Pesquisa nas coleções internacionais e nacionais de patentes
Algum conteúdo deste aplicativo está indisponível no momento.
Se esta situação persistir, por favor entre em contato conoscoFale conosco & Contato
1. (JP2010504815) ドライバが取り付けられた外科ステープルおよびこれらをステープル止めするためのステープル止め器具
Document

Description

Title of Invention ドライバが取り付けられた外科ステープルおよびこれらをステープル止めするためのステープル止め器具 US 11/529,935 20060929 20130417 A61B 17/10 A61B 17/072 A61B 17/115 特開平07−124166(JP,A) 特開平08−033642(JP,A) 国際公開第2006/023486(WO,A1) 実開昭50−033988(JP,U) 特表平10−512469(JP,A) 米国特許第06010054(US,A) US2007017603 20070808 WO2008042045 20080410 2010504815 20100218 20100806 毛利 大輔 0001   0002   0003   0004   0005   0006   0007   0008   0009   0010   0011   0012   0013   0014   0015   0016   0017   0018   0019   0020   0021   0022   0023   0024   0025   0026   0027   0028   0029   0030   0031   0032   0033   0034   0035   0036   0037   0038   0039   0040   0041   0042   0043   0044   0045   0046   0047   0048   0049   0050   0051   0052   0053   0054   0055   0056   0057   0058   0059   0060   0061   0062   0063   0064   0065   0066   0067   0068   0069   0070   0071   0072   0073   0074   0075   0076   0077   0078   0079   0080   0081   0082   0083   0084   0085   0086   0087   0088   0089   0090   0091   0092   0093   0094   0095   0096   0097   0098   0099   0100   0101   0102   0103   0104   0105   0106   0107   0108   0109   0110   0111   0112   0113   0114   0115   0116   0117   0118   0119   0120   0121   0122   0123   0124   0125   0126   0127   0128   0129   0130   0131   0132   0133   0134   0135   0136   0137   0138   0139   0140   0141   0142   0143   0144   0145   0146   0147   0148   0149   0150   0151   0152   0153   0154   0155   0156   0157   0158   0159   0160   0161   0162   0163   0164   0165   0166   0167   0168   0169   0170   0171   0172   0173   0174   0175   0176   0177   0178   0179   0180   0181   0182   0183   0184   0185  

Brief Description of Drawings

0186  

Claims

1   2   3   4   5   6   7   8   9  

Drawings

1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   19   20   21   22   23   24   25   26   27   28   29   30   30A   31   32   33   34   35   36   37   38   39   40   41   42   43   44   45   46   47   48   49   50   51   52   53   54   55   56   57   58   59   60   61   62   63   64   65   66   67   68   69   70   71   72   73   74   75   76   77   78   79   80   81   82   83   84   85   86   87   88   89   90   91   92   93   94   95   96   97   98   99   100   101   102   103   104   105   106   107   108   109   110   111   112   113   114   115   116   117   118   119   120   121   122   123   124   125   126   127   128   129   129A   130   131   132   133   134   135   136   137   138   139   140   141   142   143   144   145   146   147   148   149   150   151   152   153   154   155   156   157   158   159   159A   160   161   162   163   164   164A   165   166   167   168   169   170   171   172   173   174   175   176   177   178    

Description

ドライバが取り付けられた外科ステープルおよびこれらをステープル止めするためのステープル止め器具

US 11/529,935 20060929 20130417 A61B 17/10 A61B 17/072 A61B 17/115 patcit 1 : 特開平07−124166(JP,A)
patcit 2 : 特開平08−033642(JP,A)
patcit 3 : 国際公開第2006/023486(WO,A1)
patcit 4 : 実開昭50−033988(JP,U)
patcit 5 : 特表平10−512469(JP,A)
patcit 6 : 米国特許第06010054(US,A)
US2007017603 20070808 WO2008042045 20080410 2010504815 20100218 20100806 毛利 大輔

開示の内容

[0001]
〔関連出願の相互参照〕
本願は、参照して開示内容の全てを本明細書に組み入れる、以下に示す同日出願の11の同時係属の自己の特許出願に関連する。
1.フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)、ジェローム・アール・モーガン(Jerome R. Morgan)、マイケル・エイ・マーレイ(Michael A. Murray)、リチャード・ダブリュー・ティム(Richard W. Timm)、ジェームス・ティー・スパイビー(James T. Spivey)、ジェームス・ダブリュー・ボーグル(James W. Voegele)、レスリー・エム・フジカワ(Leslie M. Fugikawa)、およびユージーン・エル・ティンパーマン(Eugene L. Timperman)による米国特許出願:名称「ステープルの高さを調節可能にするための可撓性溝形部材およびアンビルの機能構造を備えた外科ステープル止め器具(Surgical Stapling Instruments Having Flexible Channel and Anvil Features For Adjustable Staple Heights)」(K&LNG整理番号:060500CIP1/END5706USCIP1)
2.フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)、ジェフリー・エス・スエイズ(Jeffrey S. Swayze)、レスリー・エム・フジカワ(Leslie M. Fugikawa)、およびユージーン・エル・ティンパーマン(Eugene L. Timperman)による米国特許出願:名称「ステープルの高さを調節するための収縮可能な構造を備えた外科ステープル止め器具(Surgical Stapling Instruments With Collapsible Features For Controlling Staple Height)」(K&LNG整理番号:060500CIP2/END5706USCIP2)
3.フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)およびジョシュア・ウス(Joshua Uth)による米国特許出願:名称「自己調節式アンビルを備えた外科切断/ステープル止め器具(Surgical Cutting and Stapling Instrument With Self Adjusting Anvil)」(K&LNG整理番号:060492/END5962USNP)
4.フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)およびジェフリー・エス・スエイズ(Jeffrey S. Swayze)による米国特許出願:名称「最大組織圧迫力を制限するための閉鎖装置を備えた外科切断/ステープル止め器具(Surgical Cutting and Stapling Device With Closure Apparatus For Limiting Maximum Tissue Compression Force)」(K&LNG整理番号:060493/END5963USNP)
5.トッド・フィリップ・オーメイツ(Todd Philip Omaits)、ベニー・トンプソン(Bennie Thompson)、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)、およびユージーン・エル・ティンパーマン(Eugene L. Timperman)による米国特許出願:名称「組織の最大の圧迫を限定するための機械機構を備えた外科ステープル止め器具(SURGICAL STAPLING INSTRUMENT WITH MECHANICAL MECHANISM FOR LIMITING MAXIMUM TISSUE COMPRESSION)」(K&LNG整理番号:060490/END5960USNP)
