスを使用してリソースを指定する場合も含まれる。一方、ユーザ情報は、制御信号に含まるスケジューリング情報がユーザ情報の周波数と時間リソースを指定する。ユーザ情報の場合は、直交するシーケンスをリソースとして割り当てることはない。周波数と時間リソースのみである。
[0049]
(10)受信側のアンテナパネルとビームの選択
(10-1)ビームマネジメント段階でのアンテナパネルとビームの選択
 ビームマネジメント中は、基地局100から到来するビームを端末装置200側で、試行錯誤(e.g.ビームとアンテナパネルの組み合わせを1つずつ試行)しながら、どのアンテナパネルのどのビームで受信すべきかの組み合わせを決定する。異なるアンテナパネルは、基本的に同時に動作することが可能であるので、例えばリソースブロックにおける4つのリソース領域がダウンリンクビーム用の同一のビームに対する参照信号のリソースとして設定されている場合には、端末装置200は、アンテナパネル毎に、異なる4つの受信ビームを使用し、どれが端末装置200にとって望ましい受信ビームであるかを決定することができる。このような動作を基地局100側の異なる方向に対応するダウンリンクビームの本数分行う。ダウンリンクビームの本数が10本の場合には、10×4=40個のリソースを使って、端末装置200が受信ビームを観測することにより、基地局100からの望ましいビームと端末装置200側のアンテナパネルと望ましいビームとを決定することができる。なお本明細書では説明の便宜上、端末が受信に用いる受信アンテナパネル及び受信ビームの組み合わせは、受信環境とも称される。
[0050]
(10-2)CSI手続き段階でのアンテナパネルとビームの選択
 CSI手続き段階は、基地局100で送信用のプリコーディング(より細かいアンテナ制御)を使った上で、チャネルの品質をより詳しく確認する段階である。CSI手続き段階では、先のビームマネジメント段階で同定した端末装置200のアンテナパネルと、そのアンテナパネルの中で一番望ましいと判断したビームで、CSI手続き用の参照信号(CSI-RS)の受信を行う。
[0051]
(10-3)ユーザ情報受信段階でのアンテナパネルとビームの選択
 端末装置200は、ユーザ情報受信段階では、CSI手続き段階と同様にビームマネジメント時に決定したアンテナパネルと受信ビームとを使ってユーザ情報を受信すれば良い。ただし、このようなアンテナパネルを使ったビームが2つある場合には、端末装置200は、どのようにアンテナパネル及びビームを選択すべきかが分からない。
[0052]
 図7は、2つのビームセットを示す図である。端末装置200は、ビームマネジメントの処理を2回行い、基地局100が有する異なる2つのアンテナパネルから送信したビームのそれぞれに適した端末装置200のアンテナパネルとビームとを決定した場合には、図7に示したように、2つのビームセットがある。すなわち、第1ビームセットである「Beam set (0):送信ビーム(i) in 送信アンテナパネル(0) +受信ビーム(j) in 受信アンテナパネル(0)」と、第2ビームセットである「Beam set (1):送信ビーム(m) in 送信アンテナパネル(1) +受信ビーム(n) in 受信アンテナパネル (1)」とがある。なお、ビームセットとは、送信側と受信側のアンテナパネル、ビームの組み合わせで構成されるビームのリンクのことをいう。
[0053]
 また、ユーザ情報のリソースを指定する制御信号である制御情報(e.g. スケジューリング情報)は、ビームを使って送信されるため、端末装置200は、制御情報をどのビームセットで受信するかを知ることは重要である。なお、制御情報は、例えば、PDCCH(PHY Downlink Control Channel)又はPDCCHで送信されるDownlink Control Information (DCI)である。
[0054]
(10-4)端末が使用するアンテナパネルおよびビームを指定する方法
 図7において、基地局100は、受信アンテナパネル(0)の受信ビーム(j)によってPDCCH(0)を受信できるということを明示的(explicitly)に又は暗示的に(implicitly)に端末装置200に伝えられるかもしれない。一例として、直接、端末装置200の受信アンテナパネルと受信ビームを指定する方法が考えられる。
[0055]
 他方、例えば、基地局100が「送信ビーム(i) in 送信アンテナパネル(0)」を用いて「Reference Signal A」を送信した場合に、端末装置200は、「Reference Signal A」を「受信ビーム(j) in 受信アンテナパネル(0)」を用いて受信したとする。さらに、基地局100が「送信ビーム(m) in 送信アンテナパネル(1)」を用いて「Reference Signal B」を送信した場合に、端末装置200は、「Reference Signal B」を「受信ビーム(n) in 受信アンテナパネル (1)」によって受信したとする。その上で、基地局100は、PDCCH(0)を送る前に、PDCCH(0)を受信する時には、「Reference Signal A」を受信した時に使った受信アンテナパネルと受信ビームを使ってくださいと指示をすることができる。つまり、受信ビーム(j) in 受信アンテナパネル(0)を使ってくださいと指示したのと等価の指示を陰(implicitly)に指定することができる。
[0056]
(10-5)アンテナパネルおよびビームの指定を行わなかった時の処理
 上記では、基地局100は、「Reference Signal A」を受信した時と同じ受信アンテナパネルと受信ビームを使ってくださいと、端末装置200に対して明確に指示をした。しかしながら、基地局100から指示がない、または、基地局100による指示の設定が間に合わなかった場合があるため、かかる場合の処理が必要となる。例えば、端末装置200が基地局100との間で同期を行った時に用いた受信アンテナパネルと受信ビームをデフォルトとして使用するということが考えられる。
[0057]
 しかしながら、基地局100の異なるアンテナパネルから同期信号(参照信号)が提供されている場合には、いずれの同期信号を受信した際のアンテナパネルおよびビームをデフォルトとして使用すればいいかを判断することが困難となる。
[0058]
(10-6)同期信号
 ここで、同期信号について説明する。図8は、同期信号の一例を示す図である。図8に示すように、同期信号は、SSBバーストを周期的に送信するような信号である。SSBバーストとは、複数のビームフォーミングされたSSBを含む。SSBの中には、同期信号のPSSとSSSというシーケンスとPBCHというブロードキャストするシステム情報が含まれる。PSSおよびSSSは、LTEと同じような使い方を想定している。基地局100は、各SSBを、異なる方向へのビームを使って送信する。したがって、端末装置200は、端末装置200の方向に向いているSSBを受信して同期を行うことになる。
[0059]
 また、図9は、SSBバーストごとに異なる送信アンテナパネルを使用した場合の同期信号の一例を示す図である。図9に示すように、基地局100は、SSBバースト毎に異なる送信アンテナパネルを使って、SSBバーストの中に含まれるSSBを送信する。端末装置200は、複数の送信アンテナパネルから送信されるSSBに対してそれぞれ同期を行うことができ、同時に、かかる複数の送信アンテナパネルからのSSBを受信する時に必要な最適な受信アンテナパネルと受信ビームを1または複数個知ることができる。この場合、例えば、図7に例示したように、端末装置200は、受信アンテナパネルおよび受信ビームのセットを2セット分知ることになる。
[0060]
 このように、同期信号を受信する最適な受信アンテナパネルと受信ビームのセットが複数ある場合において、制御信号やユーザ情報の受信に必要な受信アンテナパネルおよび受信ビームの設定が間に合わなかった時には、端末装置200は、SSBを受信した時のセットをデフォルトとして使用するというルールがあったとしても、複数セットあるため、端末装置200は、どのアンテナパネルとビームを使ったらよいかを判断することができない。
[0061]
<1.3.提案技術の概要>
 従来は、端末装置200が使用すべきビームが指定されていない場合には、同期信号を受信するときに用いたビームを使用する方法が使われていた。しかしながら、送信側である基地局100が複数のアンテナパネルを使用して同期信号を端末装置200へ送る場合や、送信側に複数の基地局が存在し、その複数の基地局のそれぞれの送信アンテナパネルからの同期信号をもとに、複数の同期を行う場合には、デフォルトで使用すべき受信アンテナパネルと受信ビームを決める方法がなかった。
[0062]
 そこで、実施形態に係る端末装置200は、マルチ基地局(又はマルチTRP(Transmission and Reception Point))/マルチアンテナパネルという環境下において、複数の同期を取得するために必要な複数の受信アンテナパネルと受信ビームを、制御信号を受信する複数のリソース領域(周波数リソースと時間リソースとで形成される)のそれぞれに紐づける設定により動作する。
[0063]
 具体的には、実施形態に係る通信方法では、端末装置200は、まず、基地局から送信される複数の参照信号を予め設定されたグループ毎に分ける。そして、端末装置200は、グループごとに最適な参照信号を選択する。例えば、通信品質が良い参照信号が複数ある場合、端末装置200は通信品質が良い参照信号が異なるグループに分かれるようにグループ分け及び参照信号の選択を行ってもよい。そして、端末装置200は、基地局100から送信される複数の制御情報(e.g. PDCCH)それぞれの受信に用いる受信環境(受信アンテナパネル及び受信ビームの組み合わせ)を、グループ毎に選択した参照信号を受信した際の受信環境に基づいて決定する。
[0064]
 つまり、実施形態に係る通信方法では、複数の制御情報それぞれに対して、複数の参照信号の情報が紐付く。従って、制御情報を受信する際、当該制御情報に紐付いた参照信号の受信環境(参照信号を受信した際に用いた受信アンテナパネル及び受信ビームの組み合わせ)が使用される。これにより、複数の送信アンテナパネル(あるいは、複数の基地局100)との間で同期を確立している場合であっても、制御情報の受信にデフォルトとして使用すべき受信アンテナパネルおよび受信ビームを選択することができる。すなわち、実施形態に係る通信方法によれば、受信環境(受信アンテナパネル及び受信ビームの組み合わせ)のデフォルトを適切に設定することができる。
[0065]
 なお、実施形態に係る通信方法では、制御情報と参照信号を紐付ける方法として、下記の4つの情報を紐付けることができるが、詳細については後述する。
(1)SSBのリソースのグループと紐づける
(2)レポート IDと紐づける
(3)SSB IDと紐づける
(4)受信電力が大きいSSBと紐づける
[0066]
<<2.構成例>>
 以下、本実施形態に係る基地局100(基地局装置100)および端末装置200の構成について詳細に説明する。
[0067]
<2.1.基地局の構成例>
 図10は、実施形態に係る基地局装置100の構成の一例を示すブロック図である。図10に示すように、基地局装置100は、アンテナ部110と、通信部120と、記憶部130と、制御部140とを備える。
[0068]
 アンテナ部110は、通信部120により出力される信号を電波として空間に放射する。また、アンテナ部110は、空間の電波を信号に変換し、当該信号を通信部120へ出力する。具体的には、アンテナ部110は、複数のアンテナ素子を有し、ビームを形成することができる。
[0069]
 通信部120は、信号を無線により送受信する。例えば、通信部120は、端末装置200からのダウンリンク信号を受信し、端末装置200へアップリンク信号を送信する。
[0070]
 なお、アンテナ部110および通信部120は、上記した、アナログ-デジタルハイブリットアンテナアーキテクチャのアンテナパネル70を複数含んで構成される。例えば、アンテナ部110は、アンテナ72に相当する。また、例えば、通信部120は、デジタル回路50、アナログ回路60、及びフェイズシフター71に相当する。
[0071]
 記憶部130は、基地局装置100の動作のための各種プログラム及び様々なデータを一時的に又は恒久的に記憶する。
[0072]
 制御部140は、基地局装置100全体の動作を制御して、基地局装置100の様々な機能を提供する。図10に示すように、制御部140は、特定部141と、生成部142と、送信部143とを備える。
[0073]
 特定部141は、グループ分けされた複数の参照信号の中から端末装置200によってグループ毎に選択された参照信号を特定する。例えば、特定部141は、端末装置200の報告部242によって報告された参照信号を、グループ毎に選択された参照信号として特定する。
[0074]
 生成部142は、端末装置200へ送信する複数の制御情報それぞれのリソース領域と、端末装置200によってグループ毎に選択された参照信号を端末装置200が受信した際の受信環境とを紐付けるための紐付情報を生成する。
[0075]
 送信部143は、生成部142によって生成された紐付情報を端末装置200へ送信する。
[0076]
 なお、基地局装置100の制御部140における各構成の詳細な動作については後述する。
[0077]
<2.2.端末装置の構成例>
 図11は、実施形態に係る端末装置200の構成の一例を示すブロック図である。図11に示すように、端末装置200は、アンテナ部210と、通信部220と、記憶部230と、制御部240とを備える。
[0078]
 アンテナ部210は、通信部220により出力される信号を電波として空間に放射する。また、アンテナ部210は、空間の電波を信号に変換し、当該信号を通信部220へ出力する。具体的には、アンテナ部210は、複数のアンテナ素子を有し、ビームを形成することができる。
[0079]
 通信部220は、信号を無線により送受信する。例えば、通信部220は、基地局100からのダウンリンク信号を受信し、基地局100へアップリンク信号を送信する。
[0080]
 なお、アンテナ部210および通信部220は、上記した、アナログ-デジタルハイブリットアンテナアーキテクチャのアンテナパネル70を複数含んで構成される。例えば、アンテナ部210は、アンテナ72に相当する。また、例えば、通信部220は、デジタル回路50、アナログ回路60、及びフェイズシフター71に相当する。
[0081]
 記憶部230は、端末装置200の動作のための各種プログラム及び様々なデータを一時的に又は恒久的に記憶する。
[0082]
 制御部240は、端末装置200全体の動作を制御して、端末装置200の様々な機能を提供する。図11に示すように、制御部240は、選択部241と、報告部242と、取得部243と、設定部244とを備える。
[0083]
 選択部241は、基地局100から送信された複数の参照信号から予め設定されたグループごとに参照信号を選択する。
[0084]
 報告部242は、基地局100に対して各種情報を報告する。例えば、報告部242は、選択部241でグループ毎に選択された参照信号を基地局100へ報告する。
[0085]
 取得部243は、基地局100から各種情報を取得する。具体的には、取得部243は、基地局100から送信される複数の制御情報(e.g. PDCCH)それぞれを受信する際の受信環境に対応する各リソース領域(e.g. PDCCHがマップされるリソースブロック)と、制御情報それぞれを受信する際に使用する受信環境を特定するための情報(以下、識別情報という)とを紐付ける紐付情報(e.g. Association information)を基地局100から取得、又は、自ら生成する。
[0086]
 識別情報としては、それぞれ複数の参照信号を包含するグループを識別するグループ識別情報や、グループそれぞれに包含される複数の参照信号のうち、同期時の受信電力(RSRP)が最も高い参照信号を識別する識別情報(e.g. 参照信号の識別子)や、報告部242が基地局100に報告(REPORT)した報告情報の識別子や、選択部241がグループ毎に選択した参照信号を識別する信号識別情報(SSB ID)などを用いることができる。
[0087]
 また、取得部243は、例えば、基地局100から紐付情報を受信しなかった場合など、基地局100から受信環境の指定が無かった場合、制御情報のリソース領域それぞれに対して、複数の参照信号の出現順(e.g. 受信順)に応じて識別情報(例えば、グループ識別情報)が紐付けられた紐付情報を取得してもよい。また、取得部243は、基地局100から受信環境の指定が無かった場合、リソース領域それぞれに対して、複数の参照信号の受信電力に応じて識別情報(例えば、信号識別情報)が紐付けられた紐付情報を取得してもよい。
[0088]
 設定部244は、基地局100から送信される複数の制御情報それぞれを送信する際の受信環境を、選択部241でグループ毎に選択された参照信号を受信した際の受信環境に基づいて設定する。例えば、設定部244は、取得部243によって取得された紐付情報に基づいて受信環境を設定してもよい。また、設定部244は、基地局100から受信環境の指定が無かった場合に、取得部243によって生成された紐付情報の識別情報に基づいて受信環境を設定してもよい。
[0089]
 また、設定部244は、基地局100から制御情報で指定されるユーザ情報の受信環境の指定が無かった場合に、制御情報を受信した際の受信環境に基づいて、ユーザ情報の受信環境を設定してもよい。また、設定部244は、ユーザ情報の受信環境の指定が無かった場合に、取得部243によって生成された紐付情報における識別情報に基づいて、ユーザ情報の受信環境を設定してもよい。また、設定部244は、紐付情報に基づいて制御情報で指定されるユーザ情報の受信環境を設定できない場合、基地局100から送信される信号(例えば、RRC signalingやDownlink Reference Signal等)に基づいてユーザ情報の受信環境を設定してもよい。
[0090]
 なお、取得部243は、リソース領域それぞれに対して、複数の識別情報が紐付けられた紐付情報を取得又は生成してもよい。
[0091]
 以下では、図12A~図21を用いて、基地局装置100の制御部140における各構成および端末装置200の制御部240における各構成の詳細な動作について説明する。
[0092]
<<3.実施形態>>
<3.1.PDCCHにおけるリソース領域のデフォルト設定>
 端末装置200は、制御情報であるPDCCHを受信する際に使用すべき受信アンテナパネルおよび受信ビームが基地局100から指定されなかった場合や、または基地局100による指示の設定が間に合わなかった場合には、使用すべき受信アンテナパネルおよび受信ビームは、SSBを受信した時と同じ受信アンテナパネルおよび受信ビームをデフォルトとして使用すべきということが考えられる。
[0093]
 しかしながら、基地局100から送信された複数のSSBのうち、適切な受信ビームとして複数のSSBを報告した場合、、端末装置200は、どのSSB(i.e. SSBの受信に用いた受信アンテナパネル及び受信ビーム)をデフォルトとして使用すべきかを判断することができない。仮に、デフォルトを定めないとすると、端末装置200は、全ての受信アンテナパネルを常時、使用できる状態であるActivateされた状態にして、それを使って常に受信を行う必要があるため端末の負荷が大きい。したがって、適切な受信環境のデフォルトが必要になる。
[0094]
 そこで、実施形態に係る端末装置200は、基地局100に報告した報告情報と、PDCCHを受信するリソース領域の識別情報を紐付ける。
[0095]
 具体的には、まず、基地局100の制御部140は、同期したSSBバーストの中を、基地局100の複数の送信アンテナパネルそれぞれに対応して、例えば、2つ以上のグループに分ける(図9)。
[0096]
 そして、端末装置200の選択部241は、グループごとに、最適なSSBを選択する。例えば、選択部241は、グループごとにRSRP(Reference Signal Received Power:受信電力)が大きいSSBを選択する。なお、端末装置200は適切な受信ビームとして選択した複数のSSBが異なるグループに分けられるように、グループ分け及びSSBの選択を行ってもよいし、複数のSSBを異なるグループに分けたあとで各グループでの最適なSSBを選択してもよい。
[0097]
 つづいて、端末装置200の報告部242は、選択部241でグループごとに選択されたSSBおよびRSRPを含む報告情報を基地局100に報告する。例えば、報告部242は、レポートID「1」のレポートで、SSB「1」とRSRP「1」を含む報告情報を報告し、レポートID「2」のレポートで、SSB「2」とRSRP「2」を含む報告情報を報告する。
[0098]
 なお、報告部242は、1つの報告情報の中で、レポートのコンテンツをID「1」とID「2」で分けて、レポートの中のコンテンツID「1」でSSB「1」とRSRP「1」を報告し、同じレポートの中のコンテンツID「2」でSSB「2」とRSRP「2」を報告しても良い(表2)。
[0099]
[表2]


