Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO2012046399 - APPAREIL DE TRANSMISSION, APPAREIL DE RÉCEPTION, PROCÉDÉ DE TRANSMISSION ET PROCÉDÉ DE RÉCEPTION

Document

明 細 書

発明の名称 送信装置、受信装置、送信方法、及び受信方法

技術分野

0001  

背景技術

0002   0003   0004   0005   0006   0007   0008   0009   0010   0011  

先行技術文献

非特許文献

0012  

発明の概要

発明が解決しようとする課題

0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020  

課題を解決するための手段

0021   0022   0023   0024  

発明の効果

0025  

図面の簡単な説明

0026  

発明を実施するための形態

0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046   0047   0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059   0060   0061   0062   0063   0064   0065   0066   0067   0068   0069   0070   0071   0072   0073   0074   0075   0076   0077   0078   0079   0080   0081   0082   0083   0084   0085   0086   0087   0088   0089   0090   0091   0092   0093   0094   0095   0096   0097   0098   0099   0100   0101   0102   0103   0104   0105   0106   0107   0108   0109   0110   0111   0112   0113   0114   0115   0116   0117   0118   0119  

産業上の利用可能性

0120  

符号の説明

0121  

請求の範囲

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10  

図面

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14  

明 細 書

発明の名称 : 送信装置、受信装置、送信方法、及び受信方法

技術分野

[0001]
 本発明は、リファレンス信号の送信装置、受信装置、送信方法、及び受信方法に関する。

背景技術

[0002]
 3GPP LTE(3rd Generation Partnership Project Long-term Evolution、以降、単に「LTE」と呼ぶ)の上り回線では、上り受信品質を測定するためのリファレンス信号として、Periodic Sounding Reference signal(P-SRS)が用いられる(非特許文献1参照)。
[0003]
 このP-SRSを端末から基地局に対して送信するために、全端末共通のSRSリソース(以下、「共通リソース」と呼ぶ)が設定される。この共通リソースは、セル単位で通知される。例えば、共通リソースが1、3、8サブフレームであることが制御情報によって通知されると、セル内の全端末は、1、3、8サブフレームのそれぞれにおける所定期間(詳細には、最終シンボル)において、データ信号の送信を取り止めるとともに、その期間をリファレンス信号の送信リソースとして用いる。
[0004]
 また、共通リソース内で各端末に対して実際に割り当てられるリソースに関する情報は、端末単位で物理層よりも上位レイヤによって通知される。これにより、共通リソースが各端末に対して分配される。
[0005]
 具体的には、各端末に対して、時間軸方向では、リファレンス信号の送信用のリソースが周期的(periodic)に割り当てられる。
[0006]
 また、リファレンス信号の送信方法には、広帯域送信と狭帯域送信とがある。広帯域送信では、端末に対して設定された帯域の全体でリファレンス信号が送信されるのに対して、狭帯域送信では、第1のタイミングにおいては、その設定帯域を構成する複数の部分帯域の内の第1の部分帯域でリファレンス信号が送信され、第2のタイミングにおいては、第1の部分帯域と異なる第2の部分帯域でリファレンス信号が送信される。すなわち、狭帯域送信では、周波数ホッピングが採用される(図1参照)。従って、1つのタイミングではリファレンス信号は狭い帯域でのみ送信されるが、周波数ホッピングが繰り返されることにより、設定帯域全体でリファレンス信号が送信されることになる。これにより、基地局は、設定帯域全体で受信品質を測定することができる。
[0007]
 また、リファレンス信号は、各端末において直交系列によってスクランブルされて送信される。すなわち、複数の端末から送信されるリファレンス信号は、時間分割、周波数分割、及び符号分割によって多重されて送信される。
[0008]
 また、上記した、共通リソース内で各端末に対して実際に割り当てられるリソースに関する情報(つまり、リソースの特定に用いられるパラメータ)には、先頭サブフレーム、設定帯域、送信帯域幅、リファレンス信号がマッピングされるフレーム間隔、送信時間などが含まれる。この情報が、端末単位で物理層よりも上位レイヤによって通知される。
[0009]
 ここで、上述の通り、共通リソース内で各端末に対して実際に割り当てられるリソースに関する情報は、物理層よりも上位のレイヤで通知される。この上位のレイヤでは、通知を受けた端末と送信元の基地局との間でACK/NACK等の送受信が行われるため、端末がその通知を受けてから実際にリファレンス信号の送信を開始するまでの時間が長くなるという欠点がある。
[0010]
 LTEをさらに進めたLTE-Advanced(以下、「LTE-A」という)の上り回線では、DA-SRS(Dynamic Aperiodic SRS)の導入が検討されている。このDA-SRSの送信タイミングは、基地局から端末へ送信されるトリガー情報(例えば、1ビットの情報)によって制御される。このトリガー情報は、物理層の制御チャネル(つまり、PDCCH)によって送信される。そして、端末は、トリガー情報を受け取ると、各送信アンテナからDA-SRSの送信を開始する。また、DA-SRSの送信方法には、1つのトリガー情報に対して1つのDA-SRSを送信するシングルショット(Single shot)と、1つのトリガー情報に対して複数のDA-SRSを送信するマルチショット(Multi shot)とが検討されている。マルチショットの場合、複数のDA-SRSは、それぞれ異なるサブフレームで送信される。なお、DA-SRSとP-SRSとは、独立にパラメータが設定される。
[0011]
 ここで、上述の通り、P-SRSは、周期的(periodic)に送信される一方、DA-SRSは、バースト的に送信データが発生したときに、基地局から端末への物理レイヤにおける通知に基づいて、送信される。従って、例えば、DA-SRSは、バースト的に発生し且つデータ量の比較的少ないデータ信号に対するリソース割当を行うための受信品質測定に使用される一方、P-SRSは、頻繁に発生するデータ信号に対するリソース割当を行うための受信品質測定に使用される。

先行技術文献

非特許文献

[0012]
非特許文献1 : TS36.211 v8.9.0 “3GPP TSG RAN; Evolved Universal Terrestrial Radio Access (E-UTRA); Physical Channels and Modulation”