6.クリストファー・ジェイ・ヘス(Christopher J. Hess)、ウイリアム・ビー・ウエイスンバーグ・ザ・セカンド(William B. Weisenburgh II)、ジェローム・アール・モーガン(Jerome R. Morgan)、ジェームス・ダブリュー・ボーグル(James W. Voegele)、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)、およびジョシュア・ウス(Joshua Uth)による米国特許出願:名称「外科ステープル止め器具およびステープル(Surgical Stapling Instruments and Staples)」(K&LNG整理番号:060494/END5965USNP)
7.クリストファー・ジェイ・ヘス(Christopher J. Hess)、マイケル・エイ・マーレイ(Michael A. Murray)、ジェローム・アール・モーガン(Jerome R. Morgan)、ジェームス・ダブリュー・ボーグル(James W. Voegele)、ロバート・ギル(Robert Gill)、およびマイケル・クレム(Michael Clem)による米国特許出願:名称「溶解性、生体吸収性、または生体砕屑性部分を有する外科ステープルおよびこれらを配置するためのステープル止め器具(Surgical Staples Having Dissolvable, Bioabsorbable or Biofragmentable Portions and Stapling Instruments For Deploying The Same)」(K&LNG整理番号:060495/END5966USNP)
8.クリストファー・ジェイ・ヘス(Christopher J. Hess)、ウイリアム・ビー・ウエイスンバーグ・ザ・セカンド(William B. Weisenburgh II)、ジェローム・アール・モーガン(Jerome R. Morgan)、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)、レスリー・エム・フジカワ(Leslie M. Fugikawa)、およびユージーン・エル・ティンパーマン(Eugene L. Timperman)による米国特許出願:名称「連結された外科ステープルおよびこれらをステープル止めするためのステープル止め器具(Connected Surgical Staples and Stapling Instruments For Deploying the Same)」(K&LNG整理番号:060499/END5970USNP)
9.トッド・ピー・オーメイツ(Todd P. Omaits)、ベニー・トンプソン(Bennie Thompson)、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)、およびユージーン・エル・ティンパーマン(Eugene L. Timperman)による米国特許出願:名称「組織の圧迫のレベルを示す機械指示器を備えた外科ステープル止め器具(Surgical Stapling Instrument With Mechancial Indicator To Show Levels of Tissue Compression)」(K&LNG整理番号:060491/END5961USNP)
10.クリストファー・ジェイ・ヘス(Christopher J. Hess)、ウイリアム・ビー・ウエイスンバーグ・ザ・セカンド(William B. Weisenburgh II)、ジェローム・アール・モーガン(Jerome R. Morgan)、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)、およびダレル・パウエル(Darrel Powell)による米国特許出願:名称「外科ステープルおよびステープル止め器具(Surgical Staples and Stapling Instruments)」(K&LNG整理番号:060498/END5969USNP)
11.クリストファー・ジェイ・ヘス(Christopher J. Hess)、ジェローム・アール・モーガン(Jerome R. Morgan)、ウイリアム・ビー・ウエイスンバーグ・ザ・セカンド(William B. Weisenburgh II)、ジェームス・ダブリュー・ボーグル(James W. Voegele)、カール・シャートレフ(Carl Shurtleff)、マーク・オルティス(Mark Ortiz)、マイケル・ストークス(Michael Stokes)、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)、およびジェフリー・エス・スエイズ(Jeffrey S. Swayze)による米国特許出願:名称「外科ステープル内に組織を固定するための圧縮可能または押し込み可能な部材を備えた外科ステープルおよびこれらをステープル止めするためのステープル止め器具(Surgical Staples Having Compressible or Crushable Members For Securing Tissue Therein and Stapling Instruments For Deploying The Same)」(K&LNG整理番号:060497/END5968USNP)
[0002]
〔発明の分野〕
本発明は、内視鏡手術器具および開放外科手術器具に関し、詳細には、限定するものではないが、開放外科手術用ステープル止め装置、腹腔鏡外科手術用ステープル止め装置、内視鏡および腔内外科手術用ステープル止め装置を含む外科ステープラおよび外科ステープルに関する。
[0003]
〔背景〕
内視鏡手術器具および腹腔鏡手術器具は、切開部が小さく術後の回復が早く合併症のリスクが低いため、従来の開放外科手術よりも好ましい場合が多い。腹腔鏡手術器具および内視鏡手術の利用は、比較的普及してきており、さらに手術方法を発展させる別の動機を与える。腹腔鏡手術では、外科処置は、小さな切開部を介して腹部内で行われる。同様に、内視鏡手術では、外科処置は、皮膚の小さな進入用切開部から挿入された細い内視鏡チューブを介して体内の任意の臓器の空洞部内で行われる。
[0004]
腹腔鏡および内視鏡手術では、通常は、手術部位にガス注入する必要がある。したがって、体内に挿入される全ての器具は、切開部からガスが人体に流入または流出しないように密閉しなければならない。さらに、腹腔鏡および内視鏡手術では、医師が、切開部から遠く離れた器官、組織、および/または血管に対して処置を施さなければならない。したがって、このような手術で使用される器具は、通常は細長く、器具の近位端部から動作可能に制御可能である。
[0005]
著しい進展により、トロカールのカニューレを介して所望の手術部位に遠位エンドエフェクタを正確に配置するのに適した様々な内視鏡外科器具が開発された。このような遠位エンドエフェクタ(例えば、エンドカッター、把持器、カッター、ステープラ、クリップアプライヤー、アクセス装置、薬物/遺伝子治療送達装置や、超音波、無線周波、およびレーザーなどを用いるエネルギー装置)は、様々な方法で組織に係合して診断または治療効果を得ることができる。
[0006]
既知の外科ステープラには、組織に長手方向の切開部を形成すると同時に、切開部の両側に列状にステープル止めするエンドエフェクタが含まれる。このようなエンドエフェクタは、内視鏡手術または腹腔鏡手術用の場合は、カニューレ通路を通過できる一対の協働するジョー部材を含む。一方のジョー部材は、少なくとも2列の横方向に離隔したステープルを有するステープルカートリッジを受容する。他方のジョー部材は、カートリッジ内のステープルの列に整合したステープル成形ポケットを有するアンビルを定めている。このような器具は、遠位側に駆動されると、ステープルカートリッジの開口を通過して、ステープルを支持するドライバに係合し、ステープルをアンビルに向かって発射させる複数の往復ウェッジを含む。
[0007]
近年、上側ジョー(アンビル)に形成された内部スロット内をスライドする上部ピンと、中間ピンと、エンドエフェクタの下側ジョーの対向した面をスライドする底部フット(bottom foot)とが有利に設けられた外科ステープル止め/切断器具、具体的にはステープル止め組立体用の改善された「Eビーム」発射バーが記載された。中間ピンの遠位側の接触面が、下側ジョー部材を形成する細長い溝形部材内に保持されたステープルカートリッジを作動させる。接触面と上部ピンとの間で、切断面すなわちナイフが、下側ジョーのステープルカートリッジとアンビルとの間にクランプされた組織を切断する働きをする。このように両方のジョーがEビームによって係合されるため、Eビームは、ジョー間を所望の間隔に維持してステープルが適切に成形されるようにする。したがって、少量の組織がクランプされた場合、Eビームは、アンビルを持ち上げて、アンビルの下面に対してステープルが適切に形成される十分な間隔を維持する。加えて、多量の組織がクランプされた場合、Eビームは、アンビルを引き下げて、この間隔がステープルの長さを超えないようにして、各ステープルの端部が十分に曲げられて所望の程度の保持力が得られるようにする。このようなEビーム発射バーは、参照して開示内容の全てを本明細書に組み入れる、2003年5月20日に出願され、2005年12月27日に米国特許第6,978,921号として発行された、米国特許出願第10/443,617号(名称:「Eビーム発射機構を含む外科ステープル止め器具(Surgical Stapling Instrument Incorporating an E-Beam Firing Mechanism)」)に開示されている。
[0008]
Eビーム発射バーは、外科ステープル止め/切断器具に多数の利点をもたらしているが、多くの場合、様々な厚みの組織を切断してステープル止めするのが望ましい。組織の層が薄いと、ステープルは単に緩く成形され、補強材料が必要になることもある。組織の層が厚いと、保持された組織に強い圧迫力を加えるステープルに成形され、壊死、出血、またはステープル成形/保持不良が起こることがある。所与の外科ステープル止め/切断器具に対して適切な組織の厚みの範囲を制限するのではなく、1つの外科ステープル止め/切断器具で様々な組織の厚みに対応できることが好ましいであろう。
[0009]
したがって、クランプする組織の量に応じて調節されるステープル止め組立体(エンドエフェクタ)を含む改善された外科ステープル止め/切断器具が強く要望されている。
[0010]
加えて、既存のステープル止め組立体に一般に使用されているステープルドライバは、従来、適切な「B」型のステープル高さを確実にするために可能な限り硬く形成されている。この硬い構造のため、このようなステープルドライバは、ステープル止め組立体内にクランプされる組織の特定の厚みに対してステープルの成形高さを調節するために一切の柔軟性を付与しない。
[0011]
したがって、組織の厚みに応じてステープルの成形高さの調節を容易にすることができるステープルドライバも強く要望されている。
[0012]