[0100]
 例えば、報告情報は、MeasResult IE(Information Element)であってもよい。より具体的には次のように報告情報が構成されていてもよい。MeasResult IEにはMeasIdとmeasResultListNRが含まれる。MeasIdは、MeasObjectとreportConfigIdとを紐づける。measResultListNRには、MeasObjectとして測定された参照信号の測定結果が含まれる。例えば、measResultListNRにはresultsSSB-IndexesがResultsPerSSB-Indexのリストとして含まれる。ResultsPerSSB-Indexには、SSB-IndexとMeasQuantityResults(e.g. RSRP, RSRQ, SINR)が含まれる。これらMeasResultはRRC signallingの1つであるMeasurement ReportメッセージでUE(端末装置200)からNGRAN(e.g. gNB(基地局100))へ送信される。すなわち、上述のレポートIDは、Measurement Report内のMeasResultに含まれるMeasIdであってもよい。上述のSSB「1」とRSRP「1」を含む報告情報は、SSB-Index及び当該インデックスに関連付けられたSSB-Results(MeasQuantityResults)内のRSRPであってもよい。上述のコンテンツIDは、SSB-Indexであってもよい。なお、RRC signallingとは、UE(端末装置200)とRAN(基地局100)との間で送受信されるRRCレイヤのシグナリングであり、例えば、UEがRRC Setup Request messageを受信し、RANがRRC Setup messageを送信した後、UEはRRC-CONNECTED状態へ入る。上述のMeasurement Reportや後述のRRC ReconfigurationメッセージはRRC-CONNECTED状態で送受信される。
[0101]
 そして、基地局100は、報告情報に基づいてPDCCHを受信すべきリソース領域を、対応するSSBを明示する形で端末設定する。図12A~図12Dは、端末設定されたリソース領域を示す図である。図12A~図12Dに示すように、リソース領域とは、周波数リソースおよび時間リソースで形成される領域であり、制御情報を送受信するための制御領域である。リソース領域とは例えば1つのResource Blockと1つのOFDM symbolからなるResource Element Group(REG)の1又は複数であってもよい。これに代えて、リソース領域とは、複数(e.g. 6個)のREGからなるControl Channel Element(CCE)であってもよい。これに代えて、リソース領域とは複数のResource Blockと1~3のOFDM symbolからなるControl-resource set (CORESET)であってもよい。CORESETを構成する下記表3に記載のパラメータ及びLの値のうち、少なくとも1つはRRC signalling(e.g. RRC Reconfiguration message)でNGRAN(基地局100)からUE(端末装置200)へ送信されてもよい。なお、ここでのRRC Reconfiguration messageは、上述した参照信号(e.g. SSB)の測定のためのMeasConfig(測定設定)も含んでもよい。
[0102]
[表3]


