PATENTSCOPE sera indisponible durant quelques heures pour des raisons de maintenance le lundi 03.02.2020 à 10:00 AM CET
Recherche dans les collections de brevets nationales et internationales
Une partie du contenu de cette demande n'est pas disponible pour le moment.
Si cette situation persiste, contactez-nous auObservations et contact
1. (WO2008056662) DISPOSITIF D'OUVERTURE DES PAUPIÈRES AVEC CHAMP OPÉRATOIRE
Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique
明 細書

ドレープ付き開瞼器

技術分野

[0001] 本発明は、眼科における内眼手術のさいに、感染予防の観点から睫毛等を術野に 出さないため、及び、手術中の視野を確保しておくため、眼瞼を開いた状態で保持 する開瞼器に関する。

[0002] 本出願は、日本国特許出願番号 2006— 299823に基づいており、この出願の全 内容は、本出願において参照され導入される。

背景技術

[0003] 眼科における眼球への手術や治療のさいには、瞼を上下に強制的に開いた状態 に置き、術野を確保する必要があり、そのための器具として開瞼器が用いられる。従 来の開瞼器としては、金具などのフック部分を上眼瞼及び下眼瞼に引っ掛けて、上 下に引張り、瞼を大きく開いた状態に維持するもの等が一般的であるが、開瞼器の 一部を結膜嚢内に挿入して用いるものとして、全体として扁平な筒体であって、眼球 にアクセス可能な開口部を有し、該開口の周囲に形成されるウェスト部と、前記ゥェ スト部から垂れ下がるフレアスカート部を備え、該フレアスカート部は、結膜嚢内に揷 入して眼球の一部に接して覆うように構成された柔軟性のある成形枠体として形成さ れ、前記ウェスト部により開瞼状態を維持する器具が提案されている(特許文献 1)。 特許文献 1 :特表 2005— 512662号公報

発明の開示

発明が解決しょうとする課題

[0004] 前記文献 1の開瞼器は、フックを引っ掛けるなどする開瞼器に比較して、眼球や周 囲組織への負担が少なぐまた、感染防止のため、睫毛やマイボーム腺を術野に出 さないように覆うドレープが不要となるなど、装着が容易であるといった利点があげら れているが、結膜嚢ゃ瞼裂の大きさは年齢や個体差により様々であることから、この ように成形枠体として特定の大きさに形成されたものでは、一様に、幅広く多くの個体 に適合させることは不可能で、特に、結膜嚢の浅い人や瞼裂の狭い人に対しては、 無理な装着となる可能性を払拭できない。また、これを解消するためには、常に複数 のサイズを用意しておく必要があり、必ずしも使レ、勝手の良!/、ものではな!/、。

[0005] 更に、前記の器具では、結膜嚢内に挿入するフレアスカート部が厚ぐ大きな面積 となるため、手術中、安定した装着が可能となる効果の反面、眼球との接触面積が大 きくなり、該眼球への負担が大きく悪影響を与えてしまう懸念がある。

[0006] そこで、本発明は、結膜嚢内に一部を揷入して用いる開瞼器において、一つのサイ ズの器具であっても、幅広ぐ個体の結膜嚢ゃ瞼裂の大きさの違いを吸収して、眼瞼 や眼球、及び顔面にフィットさせての開瞼保持を可能とするドレープ付き開瞼器を提 供することを課題とした。

[0007] また、眼瞼や眼球への負担が少な!/、安全性の高!/、ドレープ付き開瞼器を提供する ことを課題とした。

課題を解決するための手段

[0008] 本発明のドレープ付き開瞼器は、眼瞼を囲繞し、顔面に接して装着される可撓性を 有する上リングと、結膜嚢内に挿入され、瞼結膜側に接して装着される下リングと、端 部の一方を前記上リングへ、他方を下リングへ各々拡張等して取り付け、顔面側から 瞼結膜側にかけて位置する、柔軟な筒型薄膜の弾性シートより構成し、前記弾性シ ートの最小部の外径を、瞼裂(上眼瞼と下眼瞼の間)とほぼ同等とする力、、あるいは、 大きく形成して構成した。