発明の概要

発明が解決しようとする課題

[0013]
 ところで、物理層よりも上位レイヤによってリソースに関する情報が通知される第1種リファレンス信号(P-SRS)の送信方法を、物理層によってリソースに関する情報が通知される第2種リファレンス信号(DA-SRS)の送信方法に単純に適用する場合、第2種リファレンス信号をマッピングできる「候補リソース」は、次のように設定される。
[0014]
 すなわち、まず、設定対象の端末が第2種リファレンス信号をマッピングできる候補サブフレームが設定される。この候補リソースである候補サブフレームは、リソースの特定に用いられるパラメータとして基地局から端末へ送信される、先頭サブフレーム、送信間隔によって特定される。端末は、例えば、先頭サブフレームから一定間隔ごとのサブフレーム群を、自端末が第2種リファレンス信号の送信に使用できる「候補サブフレーム群」として特定する。
[0015]
 そして、候補サブフレーム群の各サブフレームにおいて、複数の部分帯域の内でリファレンス信号をマッピングできる候補部分帯域(つまり、候補周波数リソース)は、周波数ホッピングパターンによって特定される。
[0016]
 こうして、設定対象端末に対して、候補リソースが設定される。
[0017]
 そして、端末は、基地局からトリガー情報を受信したサブフレームから4サブフレーム以降のサブフレームであり且つ設定された候補リソースに含まれるサブフレームから、第2種リファレンス信号の送信を開始する。なお、第2種リファレンス信号は、シングルショットの場合には、1つの候補周波数リソースユニットにおいて送信される一方、マルチショットの場合には、候補リソースに含まれる、複数のサブフレームのそれぞれの候補周波数リソースユニットにおいて送信される。なお、基地局は、複数の端末に対して同一のサブフレームを割り当てる。これにより、リファレンス信号が割り当てらない空きリソースが多く発生することを軽減する。ただし、基地局は、各端末へのトリガー情報を用いて、複数の端末から送信される複数のリファレンス信号間の衝突が発生しないように、各端末がリファレンス信号を送信するタイミングを制御する。
[0018]
 しかしながら、図2に示すように、或る設定対象端末の候補サブフレーム群のサブフレーム間隔を短く設定すると、その設定対象端末以外の端末であってその設定対象端末と異なるサブフレームを使用する端末の使用可能なサブフレームの数が少なくなってしまう。また、例えば、第1種リファレンス信号の候補サブフレーム群と第2種リファレンス信号の候補サブフレーム群とが異なる場合、第2種リファレンス信号の候補サブフレームの数が多くなるにつれて、第1種リファレンス信号の候補サブフレームの数が少なくなってしまう。この結果、周期的(periodic)に送信される第1種リファレンス信号が送信される機会が減少するため、基地局による周波数スケジューリングが困難になる。
[0019]
 また、図3に示すように、或る設定対象端末の候補サブフレーム群のサブフレーム間隔を長く設定すると、その設定対象端末は、第2種リファレンス信号を短い期間で繰り返し送信することができない。従って、周波数ホッピングパターンを1周させるのに長時間かかるので、設定対象端末に対して設定された帯域全体で第2種リファレンス信号を送信するのに掛かる時間が長くなってしまう。この結果、基地局が設定対象端末に対して全帯域における周波数スケジューリングをする場合、周波数スケジューリングのために必要な全帯域の受信品質測定結果を取得するのに掛かる時間が長くなり、周波数スケジューリングを実行できるタイミングが遅くなる。
[0020]
 本発明の目的は、リファレンス信号がマッピングされる候補リソースの量を抑えつつ、効率的な周波数スケジューリングを可能とする、リファレンス信号の送信装置、受信装置、送信方法、及び受信方法を提供することである。

課題を解決するための手段

[0021]
 本発明の一態様の送信装置は、物理レイヤにおいて、リファレンス信号をマッピングする候補リソースに関する設定情報を受信する受信手段と、前記設定情報に基づいて前記候補リソースを特定する特定手段と、前記候補リソースを構成する候補周波数ユニット群内で、トリガー信号に基づいてリファレンス信号をマッピングするマッピングリソースを決定する決定手段と、前記決定されたマッピングリソースにリファレンス信号をマッピングして送信する送信手段と、を具備し、前記候補リソースは、第1の間隔で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが前記第1の間隔よりも狭い第2の間隔で配置され、前記候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである。
[0022]
 本発明の一態様の受信装置は、リファレンス信号の送信側に対して、前記リファレンス信号をマッピングする候補リソースを設定する設定手段と、前記候補リソースに関する設定情報を物理レイヤにおいて通知する通知手段と、前記候補リソースにおいて前記リファレンス信号を受信する受信手段と、を具備し、前記候補リソースは、第1の間隔で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが前記第1の間隔よりも狭い第2の間隔で配置され、前記候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである。
[0023]
 本発明の一態様の送信方法は、物理レイヤにおいて、リファレンス信号をマッピングする候補リソースに関する設定情報を受信し、前記設定情報に基づいて前記候補リソースを特定し、前記候補リソースを構成する候補周波数ユニット群内で、トリガー信号に基づいてリファレンス信号をマッピングするマッピングリソースを決定し、前記決定されたマッピングリソースにリファレンス信号をマッピングして送信する、送信方法であって、前記候補リソースは、第1の間隔で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが前記第1の間隔よりも狭い第2の間隔で配置され、前記候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである。
[0024]
 本発明の一態様の受信方法は、リファレンス信号の送信側に対して、前記リファレンス信号をマッピングする候補リソースを設定し、前記候補リソースに関する設定情報を物理レイヤにおいて通知し、前記候補リソースにおいて前記リファレンス信号を受信する、受信方法であって、前記候補リソースは、第1の間隔で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが前記第1の間隔よりも狭い第2の間隔で配置され、前記候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである。

発明の効果

[0025]
 本発明によれば、リファレンス信号がマッピングされる候補リソースの量を抑えつつ、効率的な周波数スケジューリングを可能とする、リファレンス信号の送信装置、受信装置、送信方法、及び受信方法を提供することができる。

図面の簡単な説明

[0026]
[図1] リファレンス信号の狭帯域送信方法の説明に供する図
[図2] 候補サブフレーム群のサブフレーム間隔を短く設定した場合の候補リソースの説明に供する図
[図3] 候補サブフレーム群のサブフレーム間隔を長く設定した場合の候補リソースの説明に供する図
[図4] 本発明の実施の形態1に係る基地局の主要構成図
[図5] 本発明の実施の形態1に係る端末の主要構成図
[図6] 本発明の実施の形態1に係る基地局の構成を示すブロック図
[図7] 本発明の実施の形態1に係る端末の構成を示すブロック図
[図8] 本発明の実施の形態1に係る候補リソース設定の説明に供する図
[図9] 本発明の実施の形態1に係る候補リソース設定の説明に供する図
[図10] 本発明の実施の形態2に係る候補リソース設定の説明に供する図
[図11] 本発明の実施の形態3に係る候補リソース設定の説明に供する図
[図12] 本発明の実施の形態4に係る候補リソース設定の説明に供する図
[図13] 本発明の実施の形態5に係るRSマッピングリソースの設定方法の説明に供する図
[図14] 本発明の実施の形態6に係るRSマッピングリソースの設定方法の説明に供する図