[0103]
 例えば、図12Aに示すように、基地局100の生成部142は、PDCCH「1」を受信すべき領域「1」は、端末装置200が報告したのSSB「1」と関係があって、PDCCH「2」を受信すべき領域「2」は、端末装置200が報告したSSB「2」と関係があると設定する。
[0104]
 より具体的には、図12Bに示すように、基地局100の生成部142は、制御情報(e.g. PDCCH)それぞれのリソース領域と、複数のSSBを包含するグループを識別するグループ識別情報とを紐付けてもよい。具体的には、生成部142は、PDCCH「1」と、SSB「1」のグループID「1」とを紐付け、PDCCH「2」と、SSB「2」のグループID「2」とを紐付ける。
[0105]
 つまり、端末装置200の取得部243は、それぞれ複数の参照信号を包含するグループを識別するグループ識別情報と制御情報とが紐付けられた紐付情報を取得する。より具体的には、UE(端末装置200)はNGRAN(基地局100)から送信されるRRC signalling(e.g. RRC Reconfiguration message, RRC Setup message)に、グループ識別情報及び紐付情報が含まれてもよい。例えば、RRC Reconfiguration messageに含まれるPDCCH-Config(PDCCH設定情報)内のcontrolResourceSetToAddModList IEが含まれる。従って、controlResourceSetToAddModListに含まれるControlResourceSetに紐づくようにグループ識別情報(e.g. SSBGroupId IE)が含まれていてもよい。端末装置200はそれぞれ複数の参照信号を包含するグループを識別するグループ識別情報と制御情報とが紐付けられた紐付情報を取得した場合、又はグループ識別情報と制御情報とがあらかじめ紐づけられている場合、次のように認識(consider)、決定(determine)又は仮定(assume)してもよい。端末装置200は、制御情報の受信(e.g. PDCCH reception)又は制御情報のリソース領域(e.g. CORESET)の各々が、紐づけられたSSBのグループ(i.e. SSBのグループの受信に用いた受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)の各々とquasi collocation(準コロケーション)であると認識(consider)、決定(determine)又は仮定(assume)する。なお、ここでのSSBのグループの端末装置200よる受信(測定又は識別)は、端末装置200が初期アクセス手順(e.g. Random Access Procedure)の間に行われた受信(測定又は識別)であってもよい。また、この端末装置200による認識(consideration)、決定(determination)又は仮定(assumption)は、端末装置200が初期アクセス手順(e.g. Random Access Procedure)の間に測定した又は測定して報告したSSB又はSSBのグループが複数ある場合(i.e. SSB又はSSBのグループの測定に用いた受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせが複数ある場合)に行われてもよい。
[0106]
 また、図12Cに示すように、基地局100の生成部142は、制御情報それぞれのリソース領域と、グループ毎に選択されたSSBを識別する信号識別情報を紐付けてもよい。つまり、端末装置200の取得部243は、識別情報として、選択部241がグループごとに選択した参照信号を識別する信号識別情報が紐付けられた紐付情報を取得してもよい。より具体的には、UE(端末装置200)はNGRAN(基地局100)から送信されるRRC signalling(e.g. RRC Reconfiguration message, RRC Setup message)に、信号識別情報及び紐付情報が含まれてもよい。例えば、RRC Reconfiguration messageに含まれるPDCCH-Config(PDCCH設定情報)内のcontrolResourceSetToAddModList IEが含まれる。従って、controlResourceSetToAddModListに含まれるControlResourceSetに紐づくように信号識別情報(e.g. SSB-Index)が含まれていてもよい。端末装置200はそれぞれ複数の参照信号を識別する信号識別情報(e.g. SSB-Index)と制御情報とが紐付けられた紐付情報を取得した場合、又は信号識別情報(e.g. SSB-Index)と制御情報とがあらかじめ紐づけられている場合、次のように認識(consider)、決定(determine)又は仮定(assume)してもよい。端末装置200は、制御情報の受信(e.g. PDCCH reception)又は制御情報のリソース領域(e.g. CORESET)の各々が、紐づけられたSSB(i.e. SSBの受信に用いた受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)の各々とquasi collocation(準コロケーション)であると認識(consider)、決定(determine)又は仮定(assume)する。なお、ここでのSSBの端末装置200よる受信(測定又は識別)は、端末装置200が初期アクセス手順(e.g. Random Access Procedure)の間に行われた識別であってもよい。また、この端末装置200による認識(consideration)、決定(determination)又は仮定(assumption)は、端末装置200が初期アクセス手順(e.g. Random Access Procedure)の間に測定した又は測定して報告したSSBが複数ある場合(i.e. SSBの測定に用いた受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせが複数ある場合)に行われてもよい。
[0107]
 また、図12Dに示すように、基地局100の生成部142は、制御情報それぞれのリソース領域と、報告情報とを紐付けてもよい。例えば、図12Aに示すように、基地局100の生成部142は、PDCCH「1」を受信すべき領域「1」は、端末装置200の報告情報であるレポートID「1」のSSB「1」と関係があって、PDCCH「2」を受信すべき領域「2」は、報告情報であるレポートID「2」のSSB「2」と関係があると設定する。つまり、端末装置200の取得部243は、識別情報として、報告部242が基地局100に報告した報告情報が紐付けられた紐付情報を取得してもよい。例えば、上述のMeasConfigがレポートIDとしてのMeasIdと関連づくようにリソース領域の情報(e.g. CORESETに関する設定情報)をも含んでもよい。さらに又はこれに代えて、PDCCH-Config(PDCCH設定情報)内のControlResourceSetにMeasIdが含まれてもよい。これによりMeasIdが示す(identify)測定に用いた参照信号(e.g.SSB)がリソース領域の情報(e.g. ControlResourceSet)と紐づくことができる。端末装置200はそれぞれ複数の参照信号が報告された報告情報(e.g. MeasId)と制御情報とが紐付けられた紐付情報を取得した場合、又は報告情報(e.g. MeasId)と制御情報とがあらかじめ紐づけられている場合、次のように認識(consider)、決定(determine)又は仮定(assume)してもよい。端末装置200は、制御情報の受信(e.g. PDCCH reception)又は制御情報のリソース領域(e.g. CORESET)の各々が、紐づけられた報告情報(e.g. MeasId)(i.e. 報告情報が示す報告済のSSBの受信に用いた受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)の各々とquasi collocation(準コロケーション)であると認識(consider)、決定(determine)又は仮定(assume)する。なお、ここでの報告情報が示す報告済のSSBの端末装置200よる受信(測定又は識別)は、端末装置200が初期アクセス手順(e.g. Random Access Procedure)の間に行われた受信(測定又は識別)であってもよい。また、この端末装置200による認識(consideration)、決定(determination)又は仮定(assumption)は、端末装置200が初期アクセス手順(e.g. Random Access Procedure)の間に測定した又は測定して報告したSSBが複数ある場合(i.e. SSBの測定に用いた受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせが複数ある場合)に行われてもよい。
[0108]
 なお、生成部142は、レポートIDを除いてSSBの識別情報のみを含む紐付情報を生成してもよい。つまり、生成部142は、識別情報として、選択部241がグループ毎に選択した参照信号を識別する信号識別情報を紐付けた紐付情報を取得してもよい。
[0109]
 そして、端末装置200の設定部244は、PDCCH「1」を受信すべき領域「1」に対して、使用する受信アンテナパネルと受信ビームがわからない時(e.g. 使用すべき受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせが基地局100から明示的又は暗示的に指示されない(組み合わせを示す設定情報が送信されない)場合)は、紐付情報を参照してSSB「1」をデフォルトとして用いるので、SSB「1」を受信した時に用いた受信アンテナパネルと受信ビームを用いてPDCCH「1」を受信する。
[0110]
 あるいは、基地局100の生成部142は、グループそれぞれに包含される複数の参照信号のうち、同期時の受信電力が最も高い参照信号を識別する信号識別情報を紐付けた紐付情報を生成し、端末装置200へ送信してもよい。
[0111]
 図13は、実施形態に係る通信システムが実行する通信制御処理のシーケンス図である。図13に示すように、基地局100は、SSBをグループ分けした設定を端末装置200へ通知する(ステップS101)。前述の通り、SSBをグループ分けした設定は、SSBGroupIdという新たなIEとしてNGRAN(基地局100)からUE(端末装置200)へ通知されてもよい。当該設定はRRC signalling(e.g. RRC Reconfiguration message, RRC Setup message)を用いて通知されてもよい。
[0112]
 つづいて、基地局100は、送信アンテナパネル毎にSSBをグループにして送信する(ステップS102)。言い換えると、端末装置200は複数のグループに分けられた複数のSSBをモニタし、測定する。つづいて、端末装置200は、グループ毎に適切なSSB(i.e. best beam)およびRSRPを報告する(ステップS103)。
[0113]
 つづいて、基地局100は、複数の制御情報(PDCCH)を受信するリソース領域毎にSSBと関係づける(ステップS104)。前述の通り、複数の制御情報(PDCCH)を受信するリソース領域と、SSBとが上述した様々な方法で関連付けられる。そして上述した関連付けを示す情報(紐付情報)が、基地局100から端末装置200へ通知され得る。つづいて、基地局100は、PDCCH「1」を送信すべきリソース領域内でPDCCH「1」を端末装置200へ送信する(ステップS105)。
[0114]
 つづいて、端末装置200は、紐付情報に基づいて、例えば、SSB「1」受信時の受信アンテナパネルおよび受信ビームでPDCCH「1」を受信する(ステップS106)。
[0115]
 また、基地局100は、PDCCH「2」を送信すべきリソース領域内でPDCCH「2」を端末装置200へ送信する(ステップS107)。
[0116]
 つづいて、端末装置200は、紐付情報に基づいて、例えば、SSB「2」受信時の受信アンテナパネルおよび受信ビームでPDCCH「2」を受信する(ステップS108)。
[0117]
 なお、上述した紐付情報(Association information)又は紐づけの関係(Association)は、基地局100から端末装置200へ通知されず、予め標準規格等で定められていてもよい。
[0118]
 このように、実施形態に係る端末装置200は、同期時に用いた同期信号である参照信号を受信した際の受信環境(受信アンテナパネルおよび受信ビームの組み合わせ)に基づいて、基地局100から送信される複数の制御情報それぞれを受信する際の受信環境を決定することで、複数の送信アンテナパネル(あるいは、複数の基地局100)との間に同期を確立している場合であっても、デフォルトとして使用すべき受信アンテナパネルおよび受信ビームを適切に選ぶことが可能になる。
[0119]
 なお、上記の実施形態では、報告情報とPDCCHのリソース領域と参照信号との間の関連づけを事前に基地局100から端末装置200に明示的に設定した(図12A参照)が、この設定自体を省略することも可能である。なぜなら、この設定は、端末装置200が同期処理を完了して、報告情報を報告しなければ行うことができないためである。例えば、初期アクセスの場合以外の運用時にも同期処理は継続しているため、最適なSSBが頻繁に変更されて、報告情報を報告しない場合でも最適な受信環境を設定したいという要求がある。
[0120]
 そこで、図14および図15に示すように、基地局100は、制御情報のリソース領域それぞれに対して、複数の参照信号の出現順に応じて識別情報(信号識別情報又は参照信号グループ識別情報)を紐付けて紐付情報を生成してもよい。図14および図15は、端末設定されたリソース領域を示す図である。
[0121]
 例えば、図14に示すように、基地局100は、2つのリソース領域を周波数方向に配置した場合、周波数が低いリソース領域には、SSBバーストの最初に現れるグループを設定し、周波数が高いリソース領域には、SSBバーストの後ろに現れるグループを設定する。
[0122]
 あるいは、図15に示すように、基地局100は、2つのリソース領域を時間方向に配置した場合、時間が早いリソース領域には、SSBバーストの最初に現れるグループを設定し、時間が遅いリソース領域には、SSBバーストの後ろに現れるグループを設定する。
[0123]
 これにより、基地局100から複数の参照信号とリソース領域との間の対応関係を設定するシグナリングや、端末装置200からの報告等を行わずともに、端末装置200は最適な受信環境を設定することができる。
[0124]
 また、図16および図17に示すように、基地局100は、リソース領域それぞれに対して、複数の参照信号の受信電力に応じて識別情報を紐付けて紐付情報を生成してもよい。図16および図17は、端末設定されたリソース領域を示す図である。
[0125]
 例えば、図16に示すように、基地局100は、2つのリソース領域を周波数方向に配置した場合、周波数が低いリソース領域には、2つのSSBのうち、受信電力が高いSSBを設定し、周波数が高いリソース領域には、受信電力が低いSSBを設定する。
[0126]