様々なタイプのエンドカッターの構造では、アンビルは、その近位端部における閉鎖機能構造と相互作用する閉鎖チューブ組立体を軸方向に作動させることによって開閉される。アンビルには、通常は、溝形部材の近位端部のやや細長いスロット内に受容されるトラニオンが形成されている。トラニオンは、ステープルカートリッジを旋回可能に支持し、アンビルが移動して軸方向に整合するとともに閉位置に旋回することを可能にしている。しかし、残念ながら、この装置は、クランプ動作の際にアンビルに加えるクランプ力の大きさを制限または調節するための手段を備えていない。したがって、アンビル内にクランプされる組織の厚みにかかわらず、閉鎖チューブ組立体によって生成されるクランプ力と同じ大きさのクランプ力がアンビルに加えられる。このような構造は、薄い組織が過度にクランプされ、これにより過度に出血したり、組織が損傷を受けたり、場合によっては組織が破壊されることもある。
[0013]
したがって、アンビルとステープルカートリッジとの間にクランプされる組織の厚みに基づいてアンビルに加えられるクランプ力の大きさを制限または調節するための手段を含む閉鎖システムも要望されている。
[0014]
ある種の外科手術では、外科ステープルの使用が、組織を接合する好適な方法となってきており、特別に構成された外科ステープルが、このような用途のために開発されてきた。例えば、腔内ステープラ、すなわち円形ステープラが、吻合術として知られている外科手術に使用するために開発されてきた。吻合術を行うのに有用な円形ステープラは、例えば、参照して開示内容を本明細書に組み入れる米国特許第5,104,025号および同第5,309,927号に開示されている。
[0015]
吻合術は、つながった部分を切除した後に腸の両部分を互いに接合する外科手術である。この外科手術では、2つの管状部分の端部を互いに接合して連続した管状通路を形成する必要がある。以前は、この外科手術は、困難で時間のかかる手術であった。外科医が、腸の両端部を正確に切断して整合させ、この整合を維持しながら多数の縫合糸の縫合で両端部を接合する。円形ステープラの進歩により、吻合術が大幅に単純化され、吻合を行うために必要な時間が短縮された。
[0016]
概して、従来の円形ステープラは、通常は、近位作動機構を有する細長いシャフトと、このシャフトに取り付けられた遠位ステープル止め機構からなる。遠位ステープル止め機構は、通常は、同心円状に配置された複数のステープルを含む固定されたステープルカートリッジからなる。丸い切断ナイフが、ステープルの内側のカートリッジ内に同心円状に取り付けられている。このナイフは、軸方向遠位側に移動可能である。トロカールシャフトが、カートリッジの中心から軸方向に延びている。アンビル部材が、トロカールシャフトに取り付けられている。アンビル部材には、ステープルの端部を成形するための従来のステープルアンビルが取り付けられている。ステープルカートリッジの遠位面とステープルアンビルとの間の距離は、ステープラシャフトの近位端部に取り付けられた調節機構によって制御される。ステープルカートリッジとステープルアンビルとの間に受容される組織は、外科医によって作動機構が操作されて、ステープル止めされると同時に切断される。
[0017]
円形ステープラを用いて吻合術を行う場合、通常は、腸の標的部位(すなわち、検体)の両側に配置された2列のステープルを備えた従来の外科ステープラを用いて腸をステープル止めする。標的部位は、通常は、ステープル止めされると同時に切断される。次に、検体を除去したら、外科医が、通常は、ステープル列の近位側の内腔の近位端部内にアンビルを挿入する。これは、外科医によって近位側の内腔内に切開された入口ポート内にアンビルヘッドを挿入して行う。場合によっては、アンビルは、ステープラの遠位端部にアンビルヘッドを配置し、器具を直腸内に挿入することによって経肛門的に配置することができる。通常は、ステープラの遠位端部を経肛門的に挿入する。次に、外科医は、縫合糸または他の従来の糸結び装置を用いて腸の近位端部をアンビルシャフトに縛り付ける。次に、外科医は、結び部に近接した過剰な組織を切除し、アンビルをステープラのトロカールシャフトに取り付ける。次に、外科医は、アンビルとカートリッジとの間の間隙を閉じて、この間隙の腸の近位端部と遠位端部を係合させる。次に、外科医は、ステープラを作動させて、複数列のステープルを腸の両端部に刺入して成形し、これにより両端部を接合して管状通路を形成する。ステープルを刺入して成形すると同時に、同心円状の円形の刃を腸組織の端部を通過させて、ステープルの内側列近傍の両端部を切断する。次に、外科医は、腸からステープラを引き抜き、吻合術が完了する。
[0018]
しかし、ステープル止め作業の際は、外科医は、組織の壊死や重篤な損傷を防止するために、ステープル止めする組織が過度に圧迫されないように注意を払わなければならない。ある種の従来のステープラは、アンビルとステープルカートリッジとの間の間隔を医師に示すための指示機構を備えているが、組織の過度の圧迫を防止するための手段となる機構を含むことが望ましい。
[0019]
〔発明の概要〕
本発明は、様々な実施形態では、ドライバとこのドライバが連結されているステープルとを備えた外科ステープル止めシステムを含む。従来の外科ステープル止めシステムでは、ドライバとステープルは連結されていなかった。本発明による外科ステープル止めシステムは、構成要素の数が少なく、組立および製造の時間が短く、少なくとも部分的にドライバに埋め込まれた比較的大きいステープルを受容することができる。
[0020]
本発明は、様々な実施形態では、変形可能な部材、ベース、およびドライバを備えた外科ステープルを含む。ベースは、ドライバ内に埋め込まれており、ドライバは、カム接触面および組織接触面を備えている。カム接触面は、ステープラのカムに動作可能に係合するように構成されており、変形可能な部材は、この変形可能な部材と組織接触面との間に組織を保持するように構成されている。
[0021]
本発明はまた、様々な実施形態では、第1の変形可能な部材を含むステープルと、アンビルを含むステープラと、ステープルを排出可能に保管するためのステープルカートリッジと、第1の位置と第2の位置との間で移動可能なカムとを備えた外科ステープル止めシステムを含む。このような実施形態では、外科ステープル止めシステムは、ステープルに取り付けられたドライバをさらに含む。ドライバは、カムが第1の位置と第2の位置との間で移動される際にステープルをアンビルに向かって移動させるようにカムに動作可能に係合されている。
[0022]
〔詳細な説明〕
本明細書の一部であって、本明細書を構成し、かつ本発明の実施形態を例示する添付の図面、上記した発明の概要、および後述する実施形態の詳細な説明は、本発明の原理を説明する役割を果たす。
[0023]
まず、各図面を参照されたい。各図面において、同様の参照符合は、同様の構成要素を示している。図1では、外科ステープル止め/切断器具10は、実施部分14を配置するために操作されるハンドル部分12を含む。実施部分14は、細長いシャフト18の遠位側に取り付けられ、ステープル止め組立体16として示されている閉鎖エンドエフェクタを含む。実施部分14は、閉鎖トリガー24をハンドル部分12のピストルグリップ26に向かって引いて、細長いシャフト18の外側閉鎖スリーブ28を前進させてアンビル20を旋回させて閉じることによって、ステープル止め組立体16の上側ジョー(アンビル)20と下側ジョー22を閉じた状態で内視鏡または腹腔鏡外科手術のためにトロカール(不図示)のカニューレを介して挿入できる大きさである。
[0024]
ガス注入された体腔すなわち腔内に挿入したら、外科医が、ハンドル12の遠位端部および細長いシャフト18の近位端部に亘って係合したシャフト回転ノブ30を回転させることによって、実施部分14をその長手方向軸を中心に回転させることができる。このように配置されたら、組織を把持して配置できるように、閉鎖トリガー24を離してアンビル20を開くことができる。ステープル止め組立体16内に保持された組織に満足したら、外科医は、ピストルグリップ26に対して固定されるまで閉鎖トリガー24を引いて、ステープル止め組立体16の内部に組織をクランプする。
[0025]
次に、発射トリガー32を、閉鎖トリガー24およびピストルグリップ26に向かって引いて、発射力すなわち運動を加えて発射部材を未発射位置から遠位側に前進させる。発射部材は、遠位発射バー36に取り付けられた近位発射ロッド34を含むとして示されている。遠位発射バー36は、ハンドル部分12をステープル止め組立体16に接続するフレームグラウンド38内に支持されている。ステープル発射運動の際に、発射バー36が、細長いステープル溝形部材40に係合して、その内部のステープルカートリッジ42を作動させる。細長い溝形部材40とステープルカートリッジ42は、下側ジョー22を形成している。発射バー36はまた、閉じたアンビル20に係合する。引戻す力すなわち運動を発射バー36に加えるために発射トリガー32を離したら、閉鎖解放ボタン44を押して閉鎖トリガー24を解放することにより、閉鎖スリーブ28が引き戻されて、切断されてステープル止めされた組織がステープル止め組立体16から解放され、アンビル20が旋回して開くようにすることができる。
[0026]
垂直、水平、右、および左などの空間を表す語は、外科器具10の長手方向軸が細長いシャフト18の中心軸と同軸上にあり、トリガー24、32がハンドル組立体12の底部から鋭角に下方に延びているとする図面を基準に用いられていることを理解されたい。しかし、実際には、外科器具10は、様々な角度に向けることができるため、これらの空間を表す語は、外科器具10自体に対して用いられる。さらに、「近位」は、ハンドル組立体12の後にいて、実施部分14を自身から遠位すなわち離れる方向に配置する医師の遠近を示すために用いられる。しかし、外科器具は様々な向きおよび位置で用いることができ、これらの語は、制限するものでも絶対のものでもない。
[0027]
図2では、ステープル止め組立体16は、圧迫された組織46に対して閉じられている。図2および図3では、発射バー36は、ステープル止め組立体16内で平行移動する遠位Eビーム50に取り付けられた近位部分48を有する。発射バー36が引き戻された状態で示されているが、新しいステープルカートリッジ42が細長いステープル溝形部材40内に挿入されると、Eビーム50の垂直部分52が、ステープルカートリッジ42の後部に位置することになる。Eビーム50の垂直部分52の上部から横方向に延びた上部ピン54は、最初は、アンビル20の近位旋回端部の近傍に設けられたアンビルポケット56内に位置する。ステープル発射運動でEビーム50が遠位側に前進する際に、垂直部分52が、アンビル20のステープル成形下面60に形成された長手方向の細いアンビルスロット58(図1および図11)、カートリッジ42に形成された近位側に開口した垂直スロット62、および細長いステープル溝形部材40に形成された長手方向下側の通路スロット64内を通過する。
[0028]
図2および図11では、長手方向の細長いアンビルスロット58(図2)は、上部ピン54をスライド可能に受容する大きさの横方向に広い長手方向のアンビル通路66に対して上方に連通している。長手方向の通路スロット64は、下部フット70を受容する横方向に広い長手方向の通路トラック68に対して下方に連通している。下部フット70は、通路トラック68内にスライド可能に受容される大きさであり、Eビーム50の垂直部分52の底部に取り付けられている。Eビーム50の垂直部分52から延びた横方向に広い中間ピン72は、細長いステープル溝形部材40の上に支持されたステープルカートリッジ42の底部トレー74の上面に沿ってスライドするように配置されている。底部トレー74の上のステープルカートリッジ42に形成された細長い発射凹部75が、中間ピン72がステープルカートリッジ42内を平行移動できる大きさである。