発明を実施するための形態

[0027]
 以下、本発明の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。なお、実施の形態において、同一の構成要素には同一の符号を付し、その説明は重複するので省略する。
[0028]
 [実施の形態1]
 [通信システムの概要]
 本発明の実施の形態1に係る通信システムは、基地局100と端末200とを有する。基地局100は、LTE-A基地局であり、端末200は、LTE-A端末である。
[0029]
 図4は、本発明の実施の形態1に係る基地局100の主要構成図である。基地局100において、設定部101が、第2種リファレンス信号の送信側である端末200に対して、第2種リファレンス信号をマッピングする「候補リソース」を設定し、通知手段としての送信処理部104が、候補リソースに関する設定情報を物理レイヤにおいて通知し、受信処理部108が、候補リソースにおいて第2種リファレンス信号を受信する。
[0030]
 そして、「候補リソース」は、第1の間隔で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが第1の間隔よりも狭い第2の間隔で配置され、候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである。
[0031]
 図5は、本発明の実施の形態1に係る端末200の主要構成図である。端末200において、受信処理部203が、物理レイヤにおいて、第2種リファレンス信号をマッピングする候補リソースに関する設定情報を受信し、送信制御部206が、設定情報に基づいて候補リソースを特定し、候補リソースを構成する候補周波数ユニット群内で、トリガー信号に基づいて第2種リファレンス信号をマッピングするマッピングリソースを決定し、送信信号形成手段が、決定されたマッピングリソースに第2種リファレンス信号をマッピングして送信する。
[0032]
 そして、「候補リソース」は、第1の間隔で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが第1の間隔よりも狭い第2の間隔で配置され、候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである。
[0033]
 以下では、上り回線と下り回線とが周波数分割されるFDDシステムを前提として説明する。
[0034]
 [基地局100の構成]
 図6は、本発明の実施の形態1に係る基地局100の構成を示すブロック図である。図6において、基地局100は、設定部101と、符号化・変調部102,103と、送信処理部104と、送信RF部105と、アンテナ106と、受信RF部107と、受信処理部108と、データ受信部109と、SRS受信部110とを有する。
[0035]
 設定部101は、設定対象端末200の「候補リソース」を設定するための「候補リソース設定情報」を生成する。この候補リソースは、上述の通り、設定対象端末200が第2種リファレンス信号(例えば、DA-SRS)をマッピングすることができるリソースである。そして、候補リソース設定情報には、設定対象端末200が候補リソースの設定を開始する先頭サブフレーム及び先頭周波数帯域、設定対象端末200が使用可能な周波数帯域幅、周波数ホッピングの各タイミングで用いられる周波数帯域幅(つまり、周波数ホッピング帯域幅)、並びに、「候補サブフレーム群設定情報」が含まれる。「候補サブフレーム群設定情報」には、「基本サブフレーム群」を構成するサブフレームの数、基本サブフレーム群における構成サブフレーム間の間隔(以下、「構成サブフレーム間間隔」と呼ばれることがある)、及び、隣接する2つの基本サブフレーム群で対応するサブフレーム(例えば、基本サブフレーム群の先頭サブフレーム)同士の間隔(以下、「基本サブフレーム群間間隔」と呼ばれることがある)が含まれる。
[0036]
 また、設定部101は、設定対象端末200による第2種リファレンス信号の送信方法を設定するための「送信方法設定情報」を生成する。この送信方法設定情報には、設定対象端末200へシングルショット及びマルチショットの内でどちらを設定するのかを示す情報、並びに、マルチショットの場合に、1つのトリガー情報に対して第2種リファレンス信号を送信するサブフレームの数が含まれる。
[0037]
 また、設定部101は、指示対象端末200に対して、第2種リファレンス信号の送信開始を指示するトリガー情報を生成する。
[0038]
 以上のように設定部101によって生成された、候補リソース設定情報及び送信方法設定情報は、設定情報として、符号化・変調部102、送信処理部104、及び送信RF部105を介して設定対象端末200へ送信される。また、トリガー情報も同様に、符号化・変調部102、送信処理部104、及び送信RF部105を介して設定対象端末200へ送信される。
[0039]
 さらに、設定部101は、リソース(RB)割当情報、及び、1つまたは複数のトランスポートブロック(TB)に対するMCS情報を含む、割当制御情報を生成する。割当制御情報は、上り回線データを割り当てる上りリソース(例えば,PUSCH(Physical Uplink Shared Channel))に関する割当制御情報、下り回線データを割り当てる下りリソース(例えば、PDSCH(Physical Downlink Shared Channel))に関する割当制御情報で構成される。そして、上りリソースに関する割当制御情報は、符号化・変調部102および受信処理部108へ出力され、下りリソースに関する割当制御情報は、符号化・変調部102および送信処理部104へ出力される。
[0040]
 ここで、設定情報は、上位レイヤ情報として(つまり、RRCシグナリングによって)、基地局100から端末200へ通知される。一方、割当制御情報及びトリガー情報は、PDCCH(Physical Downlink Control Channel)によって、基地局100から端末200へ通知される。すなわち、設定情報は通知間隔が比較的長い(つまり、比較的長い間隔を空けて通知される)のに対して、割当制御情報及びトリガー情報は、通知間隔が短い(つまり、短い間隔で通知される)。
[0041]
 符号化・変調部102は、設定部101から受け取る設定情報、トリガー情報及び割当制御情報を符号化及び変調し、得られた変調信号を送信処理部104へ出力する。
[0042]
 符号化・変調部103は、入力されるデータ信号を符号化及び変調し、得られた変調信号を送信処理部104へ出力する。
[0043]
 送信処理部104は、符号化・変調部102及び符号化・変調部103から受け取る変調信号を、設定部101から受け取る下りリソース割当情報の示すリソースにマッピングすることにより、送信信号を形成する。ここで、送信信号がOFDM信号である場合には、変調信号を、設定部101から受け取る下りリソース割当情報の示すリソースにマッピングし、逆高速フーリエ変換(IFFT)処理を施して時間波形に変換し、CP(Cyclic Prefix)を付加することにより、OFDM信号が形成される。
[0044]
 送信RF部105は、送信処理部104から受け取る送信信号に対して送信無線処理(アップコンバート、ディジタルアナログ(D/A)変換など)を施し、アンテナ106を介して送信する。
[0045]
 受信RF部107は、アンテナ106介して受信した無線信号に対して受信無線処理(ダウンコンバート、アナログディジタル(A/D)変換など)を施し、得られた受信信号を受信処理部108へ出力する。
[0046]