[0009] また、各部は次の構成とすることが好ましい。

•上リング及び下リングは、円形または楕円形、あるいは、楕円類似形状に形成する。 尚、楕円類似形状とは、楕円の定義からは外れているが、全体としての概観が楕円 に類似して見える形状を示し、例えば、弾性体円形リングを 2方向から押しつぶす、 あるいは引っ張って形成される形状を示している。

•下リングの最大直径部は、上リングの最大直径部の 25%以上、 40%以下の長さに 形成する。

-弹性シートは、透明あるいは半透明なシートより形成する。

•弾性シートは、引張り伸び率 600%以上の樹脂より形成する。

[0010] 更に、次の構成を付加すると、一層好ましい。

•下リングを一つあるいは複数の通孔を備えた中空構造として形成し、該下リングの 中空内部と通路を形成するチューブを備えて構成する。

'上リング、あるいは、弾性シートの上リング側の部分に、チューブを取付けるための 固定手段を備えて構成する。また、該固定手段は、チューブが着脱可能となるように 形成しても良い。

'弾性シートの上リングと下リングの間に、一つあるいは複数のサイドホールを設ける

[0011] (作用)

前記手段のドレープ付き開瞼器によると、前記弾性シートの最小部(上リングと、下 リングの間の括れ部分)の外径が、瞼裂とほぼ同等か、それよりも大きな径に形成さ れており、また、該弾性シートが上リングと下リングに拡張等により取付けて固定され た構造であることにより、該開瞼器の下リングを結膜嚢内部に挿入し、眼瞼に装着す ると、前記上下のリング及び弾性シートの張力によって、瞼裂が外側方向に引っ張ら れるため、上眼瞼と下眼瞼の閉じようとする力に杭して、開瞼状態を保持することがで きる。また、前記弾性シートの最小部は、前記上眼瞼と下眼瞼の閉じようとする力に より僅かに押し縮められるため、顔面側に位置する上リングと瞼結膜側に位置する下 リングの間隔が狭まり、弾性シートによる眼瞼内外への密着度が増し、該眼瞼の一層 確実な挟持ができ、また、該弾性シートによる皮膚側から瞼結膜側までの密着度も増 すことで確実な装着状態が自然に形成される。

[0012] また、上リングは、可撓性を有していることにより、前記のように上下の眼瞼により弹 性シートが押し縮められると、該弹性シートにリングが引っ張られることで橈み、自然 に顔面形状に適合して密着するため、顔面に一層フィットした装着状態となる。

[0013] また、上リングを楕円、あるいは楕円類似形状とすることにより、上リングの顔面横方 向への大きさを確保しても、突起部となる鼻に器具が掛カ、るなどにより装着を不安定 にすることなく、顔面に適合させての装着ができる。一方、下リングを楕円、あるいは 楕円類似形状とすることにより、眼球への縦方向の長さを変えることなぐ横方向のよ り広い領域の視野を展開することが可能となる。

[0014] また、下リングの最大直径部を、上リングの最大直径部の 25%以上、 40%以下の 長さに形成すると、下リングを眼球内に挿入するのに適正な大きさとしたときに、上リ ングが顔面の適正な範囲を覆うことのできる大きさとなり、本発明の用途に最も適合 する器具とすること力できる。例えば、これを逆に、下リングの直径を上リングの 25% 未満とすると、下リングを眼球内に挿入したさいに、上リングが大きすぎ、顔面より大き くはみ出す可能性が高くなり、一方、 40%より大きくした場合は、下リングの眼球内揷 入時に、上リングが十分に顔面を覆うことができない可能性が高くなつてしまう。

[0015] 更に、弾性シートが透明あるいは半透明であるため、術中、眼瞼や眼球の状態を確 認しながらの処置が可能で、充血や乾燥などの異常状態を容易に把握して、直に対 応すること力 Sでさる。