[0029]
Eビーム50の垂直部分52の遠位駆動面76が、ステープルカートリッジ42の近位側に開口した垂直スロット62内を平行移動して、ステープルカートリッジ42内に近位側に配置されたウェッジスレッド78を遠位側に駆動するように配置されている。Eビーム50の垂直部分52は、遠位縁に沿った切断面80を含む。切断面80は、遠位駆動面76の上に位置し、クランプされた組織46をステープル止めすると同時に切断する働きをする上部ピン54の下側に位置する。
[0030]
特に図11を参照されたい。ウェッジスレッド78がステープルドライバ82を上方に移動させ、これによりステープル83が、ステープルカートリッジ42のステープル本体85に形成されたステープル開口84から上方に移動され、ステープルカートリッジ42(図2)の上面43に対向したアンビル20の下面60に対して成形される。
[0031]
図2および図11では、有利なことに、上部ピン54の間の矢印86で示されている例示的な空間(図2)は、0.015インチ(約0.381mm)の圧迫された組織46がステープル止め組立体16内に受容されている圧迫状態に弾性的に付勢されている。しかし、最大約0.025インチ(約0.635mm)までの多量の圧迫された組織46が、Eビーム50の固有の可撓性によって許容される。ステープルの長さが追加の高さで成形するのに不十分な場合は、最大約0.030インチ(約、0.762mm)までの過度の撓みは回避される。これらの寸法は、0.036インチ(約0.914mm)の高さのステープルに対する例示であることを理解されたい。しかし、同様のことが、ステープルの各カテゴリーに対して当てはまるであろう。
[0032]
図4では、柔軟なEビーム50aの第1の形態は、電気ドリル装置(EDM)によって形成される垂直部分52aの遠位縁から延びた上部水平スリット90および下部水平スリット92を含む。したがって、垂直部分52aは、上部ピン54を含む垂直方向に柔軟な遠位側に延びた上部アーム94と、切断面80を含むナイフフランジ96と、遠位駆動面76、中間ピン72、および下部フット70を含む下側垂直部分98を含む。水平スリット90、92により、上部遠位アーム94の上方への旋回が可能となって、圧迫された組織46(不図示)からの増大した力を調節することができることにより、柔軟な垂直方向の間隔が可能となっている。
[0033]
図5および図6では、柔軟なEビーム50bの第2の形態は、垂直部分52の各側に対して上部ピン54bに形成された左右の下側切除部110、112を含み、これにより左右の下側支持点114、116が定められている。支持点114、116の外側位置により、曲げるために力を加える長いモーメントアームが定められている。本発明の利点から、切除部110、112の寸法および柔軟なEビーム50bの材料の選択は、ステープルの大きさなどを考慮して所望の程度の撓みとなるように選択することができることを理解されたい。
[0034]
図7では、第3の形態の柔軟なEビーム50cは、図5および図6の説明と同様であるが、垂直部分52に近接した上部ピン54cの両側の上部付け根表面に形成された左右の細い上側切除部120、122によってさらなる可撓性が付与されている。
[0035]
図8では、第4の形態の柔軟なEビーム50dは、図2および図3についての説明と同様であるが、上部ピン54dの左右の部分136、138をそれぞれ支持する左右の垂直層132と134との間に挟まれた中心弾性垂直層130を含む複合/ラミネート垂直部分52dの追加の機能構造を備えている。左右の部分136、138が上下いずれかに撓むと、左右の垂直層132、134に生じる湾曲が、中心弾性垂直層130の対応する圧縮または膨張によって許容される。
[0036]
図9では、第5の形態の柔軟なEビーム50eは、図2および図3についての説明と同様であるが、垂直部分52eを貫通する水平孔140内に挿入されたより可撓性の高い材料から形成された別個の上部ピン54eの別の機能構造を備えている。したがって、別個の上部ピン54eの左右の外側端部142、144が、荷重の力に応じて曲がる。
[0037]
上部ピン54に可撓性を付与する代わりまたはこれに加えて、図10および図11では、柔軟なEビーム50fの第6の形態は、図2および図3についての説明と同様であるが、下部フット70の上面152に取り付けられた弾性パッド150をさらに含む。弾性パッド150は、下部フット70にかかる圧迫力に応じて上部ピン54の間隔を調節する。
[0038]
図12では、第7の形態の柔軟なEビーム50gは、図2および図3についての説明と同様であるが、荷重の力に従って垂直方向の間隔を調節するためにEビーム50gを下方に弾性的に付勢する上後方に延びたばねフィンガー160を有する下部フット(靴)70gの別の機能構造を備えている。
[0039]
図13では、第8の形態の柔軟なEビーム50hは、図2および図3についての説明と同様であるが、下部フット7070に支持された楕円形ばねワッシャー170の別の機能構造を備えている。楕円形ばねワッシャー170は、垂直部分52を取り囲んでおり、荷重の力に従って垂直方向の間隔を調整するためにEビーム50hを下方に弾性的に付勢する上方に曲がった中心部分172を有する。
[0040]
別の例として、本発明の態様に一致する柔軟なEビームは、細長いステープル溝形部材の両側に対してスライドする2つの構造の例示的な形態の係合に類似したアンビルに対する係合を含むことができる。同様に、柔軟なEビームは、下側ジョー構造に形成された通路内をスライドする横方向に広い部分を有することによって下側ジョーに係合することができる。
[0041]
さらに別の例として、例示的な形態では、ステープルカートリッジ42は、ステープル止め組立体16の他の部分を再使用できるように交換可能である。本開示の利点から、本発明に一致する適用例は、細長いシャフトの遠位部分、上側ジョー、および下側ジョーの一部として永久的にステープルカートリッジが結合された下側ジョーなどのより大きい使い捨て部分を含むことができることを理解されたい。
[0042]
さらに別の例として、例示的なEビームは、有利に、上側ジョーと下側ジョーを互いに確実に離隔させる。したがって、Eビームは、多量の圧迫された組織がジョーを広げようとする場合、発射の際にジョーを互いに引き寄せる内側に係合する表面を有する。したがって、Eビームは、ステープルの有効長さを超えることによるステープルの成形不良を防止する。加えて、Eビームは、少量の組織または他の構造により器具がジョーを互いに締め付けてステープルの成形不良が生じうる場合、発射の際にジョーを互いに押し離す外側に係合する表面を有する。これらのいずれかまたは両方の機能を、Eビームの固有の可撓性が一定のジョーの開閉を可能にする力に調節される本発明の態様に一致する適用例によって強化することができる。
[0043]
図14は、同様の参照符合が同様の構成要素を示すために用いられ、内部にステープルカートリッジ42を支持するために細長い溝形部材40aを用いている本発明の別の実施形態のステープル止め組立体16aを有する外科器具10aの端部断面図である。様々な実施形態では、溝形部材40aは、ステープル止め組立体40aが異なる厚みの組織を有効に受容できるように構成された弾性または可撓性機能構造を有する。図15は、見やすくするために一部の構成要素が断面で示されているステープル止め組立体16aの部分斜視図である。図14から分かるように、この実施形態では、第1と長手方向に延びた切除部180および第2の長手方向に延びた切除部184が、細長い溝形部材40aに設けられている。第1の長手方向に延びた切除部180は、第1の弾性または可撓性通路レッジ部182を定めており、第2の長手方向に延びた切除部184は、第2の弾性または可撓性通路レッジ部186を定めている。Eビーム50の形態である発射部材の垂直部分52の上端部51が通る細長い通路スロット64が、可撓性レッジ182の自由端183と可撓性レッジ186の自由端185との間に定められている。さらに図14から分かるように、このような構成により、Eビーム50の下部フット70が、可撓性レッジ部182、186に支持されて、Eビーム50がアンビル20および下側ジョー22を通過する際にアンビル20と下側ジョー22との間にクランプされた異なる厚みの組織に対応することができる。レッジ部182、186の厚み188は、細長い溝形部材40aのこれらのレッジ部に所望の程度の可撓性を付与するために選択することができる。また、細長い溝形部材40aの材料の選択は、ステープルの大きさなどを考慮して所望の程度の可撓性となるように選択することができる。
[0044]
上記したような細長い溝形部材40aは、従来のアンビル20を用いるステープル止め組立体とともに用いることができる。すなわち、長手方向に延びたアンビルスロット58は、Eビーム50の垂直部分52の上部ピン54および上端部51を受容する大きさであるT型を実質的に有することができる。図14および図15に示されている実施形態は、アンビル20aと下側ジョー22との間にクランプされる組織の厚みの差にさらに対応するために弾性または可撓性機能構造を有するアンビル20aを用いている。具体的には、図14から分かるように、第3の長手方向に延びた切除部190および第4の長手方向に延びた切除部194を、図示されているようにアンビル20aに設けることができる。第3の長手方向に延びた切除部190は、第1のアンビルレッジ部192を定めており、第4の長手方向に延びた切除部194は、第2のアンビルレッジ部196を定めており、これらのアンビルレッジ部は、Eビーム50の上部ピン54を支持することができる。このような構成により、アンビル20aと下側ジョー22との間にクランプされる組織の厚みの差に対応するために一定の可撓性をアンビル20aに付与することができる。レッジ部192、196の厚み198は、アンビル20aのこれらのレッジ部192、196に所望の程度の可撓性を付与するために選択できることを理解されたい。また、アンビル20aの材料の選択は、ステープルの大きさなどを考慮して、所望の程度の可撓性となるように選択することができる。アンビル20aは、図14および図15に示されているような上記の溝型構造とともに用いることもできるし、本発明の概念および範囲から逸脱することなく、従来の溝型構造に用いることもできる。
[0045]
当業者であれば、アンビル20aおよび/または溝形部材40aは、従来のEビーム構造または本明細書に開示される任意のEビーム構造に上手く使用できることを理解できよう。本明細書に開示されるEビームは、ハンドル組立体内に受容される制御構造によって往復運動させることができる。このような制御構造の例は、参照して開示内容を本明細書に組み入れる2005年12月27日発行の米国特許第6,978,921号に開示されている。発射および引戻しの力を加えるための他の既知の発射部材の構造および制御構造は、本発明の概念および範囲から逸脱することなく使用できると考えられる。
[0046]