 あるいは、図17に示すように、基地局100は、2つのリソース領域を時間方向に配置した場合、時間が早いリソース領域には、2つのSSBのうち、受信電力が高いSSBを設定し、時間が遅いリソース領域には、受信電力が低いSSBを設定する。
[0127]
 これにより、受信電力の大きさと用いてリソース領域に対して識別情報を設定するため、端末装置200側の処理のみで、受信環境のデフォルトを適切に設定することができる。
[0128]
 上述したように、端末装置200は、受信環境のデフォルトを適切に選択できるため、複数のリソース領域において、全ての受信アンテナパネルおよび受信ビームをアクティブの状態にする必要がなくなるので、端末装置200の負荷を軽減できるという効果も奏する。
[0129]
<3.2.PDSCHにおけるリソース領域のデフォルト設定>
 上記では、PDCCHを受信する受信環境の指定が基地局100から無かった場合のデフォルトの設定方法について説明した。以下では、PDCCHでスケジューリングされるユーザ情報であるPDSCH(Physical Downlink Shard Channel)のデフォルトを設定する方法について説明する。
[0130]
 PDSCHを受信する際にも、端末装置200は、どの受信アンテナパネルと受信ビームを使用するかを決定しなければならない。例えば基地局100は、PDCCHの中でこれを指定することができるかもしれない。そして、PDCCHによる設定がない場合は、端末装置200は、PDSCHを受信するためのデフォルトの受信環境(受信アンテナパネルと受信ビーム)を使用する必要がある(図18参照)。図18は、PDSCHのリソース領域の設定方法を示す図である。
[0131]
 例えば、図18に示すように、PDCCH「1」のリソース領域(e.g. PDCCH 「1」のためのCORESET)によってPDSCH「1」がスケジューリングされる場合であって、且つPDCCH「1」によって受信環境の指定が無く(e.g. Downlink Control Informationで受信環境が指定されず)、受信環境の決定ができない場合には、デフォルトを使用する必要がある。ここで、PDCCHのデフォルトがSSBと紐付いている場合と、紐付いていない場合の両方を考慮する必要がある。PDSCHは、PDCCHにより突然現れる。つまり、PDCCHのスケジューリングで指定された場所にPDSCHが現れるのみであり、特定のPDSCHと複数のSSBとは紐付けられていなかった。つまり、PDSCHにおいてもデフォルトをどのように設定するかという同様の課題があった。
[0132]
 そこで、本開示では、PDSCHを受信するための受信環境(受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)の設定がされていない時のデフォルトは、例えば、PDSCHをスケジューリングしたPDCCHの受信時に実際に用いた受信環境(受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)を使用(再利用)する。つまり、PDCCHを受信するための受信アンテナパネルおよび受信ビームが基地局100により明示的に設定されている場合に、PDCCHの受信時と同じ受信アンテナパネルおよび受信ビームをPDSCHの受信時に用いる。
[0133]
 図19は、PDSCHのリソース領域の設定方法を示す図である。図19に示すように、端末装置200は、例えば、PDCCH「1」のリソース領域によってPDSCH「1」がスケジューリングされる場合、PDCCH「1」によってPDSCH「1」のための受信環境の指定が無く、PDSCH「1」のための受信環境の決定ができない場合には、PDSCHのデフォルトとして、PDCCH「1」の受信に使われた受信環境(受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)を用いる。
[0134]
 このように、端末装置200は、制御情報(e.g. PDCCH)を受信した受信環境(受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)に基づいて、当該制御情報で指定されるPDSCHの受信環境を決定することで、PDSCHのデフォルトを適切に設定することができる。
[0135]
 なお、PDCCHを受信する受信環境(受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)が複数ある場合には、その複数の受信環境をデフォルトとして設定することができる。つまり、端末装置200の取得部243は、PDSCHのリソース領域それぞれに対して、複数の識別情報(e.g. SSB ID)が紐付けられた紐付情報を取得する。
[0136]
 例えば、端末装置200は、PDCCHをアンテナパネル「1」およびアンテナパネル「2」の両方で受信可能な場合は、PDSCHを受信する時に、そのいずれかを(どちからしかデフォルトとして有効でないということ)、または、同時に両方(どちらもデフォルトとして有効であるということ)を使うことができる。
[0137]
 なお、上記では、PDCSHの受信環境(受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)のデフォルトが設定される場合において、PDCCHの受信に実際に使用した受信環境が設定されていない場合、PDCCHのデフォルトで設定された受信環境をPDSCHのデフォルトの受信環境として設定してもよい。
[0138]
 つまり、端末装置200は、基地局100から取得したPDCCHの紐付情報に基づいて、PDSCHの受信環境を設定する。図20は、PDSCHのリソース領域の設定方法を示す図である。
[0139]
 図20に示すように、端末装置200は、例えば、PDCCH「1」のリソース領域によってPDSCH「1」がスケジューリングされる場合、PDCCH「1」によって受信環境の指定が無く、受信環境の設定ができない場合には、PDSCHのデフォルトとして、PDCCH「1」のデフォルトを用いる。
[0140]
 これにより、PDCCHを受信する時に使用すべき受信環境が設定されていなくとも、PDSCHのデフォルトを適切に設定することができる。
[0141]
 ここで、PDSCHのデフォルトが一つに絞れない場合がある。例えば、PDCCHを一つのアンテナパネルだけで受信できるわけではなく、複数のアンテナパネルでPDCCHを受信可能な場合がある。かかる場合には、PDSCHを受信するための受信環境のデフォルトは、複数持っていても良い。なお、デフォルトを複数持つ場合、端末装置200は、どちらかのデフォルトを選択して使用しても良いし、複数のデフォルトを使ってPDSCHを受信しても良い(図21参照)。
[0142]
 図21は、PDSCHのリソース領域の設定方法を示す図である。図21に示すように、端末装置200は、例えば、PDCCH「1」のリソース領域によってPDSCH「1」がスケジューリングされる場合、PDCCH「1」によって受信環境(受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)の指定が無く、受信環境の決定ができない場合には、PDSCHのデフォルトとして、PDCCH「1」の受信に使われた受信環境を用いる。すなわち、図21では、第1受信可能経路である受信アンテナパネル「1」および受信ビーム「i」と、第2受信可能経路である受信アンテナパネル「2」および受信ビーム「j」とを用いる。
[0143]
 特に、URLLCのユースケースのような信頼性を担保しなければならない通信では、PDSCHを制御するPDCCHを複数の基地局100(あるいは、複数の送信アンテナパネル)から送って信頼性を高める方法が考えられる。その場合には、PDSCHのデフォルトを複数持つことが好ましい。複数のデフォルトのどちらを使ってもPDSCHを受信できるという場合と、複数のデフォルトのどちらかしかPDSCHを受信できないという場合の2つの場合があり得る。また、複数のPDCCHにより、複数のPDSCHが送られている場合もあれば、片方のPDSCHしか送られていない場合もあり得る。複数のPDSCHは、同じ周波数および時間リソースに配置されている。
[0144]
 このように、複数のデフォルトを設定することで、デフォルトが一つに絞れない場合に、端末装置200側の都合等により、どちらか望ましいデフォルトを試すことができる。さらに、一方のデフォルトの受信アンテナパネルでの受信がブロッキングなどの理由で受信できない場合も、他方のデフォルトの受信アンテナパネルで受信できる場合があるので、特に、信頼性が必要な通信にとって、効果的である。
[0145]
 また、他の場合として、PDSCHについては、複数の受信環境で受信し、PDCCHについては1つの受信環境で受信する場合がある。例えば、受信アンテナパネル「1」および受信ビーム「X」で受信したPDCCH「1」によって、受信アンテナパネル「1」および受信ビーム「X」で受信したPDSCH「1」をスケジューリングし、同時に、受信アンテナパネル「2」および受信ビーム「Y」で受信したPDSCH「2」をスケジューリングするような場合である。このような場合には、PDSCH「2」のデフォルトとしてPDCCH「1」と同じ受信アンテナパネル「1」および受信ビーム「X」を使うのは望ましくない。このような場合には、単純にPDSCH「1」のデフォルトを、PDSCH「1」をスケジューリングしたPDCCH「1」と同じ受信アンテナパネル「1」および受信ビーム「X」を使うといっても、それで、うまく受信できる場合と、受信できない場合がある。
[0146]
 そこで、端末装置200は、PDSCHを受信するための受信アンテナパネルおよび受信ビームがPDCCHで指定されていない場合や、その指定がPDCCHとPDSCHの間の時間が間に合わない等の理由で使用できない場合には、そのPDSCHのデフォルトの受信環境は、以下の2通りを採用可能である。
[0147]
 すなわち、1つ目は、PDSCHのためにRRCシグナリング等で指定したデフォルトの受信環境(受信アンテナパネルおよび受信ビームの組み合わせ)を使用する方法である。2つ目は、PDSCHを受信するために報告したダウンリンクリファレンス信号であるSSB、あるいは、CSI-RSを使用する方法である。
[0148]
 つまり、端末装置200は、PDCCHで指定されるPDSCHの受信環境を設定できない場合、基地局100から送信されるRRC信号に基づいてPDSCHの受信環境を設定する。これにより、1つのPDCCHで複数のPDSCHをスケジューリングする時に端末装置200が使用する受信環境のデフォルトを適切に決めることができるため、端末装置200はPDSCHを受信可能になる。
[0149]
 なお、上記の実施形態におけるアンテナパネルは1又は複数のアンテナポートの組み合わせと対応してもよい。さらに又はこれに代えて、上記の実施形態におけるアンテナパネルは1又は複数のアンテナポート及びQuasi-co-locationパラメータの組み合わせと対応してもよい。
[0150]
<<4.応用例>>
 本開示に係る技術は、様々な製品へ応用可能である。
[0151]
 例えば、基地局100は、前述の通り、eNodeB、ng-eNodeB、gNodeB及びen-gNodeBのいずれかであってもよい。さらに又はこれに代えて、基地局100がeNodeB、及びen-gNodeBのいずれかである場合、基地局100はEUTRANと称されてもよい。さらに又はこれに代えて、基地局100がgNodeB、及びng-eNodeBのいずれかである場合、基地局100はNGRANと称されてもよい。また、基地局100は、Dual ConnectivityにおけるMaster Node(MN)であってもよいし、Secondary Node(SN)であってもよい。すなわち、基地局100は、EUTRA-NR Dual Connectivityの場合又はNR-NR Dual Connectivityの場合、Secondary gNodeBであってもよい。この場合、上述したRRC signalingの一部又は全部は、MNを介してUE(端末装置200)と送受信されてもよいし、SRB(Signalling Radio Bearer)3を介してUE(端末装置200)とSecondary gNodeB(基地局100)との間で直接送受信されてもよい。上述のPDCCH及びPDSCHは、UE(端末装置200)とSecondary gNodeB(基地局100)との間のSCG(Secondary Cell Group)において送信されてもよい。さらに又はこれに代えて、基地局100は、NR-EUTRA Dual Connectivityの場合又はNR-NR Dual Connectivityの場合、Master gNodeBであってもよい。この場合、上述したRRC signalingはUE(端末装置200)とMaster gNodeB(基地局100)との間のSRB0~2のいずれかを介して送受信されてもよい。上述のPDCCH及びPDSCHは、UE(端末装置200)とMaster gNodeB(基地局100)との間のMCG(master Cell Group)において送信されてもよい。さらに又はこれに代えて、上述の基地局100は、gNB-CU(Central Unit)もしくはgNB-DU(Distributed Unit)又はgNB-CUとgNB-DUの組み合わせ(i.e. gNB)であってもよい。gNB-CUはあるUEに対して、RRCレイヤ、SDAPレイヤ、及びPDCPレイヤをホストする。一方、gNB-DUはあるUEに対してRLCレイヤ、MACレイヤ、及びPHYレイヤをホストする。すなわち、上述のRRC signalingの一部又は全部は、gNB-DUを介して、UEとgNB-CUとの間で終端されてもよい。下りリンクのRRC signalingの一部又は全部はgNB-CUで生成されてもよい。一方、上述のPDCCH及びPDSCHはgNB-DUによって生成されUEへ送信されてもよい。さらにまたはこれに代えて、基地局100はマクロeNB又はスモールeNBなどとして実現されてもよい。スモールeNBは、ピコeNB、マイクロeNB又はホーム(フェムト)eNBなどの、マクロセルよりも小さいセルをカバーするeNBであってよい。さらに又はこれに代えて、基地局100は、NodeB又はBTS(Base Transceiver Station)などの他の種類の基地局として実現されてもよい。基地局100は、無線通信を制御する本体(基地局装置ともいう)と、本体とは別の場所に配置される1つ以上のRRH(Remote Radio Head)とを含んでもよい。また、後述する様々な種類の端末が一時的に又は半永続的に基地局機能を実行することにより、基地局100として動作してもよい。
[0152]
 また、例えば、端末装置200は、スマートフォン、タブレットPC(Personal Computer)、ノートPC、携帯型ゲーム端末、携帯型/ドングル型のモバイルルータ若しくはデジタルカメラなどのモバイル端末、又はカーナビゲーション装置などの車載端末として実現されてもよい。また、端末装置200は、M2M(Machine To Machine)通信を行う端末(MTC(Machine Type Communication)端末ともいう)として実現されてもよい。さらに、端末装置200は、これら端末に搭載される無線通信モジュール(例えば、1つのダイで構成される集積回路モジュール)であってもよい。
[0153]
<4.1.基地局に関する応用例>
(第1の応用例)
