Идет обработка

Пожалуйста, подождите...

Настройки

Настройки

1. WO1998051939 - THIN-WALLED RING-SHAPED MEMBER AND METHOD OF MANUFACTURING SAME

Примечание: Текст, основанный на автоматизированных процессах оптического распознавания знаков. Для юридических целей просьба использовать вариант в формате PDF

請求の範囲

1 . 回転させて使用する、幅広面を半径方向に向けた薄肉リング状部材であつ て、幅広面を半径方向に向けつつコィリングさせた金属製の帯板材の端部同士を 、円周方向の離反力に抗して相互に係合する凹凸からなる継手で連結したことを 特徴とする薄肉リング状部材。

2 . 継手が、帯板材の両端部同士を嵌合させたものである請求項 1 記載の薄肉 リング状部材。

3 . 継手が、帯板材の両端部間に跨って形成された穴に継手部材を圧入したも のである請求項 1 記載の薄肉リング状部材。

4 . 内周部および外周部の何れか一方、または双方の幅狭面に円周方向の溝を 設け、溝内で帯板材の端部同士を溶接したことを特徴とする請求項 2 または 3 記 載の簿肉リング状部材。

5 . 請求項 1 乃至 4何れか記載のリング状部材の内周部又は外周部の何れか一 方、又は双方にトランスミッションのギヤと嚙み合わせるための歯部を形成して なるフリクションプレート。

6 . 回転させて使用する、幅広面を半径方向に向けた薄肉リング状部材を得る 方法であって、金属製の帯板材をその幅広面を半径方向に向けつつコィリングさ せて幅広面同士を重ね合わせ、その重なり合った部分をプレスしつつ切断するこ とにより、切断端部に円周方向の離反力に抗して相互に係合する凹凸を形成する と共に、プレス圧によりこの凹凸を嵌合させて切断端部同 ±を連結することを特 徴とする薄肉リング状部材の製造方法。

7 . 回転させて使用する、幅広面を半径方向に向けた薄肉リング状部材を得る 方法であって、金属製の帯板材をその幅広面を半径方向に向けつつコィリングさ せてその両端部同士を突き合わせ、円周方向中央部の幅を狭くした穴を両端部を 跨ぐように設けて、この穴にほぼ同形状の継手部材を圧入して両端部同士を連結 することを特徴とする薄肉リング状部材の製造方法。

8 . 請求項 6 または 7記載の方法で得られた薄肉リング状部材の内周部および 外周部を環状に打ち抜きつつ、内周部又は外周部の何れか一方、又は双方にトラ ンスミッシヨンギヤと喃み合わせるための歯部を形成することを特徴とするフリ クシヨンプレートの製造方法。