図16および図17は、アンビル20bと下側ジョー22bとの間にクランプされる組織の厚みの差に対応するために弾性または可撓性部分をそれぞれ有する別の形態の溝形部材40bおよびアンビル20bを用いるステープル止め組立体16bを例示している。これらの図面から分かるように、長手方向に延びた下側切除部すなわちアンダーカット部202と長手方向に延びた上側切除部すなわちアンダーカット部204からなる第1の対200が、第1の片持ち梁型支持レッジ206を定めるために溝形部材40bに形成されており、切除部すなわちアンダーカット部212と214からなる第2の対210が、第2の片持ち梁型支持レッジ216を定めるために溝形部材40bに形成されている。第1の対の切除部202、204は、第1の支持レッジ206が矢印205によって例示されているように湾曲するのを可能にするために、第1の支持レッジ206に一定の可撓性を付与している。同様に、切除部212、214の第2の対210は、第2の支持レッジ216が矢印215によって例示されているように湾曲するのを可能にするために第2の支持レッジ216に一定の可撓性を付与している。上記した実施形態と同様に、支持レッジ206および216の厚み208は、組織の異なる厚みに対応するために細長い溝形部材40bのこれらの支持レッジに所望の程度の可撓性を付与するために選択することができる。また、細長い溝形部材40bの材料の選択は、ステープルの大きさなどを考慮して、所望の程度の可撓性となるように選択することができる。
[0047]
図16および図17は、第1の横壁部220および第2の横壁部222を定めるT型スロット58bを有するアンビル20bをさらに例示している。様々な実施形態では、第1の長手方向に延びたアンダーカット部224は、弾性または可撓性の第1のレッジ226を定めるために第1の横壁部220に形成されている。同様に、様々な実施形態では、第2の長手方向に延びたアンダーカット部228は、弾性または可撓性の第2のレッジ230を定めるために第2の横壁部222に形成されている。図16から分かるように、第1のレッジ226の端部227および第2のレッジ230の端部231はそれぞれ、Eビーム50bの上端部51が貫通するアンビルスロット58bの部分59bを定める役割を果たす。このような構成により、Eビーム50bの上部ピン54bが、第1の弾性レッジ226および第2の弾性レッジ230に支持されて、アンビル20bと下側ジョー22bとの間にクランプされる組織の厚みの差に対応する一定の可撓性をアンビル20bに付与することができる。異なる組織の厚みに対応するために所望の程度の可撓性をアンビル20bに付与するべくレッジ226、230の厚み232を選択できることを理解されたい。また、アンビル20bの材料の選択は、ステープルの大きさなどを考慮して、所望の程度の可撓性となるように選択することができる。アンビル20bは、図16および図17に示されている上記の溝形部材40bに用いることもできるし、従来の溝形部材構造に用いることもできる。当業者であれば、アンビル20bおよび細長い溝形部材40bを、従来のEビーム構造または上記の任意のEビームに上手く用いることができることを理解できよう。
[0048]
図18は、本発明の様々な外科切断/ステープル止め器具の実施形態のいずれか1つを用いた組織240の切断およびステープル止めを例示している。図18に例示されている組織240の部分242が、既に切断されてステープル止めされている。医師が、第1の部分242を切断してステープル止めしたら、外科器具を引き戻して、新しいステープルカートリッジ42を装着できるようにする。図18は、第2の切断およびステープル止め作業を開始する前の実施部分14の位置を例示している。この図面から分かるように、ステープル止めされた組織240の部分242は、組織240の他の部分244の厚み245よりも薄い厚み243を有する。
[0049]
図19は、本発明の様々な実施形態のステープル止め組立体16cに用いることができるアンビル20cの下面を示す図である。アンビル20cは、異なるステープルゾーンを定めるステープル成形ポケットを移動可能に支持するアンビル本体21cを含む。図19に示されている実施形態では、4つの左側ステープルゾーン252、254、256、258が、アンビルスロット58cの左側250に設けられており、4つの右側ステープルゾーン262、264、266、268が、アンビル本体21c内のアンビルスロット58cの右側260に設けられている。第1の左側ステープルゾーン252は、内部に一連のステープル成形ポケット272を有する第1の左側ステープル成形インサート部材270によって定められている。この実施形態では、ステープル成形ポケット272の3つの列274、276、278がインサート270内に設けられている。図19から分かるように、ポケット272の中心の列276は、ポケット272の外側の2つの列274、278から長手方向にややずれており、対応するステープルカートリッジ42の対応するステープル孔84の配置に一致している。当業者であれば、このような構成が、図18に例示されているように交互にステープル83が取り付けられる役割を果たすことを理解できよう。
[0050]
同様に、第2の左側ステープルゾーン254は、内部にステープル成形ポケット272の3つの列282、284、286を有することができる第2の左側ステープル成形インサート280によって定められることができる。第3の左側ステープルゾーン256は、内部にステープル成形ポケット272の3つの列292、294、296を有することができる第3の左側ステープル成形インサート290によって定められることができる。第4の左側ステープルゾーン258は、内部にステープル成形ポケット272の3つの列302、304、306を有することができる第4の左側ステープル成形インサート300によって定められることができる。第1、第2、第3、および第4の左側ステープル成形インサート270、280、290、300は、アンビルスロット58の左側250のアンビル20cに設けられた左側キャビティ251内に長手方向に整合している。
[0051]
第1の右側ステープルゾーン262は、内部に一連のステープル成形ポケット272を有する第1の右側ステープル成形インサート部材310によって定められることができる。この実施形態では、ステープル成形ポケット272の3つの列312、314、316が、インサート310内に設けられている。図19から分かるように、ステープル成形ポケット272の中心の列314は、外側の2つの列312、316から長手方向にややずれており、対応するステープルカートリッジ42の対応するステープル孔84の配置に一致している。このような構成は、組織切断ラインの右側に交互にステープル83を止める働きをする。第2の右側ステープルゾーン264は、外部にステープル成形ポケット272の3つの列322、324、326を有することができる第2の右側インサート320によって定められることができる。第3の右側ステープルゾーン266は、内部にステープル成形ポケット272の3つの列332、334、336を有することができる第3の右側ステープル成形インサート330によって定められることができる。第4の右側ステープルゾーン268は、内部にステープル成形ポケット272の3つの列342、344、346を有することができる第4の右側ステープル成形インサート340によって定められることができる。第1、第2、第3、および第4の右側ステープル成形インサート310、320、330、340は、アンビルスロット58の右側260のアンビル20cに設けられた右側キャビティ261内に長手方向に整合している。様々な実施形態では、ステープル成形インサートは、ステープルを形成する材料よりも硬いステンレス鋼または他の適当な材料から形成することができる。例えば、これらのインサートは、コバルトクロム、アルミニウム、17‐4ステンレス鋼、300系ステンレス鋼、400系ステンレス鋼、および他の沈殿剤硬化ステンレス鋼などの他の材料から上手く形成することができる。
[0052]
ステープル成形インサート270、280、290、300、310、320、330、340のそれぞれに一致する波型ばね350または他の適当な付勢または柔軟な媒体または部材の形態である少なくとも1つの付勢部材または柔軟な部材が、図20〜図23に示されているように、それぞれの左側ステープル成形インサート270、280、290、300と左側キャビティ251の底部との間に設けられている。波型ばね350または他の適当な付勢または柔軟な媒体または部材にも、右側ステープル成形インサート310、320、330、340のそれぞれと右側キャビティ261の底面との間にも設けられている。アンビルスロット58cの左側の波型ばね350は、対応するばねキャビティ253内に受容され、アンビルキャビティ58cの右側の波型ばね350は、対応するばねキャビティ263内に受容されうる。各インサート270、280、290、300、310、320、330、340をアンビル20c内に付勢して維持するために、各インサート270、280、290、300、310、320、330、340を、例えば、接着剤または他の取付け構造によって対応するばね350または付勢部材に取り付けることができる。加えて、各ばね350は、例えば、接着剤または他の機械的取付け構造によってアンビル20cに取り付けて、波型ばね350の一部を対応するばねキャビティ253または263内に維持することができる。このようなばね/付勢部材の構造は、組織240およびステープルに向かってインサート270、280、290、300、310、320、330、340を付勢する働きをし、組織の厚みの差に対応するために弾性的なショックアブソーバーとして本質的に機能する。この利点が、図22〜図24に例示されている。
[0053]
具体的には、図22から分かるように、ステープル止め組立体16cの近位端部17b内にクランプされた組織240の部分242は、ステープル止め組立体16cの中心部分17cにクランプされた組織240の部分244の厚み(矢印245)よりも厚い第1の厚み(矢印243)を有する。組織部分244の厚み245は、ステープル止め組立体16cの遠位端部17aにクランプされた組織240の部分246の厚み(矢印247)よりも厚い。したがって、ステープル止め組立体16cの遠位部分17aで成形されたステープル83は、組織の厚みの違いにより、ステープル止め組立体16cの近位端部17bに形成されたステープル83よりも緊密に形成されたステープル止め組立体16cの中心部分17cに成形されたステープル83よりも緊密に成形されている。図23は、ステープル止め組立体16c内でクランプされた組織の厚みのばらつきに基づいたステープル成形高さのばらつきを例示している。図24は、ステープル止め組立体16cの中心部分17cにクランプされた組織240が、ステープル止め組立体16cの遠位端部および近位端部にクランプされた組織の部分よりも厚い状態を例示している。したがって、中心部分17cにおけるステープルの成形高さは、ステープル止め組立体16cの近位端部17bおよび遠位端部17aにおけるステープルの成形高さよりも高い。
[0054]
当業者であれば、図19〜図24に示された実施形態の保有かつ新規の機能構造を、上記したステープル止め組立体16cと構造および動作が本質的に同一であるが、ステープル成形インサート270、280、290、300、310、320、330、340が内部に唯1列のステープル成形ポケット272または2列のステープル成形ポケット272を有することができる点が異なるステープル止め組立体に用いることができることを理解できよう。例えば、図25は、組織の切断ラインの各側に2列のステープルのみを止める実施形態を例示している。この図面には、それぞれが2列のステープル成形ポケット272dのみを有するステープル成形インサート270dおよび310dが示されている。