 受信処理部108は、設定部101から受け取る上りリソース割当情報に基づいて上りデータ信号及びACK/NACK情報がマッピングされているリソースを特定し、受信信号から、特定されたリソースにマッピングされている信号成分を抽出する。
[0047]
 また、受信処理部108は、設定部101から受け取る設定情報及びトリガー情報に基づいて第2種リファレンス信号がマッピングされているリソースを特定し、受信信号から、特定されたリソースにマッピングされている信号成分を抽出する。具体的には、端末200は、トリガー情報が送信されたサブフレームから4サブフレーム以降のサブフレームであってその端末200に設定された候補リソースに含まれるサブフレームから第2種リファレンス信号を送信する。従って、このルール、候補サブフレーム群設定情報、及びトリガー情報に従って、受信処理部108は、第2種リファレンス信号がマッピングされているサブフレームを特定する。また、受信処理部108は、候補リソース設定情報に含まれる、先頭サブフレーム、先頭周波数帯域、周波数帯域幅、及び周波数ホッピング帯域幅、並びに、固定の周波数ホッピングパターンに基づいて、上記特定されたサブフレームにおいて第2種リファレンス信号がマッピングされる周波数リソースユニットを特定する。シングルショットの場合には、1つのサブフレーム内の1つの周波数リソースユニットが特定される。マルチショットの場合には、複数のサブフレームのそれぞれにおいて1つの周波数リソースユニットが特定される。
[0048]
 ここで、受信信号が空間多重された(つまり、複数のコードワード(CW)によって送信された)信号である場合には、受信処理部108は、受信信号をCW毎に分離する。また、受信信号がOFDM信号である場合には、受信処理部108は、抽出された信号成分に対してIDFT(Inverse Discrete Fourier Transform)処理を施すことにより、時間領域信号に変換する。
[0049]
 こうして受信処理部108によって抽出された上りデータ信号及びACK/NACK情報は、データ受信部109へ出力され、第2種リファレンス信号は、SRS受信部110へ出力される。
[0050]
 データ受信部109は、受信処理部108から受け取る信号を復号する。これにより、上り回線データ及びACK/NACK情報が得られる。
[0051]
 SRS受信部110は、受信処理部108から受け取る第2種リファレンス信号に基づいて、各周波数リソースユニットの受信品質を測定し、受信品質情報を出力する。ここで、異なる端末200から送信される複数の第2種リファレンス信号が直交系列などによって符号多重される場合には、SRS受信部110は、符号多重された複数の第2種リファレンス信号の分離処理も行う。
[0052]
 なお、設定情報(候補リソース設定情報及び送信方法設定情報)は、基地局100のセルにおいてトラヒック状況が変化しない場合又は平均的な受信品質を測定したい場合には、通知間隔が長い上位レイヤ情報で通知されることが、シグナリングの観点から好ましい。また、これらの各種オフセット量の一部または全てを報知情報として通知することにより、通知量をより軽減することができる。しかしながら、設定情報をトラヒック状況などに応じてより動的に変更する必要がある場合には、これらのオフセット量の一部または全てを通知間隔が短いPDCCHで通知することが好ましい。
[0053]
 図7は、本発明の実施の形態1に係る端末200の構成を示すブロック図である。ここでは、端末200は、LTE-A端末である。
[0054]
 図7において、端末200は、アンテナ201と、受信RF部202と、受信処理部203と、リファレンス信号生成部204と、データ信号生成部205と、送信制御部206と、送信信号形成部207と、送信RF部208とを有する。
[0055]
 受信RF部202は、アンテナ201を介して受信した無線信号に対して受信無線処理(ダウンコンバート、アナログディジタル(A/D)変換など)を施し、得られた受信信号を受信処理部203へ出力する。
[0056]
 受信処理部203は、受信信号に含まれる設定情報、割当制御情報、トリガー情報、及びデータ信号を抽出する。受信処理部203は、設定情報、割当制御情報、及びトリガー情報を送信制御部206へ出力する。また、受信処理部203は、抽出されたデータ信号に対しては誤り検出処理を行い、誤り検出結果に応じたACK/NACK情報をデータ信号生成部205へ出力する。
[0057]
 リファレンス信号生成部204は、送信制御部206から生成指示信号を受け取ると、リファレンス信号を生成し、送信信号形成部207へ出力する。
[0058]
 データ信号生成部205は、ACK/NACK情報及び送信データを入力とし、送信制御部206から受け取るMCS情報に基づいてACK/NACK情報及び送信データを符号化及び変調することにより、データ信号を生成する。Non-MIMO送信の場合には、1つのコードワード(CW)でデータ信号が生成され、MIMO送信の場合には、2つのコードワードでデータ信号が生成される。なお、受信信号がOFDM信号の場合には、データ信号生成部205は、CP除去処理、FFT処理も行う。
[0059]
 送信制御部206は、自端末が第2種リファレンス信号をマッピングする候補リソースを設定する。具体的には、送信制御部206は、受信処理部203から受け取る設定情報(候補リソース設定情報)に基づいて候補リソースを特定する。この端末200において設定される候補リソースについては、後に詳しく説明する。
[0060]
 また、送信制御部206は、受信処理部203からトリガー情報を受け取ると、実際に第2種リファレンス信号をマッピングする「RSマッピングリソース」を候補リソースの中で決定し、決定されたRSマッピングリソースに関する情報(以下、「RSマッピングリソース情報」と呼ばれることがある)を送信信号形成部207へ出力すると共に、リファレンス信号の生成指示信号をリファレンス信号生成部204へ出力する。具体的には、RSマッピングリソースは、トリガー情報が送信されたサブフレームから4サブフレーム以降のサブフレームであって端末200に設定された候補リソースに含まれるサブフレームである。さらに、マルチショットの場合には、そのサブフレームを先頭として、1つのトリガー情報に対して第2種リファレンス信号を送信するサブフレームの数だけの、候補リソース内のサブフレームが、RSマッピングリソースとされる。
[0061]
 また、送信制御部206は、受信処理部203から受け取る割当制御情報に基づいて、データ信号をマッピングする「データマッピングリソース」を特定し、データマッピングリソースに関する情報(以下、「データマッピングリソース情報」と呼ばれることがある)を送信信号形成部207と共に、割当制御情報に含まれるMCS情報をデータ信号生成部205へ出力する。
[0062]
 送信信号形成部207は、リファレンス信号生成部204から受け取る第2種リファレンス信号をRSマッピング情報の示すRSマッピングリソースにマッピングする。また、送信信号形成部207は、データ信号生成部205から受け取るデータ信号をデータマッピングリソース情報の示すデータマッピングリソースにマッピングする。こうして送信信号が形成される。なお、Non-MIMO送信の場合には、1コードワードのデータ信号が1レイヤに割り当てられ、MIMO送信の場合には、2コードワードのデータ信号が複数のレイヤに割り当てられる。また、送信信号がOFDM信号の場合には、送信信号形成部207は、データ信号をDFT(Discrete Fourier transform)処理した後に、データマッピングリソースにマッピングする。また、形成された送信信号に対してCPが付加される。