[0016] 加えて、弾性シートの引張り伸び率を 600%以上とすると、製造段階で拡張しての リングへの取り付けが容易となり、また、装着後の前記弾性に起因する作用を無理な く達成することができ、適正な開瞼状態を獲得することができる。例えば、これを逆に 、伸び率が 600%未満のものとすると、拡張しての製造が困難であることに加え、結 膜嚢内部へ装着したさいの張力が大きくなることで、必要以上の開孔状態となって眼 瞼に負担をかけてしまう懸念があり、また、弾性シートの柔軟性も損なわれるため装 着時にシヮが発生してしまい術野が確保し難くなることが懸念される。

[0017] また、本開瞼器では、顔面(皮膚)側から瞼結膜側までを覆う弾性シート部分がドレ ープとしての役割も担っており、睫毛の露出や、マイボーム腺分泌物等により引き起 こされる感染を、別途ドレープを用いることなく防止することができる。

[0018] 更に、下リングを、通孔を備えた中空構造とし、該下リングと連通するチューブを備 えた構成とすると、手術中眼球の乾燥防止や血液の洗浄のために注入され、手術部 に溜まってしまう水や分泌物を、該チューブを通じて吸引することができる。また、例 えば、アルカリ化学外傷に対する、大量の生理食塩水を用いた持続洗眼などのさい には、チューブから水を逆流させて、結膜嚢の深いところを洗眼することができる。

[0019] また、上リングあるいは弾性シートにチューブを取り付けるための固定手段を備え、 そこに吸引チューブを取付けると、前記手術部に溜まってしまう水や分泌物を、該チ ユーブを通じて吸引することができる。更に、該固定手段をチューブが着脱可能なも のとすると、必要な時のみチューブを取り付ければ良ぐ例えば、器具を眼瞼へ揷着 するさレ、など、チューブを外しておくと揷着の邪魔にならなレ、。

[0020] また、弾性シートにサイドホールを設け、該弹性シート外側のサイドホール部分と結 膜嚢との間に吸収性素材 (例えば、ガーゼや手術用綿など)を当てておくと、前記手 術部に溜まってしまう水や分泌物を、吸収性素材の毛細管現象などにより、サイドホ ールを通して吸収、外部に排出すること力 Sできる。

発明の効果

[0021] 本発明のドレープ付き開瞼器によると、前記構成及び作用により、確実な開瞼状態 の保持と、眼瞼への装着が可能となることに加え、下リングを除き全体がフレキシブル であるため、本器具を眼瞼に装着すると、装着された人に適合して無理のない形状 が自然に形作られることで、一つのサイズの器具により、幅広く個体差を吸収した、眼 瞼及び顔面にフィットさせての保持が可能な器具とすることができる。

[0022] また、結膜嚢内に挿入され瞼結膜側に接触する下リングの面積を小さくしても、前 記作用のように眼瞼をしつ力、り挟持して、確実な装着を可能とすることができるため、 該下リングを従来のものと比較して小さくすることができ、結果、眼球への接触面積が 小さくなり、該眼球に対する負担を小さくすることができる。

[0023] 更に、弾性シートが透明、あるいは半透明であるため眼瞼の状態を確認しながらの 手術が可能であり、また、弾性シートにより、睫毛やマイボーム腺が覆われ、術野に 出ないため、感染予防が図られるなど安全性の高い器具とすることができる。

[0024] 加えて、手術部に溜まってしまう水や分泌物を排出する手段を備えると、クリアな術 野を確保するための排水作業が容易となり、手術をしやすいものとすることができる。 図面の簡単な説明