[0055]
当業者であれば、アンビルスロット58の各側に用いられるステープル成形インサートの数を様々にできることを理解できよう。例えば、1つの長手方向に延びたインサートを、アンビルスロット58の各側に用いることができる。図26は、アンビルスロットの各側に1つのステープル成形インサートのみを用いる本発明の別のステープル止め組立体16eを例示している。図26は、1つの波型ばね350eに取り付けられた1つの左側ステープル成形インサート380を支持するアンビル20eの左側の断面図を示している。他の付勢部材または複数の波型ばねまたは付勢部材を用いることもできる。1または複数の付勢部材350eが、左側キャビティ251e内に支持され、上記した様々な要領の1つでアンビル20eに取り付けられている。同様の右側インサート(不図示)を、アンビルスロット58の右側に用いることができる。さらに、図19〜図24は、アンビルスロットの各側に4つのステープル成形インサートを用いているが、より多くのステープル成形インサートを用いることもできる。
[0056]
図27〜図29は、別個の移動可能なステープル成形インサートが各ステープル83に設けられている本発明の別のステープル止め組立体16fを例示している。具体的には、図27から分かるように、1つのステープル成形インサート400が各ステープル83に設けられている。各ステープル成形インサート400は、対応するステープル83の両端部を成形するために、その下面402にステープル成形ポケット404を備えることができる。上記した様々な実施形態と同様に、各インサート400は、関連する付勢部材412を有する。図27〜図29に示されている例では、付勢部材412は、付勢プレート410の型打ち部分を含む。付勢プレート410は、各付勢部材412が型打ちされるか他の方法でカットされて、ステープル成形インサート400に一致するように形成される金属片または他の適当な材料を含むことができる。付勢プレート410は、アンビル20fのキャビティ251f内に支持された1つのプレートを含むこともできるし、複数のプレート410を、アンビルスロットの各側に用いることもできる。同様の構成をアンビルスロットの右側にも用いることができることを理解されたい。各ステープル成形インサート400は、接着剤または他の適当な取付け構造によって対応する付勢部材412に取り付けることができる。したがって、様々な異なる数および構成の移動可能なステープル成形インサートを、本発明の概念および範囲から逸脱することなく用いることができることを理解されたい。具体的には、少なくとも1つの移動可能なステープル成形インサートを、アンビルスロットの各側に配置することができる。
[0057]
図30〜図32は、ステープル成形インサートとアンビルとの間の付勢媒体または柔軟な媒体が少なくとも1つの流体受容部を含む本発明の他の実施形態の別のステープル止め組立体16gを例示している。具体的には、図30から分かるように、左側受容部420が、アンビル20gにおけるアンビルスロット58gの左側の左側キャビティ253g内に配置されている。同様に右側受容部430が、アンビル20gにおける右側キャビティ263内に配置されている。一連の左側ステープル成形インサート270g、280g、290g、300gを、適当な接着剤または他の取付け構造によって左側受容部430に取り付けることができる。同様に、右側ステープル成形インサート(不図示)を、接着剤または他の適当な取付け構造によって右側受容部430に取り付けることができる。一実施形態では、各受容部420、430は、密閉されて、例えば、グリセリンオイルや生理食塩水などの液体432で部分的に満たされている。当業者であれば、このような構成により、ステープル止め組立体16g内にクランプされた組織の厚みのばらつきに良好に対応するためにステープル成形インサートが移動できることを理解できよう。例えば、比較的一定の厚みを有する組織に対して、液体432が、それぞれの受容部420、430の内部で比較的均一に分散して、ステープル成形インサートに対して比較的均一の支持構造を付与する。図31を参照されたい。しかし、組織の厚い部分に遭遇すると、この厚い組織に対応するそれらのステープル成形インサートが、関連するアンビルキャビティ内に押され、これにより上記の受容部のその部分の液体が、薄い組織の部分に対応する受容部の部分に押される。図32を参照されたい。
[0058]
一部の適用例では、医師が受容部420、430内の圧力の大きさを制御できることが望ましいであろう。例えば、肺組織などのより繊細な組織を切断およびステープル止めする際は、低い圧力が望ましいであろう。また、例えば、胃組織、腸組織、および腎臓組織などの厚い組織を切断およびステープル止めする際は、より高い圧力が望ましいであろう。医師にこの追加の柔軟性を提供するために、受容部420、430はそれぞれ、供給ライン440または導管によって、器具のハンドル部分12によって支持された流体レザバ450に流体的に結合することができる。図33に例示されている実施形態では、医師は、流体レザバ450に取り付けられた調節機構2によって、受容部420、430内の流体の量、したがって、得られる内部圧力を増減することができる。様々な実施形態では、調節機構460は、調節ネジ464に取り付けられたピストン462を含むことができる。調節ネジ464を内側に調節することによって、ピストン462が、レザバ450の流体を受容部420、430に押し出す。逆に、調節ネジ464を逆回転させることにより、ピストン462が、レザバ450内により多くの流体432を戻して維持することを可能にする。全体が参照符合405で示されているこの流体系内の圧力の大きさを医師が判断するのを助けるために、図示されているように、圧力計470を用いることができる。したがって、これらの組織が高い圧力を必要とする場合は、医師が、このような種類の組織を上手くクランプしてステープル止めするのに適した圧力に受容部420、430の圧力を設定することができる。ピストン/ねじの構造を、流体系内の圧力を制御について述べたが、当業者であれば、本発明の概念および範囲から逸脱することなく他の制御機構を上手く利用できることを理解できよう。
[0059]
図30Aは、ステープル成形インサートとアンビルとの間の付勢媒体または柔軟な媒体が少なくとも1つの圧縮可能なポリマー部材を含む本発明の他の実施形態の別のステープル止め組立体16hを例示している。具体的には、図30Aから分かるように、左側の圧縮可能なポリマー部材420hが、アンビル20hにおけるアンビルスロット58hの左側の左側キャビティ253h内に配置されている。同様に、右側の圧縮可能なポリマー部材430hが、アンビル20hにおける右側キャビティ263h内に配置されている。一連の左側ステープル成形インサート270h‐300hを、適当な接着剤または他の取付け構造によって左側の圧縮可能なポリマー部材420hに取り付けることができる。同様に、右側ステープル成形インサート310h‐340hを、接着剤または他の適当な取付け構造によって右側の圧縮可能なポリマー部材430hに取り付けることができる。
[0060]
図34〜図37は、様々なステープルドライバが、発射工程の際に遭遇する圧迫力に応じて収縮または圧縮されることによって、様々な組織の厚みに対応できるようにする固有かつ新規の収縮可能すなわち圧縮可能なステープルドライバ構造を示している。ここで用いる語「発射工程」は、ステープルドライバをアンビルのステープル成形下面に向かって移動させる工程を指す。上記したように、従来のステープルドライバは、発射工程の際に圧迫力に遭遇したときに撓んだり変形しないように設計された堅くて曲がらない材料から形成されている。様々なこのようなドライバの構造が知られている。例えば、1つのステープルを支持するように構成されたステープルドライバや、複数のステープルを支持するように設計されたステープルドライバがある。単一ステープルドライバおよび2重ステープルドライバの検討、ならびにステープルドライバがステープルカートリッジ内で動作可能に支持して発射する方法が、参照して開示内容を本明細書に組み入れる、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)に付与された2005年9月9日出願の米国特許出願第11/216,562号(名称:「異なる成形ステープル高さを有するステープルを成形するためのステープルカートリッジ(Staple Cartridges For Forming Staples Having Differing Formed Staple Heights)」)に記載されている。
[0061]
図34は、既知の要領でアンビル20hが旋回可能に結合された細長い溝形部材40hを含むステープル止め組立体16hを示している。細長い溝形部材40hは、内部にステープルカートリッジ42hを動作可能に支持するように構成されている。アンビル20hは、このアンビル20hが図34に示されている閉位置に旋回すると、ステープルカートリッジ42hの下面43hに対向するように構成されたステープル成形下面60hを備えている。各ステープル83は、対応するステープルドライバ500に支持されている。ステープルドライバ500は詳細に後述する。
[0062]
各ステープルドライバ500は、図34および図35に示されているように、カートリッジ本体85h内に設けられた対応するステープル通路87h内に動作可能に支持することができる。また、発射工程の際にEビーム発射部材50に係合する向きに配置された駆動部材すなわちウェッジスレッド78も、カートリッジ本体85h内に動作可能に支持されている。図34を参照されたい。Eビーム発射部材50およびウェッジスレッド78が、既知の要領で細長い溝形部材40hおよびステープルカートリッジ42内を遠位側に駆動されると、ウェッジスレッド78が、ステープルドライバ500をカートリッジ本体85h内を上方に駆動させる。ステープルドライバ500が、アンビル20hのステープル成形下面60hに向かって上方に駆動される際に、ステープルドライバ500が関連する1または複数のステープル83を駆動し、これらのステープル83が、アンビル20hのステープル成形下面60hの対応するステープル成形ポケット61h内に駆動され、係合して成形される。ステープル83の端部88が成形ポケット61hに接触すると、これらの端部が曲がって、ステープル83が「B」にやや類似した形状に成形される。本発明の様々な実施形態をEビーム発射部材に関連してここに説明してきたが、これらの様々な実施形態は、本発明の概念および範囲から逸脱することなく、様々な異なる発射部材および駆動部材の構造にも上手く用いることができると考えられる。
[0063]
本発明の1つの収縮可能なステープルドライバの実施形態が、図36および図37に示されている。これらの図面から分かるように、収縮可能すなわち圧縮可能なステープルドライバ500は、ベース部分502およびステープル支持部分520を含む。ステープル支持部分520は、発射工程の際に生成される圧迫力に応答してベース部分502に対する第1の収縮されていない位置から移動可能である。様々な実施形態では、ベース部分502は、前側支柱セグメント504と、この前側支柱セグメント504と実質的に一体に成形され、この前方支柱セグメント504から離隔した後側支柱セグメント508を有することができる。ベース部分502は、その裏側から延びたリブ512を有する直立側面部分510も有することができる。直立側面部分510は、ステープル支持部分520を受容するためにベース部分502の受容レッジ514を定める働きをする。当業者であれば、ステープル支持部分520がレッジ514に支持されると、ステープルドライバ500がそれ以上の収縮すなわち圧縮が不可能であることを理解できよう。