[0063]
 送信RF部208は、送信信号形成部207で形成された送信信号に対して送信無線処理(アップコンバート、ディジタルアナログ(D/A)変換など)を施してアンテナ201を介して送信する。
[0064]
 [基地局100及び端末200の動作]
 以上の構成を有する基地局100及び端末200の動作について説明する。ここでは、特に、設定対象端末200に対する候補リソースの設定処理、端末200による候補リソースを用いた第2種リファレンス信号の送信処理、及び、基地局100による端末200から送信された第2種リファレンス信号の受信処理について説明する。
[0065]
 <基地局100による設定対象端末200に対する候補リソースの設定処理>
 基地局100において、設定部101は、設定対象端末200の「候補リソース」を設定するための「候補リソース設定情報」を生成する。この候補リソースは、上述の通り、設定対象端末200が第2種リファレンス信号(例えば、DA-SRS)をマッピングすることができるリソースである。そして、候補リソース設定情報には、設定対象端末200が候補リソースの設定を開始する先頭サブフレーム及び先頭周波数帯域、設定対象端末200が使用可能な周波数帯域幅、周波数ホッピングの各タイミングで用いられる周波数帯域幅(つまり、周波数ホッピング帯域幅)、並びに、「候補サブフレーム群設定情報」が含まれる。「候補サブフレーム群設定情報」には、「基本サブフレーム群」を構成するサブフレームの数、基本サブフレーム群における構成サブフレーム間の間隔(以下、「構成サブフレーム間間隔」と呼ばれることがある)、及び、隣接する2つの基本サブフレーム群で対応するサブフレーム(例えば、基本サブフレーム群の先頭サブフレーム)同士の間隔(以下、「基本サブフレーム群間間隔」と呼ばれることがある)が含まれる。
[0066]
 具体的には、設定部101によって設定される候補リソースは、図8に示すように、N個の構成サブフレームから構成される基本サブフレーム群が基本サブフレーム群間間隔T1で配置され、各基本サブフレーム群内の構成サブフレームが互いに構成サブフレーム間間隔T2で配置される。また、先頭の基本サブフレーム群内の先頭サブフレームは、候補リソース設定情報に含まれる先頭サブフレーム情報に対応するサブフレームである。当然のことながら、基本サブフレーム群間間隔T1は、構成サブフレーム間間隔T2よりも大きい。
[0067]
 また、設定部101は、設定対象端末200による第2種リファレンス信号の送信方法を設定するための「送信方法設定情報」を生成する。この送信方法設定情報には、設定対象端末200へシングルショット及びマルチショットの内でどちらを設定するのかを示す情報、並びに、マルチショットの場合に、1つのトリガー情報に対して第2種リファレンス信号を送信するサブフレームの数が含まれる。
[0068]
 また、設定部101は、指示対象端末200に対して、第2種リファレンス信号の送信開始を指示するトリガー情報を生成する。
[0069]
 こうして生成された設定情報及びトリガー情報は、端末200に対して送信される。
[0070]
 <端末200による候補リソースを用いた第2種リファレンス信号の送信処理>
 端末200において、送信制御部206は、自端末が第2種リファレンス信号をマッピングする候補リソースを設定する。
[0071]
 具体的には、送信制御部206は、第1に、受信処理部203から受け取る設定情報(候補リソース設定情報)に基づいて候補リソースを特定する。詳細には、送信制御部206は、候補リソース設定情報に含まれる候補サブフレーム群設定情報に基づいて、例えば図8に示されるような候補サブフレーム群を特定することができる。
[0072]
 送信制御部206は、第2に、先頭の基本サブフレーム群内の先頭サブフレームにおける、先頭周波数帯域情報の示す周波数帯域を候補周波数リソースユニットとして特定し、この候補周波数リソースユニットを基準として、固定の周波数ホッピングパターンによって先頭サブフレーム以降の各サブフレームにおける候補周波数リソースユニットを特定する。すなわち、候補リソースでは、候補リソースの構成サブフレーム毎に、候補周波数リソースユニットが固定の周波数ホッピングパターンによって変更されている。
[0073]
 具体的には、図9に示すように、先頭周波数帯域情報の示す周波数帯域が最も低周波数側の周波数リソースユニットである場合には、端末200に設定された候補リソースは、同図における第1の端末200に対する候補周波数リソースユニット群となる。また、図9に示すように先頭周波数帯域情報の示す周波数帯域が次に低周波数側の周波数リソースユニットである場合には、端末200に設定された候補リソースは、同図における第2の端末200に対する候補周波数リソースユニット群となる。
[0074]
 こうして、端末200に対する候補リソースが設定される。
[0075]
 そして、端末200の送信制御部206は、基地局100から送信されるトリガー情報に基づいて、候補リソース内で、実際に第2種リファレンス信号をマッピングするRSマッピングリソースを候補リソースの中で決定する。
[0076]
 そして、送信信号形成部207は、リファレンス信号生成部204から受け取る第2種リファレンス信号をRSマッピングリソースにマッピングする。
[0077]
 <基地局100による端末200から送信された第2種リファレンス信号の受信処理>
 基地局100においても、端末200と同様に、端末200のRSマッピングリソースを特定することができる。端末200がRSマッピングリソースの特定に用いている情報は、基地局100から送信される設定情報及び基地局100と端末200との間で既知である周波数ホッピングパターンであるためである。
[0078]
 基地局100では、受信処理部108が、端末200のRSマッピングリソースを特定すると共に、RSマッピングリソースにマッピングされている信号の受信処理を行う。
[0079]
 以上のように本実施の形態によれば、端末200において、送信制御部206が、設定情報に基づいて前記候補リソースを特定し、候補リソースを構成する候補周波数ユニット群内で、トリガー信号に基づいて第2種リファレンス信号をマッピングするマッピングリソースを決定する。その候補リソースは、第1の間隔(上記した基本サブフレーム間間隔)で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが第1の間隔よりも狭い第2の間隔(上記した構成サブフレーム間間隔)で配置され、候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである。
[0080]
 こうすることで、構成サブフレーム間間隔を短く設定することにより、短い期間に多くの候補サブフレームを設定することができるので、第2種リファレンス信号を短い期間で繰り返し送信することができる。これにより、端末200は、短期間で多くの周波数ユニットで第2種リファレンス信号を送信することができる。従って、基地局100は、トリガー情報を送信してから早い段階で、広帯域の周波数スケジューリングを行うことができる。
[0081]
 また、基本サブフレーム群間間隔を長く設定することにより、2つの基本サブフレーム群の間に、基本サブフレーム群に属さないサブフレームを多く設定することができる。これにより、他の端末が使用できるサブフレームを多数確保できる。そのため、他の端末がリファレンス信号を送信する機会が増加するので、基地局100による周波数スケジューリングが容易になる。
[0082]
 なお、基本サブフレーム間間隔と、構成サブフレーム間間隔とを一致させる場合には、第2種リファレンス信号に使用できるサブフレームを一定の間隔で確保することができる。