 図22は、本開示に係る技術が適用され得るgNBの概略的な構成の第1の例を示すブロック図である。gNB800は、1つ以上のアンテナ810、及び基地局装置820を有する。各アンテナ810及び基地局装置820は、RFケーブルを介して互いに接続され得る。なお、gNBに代えて、eNBに本開示の技術が適用されてもよい。
[0154]
 アンテナ810の各々は、単一の又は複数のアンテナ素子(例えば、MIMOアンテナを構成する複数のアンテナ素子)を有し、基地局装置820による無線信号の送受信のために使用される。gNB800は、図22に示したように複数のアンテナ810を有し、複数のアンテナ810は、例えばgNB800が使用する複数の周波数帯域にそれぞれ対応してもよい。なお、図22にはgNB800が複数のアンテナ810を有する例を示したが、gNB800は単一のアンテナ810を有してもよい。
[0155]
 基地局装置820は、コントローラ821、メモリ822、ネットワークインタフェース823及び無線通信インタフェース825を備える。
[0156]
 コントローラ821は、例えばCPU又はDSPであってよく、基地局装置820の上位レイヤの様々な機能を動作させる。例えば、コントローラ821は、無線通信インタフェース825により処理された信号内のデータからデータパケットを生成し、生成したパケットをネットワークインタフェース823を介して転送する。コントローラ821は、複数のベースバンドプロセッサからのデータをバンドリングすることによりバンドルドパケットを生成し、生成したバンドルドパケットを転送してもよい。また、コントローラ821は、無線リソース管理(Radio Resource Control)、無線ベアラ制御(Radio Bearer Control)、移動性管理(Mobility Management)、流入制御(Admission Control)又はスケジューリング(Scheduling)などの制御を実行する論理的な機能を有してもよい。また、当該制御は、周辺のgNB又はコアネットワークノードと連携して実行されてもよい。メモリ822は、RAM及びROMを含み、コントローラ821により実行されるプログラム、及び様々な制御データ(例えば、端末リスト、送信電力データ及びスケジューリングデータなど)を記憶する。
[0157]
 ネットワークインタフェース823は、基地局装置820をコアネットワーク824に接続するための通信インタフェースである。コントローラ821は、ネットワークインタフェース823を介して、コアネットワークノード又は他のgNBと通信してもよい。その場合に、gNB800と、コアネットワークノード又は他のgNBとは、論理的なインタフェース(例えば、S1インタフェース又はX2インタフェース)により互いに接続されてもよい。ネットワークインタフェース823は、有線通信インタフェースであってもよく、又は無線バックホールのための無線通信インタフェースであってもよい。ネットワークインタフェース823が無線通信インタフェースである場合、ネットワークインタフェース823は、無線通信インタフェース825により使用される周波数帯域よりもより高い周波数帯域を無線通信に使用してもよい。
[0158]
 無線通信インタフェース825は、NR、LTE又はLTE-Advancedなどのいずれかのセルラー通信方式をサポートし、アンテナ810を介して、gNB800のセル内に位置する端末に無線接続を提供する。無線通信インタフェース825は、典型的には、ベースバンド(BB)プロセッサ826及びRF回路827などを含み得る。BBプロセッサ826は、例えば、符号化/復号、変調/復調及び多重化/逆多重化などを行なってよく、各レイヤ(例えば、L1、MAC(Medium Access Control)、RLC(Radio Link Control)及びPDCP(Packet Data Convergence Protocol))の様々な信号処理を実行する。BBプロセッサ826は、コントローラ821の代わりに、上述した論理的な機能の一部又は全部を有してもよい。BBプロセッサ826は、通信制御プログラムを記憶するメモリ、当該プログラムを実行するプロセッサ及び関連する回路を含むモジュールであってもよく、BBプロセッサ826の機能は、上記プログラムのアップデートにより変更可能であってもよい。また、上記モジュールは、基地局装置820のスロットに挿入されるカード若しくはブレードであってもよく、又は上記カード若しくは上記ブレードに搭載されるチップであってもよい。一方、RF回路827は、ミキサ、フィルタ及びアンプなどを含んでもよく、アンテナ810を介して無線信号を送受信する。
[0159]
 無線通信インタフェース825は、図22に示したように複数のBBプロセッサ826を含み、複数のBBプロセッサ826は、例えばgNB800が使用する複数の周波数帯域にそれぞれ対応してもよい。また、無線通信インタフェース825は、図22に示したように複数のRF回路827を含み、複数のRF回路827は、例えば複数のアンテナ素子にそれぞれ対応してもよい。なお、図22には無線通信インタフェース825が複数のBBプロセッサ826及び複数のRF回路827を含む例を示したが、無線通信インタフェース825は単一のBBプロセッサ826又は単一のRF回路827を含んでもよい。
[0160]
 図22に示したgNB800において、図10を参照して説明した制御部140に含まれる1つ以上の構成要素は、無線通信インタフェース825において実装されてもよい。あるいは、これらの構成要素の少なくとも一部は、コントローラ821において実装されてもよい。一例として、gNB800は、無線通信インタフェース825の一部(例えば、BBプロセッサ826)若しくは全部、及び/又はコントローラ821を含むモジュールを搭載し、当該モジュールにおいて上記1つ以上の構成要素が実装されてもよい。この場合に、上記モジュールは、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラム(換言すると、プロセッサに上記1つ以上の構成要素の動作を実行させるためのプログラム)を記憶し、当該プログラムを実行してもよい。別の例として、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラムがgNB800にインストールされ、無線通信インタフェース825(例えば、BBプロセッサ826)及び/又はコントローラ821が当該プログラムを実行してもよい。以上のように、上記1つ以上の構成要素を備える装置としてgNB800、基地局装置820又は上記モジュールが提供されてもよく、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラムが提供されてもよい。また、上記プログラムを記録した読み取り可能な記録媒体が提供されてもよい。
[0161]
 また、図22に示したgNB800において、図10を参照して説明した通信部120は、無線通信インタフェース825(例えば、RF回路827)において実装されてもよい。また、アンテナ部110は、アンテナ810において実装されてもよい。また、記憶部130は、メモリ822において実装されてもよい。
[0162]
(第2の応用例)
 図23は、本開示に係る技術が適用され得るgNBの概略的な構成の第2の例を示すブロック図である。gNB830は、1つ以上のアンテナ840、基地局装置850、及びgNB-DU860を有する。各アンテナ840及びgNB-DU860は、RFケーブルを介して互いに接続され得る。また、基地局装置850及びgNB-DU860は、光ファイバケーブルなどの高速回線で互いに接続され得る。なお、gNBに代えてeNBに本開示の技術が適用される場合、gNB-DU860がRRHに置き換えられる。
[0163]
 アンテナ840の各々は、単一の又は複数のアンテナ素子(例えば、MIMOアンテナを構成する複数のアンテナ素子)を有し、gNB-DU860による無線信号の送受信のために使用される。gNB830は、図23に示したように複数のアンテナ840を有し、複数のアンテナ840は、例えばgNB830が使用する複数の周波数帯域にそれぞれ対応してもよい。なお、図23にはgNB830が複数のアンテナ840を有する例を示したが、gNB830は単一のアンテナ840を有してもよい。
[0164]
 基地局装置850は、コントローラ851、メモリ852、ネットワークインタフェース853、無線通信インタフェース855及び接続インタフェース857を備える。コントローラ851、メモリ852及びネットワークインタフェース853は、図20を参照して説明したコントローラ821、メモリ822及びネットワークインタフェース823と同様のものである。
[0165]
 無線通信インタフェース855は、NR、LTE又はLTE-Advancedなどのいずれかのセルラー通信方式をサポートし、gNB-DU860及びアンテナ840を介して、gNB-DU860に対応するセクタ内に位置する端末に無線接続を提供する。無線通信インタフェース855は、典型的には、BBプロセッサ856などを含み得る。BBプロセッサ856は、接続インタフェース857を介してgNB-DU860のRF回路864と接続されることを除き、図22を参照して説明したBBプロセッサ826と同様のものである。無線通信インタフェース855は、図23に示したように複数のBBプロセッサ856を含み、複数のBBプロセッサ856は、例えばgNB830が使用する複数の周波数帯域にそれぞれ対応してもよい。なお、図23には無線通信インタフェース855が複数のBBプロセッサ856を含む例を示したが、無線通信インタフェース855は単一のBBプロセッサ856を含んでもよい。
[0166]
 接続インタフェース857は、基地局装置850(無線通信インタフェース855)をgNB-DU860と接続するためのインタフェースである。接続インタフェース857は、基地局装置850(無線通信インタフェース855)とgNB-DU860とを接続する上記高速回線での通信のための通信モジュールであってもよい。
[0167]
 また、gNB-DU860は、接続インタフェース861及び無線通信インタフェース863を備える。
[0168]
 接続インタフェース861は、gNB-DU860(無線通信インタフェース863)を基地局装置850と接続するためのインタフェースである。接続インタフェース861は、上記高速回線での通信のための通信モジュールであってもよい。
[0169]
 無線通信インタフェース863は、アンテナ840を介して無線信号を送受信する。無線通信インタフェース863は、典型的には、RF回路864などを含み得る。RF回路864は、ミキサ、フィルタ及びアンプなどを含んでもよく、アンテナ840を介して無線信号を送受信する。無線通信インタフェース863は、図23に示したように複数のRF回路864を含み、複数のRF回路864は、例えば複数のアンテナ素子にそれぞれ対応してもよい。なお、図23には無線通信インタフェース863が複数のRF回路864を含む例を示したが、無線通信インタフェース863は単一のRF回路864を含んでもよい。
[0170]
 図23に示したgNB830において、図10を参照して説明した制御部140に含まれる1つ以上の構成要素は、無線通信インタフェース855及び/又は無線通信インタフェース863において実装されてもよい。あるいは、これらの構成要素の少なくとも一部は、コントローラ851において実装されてもよい。一例として、gNB830は、無線通信インタフェース855の一部(例えば、BBプロセッサ856)若しくは全部、及び/又はコントローラ851を含むモジュールを搭載し、当該モジュールにおいて上記1つ以上の構成要素が実装されてもよい。この場合に、上記モジュールは、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラム(換言すると、プロセッサに上記1つ以上の構成要素の動作を実行させるためのプログラム)を記憶し、当該プログラムを実行してもよい。別の例として、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラムがgNB830にインストールされ、無線通信インタフェース855(例えば、BBプロセッサ856)及び/又はコントローラ851が当該プログラムを実行してもよい。以上のように、上記1つ以上の構成要素を備える装置としてgNB830、基地局装置850又は上記モジュールが提供されてもよく、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラムが提供されてもよい。また、上記プログラムを記録した読み取り可能な記録媒体が提供されてもよい。
[0171]
 また、図23に示したgNB830において、例えば、図10を参照して説明した通信部120は、無線通信インタフェース863(例えば、RF回路864)において実装されてもよい。また、アンテナ部110は、アンテナ840において実装されてもよい。また、記憶部130は、メモリ852において実装されてもよい。
[0172]
<4.2.端末装置に関する応用例>
(第1の応用例)
 図24は、本開示に係る技術が適用され得るスマートフォン900の概略的な構成の一例を示すブロック図である。スマートフォン900は、プロセッサ901、メモリ902、ストレージ903、外部接続インタフェース904、カメラ906、センサ907、マイクロフォン908、入力デバイス909、表示デバイス910、スピーカ911、無線通信インタフェース912、1つ以上のアンテナスイッチ915、1つ以上のアンテナ916、バス917、バッテリー918及び補助コントローラ919を備える。
[0173]
 プロセッサ901は、例えばCPU又はSoC(System on Chip)であってよく、スマートフォン900のアプリケーションレイヤ及びその他のレイヤの機能を制御する。メモリ902は、RAM及びROMを含み、プロセッサ901により実行されるプログラム及びデータを記憶する。ストレージ903は、半導体メモリ又はハードディスクなどの記憶媒体を含み得る。外部接続インタフェース904は、メモリーカード又はUSB(Universal Serial Bus)デバイスなどの外付けデバイスをスマートフォン900へ接続するためのインタフェースである。
[0174]
 カメラ906は、例えば、CCD(Charge Coupled Device)又はCMOS(Complementary Metal Oxide Semiconductor)などの撮像素子を有し、撮像画像を生成する。センサ907は、例えば、測位センサ、ジャイロセンサ、地磁気センサ及び加速度センサなどのセンサ群を含み得る。マイクロフォン908は、スマートフォン900へ入力される音声を音声信号へ変換する。入力デバイス909は、例えば、表示デバイス910の画面上へのタッチを検出するタッチセンサ、キーパッド、キーボード、ボタン又はスイッチなどを含み、ユーザからの操作又は情報入力を受け付ける。表示デバイス910は、液晶ディスプレイ(LCD)又は有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイなどの画面を有し、スマートフォン900の出力画像を表示する。スピーカ911は、スマートフォン900から出力される音声信号を音声に変換する。
[0175]
