Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. WO1997041171 - COMPOSITION ET MOULAGES DE RESINE IGNIFUGE

Note: Texte fondé sur des processus automatiques de reconnaissance optique de caractères. Seule la version PDF a une valeur juridique

[ JA ]

請 求 の範囲

1. (A) 熱可塑性樹脂 1 00重量部に対して

(B) 赤燐 0. 1〜1 0 0重量部および

(C) 卜リアジン系化合物とシァヌ一ル酸またはィソシァヌ一ル酸からなる塩 0. 5〜 1 00重量部を配合してなる樹脂組成物であって、樹脂組成物中の赤燐の数 平均分散粒径が 50〜 0. 0 1 /imであり、かつトリアジン系化合物とシァヌ一 ル酸またはィソシァヌール酸からなる塩の数平均分散粒径が 1 0 0〜 0. 0 1 μ mである難燃性樹脂組成物。

2. トリアジン系化合物が下記一般式( 1 ) で表される化合物である請求の範 囲第 1項記載の難燃性樹脂組成物。


(ただし上式において R '、 R2、 R\ R4は同一または相異なる水素、ァリー ル基、アルキル基、ァラルキル基、シクロアルキル基、または— CONH2である また、 Rは上式中の一 NR 'R2または一 NR3R4と同一の基、またはこれらと独 立に水素、ァリール基、アルキル基、ァラルキル基、シクロアルキル基、— NH

2. または— C ONH2から選ばれた基である。)

3. 熱可塑性樹脂(A) 1 00重量部に対して充填材 5〜 1 40重量部をさら に配合してなる請求の範囲第 1項記載の難燃性樹脂組成物。

4. 熱可塑性榭脂(A) 1 00重量部に対してフッ素系樹脂 0. 0 1〜 1 0重 量部をさらに配合してなる請求の範囲第 1項記載の難燃性樹脂組成物。

5. トリアジン系化合物がメラミンである請求の範囲第 1項記載の難燃性樹脂 組成物。

6. 熱可塑性樹脂(A) が熱可塑性ポリエステル榭脂である請求の範囲第 1項 記載の難燃性樹脂組成物。

7. 充填材がガラス繊維である請求の範囲第 3項記載の難燃性樹脂組成物。

8. 熱可塑性樹脂(A) 1 00重量部に対してヒンダードフエノール系安定剤 0. 0 1〜 3重量部がさらに配合されている請求の範囲第 1項記載の難燃性樹脂 組成物。

9. 請求の範囲第 1項記載の難燃性樹脂組成物を成形した成形品。

1 0. 成形品が、機械機構部品、電気部品、電子部品および自動車部品である 請求の範囲第 9項記載の成形品。