[0025] [図 1A]本発明の第一の実施の形態を示すドレープ付き開瞼器の正面図である。

[図 1B]本発明の第一の実施の形態を示すドレープ付き開瞼器の断面図である。

[図 2]本発明の第一の実施の形態を示すドレープ付き開瞼器の一部断面図である。

[図 3A]本発明の第一の実施の形態の一変形例を示す底面図である。

[図 3B]本発明の第一の実施の形態の他の変形例を示す底面図である。

[図 4A]本発明の第二の実施の形態を示すドレープ付き開瞼器の正面図である。

[図 4B]本発明の第二の実施の形態を示すドレープ付き開瞼器の断面図である。

[図 5A]本発明の第三の実施の形態を示すドレープ付き開瞼器の一部断面の模式図 である。

[図 5B]図 5Aのドレープ付き開瞼器の主要部の拡大図である。

園 6A]本発明の第四の実施の形態を示すドレープ付き開瞼器の正面図の一部で吸 引管を外した状態を示す。

園 6B]本発明の第四の実施の形態を示すドレープ付き開瞼器の側面図の一部で吸 弓 I管を装着した状態を示す。

[図 7]本発明の第五の実施の形態を示すドレープ付き開瞼器の一部断面の模式図 である。

符号の説明

1 上リング

11 上プレート

2 下リング

21 下プレート

22 中空リング

23 内腔

24 通孔

3 弾性シート

31 孔

4 開口部

5 吸引チューブ

51 チューブ基

6 固定コマ

61 留め部(上リング側)

62 留め部(吸引管側)

7 吸引管

71 吸引管基

8 サイドホーノレ

9 ガーゼ

発明を実施するための最良の形態

[0027] 以下、本発明の実施の形態につき図面を参考にしながら詳細に説明する。

[0028] 図 1は、本発明の第一の実施の形態を示すドレープ付き開瞼器の全体構成図であ り、図 1Aが正面図、図 1Bが底面図で、図 2はその一部断面図を示している。

[0029] 本実施の形態のドレープ付き開瞼器は、眼瞼に装着したさいに、顔面側に位置す る上リング 1と、結膜嚢内に挿入される(瞼結膜側に位置する)下リング 2と、両端部を 前記上リング 1と下リング 2に取り付けた顔面側から結膜嚢に位置する、ドレープの役 割も兼ねる弾性シート 3により構成される。

[0030] 上リング 1は、下リング 2を結膜嚢内に挿入するさいの操作性(後記)、あるいは、眼 瞼に装着したさいに顔面形状にフィットして変形可能なように、可撓性を有する樹脂 等(本例においては、ポリアセタール樹脂)により、薄い(0. 6mm〜; 1. 2mm程度、 実施例では、 1. Omm)楕円形状あるいは楕円類似形状 (以下、楕円形状)のリング 状プレートとして形成した上プレート 11に、後記する弾性シート 3の一方端部を拡張 して、前記上プレート 11全周囲を被覆し、溶着あるいは接着して取付け形成されるも ので、そのリングのサイズは特定するものではないが、一般的な大人への使用を考慮 し、また、本用途に適合してドレープ機能を満足させ、顔面にフィットして使用しやす い大きさとして、楕円の長径 50mm〜80mm程度(本例では、 68mm)、短径 45mm 〜75mm程度(本例では、 62mm)として形成した。また、上プレート 11の幅を lmm 〜3mm程度(本例では、 2. 1mm)とした。

[0031] 下リング 2は、瞼結膜側 (結膜嚢)に揷入したさいの装着安定性を考慮して、比較的 硬質な樹脂(本例においては、ポリアセタール樹脂)等により、薄い(0. 5mm〜; 1. 0 mm程度、実施例では、 0. 8mm)楕円形状のリング状プレートとして形成した下プレ ート 21に、前記上リング 1と同様に弾性シート 3の端部を僅かに拡張して被覆し、溶 着あるいは接着により取付けて形成されるもので、そのリングのサイズは特定するもの ではないが、一般的な大人への使用を考慮したとき、結膜嚢内への無理のない揷入 と、手術に十分な視野の展開が可能で、かつ、装着したさい安定して保持可能な大 きさとして、楕円の長径 18mm〜28mmm (本 ί列では、 24mm)、短径 15mm〜26m m (本例では、 22mm)として形成した。また、下プレート 21の幅を 0. 8mm〜; 1. 5m m程度 (本例では、 1. 2mm)とした。