[0083]
 [実施の形態2]
 実施の形態2は、候補リソースのバリエーションに関する。実施の形態1で示した候補リソースの例(図9参照)では、基本サブフレーム群の構成サブフレームの数と、周波数ホッピングパターンの1サイクルに含まれる要素の数とが一致している。これに対して、実施の形態2の候補リソースでは、基本サブフレーム群の構成サブフレームの数よりも、周波数ホッピングパターンの1サイクルに含まれる要素の数の方が多い。
[0084]
 ここで、基地局100が端末200の受信品質を測定するに際して、第2種リファレンス信号(DA-SRS)を端末200に対して送信させる周波数リソースユニットの数は、端末200と基地局100との間の伝搬路状況に依存する。例えば、伝搬路状況に依存して周波数リソースユニットの帯域幅が決定され、その周波数リソースユニットの帯域幅と、受信品質を測定する周波数帯域との関係から、第2種リファレンス信号(DA-SRS)が送信される周波数リソースユニットの数(つまり、第2種リファレンス信号が送信される候補サブフレームの数)が決定される。一方、マルチショットにおいて送信される第2種リファレンス信号の数は、基本サブフレーム群の構成サブフレームの数に依存する。これらより、第2種リファレンス信号(DA-SRS)が送信される周波数リソースユニットの数と、マルチショットにおいて送信される第2種リファレンス信号の数とは関連性が低い。従って、1回のトリガー情報によって、基地局100から指示される全ての周波数帯域の受信品質を測定できるとは限らない。
[0085]
 そこで、周波数ホッピングパターンは、その1サイクルによって、基地局100から端末200に対して第2種リファレンス信号の送信帯域として通知された全帯域に含まれる周波数リソースユニットを網羅するように、定義される。図10には、周波数ホッピングパターンの1サイクルが4つの要素で構成され、基本サブフレーム群の構成サブフレームの数が3つの場合における、候補リソースの例が示されている。また、図10において、基地局100から端末200に対して第2種リファレンス信号の送信帯域として通知された全帯域に含まれる周波数リソースユニットの数は、周波数ホッピングパターンの1サイクルに含まれる要素の数と同じである。
[0086]
 以上のように本実施の形態によれば、周波数ホッピングパターンは、端末200に割り当てられた周波数帯域に含まれる全ての周波数ユニットを1サイクルで規定する。
[0087]
 こうすることで、複数のトリガー情報を送信するサブフレームを調整することにより、端末200に設定された周波数帯域の全てで第2種リファレンス信号の送信を実現することができる。これにより、基地局100は、端末200に対して設定した周波数帯域の全てで第2種リファレンス信号を受信して受信品質を測定することができる。従って、基地局100は、広い周波数帯域の受信品質を用いて周波数スケジューリングを行うことができるので、周波数スケジューリングの性能を向上できる。特に、基本サブフレーム群の構成サブフレームの数が少ない場合に、広範囲の周波数帯域で受信品質を測定し、高精度に周波数スケジューリングしたい場合に有効である。
[0088]
 [実施の形態3]
 実施の形態3は、候補リソースのバリエーションに関する。実施の形態3でも、実施の形態1と同様に、基本サブフレーム群の構成サブフレームの数と、周波数ホッピングパターンの1サイクルに含まれる要素の数とが一致する。ただし、実施の形態3では、周波数ホッピングパターンは、その1サイクルによって、基地局100から端末200に対して第2種リファレンス信号の送信帯域として通知された全帯域に含まれる周波数リソースユニットを網羅しきれていない。すなわち、1つのサブフレームに含まれる周波数リソースユニットの数は、周波数ホッピングパターンの1サイクルに含まれる要素の数よりも多くなっている。
[0089]
 図11に示される候補リソースの例では、基本サブフレーム群の構成サブフレームの数が3つであり、周波数ホッピングパターンの1サイクルに含まれる要素の数も3つである。また、1つのサブフレームにおける周波数リソースユニットの数は、4つである。また、複数の基本サブフレーム群のそれぞれの先頭サブフレームにおける候補周波数リソースユニットは、共通している。すなわち、図11において、最初の基本サブフレーム群の先頭サブフレームにおける候補周波数リソースユニットは最も低周波数側のものであり、2番目の基本サブフレーム群の先頭サブフレームにおける候補周波数リソースユニットも同様に最も低周波数側のものとなっている。
[0090]
 以上のように本実施の形態によれば、構成サブフレームの数Nは、周波数ホッピングパターンの1サイクルにおける要素の数と同数である。さらに、複数の基本サブフレーム群のそれぞれの先頭サブフレームにおける候補周波数リソースユニットは、共通している。さらに、1つのサブフレームにおける周波数リソースユニットの数は、構成サブフレームの数Nよりも多い。
[0091]
 こうすることで、基地局100が一定周波数のみの受信品質を測定する場合には、複数の基本サブフレーム群で送信された第2種リファレンス信号の受信品質を平均化することにより、受信品質の精度を向上することができる。また、周波数ホッピングを使用する場合には、セル間干渉などの多い周波数帯域を避けて、候補周波数リソースユニットを設定することができる。また、基本サブフレーム群間間隔で周波数ホッピングパターンを繰り返すため、候補リソースの確保が容易となる。なお、実施の形態3で説明した候補リソースの設定は、基地局100が一定範囲の周波数帯域のみの受信品質を測定して周波数スケジューリングすれば十分な場合に有効である。
[0092]
 [実施の形態4]
 実施の形態4は、候補リソースのバリエーションに関する。実施の形態1及び実施の形態3では、複数の基本サブフレーム群のそれぞれの先頭サブフレームにおける候補周波数リソースユニットは、共通している。これに対して、実施の形態4では、隣接する複数の基本サブフレーム群の間で、先頭サブフレームにおける候補周波数リソースをシフトさせる。そして、この「シフトパターン」と、第1種リファレンス信号の周波数ホッピングパターンとを一致させる。
[0093]
 図12では、最初の基本サブフレーム群の先頭サブフレームにおける候補周波数リソースユニットは最も低周波数側のものであり、2番目の基本サブフレーム群の先頭サブフレームにおける候補周波数リソースユニットは次に低周波数側のものとなっている。隣接する基本サブフレーム群の間での、先頭サブフレームにおける候補周波数リソースユニットのシフト量に関するパターンが、第1種リファレンス信号の周波数ホッピングパターンと一致させられている。
[0094]
 ここで、第1種リファレンス信号と第2種リファレンス信号とは、直交系列である巡回シフト系列を用いて符号多重されても良い。この場合に、次の2つの条件を満たすことにより、第1種リファレンス信号の候補リソースと第2種リファレンス信号の候補リソースとの対応関係を一定に保つことができる。すなわち、(1)第1種リファレンス信号の周波数ホッピングパターンと第2種リファレンス信号の周波数ホッピングパターンとを一致させ且つ第1種リファレンス信号の送信間隔と第2種リファレンス信号の基本サブフレーム群間間隔とを一致させる。(2)上述のように、隣接する基本サブフレーム群の間での、先頭サブフレームにおける候補周波数リソースユニットのシフト量に関するパターンを第1種リファレンス信号の周波数ホッピングパターンと一致させる。
[0095]
 これにより、第1種リファレンス信号と第2種リファレンス信号との衝突を避けるスケジューリングが容易になる。