[0064]
ステープルドライバ500のステープル支持部分520は、同様に、前方支柱セグメント522と、この前方支柱セグメント522から離隔した後方支柱セグメント524を含むことができる。ステープル支持部分520がベース部分502に支持されると、前方支柱セグメント504、522が、前方支柱部分530を形成し、後方支柱セグメント508、524が後方支柱部分532を形成する。前方ステープル受容溝526が、前方支柱セグメント522に形成され、後方ステープル受容溝528が、後方支柱セグメント524に形成されている。前方ステープル受容溝526および後方ステープル受容溝528は、図35に例示されているように、内部にステープル83を支持する働きをする。リブ512、前方支柱530、および後方支柱532は、ステープルカートリッジ本体85の対応する通路(不図示)と協働して、ステープルドライバ500を横方向に支持するとともに、発射工程の際にステープルドライバがカートリッジ本体85内を上方に駆動されるのを可能にする。
[0065]
様々な実施形態では、全体が参照符合540’として示されている抵抗性取付け構造が、発射動作の際に一切の圧迫力を受ける前にベース部分(図37)に対して第1の非圧縮すなわち非収縮位置にステープル支持部分520を支持するため、かつステープル発射動作の際にステープル支持部分520およびベース部分520に加えられる圧縮力の大きさに応じてステープル支持部分520とベース部分が互いに向かって移動(収納または圧縮)できるようにするために設けられている。図36および図37から分かるように、様々な実施形態の抵抗性取付け構造540’は、ベース部分502の孔すなわち開口542に一致する、ステープル支持部分520の底部521から延びた一対の取付けロッド540を含むことができる。ロッド540は、孔542に対して、このロッド540と孔542との間に締まり嵌めまたは「緩い圧入」(すなわち、約0.001インチ(約0.025mm)の締め代)が得られる大きさおよび形状であるため、詳細を後述するようにステープル発射動作の際にステープル支持部分520とベースドライバ部分502が互いに圧縮されると、ステープル支持部分520とベース部分502が互いに向かって圧縮されて、ステープルドライバ500の全高が、発射工程の際に遭遇する圧迫力の大きさに関連して減少する。様々な実施形態では、例えば、ステープル支持部分520とベース部分502は、例えば、ULTEM(登録商標)のようなプラスチック材料などの同じ材料から形成することができる。他の実施形態では、ベース部分502とステープル支持部分520は、異なる材料から形成することができる。例えば、ステープル支持部分520を、ULTEM(登録商標)から形成し、ベース部分502をガラスまたは鉱物が充填されたULTEM(登録商標)から形成することができる。しかし、他の材料を用いることもできる。例えば、ベース部分502は、ナイロン6/6またはナイロン6/12から形成することもできる。
[0066]
様々な実施形態では、約0.001インチ(約0.025mm)の摩擦嵌めまたは締まり嵌めを、取り付けロッド540と対応する孔542との間に定めることができる。しかし、他の程度の締まり嵌めを用いて、特定の種類/厚みの組織をステープル止めする際に遭遇する圧迫力の大きさに比例した所望の程度および割合のドライバの圧縮を得ることができる。例えば、一実施形態では、取付けロッド540と対応する孔542との間の締まり嵌めの程度は、発射動作の際に2〜5ポンド(約0.9〜2.3kg)程度の圧迫力が生成されると予想される組織のステープル止めのために約0.002〜0.005インチ(約0.051〜0.127mm)とすることができる。
[0067]
図35は、様々な厚みの組織に遭遇する際にステープルドライバ500が経験しうる様々な移動および圧縮の範囲を例示している。具体的には、図35は、ステープルカートリッジ42hの上面43hとアンビル20hのステープル成形下面60hとの間にクランプされた組織560の一部を例示している。図35に例示されているように、組織560は3つの厚みを有する。組織の最も厚い部分は、562として示され、図面の右側にある組織の部分を含む。組織の次に厚い部分は、564として示され、組織560の最も薄い部分は、566として示され、図面の左側にある。この説明のために、組織の部分562に関連したステープルドライバが、ステープルドライバ500aとして示されている。組織の部分564に関連したステープルドライバは、ステープルドライバ500bとして示され、組織の部分566に関連したステープルドライバは、500cとして示されている。ステープルドライバ500a、500b、500cは、上記したステープルドライバ500と同一の構造にすることができることを理解されたい。
[0068]
まず、ステープルドライバ500aを参照されたい。ステープルドライバ500aが、ウェッジスレッド(図35には不図示)によってアンビル20hのステープル成形下面60hに向かって上方に駆動されると、ステープルドライバ500aは、その上方への移動を妨げる厚い組織部分562に遭遇する。このような抵抗力(矢印570で図示)は、ウェッジスレッドによって生成される駆動力(矢印572で図示)に相対し、取付けロッド540と対応する孔542との間に生じる抵抗の大きさに打ち勝ち、ロッド540を対応する孔542の中に深く押し込んで、ステープルドライバ500aのステープル支持部分520aとベース部分502aを互いに向かって移動させることができる。ステープル発射動作の際に生成される圧迫力によるステープル支持部分520aとベース部分502aの互いに向かったこの運動を、本明細書では、「収縮」または「圧縮」と呼ぶ。ステープル支持部分520aがベース部分502aのレッジ514aに受容されている完全に収縮された位置では、ステープル支持部分520aのステープル支持レッジ526a、528aは、好ましくは、ステープルカートリッジ42hの上面43hよりも高くステープル83の底部交差部材89を支持して、ステープル止め組立体16hが引き戻される際にステープルカートリッジ42hのステープル83が引掛かるのを防止することができる。ステープルドライバ500aの圧縮高さは、図35の矢印574によって示されている。
[0069]
次に、組織部分564に対応するステープルドライバ500bを参照されたい。組織部分564は、組織部分562ほど厚くないため、発射動作の際にステープルドライバ500bが受ける抵抗力570bが、抵抗力570ほど大きくない。したがって、ステープルドライバ500bの取付けピン540bは、ステープルドライバ500aのピン540が対応する孔542に進入するほど深くは対応する孔542bに進入しない。したがって、ステープルドライバ500bの圧縮高さ574は、ステープルドライバ500aの圧縮高さ570よりも高い。また、図35から分かるように、ステープルドライバ500b内に支持されたステープル83の底部89は、ステープルカートリッジ42hの上面43hよりも上に支持されている。
[0070]
ステープルドライバ500cは、最も薄い組織部分566に関連している。したがって、ステープル発射動作の際にステープルドライバ500cが受ける抵抗力570cは、ステープルドライバ500bが受ける抵抗力570bよりも小さい。したがって、ステープルドライバ500cのピン540cは、ステープルドライバ500bのピン540bが対応する孔542bに進入するほど深くは対応する孔542cに進入しない。したがって、ステープルドライバ500cの圧縮高さ578は、ステープルドライバ500bの圧縮された高さ576よりも高い。
[0071]
さらに、図35から分かるように、ステープルドライバ500cの圧縮高さ578が、ステープルドライバ500bの圧縮高さ576よりも高いため、ステープルドライバ500cによって支持されたステープル83cは、ステープルドライバ500bによって支持されたステープル83bよりも大きく圧縮されている。したがって、ステープル83cの成形高さは、図35に例示されているように、ステープル83aの成形高さよりも低いステープル83bの成形高さよりも低い。
[0072]
当業者であれば、取付けロッドおよび対応する孔の数、形状、構成、および大きさは、本発明の概念および範囲から逸脱することなく、実施形態によって異なりうることを理解できよう。取付けロッドと対応する孔との間のこのような関係により、異なる厚みの組織をクランプ/ステープル止めする際に受ける様々な圧迫力に打ち勝つことができる程度の摩擦嵌めが、取付けロッドと対応する孔との間に定められる。代替の形態では、取付けロッド540をベース部分502に形成し、孔をステープル支持部分520に設けることができる。
[0073]
図38および図39は、取付けロッド540dがややテーパ状すなわち円錐台形である点を除き、構造および動作を上記したステープルドライバ500と実質的に同一にすることができる本発明の別のステープルドライバ500dの実施形態を例示している。様々な実施形態では、例えば、取付けロッド540dの端部541dは、図39に示されている第1の収縮状態にある場合に取付けロッド540dと孔542の間に緩いプレス嵌めが定められるように孔542に対する大きさを有することができる。取付けロッド540dのテーパの程度は、ステープル発射工程の際に受ける圧迫力の大きさに対して所望の程度のステープルドライバの圧縮が得られるように調整することができる。したがって、これらの実施形態では、取付けロッド540dと孔542との間の締まり嵌めの程度は、ステープルドライバ500dが、取付けロッド540dを対応する孔542d内に深く移動させる大きい圧迫力を受けると増大する。代替の実施形態では、取付けロッド540は、丸い形状を有することができ、孔542は、発射動作の際にこの孔542に加えられる予想圧迫力の大きさに比例した所望の大きさおよび割合のステープルドライバの圧縮が得られるようにテーパ状にすることができる。代替の形態では、取付けロッド540dは、ベース部分502に形成することができ、孔542は、ステープル支持部分520に形成することができる。
[0074]
図40〜図43は、取付けロッド540eが、ステープルドライバ500eが発射動作の際に圧迫力を受けると取付けロッド540eの残りの部分から剪断されるように配置された追加の材料を含むように構成または形成されている点を除き、構造および動作を上記のステープルドライバ500と実質的に同一にすることができる本発明の別のステープルドライバ500eの実施形態を例示している。より具体的には、図42を参照すると、取付けロッド540eは、対応する孔542e内に受容された先端部分541eを有する。先端部分541eは、第1の非収縮位置にある場合に、先端部分541eと孔542eとの間に滑り嵌めが定められ、他の実施形態では、これらの構成要素間に僅かな締まり嵌めが定められるように孔542eに対する大きさを有することができる。各取付けロッド540eの残りの部分543eに、発射動作の際にステープルドライバ500eが予想圧迫力を受けると剪断されるように設計された追加の材料545eを設けるまたは形成することができる。図43を参照されたい。追加の材料545eは、各取付けロッド540eの部分543eの周囲に完全に延在してもよいし、材料543eが、取付けロッド540eの周囲に配置された1または複数のセグメントを含んでもよい。例えば、図40〜図43に示されている実施形態では、材料543eの2つのセグメント547eは、図示されているように各取付けロッド540eの周方向正反対に位置している。様々な実施形態では、セグメント間の径方向の距離を孔542eの直径よりもやや大きくして、発射動作の際にステープルドライバ500eが予想圧迫力を受けるとセグメント547eがロッド540eの少なくとも一部から剪断または除去されるようにすることができる。
