Traitement en cours

Veuillez attendre...

Paramétrages

Paramétrages

Aller à Demande

1. JP2004525843 - ガラスロッドを製造するための装置

Office Japon
Numéro de la demande 2002532178
Date de la demande 14.08.2001
Numéro de publication 2004525843
Date de publication 26.08.2004
Numéro de délivrance 4459531
Date de délivrance 19.02.2010
Type de publication B2
CIB
C03B 17/04
CCHIMIE; MÉTALLURGIE
03VERRE; LAINE MINÉRALE OU DE SCORIES
BFABRICATION OU FAÇONNAGE DU VERRE, DE LA LAINE MINÉRALE OU DE SCORIES;  TRAITEMENTS ADDITIONNELS DANS LA FABRICATION OU LE FAÇONNAGE DU VERRE, DE LA LAINE MINÉRALE OU DE SCORIES
17Façonnage du verre par coulée, poussée ou étirage vers le bas ou latéral au travers de fentes ou par écoulement au-dessus de lèvres
04Façonnage de tubes ou tiges par étirage à partir d'ustensiles fixes ou tournants ou à partir de tuyères
CPC
C03B 17/04
CCHEMISTRY; METALLURGY
03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
BMANUFACTURE, SHAPING, OR SUPPLEMENTARY PROCESSES
17Forming ; molten; glass by flowing-out, pushing-out, ; extruding; or drawing downwardly or laterally from forming slits or by overflowing over lips
04Forming tubes or rods by drawing from stationary or rotating tools or from forming nozzles
Déposants ショット アクチエンゲゼルシャフト
Inventeurs エアハルト・ディック
ローラント・フックス
エーリヒ・フィッシャー
ヴォルフガング・ミュンヒ
アントン・ヴィンケルマン
ロベルト・レール
Mandataires 志賀 正武
渡邊 隆
村山 靖彦
実広 信哉
Données relatives à la priorité 10048815 29.09.2000 DE
Titre
(JA) ガラスロッドを製造するための装置
Abrégé
(JA)

本発明は、ガラスロッドを製造するための装置に関する。この装置は、ダンナー・ブローパイプと、ダンナー・ブローパイプの外周表面上にガラスの流れを供給するためのノズルとを有している。ダンナー・ブローパイプは、その外周壁部が外側の金属スリーブ及びこの金属スリーブによって取り囲まれたセラミック体から形成され、供給端及び放出端側にはそれぞれクランプ板が設けられ、放出端側のクランプ板がシャフトに固定的に接続され、供給端側のクランプ板がシャフト上で軸線方向に移動可能とされ、供給端側のシャフトの端部が軸線方向の移動に対して固定された状態で押圧板に接続され、押圧板と供給端側のクランプ板との間には、押圧板と供給端側のクランプ板とを互いに離すように押そうとする圧縮バネが挿入され、放出端側のクランプ板は、スリーブの放出端側の端部に係合するように設けられている。