[0096]
 [実施の形態5]
 実施の形態5は、RSマッピングリソースの設定方法のバリエーションに関する。
[0097]
 実施の形態5に係る端末200の送信制御部206は、マルチショットの場合に1つのトリガー情報によって送信される第2種リファレンス信号の数が1つの基本サブフレーム群内で送信しきれない場合には、複数の基本サブフレーム群に跨って、複数の第2種リファレンス信号を送信する(図13参照)。
[0098]
 ここで、「第2種リファレンス信号の数が1つの基本サブフレーム群内で送信しきれないケース」は、(1)トリガー情報が基本サブフレーム群内の先頭サブフレームを除くサブフレームで送信される場合、(2)そもそも基本サブフレーム群の構成サブフレームの数よりも、1つのトリガー情報によって送信される第2種リファレンス信号の数が多い場合などに起こりうる。
[0099]
 以上のように本実施の形態によれば、マルチショットの場合に1つのトリガー情報によって送信される第2種リファレンス信号の数(つまり、マルチショット数)が1つの基本サブフレーム群内で送信しきれない場合には、複数の基本サブフレーム群に跨って、複数の第2種リファレンス信号が送信される。
[0100]
 こうすることで、常にマルチショット数に応じた第2種リファレンス信号が送信されるので、基地局100は、受信品質を測定したい周波数帯域における受信品質を測定できる。
[0101]
 [実施の形態6]
 実施の形態6は、RSマッピングリソースの設定方法のバリエーションに関する。
[0102]
 実施の形態6に係る端末200の送信制御部206は、マルチショットの場合に1つのトリガー情報によって送信される第2種リファレンス信号の全体を送信しきれていない状況でも、第2種リファレンス信号の送信開始から一定時間以上経過した場合には、第2種リファレンス信号の送信を停止する(図14参照)。
[0103]
 ここで、上述の通り、データ信号が頻繁に発生する場合には、第1種リファレンス信号が使用され、データ信号がバースト的に発生し且つデータ量の比較的少ない場合には、第2種リファレンス信号が使用される可能性が高い。すなわち、第2種リファレンス信号が使用される場合には、基地局100は、短い期間で測定した受信品質を用いて周波数スケジューリングし、それ以降しばらくの間には、周波数スケジューリングしない可能性が高い。そのため、第2種リファレンス信号が使用される場合に、長い期間で第2種リファレンス信号を送信しても、一部の第2種リファレンス信号は、受信品質が測定されたとしても周波数スケジューリングに使用されず、周波数スケジューリング性能の向上に寄与することができない可能性が高い。
[0104]
 そこで、マルチショットの場合に1つのトリガー情報によって送信される第2種リファレンス信号の全体を送信しきれていない状況でも、第2種リファレンス信号の送信開始から一定時間以上経過した場合には、第2種リファレンス信号の送信を停止する。すなわち、実施の形態6に係る端末200の送信制御部206は、先頭のRSマッピングリソースから所定値以上の時間間隔を有する候補サブフレームを、RSマッピングリソースの対象から除外する。言い換えれば、実施の形態6に係る端末200の送信制御部206は、先頭のRSマッピングリソースから所定値より短い時間間隔を有する候補サブフレームのみを、RSマッピングリソースの対象とする。
[0105]
 例えば、上記した所定値を基本サブフレーム群間間隔とした場合、実施の形態6に係る端末200の送信制御部206は、マルチショットの場合に1つのトリガー情報によって送信される第2種リファレンス信号の数が1つの基本サブフレーム群内で送信しきれない場合には、その送信しきれない分の第2種リファレンス信号を送信しない。すなわち、マルチショットの場合でも、1つのトリガー情報による第2種リファレンス信号の送信は、1つの基本サブフレーム内に限定される。なお、トリガー情報が基地局100から端末200へ送信されるサブフレームに依存して、1つのトリガー情報によって送信される第2種リファレンス信号の数が異なるものと捉えることもできる。
[0106]
 以上のように本実施の形態によれば、端末200において、送信制御部206は、1つのトリガー信号によってL個(Lは、2以上の自然数)のリファレンス信号が送信されるマルチショット送信が選択される場合に、最初のマッピングリソースから所定値より小さい間隔であるサブフレームの候補周波数ユニットのみをマッピングリソースの対象とする。
[0107]
 こうすることで、周波数スケジューリングに使用される可能性の低いサブフレーム(一定時間以上のサブフレーム)でRSマッピングリソースが設定されないので、そのリソースを他の端末に割り当てることができ、結果として、リソースを有効利用できる。
[0108]
 [他の実施の形態]
 (1)広い送信間隔、狭い送信間隔、マルチショット数、又は送信時間は、上位レイヤで通知(Cell specific通知)されても良いし、PDCCHで通知されても良い。
[0109]
 (2)実施の形態2の候補リソースの設定方法と、実施の形態3の候補リソースの設定方法とは、シグナリングにより切り替られても良い。
[0110]
 (3)実施の形態1乃至6で扱った周波数ホッピングパターンは、一例であり、他のパターンが用いられても良い。例えば、連続しない周波数にホッピングする周波数ホッピングパターンが用いられても良い。
[0111]
 (4)上記各実施の形態ではアンテナとして説明したが、本発明はアンテナポート(antenna port)でも同様に適用できる。
[0112]
 アンテナポートとは、1本又は複数の物理アンテナから構成される、論理的なアンテナを指す。すなわち、アンテナポートは必ずしも1本の物理アンテナを指すとは限らず、複数のアンテナから構成されるアレイアンテナ等を指すことがある。
[0113]
 例えば3GPP LTEにおいては、アンテナポートが何本の物理アンテナから構成されるかは規定されず、基地局が異なる参照信号(Reference signal)を送信できる最小単位として規定されている。
[0114]
 また、アンテナポートはプリコーディングベクトル(Precoding vector)の重み付けを乗算する最小単位として規定されることもある。
[0115]
 (5)上記各実施の形態では、本発明をハードウェアで構成する場合を例にとって説明したが、本発明はハードウェアとの連携においてソフトウェアでも実現することも可能である。
[0116]
 また、上記実施の形態の説明に用いた各機能ブロックは、典型的には集積回路であるLSIとして実現される。これらは個別に1チップ化されてもよいし、一部または全てを含むように1チップ化されてもよい。ここでは、LSIとしたが、集積度の違いにより、IC、システムLSI、スーパーLSI、ウルトラLSIと呼称されることもある。
[0117]
 また、集積回路化の手法はLSIに限るものではなく、専用回路または汎用プロセッサで実現してもよい。LSI製造後に、プログラムすることが可能なFPGA(Field Programmable Gate Array)や、LSI内部の回路セルの接続や設定を再構成可能なリコンフィギュラブル・プロセッサーを利用してもよい。
[0118]
 さらには、半導体技術の進歩または派生する別技術によりLSIに置き換わる集積回路化の技術が登場すれば、当然、その技術を用いて機能ブロックの集積化を行ってもよい。バイオ技術の適用等が可能性としてありえる。
[0119]
 2010年10月4日出願の特願2010-224721の日本出願に含まれる明細書、図面および要約書の開示内容は、すべて本願に援用される。