[0032] 弾性シート 3は、柔軟で十分な引張り伸び率(600%以上、実施例においては、 80 0%)を備えた、厚さ 0. 18mm以上、 0. 38mm以下程度(本例では、 0. 25mm)の 薄膜状で半透明のシリコーン樹脂からなる円筒体のシートとして形成し、前記の通り 、一方端部は上プレート 11と、他方端部は下プレート 21と、それぞれの端部を拡張 して取り付けて構成し、本発明のドレープ付き開瞼器の一例とした。

[0033] 尚、上下のプレートに取付ける前の該円筒体の弾性シート 3の形状は、特定するも のではないが、本例においては、製造時に該プレートへの取り付けを容易とするため 、上プレート 11に取付ける側の径は大きぐ下プレート 21に取付ける側の径は小さく 形成された円筒状シートを用いている。即ち、下プレート 21に取り付ける側となる、下 部の半分程度は径が小さく一定の円筒状に形成され、上プレート 11に取付ける側と なる、上部の半分程度は、前記下側の円筒の径から、放射状に径を拡大して成形さ れたシートを使用した。

[0034] また、前記下半分の円筒の内径は、瞼を開いた状態に維持するといつた目的から 当然、上眼瞼と下眼瞼の間の瞼裂と同等か、あるいは、大きく形成されるが、本例に おいては適正な大きさとして 20mmとした。そして、この大きさはそのまま開瞼器の開 口部 4の大きさとなって!/、る。

[0035] 尚、本例では、上リング 1、下リング 2を楕円形状に形成しているため、該開口部 4は 、眼瞼に装着されていない自然状態にあっても、該リングに連係する形で楕円形状と なっている。また、協働して瞼を内外から挟持する上リング 1と下リング 2との間(上リン グと下リングの隙間の長さ)の弾性シート 3の長さを、装着したさいに確実に、かつ無 理なく安全に保持できる長さとして、装着前の自然状態で、 2mm以上、 6mm以下程 度(本例においては、 4mm)に設定し構成した。

[0036] 尚、当然、前述したサイズなどの記述は、特定されるのではなく目的により最適とな るものが選択されれば良い。また、弾性シート 3を形成する円筒体のシートは、拡張 することにより薄くなり透明性が高まることから、拡張したさいに透明性が確保可能で あれば、自然状態(拡張前の状態)では、透明、あるいは半透明である必要はない。

[0037] 図 3は、前記実施の形態の変形例を示すドレープ付き開瞼器の底面図で、上リング 、あるいは、下リングの形状が楕円形状でないものの例を示しており、図 3Aが円形、 図 3Bが楕円類似形状の一例として、トラック状の形状を示すものである。

[0038] 図 4は、本発明の第二の実施形態を示すドレープ付き開瞼器の全体構成図であり 、図 4Aが正面図、図 4Bが底面図を示している。

[0039] 本例のドレープ付き開瞼器は、器具を眼瞼に装着したさい、装着部位の顔面形状 に一層フィットしやすいように、上リング 1の形状を、予め円形あるいは楕円でなぐ変 形された液滴形状とし、また、装着したさいに、顔面の曲線に沿うように鼻側から耳側 に低く下がるように傾斜させて形成したものを示している。

[0040] 予め、このような形状に形成された上リング 1を用いると、器具を眼瞼に装着したさ いに、より確実な顔面との密着状態が得られると共に、手術中の洗眼のさい、洗眼水 の逃げ道になり、手術部位に洗眼した水が溜まりにくい形状となっている。

[0041] 上記されるように、上リング 1の形状は本例(円形、楕円等を含む)に限定するもの ではなぐ顔面装着部を考慮して適切となる、どの様な形状も採ることができる。