 無線通信インタフェース912は、NR、LTE又はLTE-Advancedなどのいずれかのセルラー通信方式をサポートし、無線通信を実行する。無線通信インタフェース912は、典型的には、BBプロセッサ913及びRF回路914などを含み得る。BBプロセッサ913は、例えば、符号化/復号、変調/復調及び多重化/逆多重化などを行なってよく、無線通信のための様々な信号処理を実行する。一方、RF回路914は、ミキサ、フィルタ及びアンプなどを含んでもよく、アンテナ916を介して無線信号を送受信する。無線通信インタフェース912は、BBプロセッサ913及びRF回路914を集積したワンチップのモジュールであってもよい。無線通信インタフェース912は、図22に示したように複数のBBプロセッサ913及び複数のRF回路914を含んでもよい。なお、図22には無線通信インタフェース912が複数のBBプロセッサ913及び複数のRF回路914を含む例を示したが、無線通信インタフェース912は単一のBBプロセッサ913又は単一のRF回路914を含んでもよい。
[0176]
 さらに、無線通信インタフェース912は、セルラー通信方式に加えて、近距離無線通信方式、近接無線通信方式又は無線LAN(Local Area Network)方式などの他の種類の無線通信方式をサポートしてもよく、その場合に、無線通信方式ごとのBBプロセッサ913及びRF回路914を含んでもよい。
[0177]
 アンテナスイッチ915の各々は、無線通信インタフェース912に含まれる複数の回路(例えば、異なる無線通信方式のための回路)の間でアンテナ916の接続先を切り替える。
[0178]
 アンテナ916の各々は、単一の又は複数のアンテナ素子(例えば、MIMOアンテナを構成する複数のアンテナ素子)を有し、無線通信インタフェース912による無線信号の送受信のために使用される。スマートフォン900は、図24に示したように複数のアンテナ916を有してもよい。なお、図24にはスマートフォン900が複数のアンテナ916を有する例を示したが、スマートフォン900は単一のアンテナ916を有してもよい。
[0179]
 さらに、スマートフォン900は、無線通信方式ごとにアンテナ916を備えてもよい。その場合に、アンテナスイッチ915は、スマートフォン900の構成から省略されてもよい。
[0180]
 バス917は、プロセッサ901、メモリ902、ストレージ903、外部接続インタフェース904、カメラ906、センサ907、マイクロフォン908、入力デバイス909、表示デバイス910、スピーカ911、無線通信インタフェース912及び補助コントローラ919を互いに接続する。バッテリー918は、図中に破線で部分的に示した給電ラインを介して、図24に示したスマートフォン900の各ブロックへ電力を供給する。補助コントローラ919は、例えば、スリープモードにおいて、スマートフォン900の必要最低限の機能を動作させる。
[0181]
 図24に示したスマートフォン900において、図11を参照して説明した制御部240に含まれる1つ以上の構成要素は、無線通信インタフェース912において実装されてもよい。あるいは、これらの構成要素の少なくとも一部は、プロセッサ901又は補助コントローラ919において実装されてもよい。一例として、スマートフォン900は、無線通信インタフェース912の一部(例えば、BBプロセッサ913)若しくは全部、プロセッサ901、及び/又は補助コントローラ919を含むモジュールを搭載し、当該モジュールにおいて上記1つ以上の構成要素が実装されてもよい。この場合に、上記モジュールは、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラム(換言すると、プロセッサに上記1つ以上の構成要素の動作を実行させるためのプログラム)を記憶し、当該プログラムを実行してもよい。別の例として、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラムがスマートフォン900にインストールされ、無線通信インタフェース912(例えば、BBプロセッサ913)、プロセッサ901、及び/又は補助コントローラ919が当該プログラムを実行してもよい。以上のように、上記1つ以上の構成要素を備える装置としてスマートフォン900又は上記モジュールが提供されてもよく、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラムが提供されてもよい。また、上記プログラムを記録した読み取り可能な記録媒体が提供されてもよい。
[0182]
 また、図24に示したスマートフォン900において、例えば、図11を参照して説明した通信部220は、無線通信インタフェース912(例えば、RF回路914)において実装されてもよい。また、アンテナ部210は、アンテナ916において実装されてもよい。また、記憶部230は、メモリ902において実装されてもよい。
[0183]
(第2の応用例)
 図25は、本開示に係る技術が適用され得るカーナビゲーション装置920の概略的な構成の一例を示すブロック図である。カーナビゲーション装置920は、プロセッサ921、メモリ922、GPS(Global Positioning System)モジュール924、センサ925、データインタフェース926、コンテンツプレーヤ927、記憶媒体インタフェース928、入力デバイス929、表示デバイス930、スピーカ931、無線通信インタフェース933、1つ以上のアンテナスイッチ936、1つ以上のアンテナ937及びバッテリー938を備える。
[0184]
 プロセッサ921は、例えばCPU又はSoCであってよく、カーナビゲーション装置920のナビゲーション機能及びその他の機能を制御する。メモリ922は、RAM及びROMを含み、プロセッサ921により実行されるプログラム及びデータを記憶する。
[0185]
 GPSモジュール924は、GPS衛星から受信されるGPS信号を用いて、カーナビゲーション装置920の位置(例えば、緯度、経度及び高度)を測定する。センサ925は、例えば、ジャイロセンサ、地磁気センサ及び気圧センサなどのセンサ群を含み得る。データインタフェース926は、例えば、図示しない端子を介して車載ネットワーク941に接続され、車速データなどの車両側で生成されるデータを取得する。
[0186]
 コンテンツプレーヤ927は、記憶媒体インタフェース928に挿入される記憶媒体(例えば、CD又はDVD)に記憶されているコンテンツを再生する。入力デバイス929は、例えば、表示デバイス930の画面上へのタッチを検出するタッチセンサ、ボタン又はスイッチなどを含み、ユーザからの操作又は情報入力を受け付ける。表示デバイス930は、LCD又はOLEDディスプレイなどの画面を有し、ナビゲーション機能又は再生されるコンテンツの画像を表示する。スピーカ931は、ナビゲーション機能又は再生されるコンテンツの音声を出力する。
[0187]
 無線通信インタフェース933は、NR、LTE又はLTE-Advancedなどのいずれかのセルラー通信方式をサポートし、無線通信を実行する。無線通信インタフェース933は、典型的には、BBプロセッサ934及びRF回路935などを含み得る。BBプロセッサ934は、例えば、符号化/復号、変調/復調及び多重化/逆多重化などを行なってよく、無線通信のための様々な信号処理を実行する。一方、RF回路935は、ミキサ、フィルタ及びアンプなどを含んでもよく、アンテナ937を介して無線信号を送受信する。無線通信インタフェース933は、BBプロセッサ934及びRF回路935を集積したワンチップのモジュールであってもよい。無線通信インタフェース933は、図25に示したように複数のBBプロセッサ934及び複数のRF回路935を含んでもよい。なお、図25には無線通信インタフェース933が複数のBBプロセッサ934及び複数のRF回路935を含む例を示したが、無線通信インタフェース933は単一のBBプロセッサ934又は単一のRF回路935を含んでもよい。
[0188]
 さらに、無線通信インタフェース933は、セルラー通信方式に加えて、近距離無線通信方式、近接無線通信方式又は無線LAN方式などの他の種類の無線通信方式をサポートしてもよく、その場合に、無線通信方式ごとのBBプロセッサ934及びRF回路935を含んでもよい。
[0189]
 アンテナスイッチ936の各々は、無線通信インタフェース933に含まれる複数の回路(例えば、異なる無線通信方式のための回路)の間でアンテナ937の接続先を切り替える。
[0190]
 アンテナ937の各々は、単一の又は複数のアンテナ素子(例えば、MIMOアンテナを構成する複数のアンテナ素子)を有し、無線通信インタフェース933による無線信号の送受信のために使用される。カーナビゲーション装置920は、図25に示したように複数のアンテナ937を有してもよい。なお、図25にはカーナビゲーション装置920が複数のアンテナ937を有する例を示したが、カーナビゲーション装置920は単一のアンテナ937を有してもよい。
[0191]
 さらに、カーナビゲーション装置920は、無線通信方式ごとにアンテナ937を備えてもよい。その場合に、アンテナスイッチ936は、カーナビゲーション装置920の構成から省略されてもよい。
[0192]
 バッテリー938は、図中に破線で部分的に示した給電ラインを介して、図23に示したカーナビゲーション装置920の各ブロックへ電力を供給する。また、バッテリー938は、車両側から給電される電力を蓄積する。
[0193]
 図25に示したカーナビゲーション装置920において、図11を参照して説明した制御部240に含まれる1つ以上の構成要素は、無線通信インタフェース933において実装されてもよい。あるいは、これらの構成要素の少なくとも一部は、プロセッサ921において実装されてもよい。一例として、カーナビゲーション装置920は、無線通信インタフェース933の一部(例えば、BBプロセッサ934)若しくは全部及び/又はプロセッサ921を含むモジュールを搭載し、当該モジュールにおいて上記1つ以上の構成要素が実装されてもよい。この場合に、上記モジュールは、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラム(換言すると、プロセッサに上記1つ以上の構成要素の動作を実行させるためのプログラム)を記憶し、当該プログラムを実行してもよい。別の例として、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラムがカーナビゲーション装置920にインストールされ、無線通信インタフェース933(例えば、BBプロセッサ934)及び/又はプロセッサ921が当該プログラムを実行してもよい。以上のように、上記1つ以上の構成要素を備える装置としてカーナビゲーション装置920又は上記モジュールが提供されてもよく、プロセッサを上記1つ以上の構成要素として機能させるためのプログラムが提供されてもよい。また、上記プログラムを記録した読み取り可能な記録媒体が提供されてもよい。
[0194]
 また、図25に示したカーナビゲーション装置920において、例えば、図11を参照して説明した通信部220は、無線通信インタフェース933(例えば、RF回路935)において実装されてもよい。また、アンテナ部210は、アンテナ937において実装されてもよい。また、記憶部230は、メモリ922において実装されてもよい。
[0195]
 また、本開示に係る技術は、上述したカーナビゲーション装置920の1つ以上のブロックと、車載ネットワーク941と、車両側モジュール942とを含む車載システム(又は車両)940として実現されてもよい。車両側モジュール942は、車速、エンジン回転数又は故障情報などの車両側データを生成し、生成したデータを車載ネットワーク941へ出力する。
[0196]
<<5.変形例>>
 本実施形態の基地局装置100、または端末装置200を制御する制御装置は、専用のコンピュータシステム、又は汎用のコンピュータシステムによって実現してもよい。
[0197]
 例えば、上述の動作(例えば、送受信処理)を実行するための通信プログラムを、光ディスク、半導体メモリ、磁気テープ、フレキシブルディスク等のコンピュータ読み取り可能な記録媒体に格納して配布する。そして、例えば、該プログラムをコンピュータにインストールし、上述の処理を実行することによって制御装置を構成する。このとき、制御装置は、基地局装置、又は端末装置の外部の装置(例えば、パーソナルコンピュータ)であってもよい。また、制御装置は、基地局装置、又は端末装置の内部の装置であってもよい。
[0198]
 また、上記通信プログラムをインターネット等のネットワーク上のサーバ装置が備えるディスク装置に格納しておき、コンピュータにダウンロード等できるようにしてもよい。また、上述の機能を、OS(Operating System)とアプリケーションソフトとの協働により実現してもよい。この場合には、OS以外の部分を媒体に格納して配布してもよいし、OS以外の部分をサーバ装置に格納しておき、コンピュータにダウンロード等できるようにしてもよい。
[0199]
 また、上記実施形態において説明した各処理のうち、自動的に行われるものとして説明した処理の全部又は一部を手動的に行うこともでき、あるいは、手動的に行われるものとして説明した処理の全部又は一部を公知の方法で自動的に行うこともできる。この他、上記文書中や図面中で示した処理手順、具体的名称、各種のデータやパラメータを含む情報については、特記する場合を除いて任意に変更することができる。例えば、各図に示した各種情報は、図示した情報に限られない。
[0200]
 また、図示した各装置の各構成要素は機能概念的なものであり、必ずしも物理的に図示の如く構成されていることを要しない。すなわち、各装置の分散・統合の具体的形態は図示のものに限られず、その全部又は一部を、各種の負荷や使用状況などに応じて、任意の単位で機能的又は物理的に分散・統合して構成することができる。
[0201]
 また、上述の実施形態は、処理内容を矛盾させない領域で適宜組み合わせることが可能である。また、上述の実施形態のフローチャート及びシーケンス図に示された各ステップは、適宜順序を変更することが可能である。
[0202]
 上述の実施形態では、端末装置200が使用すべき受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせ(受信環境)のデフォルトについて記載したが、ある側面(Aspect)においては「受信アンテナパネル」は明示的(explicitly)に考慮されなくてもよい。一例として1つの受信ビームについて異なる複数の受信アンテナパネルで受信・測定された場合、UE(端末装置200)の観点(UE perspective)では、異なる複数の受信ビームとして認識(consider)されてもよい。この場合、上述の「端末装置200が使用すべき受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせ(受信環境)のデフォルト」は「端末装置200が使用すべき受信ビームのデフォルト」として置き換えられてもよい。
[0203]
 さらに、又はこれに代えて、上述した制御情報(e.g. PDCCH)のリソース領域と識別情報(e.g.SSB-Index)(又は受信アンテナパネルと受信ビームの組み合わせ)の紐づけ(Association)は、端末装置200(UE)毎、UE内のMACエンティティ毎、セル毎、CC毎、又はBWP毎、に設定されてもよい。
[0204]
<<6.まとめ>>