産業上の利用可能性

[0120]
 本発明のリファレンス信号の送信装置、受信装置、送信方法、及び受信方法は、リファレンス信号がマッピングされる候補リソースの量を抑えつつ、効率的な周波数スケジューリングを可能とするものとして有用である。

符号の説明

[0121]
 100 基地局
 101 設定部
 102,103 符号化・変調部
 104 送信処理部
 105,208 送信RF部
 106,201 アンテナ
 107,202 受信RF部
 108,203 受信処理部
 109 データ受信部
 110 SRS受信部
 200 端末
 204 リファレンス信号生成部
 205 データ信号生成部
 206 送信制御部
 207 送信信号形成部

請求の範囲

[請求項1]
 物理レイヤにおいて、リファレンス信号をマッピングする候補リソースに関する設定情報を受信する受信手段と、
 前記設定情報に基づいて前記候補リソースを特定する特定手段と、
 前記候補リソースを構成する候補周波数ユニット群内で、トリガー信号に基づいてリファレンス信号をマッピングするマッピングリソースを決定する決定手段と、
 前記決定されたマッピングリソースにリファレンス信号をマッピングして送信する送信手段と、
 を具備し、
 前記候補リソースは、第1の間隔で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが前記第1の間隔よりも狭い第2の間隔で配置され、
 前記候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである、
 リファレンス信号の送信装置。
[請求項2]
 前記所定の周波数ホッピングパターンは、自装置に割り当てられた周波数帯域に含まれる全ての周波数ユニットを1サイクルで規定する、
 請求項1に記載の送信装置。
[請求項3]
 前記構成サブフレームの数Nは、前記所定の周波数ホッピングパターンの1サイクルにおける要素の数と同数である、
 請求項1に記載の送信装置。
[請求項4]
 前記決定手段は、1つのトリガー信号によってL個(Lは、2以上の自然数)のリファレンス信号が送信されるマルチショット送信が選択される場合に、最初のマッピングリソースから所定値より小さい間隔であるサブフレームの前記候補周波数ユニットのみを前記マッピングリソースの対象とする、
 請求項1に記載の送信装置。
[請求項5]
 リファレンス信号の送信側に対して、前記リファレンス信号をマッピングする候補リソースを設定する設定手段と、
 前記候補リソースに関する設定情報を物理レイヤにおいて通知する通知手段と、
 前記候補リソースにおいて前記リファレンス信号を受信する受信手段と、
 を具備し、
 前記候補リソースは、第1の間隔で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが前記第1の間隔よりも狭い第2の間隔で配置され、
 前記候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである、
 リファレンス信号の受信装置。
[請求項6]
 前記候補リソースに関する設定情報には、前記候補リソースの設定が開始される先頭サブフレーム及び先頭周波数帯域、前記送信側が使用可能な周波数帯域幅、周波数ホッピングの各タイミングで用いられる周波数帯域幅、前記構成サブフレームの数N、前記第1の間隔、並びに、前記第2の間隔が含まれる、
 請求項5に記載の受信装置。
[請求項7]
 前記構成サブフレームの数Nは、前記所定の周波数ホッピングパターンの1サイクルにおける要素の数と同数である、
 請求項5に記載の受信装置。
[請求項8]
 前記受信手段は、1つのトリガー信号によってL個(Lは、2以上の自然数)のリファレンス信号が送信されるマルチショット送信が選択される場合に、前記トリガー信号が送信されたサブフレームから所定値より小さい間隔であるサブフレームの前記候補周波数ユニットのみを受信対象とする、
 請求項5に記載の受信装置。
[請求項9]
 物理レイヤにおいて、リファレンス信号をマッピングする候補リソースに関する設定情報を受信し、
 前記設定情報に基づいて前記候補リソースを特定し、
 前記候補リソースを構成する候補周波数ユニット群内で、トリガー信号に基づいてリファレンス信号をマッピングするマッピングリソースを決定し、
 前記決定されたマッピングリソースにリファレンス信号をマッピングして送信する、
 送信方法であって、
 前記候補リソースは、第1の間隔で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが前記第1の間隔よりも狭い第2の間隔で配置され、
 前記候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである、
 リファレンス信号の送信方法。
[請求項10]
 リファレンス信号の送信側に対して、前記リファレンス信号をマッピングする候補リソースを設定し、
 前記候補リソースに関する設定情報を物理レイヤにおいて通知し、
 前記候補リソースにおいて前記リファレンス信号を受信する、
 受信方法であって、
 前記候補リソースは、第1の間隔で配置される複数の基本サブフレーム群から構成され、各基本サブフレーム群を構成するN(Nは、2以上の自然数)個の構成サブフレームが前記第1の間隔よりも狭い第2の間隔で配置され、
 前記候補周波数ユニット群の各候補周波数ユニットは、各構成サブフレームにおけるM(Mは、2以上の自然数)個の周波数ユニットの内で、所定の周波数ホッピングパターンによって規定された周波数ユニットである、
 リファレンス信号の受信方法。

図面

[ 図 1]

[ 図 2]

[ 図 3]

[ 図 4]

[ 図 5]

[ 図 6]

[ 図 7]

[ 図 8]

[ 図 9]

[ 図 10]

[ 図 11]

[ 図 12]

[ 図 13]

[ 図 14]