[0042] 図 5は、本発明の第三の実施の形態を示す一部断面の模式図を示し、図 5Bは、図 5Aの主要部を拡大したものを示して!/、る。

[0043] 本例のドレープ付き開瞼器は、前述の第一の実施の形態と同様の上リング 1及び 弾性シート 3と、本例独自の形態となる、複数の通孔 24を備えた中空構造の下リング 2と、該下リング 2の中空内部(内腔) 23に通路を連通する吸引チューブ 5により構成 する。尚、下リング 2を含む全体の形状やサイズ、あるいは、各部の材質、性状等は、 前述した実施の形態の!/、ずれかの器具に準じて形成すればよ!/、ため、本例に付!/、 ては特に記載しない。

[0044] 下リング 2は、前述の形態のプレート形状の下プレート 21に替え、中空構造とした 中空リング 22を用い、該中空リング 22に前記弾性シート 3の端部を僅かに拡張して 被覆し、溶着あるいは接着により取付けて形成される。また、前記中空リング 22には 、眼瞼内に挿入されたさいに、結膜嚢に接触しない部分 (本例においては、リングの 内側に当たる位置)に複数の通孔 24を設け、更に、被覆する弾性シート 3の該通孔 2 4に適合する位置にも該通孔 24よりも大きく形成した孔 31を設けて構成し、手術中 眼球の乾燥防止や血液の洗浄のために注入され、手術部に溜まってしまう水や分泌 物等の外部への排出口とした。

[0045] 吸引チューブ 5は、柔軟な樹脂(本例においては、シリコーン樹脂)により、吸引等 機能に支障の無い範囲で極力細径に形成されてなり、一方端部を前記中空リング 2

2に接続し、他方端部を外部に位置させる汎用のテーパー部を備えたチューブ基 6 に接続して構成し、該チューブ基 51、吸引チューブ 5、中空リング内腔 23、通孔 24 ( 弾性シートの孔 31 )が水や分泌物等の吸引(注入)通路として形成される。

[0046] 本形態の器具によれば、下リング 2を結膜嚢内に装着したさい、術中に眼球面に注 入して手術部に溜まってしまう水等を、中空リング 22の内腔 23、チューブ 5を通じて 吸引筒や吸引器具などにより外部から吸引することができる。

[0047] 図 6は、本発明の第四の実施の形態の一部を示す模式図であり、図 6Aが正面図 の一部で吸引管を外した状態、図 6Bが側面図の一部で吸引管を装着した状態を示 している。

[0048] 本例のドレープ付き開瞼器は、前記第一の実施形態の器具の上リング 1に、チュー ブ(吸引管) 7を着脱可能に取付けるための固定コマ 6を設けて構成した。尚、上リン グ 1を含む全体の形状やサイズ、あるいは、各部の材質や性状等は、前述した実施 の形態の!/、ずれかの器具に準じて形成すればよ!/、ため、本例に付!/、ては特に記載 しない。

[0049] 固定コマ 6は樹脂より成形され、上リング 1の適当な位置を上下から挟持して固定す るための凹部として形成される留め部 61と、吸引管 7を両側から挟持して取付けるた めの凹部として形成される留め部 62を備えて構成し、いずれの留め部 61、 62も凹部 先端は、固定あるいは取り付けを確実とするためのッメを備えて形成される。そして、 留め部 61の凹部は、上リング 1の厚さよりも僅かに小さな幅に形成して、該凹部を上リ ング 1に、該上リング 1を僅かに押しつぶすように揷着することで、上リング 1を上下より 挟持して固定することができ、一方、留め部 62の凹部は、吸引管 7の径とほぼ同等の 幅に形成して、該凹部に吸引管 7を押し入れることで、該吸引管を両側より軽く挟持 して保持すること力 Sできると共に、留め部 62より吸引管 7を引き抜くことで、容易に取り 外すことができる。

[0050] 吸引管 7は、樹脂あるいは金属のチューブに吸引管基 71を備えて構成され、吸引 口となる先端部は本器具を眼瞼に装着したさい、該先端が下側(眼球側)に向くよう に湾曲して形成される。