 以上説明したように、本開示の一実施形態によれば、本実施形態に係る通信装置(例えば、端末装置200)は、複数のアンテナパネルと、アンテナ部210(受信部)と、選択部241と、設定部244とを備える。アンテナ部210は、基地局100から1又は複数の参照信号を複数のアンテナパネルを介して受信する。選択部241は、受信した1又は複数の参照信号から、1又は複数の受信ビームを選択する。設定部244は、基地局100から送信される1又は複数の制御情報を受信する際に端末装置200が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせを、1又は複数の参照信号を受信した際に使用した受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせに基づいて設定する。
[0205]
 これにより、受信環境(受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせ)のデフォルトを適切に設定することができる。
[0206]
 また、実施形態に係る端末装置200は、取得部243をさらに備える。取得部243は、制御情報を受信する際に端末装置200が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせに対応するリソース領域と、参照信号を受信した際に使用した受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせを特定するための識別情報とが紐付けられた紐付情報を取得する。また、設定部244は、取得部243によって取得された紐付情報に基づいて、制御情報を受信する際に端末装置が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせを設定する。
[0207]
 これにより、受信環境を設定するための参照信号を容易に特定することができる。
[0208]
 また、実施形態に係る識別情報は、それぞれ複数の参照信号を包含するグループを識別するグルーブ識別情報が紐付けられた紐付情報を取得する。
[0209]
 これにより、受信環境を設定するための参照信号を容易に特定することができる。
[0210]
 また、実施形態に係る識別情報は、グループそれぞれに包含される複数の参照信号のうち、同期時の受信電力が最も高い参照信号を識別する信号識別情報である。
[0211]
 これにより、受信環境を設定するための参照信号を容易に特定することができ、かつ、受信電力が高いため、高品質な受信環境を設定できる。
[0212]
 また、実施形態に係る通信装置は、報告部242をさらに備える。報告部242は、選択部241で選択された参照信号を基地局100へ報告する。識別情報は、報告部242が基地局100に報告した報告情報である。
[0213]
 これにより、受信環境を設定するための参照信号を容易に特定することができる。
[0214]
 また、実施形態に係る識別情報は、選択部241で選択された参照信号を識別する信号識別情報である。
[0215]
 これにより、受信環境を設定するための参照信号を容易に特定することができる。
[0216]
 また、実施形態に係る通信装置の取得部243は、リソース領域に対して、参照信号の出現順に応じて識別情報が紐付けられた紐付情報を取得する。
[0217]
 これにより、基地局100および通信装置の間で、リソース領域と参照信号とを関係つけるシグナリングを行うことなく端末装置200が受信環境を設定できる。
[0218]
 また、実施形態に係る通信装置の取得部243は、リソース領域に対して、参照信号の受信電力に応じて識別情報が紐付けられた紐付情報を取得する。
[0219]
 これにより、基地局100および通信装置の間で、リソース領域と参照信号とを関係つけるシグナリングを行うことなく端末装置200が受信環境を設定できる。
[0220]
 また、実施形態に係る通信装置の設定部244は、基地局100から制御情報を受信する際に端末装置200が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせの指定が無かった場合に、紐付情報に基づいて、制御情報を受信する際に端末装置200が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせを設定する。
[0221]
 これにより、基地局100から受信環境の指定が無かった場合であっても、適切な受信環境を設定することができる。
[0222]
 また、実施形態に係る通信装置の設定部244は、制御情報を受信した際に端末装置200が使用した受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせに基づいて、制御情報で指定されるユーザ情報を受信する際に端末装置200が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせを設定する。
[0223]
 これにより、ユーザ情報を受信するための受信環境のデフォルトを適切に設定することができる。
[0224]
 また、実施形態に係る通信装置の設定部244は、基地局100からユーザ情報を受信する際に端末装置200が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせの指定が無かった場合に、制御情報を受信した際に端末装置200が使用した受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせに基づいて、ユーザ情報を受信する際に端末装置200が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせを設定する。
[0225]
 これにより、基地局100から受信環境の指定が無かった場合であっても、適切な受信環境を設定することができる。
[0226]
 また、実施形態に係る通信装置の設定部244は、取得部243によって取得された紐付情報における識別情報に基づいて、制御情報で指定されるユーザ情報を受信する際に端末装置200が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせを設定する。
[0227]
 これにより、PDCCHから受信環境の指定が無かった場合であっても、PDCCHの受信時のデフォルトを用いることができるため、適切な受信環境を設定することができる。
[0228]
 また、実施形態に係る通信装置の取得部243は、リソース領域に対して、複数の識別情報が紐付けられた紐付情報を取得する。
[0229]
 これにより、受信環境のダイバーシティを確保することができる。
[0230]
 また、実施形態に係る通信装置の設定部244は、紐付情報に基づいて制御情報で指定されるユーザ情報を受信する際に端末装置が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせを設定できない場合、基地局100から送信される信号に基づいてユーザ情報を受信する際に端末装置200が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせを設定する。
[0231]
 これにより、端末装置200はPDSCHをスケジューリングする時に受信環境を設定するため、どのような状況であっても確実に受信環境を設定することができる。
[0232]
 また、実施形態に係る基地局装置100は、特定部141と、生成部142と、送信部143とを備える。特定部141は、基地局装置100から送信した1又は複数の参照信号を受信した端末装置200によって、1又は複数の参照信号から選択された1又は複数の受信ビームを特定する。生成部142は、端末装置200へ送信する1又は複数の制御情報を受信する際に端末装置200が使用する受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせと、参照信号を受信した際に端末装置200が使用した受信アンテナパネルと受信ビームとの組み合わせとを紐付けるための紐付情報を生成する。
[0233]
 これにより、端末装置200が受信環境のデフォルトを適切に設定することができる。
[0234]
 以上、本開示の各実施形態について説明したが、本開示の技術的範囲は、上述の各実施形態そのままに限定されるものではなく、本開示の要旨を逸脱しない範囲において種々の変更が可能である。また、異なる実施形態及び変形例にわたる構成要素を適宜組み合わせてもよい。
[0235]
 また、本明細書に記載された各実施形態における効果はあくまで例示であって限定されるものでは無く、他の効果があってもよい。
[0236]
 なお、本技術は以下のような構成も取ることができる。
(1)
 端末装置であって、
 複数のアンテナパネルと、
 基地局から1又は複数の参照信号を前記複数のアンテナパネルを介して受信する受信部と、
 受信した1又は複数の参照信号から、1又は複数の受信ビームを選択する選択部と、
 前記基地局から送信される1又は複数の制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを、前記1又は複数の参照信号を受信した際に使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせに基づいて設定する設定部と、
 を備える端末装置。
(2)
 前記制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせに対応するリソース領域と、前記参照信号を受信した際に使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを特定するための識別情報とが紐付けられた紐付情報を取得する取得部をさらに備え、
 前記設定部は、
 前記紐付情報に基づいて、前記制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 前記(1)に記載の端末装置。
(3)
 前記識別情報は、それぞれ複数の参照信号を包含する前記グループを識別するグルーブ識別情報である
 前記(2)に記載の端末装置。
(4)
 前記識別情報は、前記グループそれぞれに包含される前記複数の参照信号のうち、同期時の受信電力が最も高い参照信号を識別する信号識別情報である
 前記(3)に記載の端末装置。
(5)
 前記選択部で選択された前記参照信号に関する報告情報を前記基地局へ報告する報告部をさらに備え、
 前記識別情報は、前記報告部が前記基地局に報告した報告情報である
 前記(2)~(4)のいずれかに記載の端末装置。
(6)
 前記識別情報は、前記選択部で選択した前記参照信号を識別する信号識別情報である
 前記(2)~(5)のいずれかに記載の端末装置。
(7)
 前記取得部は、
 前記リソース領域に対して、前記参照信号の出現順に応じて前記識別情報が紐付けられた前記紐付情報を取得する
 前記(2)~(6)のいずれかに記載の端末装置。
(8)
 前記取得部は、
 前記リソース領域に対して、前記参照信号の受信電力に応じて前記識別情報が紐付けられた前記紐付情報を取得する
 前記(2)~(7)のいずれかに記載の端末装置。
(9)
 前記設定部は、
 前記基地局から前記制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせの指定が無かった場合に、前記紐付情報に基づいて、前記制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 前記(2)~(8)のいずれかに記載の端末装置。
(10)
 前記設定部は、
 前記制御情報を受信した際に前記端末装置が使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせに基づいて、該制御情報で指定されるユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 前記(1)~(9)のいずれかに記載の端末装置。
(11)
 前記設定部は、
 前記基地局から前記ユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせの指定が無かった場合に、前記制御情報を受信した際に前記端末装置が使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせに基づいて、前記ユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 前記(1)~(10)のいずれかに記載の端末装置。
(12)
 前記設定部は、
 前記紐付情報に基づいて、前記制御情報で指定されるユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 前記(1)~(11)のいずれかに記載の端末装置。
(13)
 前記取得部は、
 前記リソース領域に対して、複数の識別情報が紐付けられた前記紐付情報を取得する
 前記(2)~(9)のいずれかに記載の端末装置。
(14)
 前記設定部は、
 前記紐付情報に基づいて前記制御情報で指定されるユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを決定できない場合、前記基地局から送信される信号に基づいて前記ユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 前記(2)~(9)のいずれかに記載の端末装置。
(15)
 基地局装置であって、
 前記基地局装置から送信した1又は複数の参照信号を受信した端末装置によって、前記1又は複数の参照信号から選択された1又は複数の受信ビームを特定する特定部と、
 前記端末装置へ送信する1又は複数の制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせと、前記参照信号を受信した際に前記端末装置が使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせとを紐付けるための紐付情報を生成する生成部と、
 前記生成部によって生成された前記紐付情報を前記通信装置へ送信する送信部と
 を備える基地局装置。
(16)
 複数のアンテナパネルを備えた端末装置が実行する通信方法であって、
 基地局から1又は複数の参照信号を前記複数のアンテナパネルを介して受信する受信工程と、
 受信した1又は複数の参照信号から、1又は複数の受信ビームを選択する選択工程と、
 前記基地局から送信される1又は複数の制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを、前記1又は複数の参照信号を受信した際に使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせに基づいて設定する設定工程と
 を含む通信方法。
(17)
 基地局装置が実行する制御方法であって、
 前記基地局装置から送信した1又は複数の参照信号を受信した端末装置によって、前記1又は複数の参照信号から選択された1又は複数の受信ビームを特定する特定工程と、
 前記端末装置へ送信する1又は複数の制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせと、前記参照信号を受信した際に前記端末装置が使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせとを紐付けるための紐付情報を生成する生成工程と、
 前記生成工程によって生成された前記紐付情報を前記通信装置へ送信する送信工程と
 を含む基地局装置の制御方法。