[0051] 本形態の器具によれば、下リング 2を結膜嚢内に装着したさい、術中に眼球面に注 入して手術部に溜まってしまう水等を、吸引管 7を通じて吸引筒や吸引器具などによ り外部から吸引することができ、また、該吸引管 7が着脱自在であることで、器具の揷 着時など吸引管 7が操作に邪魔になるときには外しておくことができる。

[0052] 図 7は、本発明の第五の実施の形態を示す一部断面の模式図を示している。

[0053] 本例のドレープ付き開瞼器は、前記第一の実施形態の器具の弾性シート 3の上リン グ 1と、下リング 2の間の部位に、一つあるいは複数のサイドホール 8 (本例において は、直径 2mmの孔を 1箇所)を設けて構成した。尚、該弹性シート 3を含む全体の形 状やサイズ、あるいは、各部の材質や性状等は、前述した実施の形態のいずれかの 器具に準じて形成すればよ!/、ため、本例に付!/、ては特に記載しなレ、。

[0054] そして、本器具を眼瞼に装着するさい、前記弾性シートのサイドホール 8の外側と、 結膜嚢との接触部位となる隙間に吸収性素材としてガーゼ 9を配置して使用される。

[0055] 本形態の器具によれば、下リング 2を結膜嚢内に装着したさい、前述の術中に眼球 面に注入して手術部に溜まってしまう水等を、サイドホール 8を通してガーゼ 9に吸収 させ、ガーゼの持つ毛細管現象により外部に排出することができる。

[0056] また、前記サイドホール 8からの排水は、ガーゼ 9ではなぐ前記したような吸引管を 該位置に差し込んで吸引することによつてもできる。

[0057] 次に、本例のドレープ付き開瞼器を眼瞼に装着しての使用状態に付いて、作用等 を再度まとめて説明する。

[0058] 本器具を眼瞼に装着するさいは、瞼裂を大きく開き、上リング 1を半分に折り曲げる ように大きく橈ませると共に、下リング 2の一部を手指で掴み、該下リング 2を掴んだ側 と反対側から結膜嚢内(瞼結膜側)に揷入する。

[0059] 揷入すると、該下リング 2は眼球及び瞼結膜側に接触して位置し、上リング 1は眼瞼 を囲繞して顔面に接触して位置することになり、弾性シート 3は、皮膚側から瞼結膜 側に接触して位置することになる。そして、この状態で、弾性シート 3により、上眼瞼及 び下眼瞼は外方方向に開かれ、開瞼状態が維持され、前記弾性シート 3の開口を手 術のための開口部 4として用い、手術が行われることになる。

[0060] そして、このように装着されると、前述の通り、弾性シート 3が上リング 1と下リング 2に 拡張して取り付けられていることにより、該弹性シート 3が上下瞼の閉じようとする力に 抗して、瞼裂を開いた状態に維持すると同時に、同じ上下瞼の閉じようとする力により 、該弹性シート 3が僅かに押しつぶされ、該シートに連結している上リング 1及び下リ ング 2が近接する方向に引っ張られることにより、リング間の距離が小さくなり、結果、 上リング 1と下リング 2とにより眼瞼を挟持する力が強くなり、装着状態が安定したもの となり、また、上リング 1が可撓性を有しているため、この引っ張りの作用により、橈む 等の変形が自然におこることで、顔面との密着状態を高め、顔面形状 (例えば、鼻側 が高ぐ耳側に低く傾斜する形状)に適合した装着状態を獲得することができる。

[0061] 尚、以上全ての実施の形態を含め本発明の開瞼器は、デイスポーザブル (一回使 い捨て)の器具を想定しており、従来の開瞼器で一般的な滅菌して複数回使用する ものに比較して、清潔であり、使用勝手に優れ、使用のための面倒もない。

産業上の利用可能性

[0062] また、本発明は人間への手術に限定することなぐ動物の手術に対しても適用する こと力 Sでさる。