符号の説明

[0237]
 1 通信システム
 100 基地局装置(基地局)
 200 端末装置

請求の範囲

[請求項1]
 端末装置であって、
 複数のアンテナパネルと、
 基地局から1又は複数の参照信号を前記複数のアンテナパネルを介して受信する受信部と、
 受信した1又は複数の参照信号から、1又は複数の受信ビームを選択する選択部と、
 前記基地局から送信される1又は複数の制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを、前記1又は複数の参照信号を受信した際に使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせに基づいて設定する設定部と、
 を備える端末装置。
[請求項2]
 前記制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせに対応するリソース領域と、前記参照信号を受信した際に使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを特定するための識別情報とが紐付けられた紐付情報を取得する取得部をさらに備え、
 前記設定部は、
 前記紐付情報に基づいて、前記制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 請求項1に記載の端末装置。
[請求項3]
 前記識別情報は、それぞれ複数の参照信号を包含するグループを識別するグループ識別情報である
 請求項2に記載の端末装置。
[請求項4]
 前記識別情報は、前記グループそれぞれに包含される前記複数の参照信号のうち、同期時の受信電力が最も高い前記参照信号を識別する信号識別情報である
 請求項3に記載の端末装置。
[請求項5]
 前記選択部で選択された前記参照信号に関する報告情報を前記基地局へ報告する報告部をさらに備え、
 前記識別情報は、前記報告部が前記基地局に報告した前記報告情報である
 請求項2に記載の端末装置。
[請求項6]
 前記識別情報は、前記選択部で選択された前記参照信号を識別する信号識別情報である
 請求項2に記載の端末装置。
[請求項7]
 前記取得部は、
 前記リソース領域に対して、前記参照信号の出現順に応じて前記識別情報が紐付けられた前記紐付情報を取得する
 請求項2に記載の端末装置。
[請求項8]
 前記取得部は、
 前記リソース領域に対して、前記参照信号の受信電力に応じて前記識別情報が紐付けられた前記紐付情報を取得する
 請求項2に記載の端末装置。
[請求項9]
 前記設定部は、
 前記基地局から前記制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせの指定が無かった場合に、前記紐付情報に基づいて、前記制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 請求項2に記載の端末装置。
[請求項10]
 前記設定部は、
 前記制御情報を受信した際に前記端末装置が使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせに基づいて、該制御情報で指定されるユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 請求項1に記載の端末装置。
[請求項11]
 前記設定部は、
 前記基地局から制御情報で指定されるユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせの指定が無かった場合に、前記制御情報を受信した際に前記端末装置が使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせに基づいて、前記ユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 請求項1に記載の端末装置。
[請求項12]
 前記設定部は、
 前記紐付情報に基づいて、前記制御情報で指定されるユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 請求項2に記載の端末装置。
[請求項13]
 前記取得部は、
 前記リソース領域に対して、複数の識別情報が紐付けられた前記紐付情報を取得する
 請求項2に記載の端末装置。
[請求項14]
 前記設定部は、
 前記紐付情報に基づいて前記制御情報で指定されるユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定できない場合、前記基地局から送信される信号に基づいて前記ユーザ情報を受信する際に前記端末装置が使用する前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを設定する
 請求項2に記載の端末装置。
[請求項15]
 基地局装置であって、
 前記基地局装置から送信した1又は複数の参照信号を受信した端末装置によって、前記1又は複数の参照信号から選択された1又は複数の受信ビームを特定する特定部と、
 前記端末装置へ送信する1又は複数の制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせと、前記参照信号を受信した際に前記端末装置が使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせとを紐付けるための紐付情報を生成する生成部と
 を備える基地局装置。
[請求項16]
 複数のアンテナパネルを備えた端末装置が実行する通信方法であって、
 基地局から1又は複数の参照信号を前記複数のアンテナパネルを介して受信する受信工程と、
 受信した1又は複数の参照信号から、1又は複数の受信ビームを選択する選択工程と、
 前記基地局から送信される1又は複数の制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせを、前記1又は複数の参照信号を受信した際に使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせに基づいて設定する設定工程と
 を含む通信方法。
[請求項17]
 基地局装置が実行する制御方法であって、
 前記基地局装置から送信した1又は複数の参照信号を受信した端末装置によって、前記1又は複数の参照信号から選択された1又は複数の受信ビームを特定する特定工程と、
 前記端末装置へ送信する1又は複数の制御情報を受信する際に前記端末装置が使用する受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせと、前記参照信号を受信した際に前記端末装置が使用した前記受信アンテナパネルと前記受信ビームとの組み合わせとを紐付けるための紐付情報を生成する生成工程と
 を含む基地局装置の制御方法。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3]

[ 図 4]

[ 図 5]

[ 図 6A]

[ 図 6B]

[ 図 7]

[ 図 8]

[ 図 9]

[ 図 10]

[ 図 11]

[ 図 12A]

[ 図 12B]

[ 図 12C]

[ 図 12D]

[ 図 13]

[ 図 14]

[ 図 15]

[ 図 16]

[ 図 17]

[ 図 18]

[ 図 19]

[ 図 20]

[ 図 21]

[ 図 22]

[ 図 23]

[ 図 24]

[ 図 25]