[0075]
追加の材料543eの各部分が、取付けロッド540eの一体部分を構成してもよいし、追加の材料543eが、ステープルドライバ500eが予想圧迫力を受けると取付けロッド540eから剪断されるように取付けロッド540eに取り付けられた第2の材料を構成してもよい。様々な実施形態では、ベース部分502は、ステープル発射動作の際にステープル支持部分520eおよびベース部分502eが互いに圧縮された時に追加の材料543eの剪断が容易になるように、取付けロッド540eおよび/または追加の材料543eの形成材料よりも硬い材料から形成することができる。代替の形態では、取付けロッド540eをベース部分502に形成し、孔542eをステープル支持部分520eに設けることができる。
[0076]
図44〜図46は、ベース部分502fの孔542fが、取付けロッド540と締まり嵌めを定める、または他の方法で取付けロッド540の孔542f内へのさらなる進入を防止するように設計された六角形にしてもよいし、1または複数の表面を有するようにしても良い点を除き、構造および動作を上記したステープルドライバ500と実質的に同一にすることができる発明の別のステープルドライバ500fの実施形態を例示している。例えば、図示されている孔542fは、内部に形成された一対の平坦な表面551fを有する。一対の平坦な表面551fは、異なる厚みの組織をクランプ/ステープル止めする際に受ける様々な圧迫力によって打ち負かされうる締まり嵌めまたは一定の摩擦抵抗を取付けロッド540fと孔542fとの間に生じさせる働きをする。図44〜図46に示されている実施形態では、取付けロッド540は、実質的に円形の断面形状を有しており、孔542fは、内部に形成された平坦な表面551を有する。しかし、代替の実施形態では、孔542を丸くし、平坦な表面を取付けロッド540に形成してもよい。代替の形態では、取付けロッド540をベース部分502fに設けることができ、孔542fをステープル支持部分520に設けることができる。
[0077]
図47〜図49は、ベース部分502gおよびステープル支持部分520gを含む本発明の別のステープルドライバ500gを例示している。ステープル支持部材分520gは、内部に形成されたステープル支持溝(不図示)と、その下面521gから下方に延びたタング580を有する。タング580は、2つのテーパ面582を備えており、ベース部分502gに形成された対応するキャビティ590内に受容される形状である。キャビティ590は、テーパ側面592で形成されており、以下の要領で内部にタング580を受容する大きさである。ステープルドライバ500gが、発射動作の際に生成される圧迫力を受けると、タング580がキャビティ590内に押し込まれる。図49は、完全に収縮した位置すなわち圧縮された位置にあるステープルドライバ500gを例示している。ステープル支持部材分520gおよび/またはタング580は、ステープルドライバ500gが最終発射位置まで完全に駆動されるのを妨げる程度まではベース部分502gを実質的に変形させずにタング580をベース部分502gのキャビティ590内に押し込むことができるように、ベース部分502gを形成する材料よりもやや柔軟な材料から形成することができる。発射動作の際に予想圧迫力を受けると所望の程度のドライバの圧縮が達成されるように、例えば、ステープル支持部材分および/またはタング580をULTEM(登録商標)から形成し、ベース部分502gをガラス充填ナイロンから形成することができる。代替の形態では、タング580をベース部分502gに設けることができ、孔590をステープル支持部材分520gに設けることができる。
[0078]
図50〜図52は、取付けロッドの代わりに、ベース部分502hに形成されたV型キャビティ610内に押し込まれるように設計された2つのテーパタング600がステープル支持部材分520hから延びている点を除き、構造および動作を上記のステープルドライバ500と実質的に同一にすることができるが、本発明の別の実施形態であるステープルドライバ500hを例示している。発射動作の開始の前に、ステープル支持部分520hが、ステープルカートリッジ内のベース部分502hに支持されている。発射動作の際にステープル支持部分520hとベース部分502hが互いに圧縮されると、テーパタング600が、図52に示されているように内側に押し込まれる。タング600がV型キャビティ610内に押し込まれる程度は、発射動作の際に受ける圧迫力の大きさによって決まる。
[0079]
ステープル支持部分500hおよび/またはタング600は、ステープルドライバ500hを最終発射位置まで完全に駆動されるのを妨げる程度まではベース部分502hを実質的に変形させずにタング600をベース部分502hのV型キャビティ610内に押し込むことができるように、ベース部分502hを形成する材料よりもやや柔軟な材料から形成することができる。発射動作の際に予想圧迫力を受けると所望の程度のステープルドライバの圧縮が達成されるように、例えば、ステープル支持部材分および/またはタング600を非充填ナイロンから形成することができ、ベース部分502hをガラスまたは鉱物が充填されたULTEM(登録商標)から形成することができる。代替の形態では、タング600をベース部分502hに設けることができ、キャビティ610をステープル支持部分520hに設けることができる。
[0080]
図53〜図55は、内部にV型ステープル支持溝630i、650iが形成されたステープル支持部分520iを含む本発明のさらに別のステープルドライバ500iの実施形態を例示している。この実施形態では、ステープル支持部分520iは、第1のV型溝すなわちキャビティ630i内に押し込まれる向きに延びた2つのテーパタング622i、626iからなる第1の対620iと、第2のV型溝すなわちキャビティ650i内に押し込まれる向きに延びた2つのテーパタング642i、646iからなる第2の対640iを有する。より具体的には、図54を参照すると、第1のタング622iは、ステープル発射動作の開始の前は第2のタング626iの端部628iから離隔している端部624iを有する。図54に例示されている位置では、端部624i、628iは、外側に付勢されて、第1のV型溝630iの上部側壁に摩擦接触して、図54に示されている非収縮位置にステープル支持部材分520iを維持している。図示されていないが、タング642i、646iからなる第2の対640iも、タング622i、626iと同様に構成されており、同じ要領で第2のV型溝650iに係合する働きをする。
[0081]
発射動作の際にステープル支持部分520iとベース部分502iが互いに圧縮されると、第1のタング622i、626iの端部624i、628iおよび第2のタング642i、646iの端部が互いに向かって付勢されて、これらのタングが対応する溝630i、650iの中に深く押し込まれる。図55は、ドライバ500iの完全に圧縮された状態にも一致する、完全に圧縮された状態にあるタング622i、626iからなる第1の対620iを例示している。タングが対応するV型溝内に圧迫される程度は、発射動作の際に受ける圧迫力の大きさによって決まる。
[0082]
ステープル支持部材分500iおよび/またはタング622i、626i、642i、646iは、ドライバ500iが最終発射位置まで完全に駆動されるのを妨げる程度まではベース部分502iが実質的に変形せずにタング622i、626i、642i、646iをベース部分502iの対応するV型溝内に押し込むことができるように、ベース部分502iを形成する材料よりもやや柔軟な材料から形成することができる。発射動作の際に予想圧迫力を受けると所望の程度のドライバの圧縮が達成されるように、例えば、ステープル支持部材分520iおよび/またはタング622i、626i、642i、646iをULTEM(登録商標)から形成し、ベース部分502iをガラスまたは鉱物が充填されたナイロンから形成することができる。代替の形態では、タング622i、626i、642i、646iをベース部分502iに設けることができ、V型溝630i、650iをステープル支持部分520iに設けることができる。
[0083]
上記した本発明の様々な実施形態およびそれらの同等の構造は、従来のステープル止め組立体およびエンドエフェクタに対して大幅に改善されている。本発明の様々な実施形態は、組織の厚みによって組立体内の圧迫力が増大すると、ステープルの全高の増大を可能にする可撓性部分を備えたアンビルおよび/または溝形部材を提供する。他の実施形態は、組織の厚みのばらつきに応答してステープルカートリッジから離れる方向に圧迫することができる可撓性成形ポケットを有するアンビル構造を用いている。こうすることにより、成形ポケットとカートリッジとの間に内在する間隙が増大し、この増大が、ステープルの成形高さを増大させる働きをする。このような利点により、ステープルラインの整合性が改善され、臨床転帰が改善される。
[0084]
図56〜図63は、本発明の別の外科ステープル止め/切断器具1000を例示している。図56から分かるように、器具1000は、実施部分1014を配置するために操作されるハンドル組立体1020を含む。実施部分1014は、細長いシャフト組立体1100の遠位側に取り付けられ、ステープル止め組立体1016として示されている閉鎖エンドエフェクタを含む。実施部分1014は、詳細を後述するように、閉鎖トリガー1040をハンドル組立体1020のピストルグリップ1034に向かって引いて、細長いシャフト組立体1100の外側閉鎖チューブ組立体1130を前進させてアンビル1050を旋回させて閉じることによって、ステープル止め組立体1016の上側ジョー(アンビル)1050と下側ジョー1018を閉じた状態で内視鏡または腹腔鏡外科手術のためにトロカール(不図示)のカニューレを介して挿入できる大きさである。
[0085]
ガス注入された体腔すなわち腔内に挿入したら、組織を把持して配置できるように閉鎖トリガー1040を離してアンビル1050を開くことができる。外科医が、ステープル止め組立体1016内に保持された組織に満足したら、ピストルグリップ1034に対してロックされるまで閉鎖トリガー1040を引き、ステープル止め組立体1016内に組織をクランプする。次に、発射トリガー1046を、閉鎖トリガー1040およびピストルグリップ1034に向かって引き、これにより発射の力すなわち運動を、実施部分1014内に支持された発射部材に加えて、この発射部材を発射されていない位置から遠位側に前進させる。発射部材は、既知の要領で実施部分またはエンドエフェクタ1014内を前進すると、エンドエフェクタ1014内にクランプされた組織を切断し、エンドエフェクタ1014内に支持されたステープルカートリッジ42内に配置されたステープルを発射すなわち駆動させる働きをする。
[0086]
図57に示されているように、この実施形態は、上記した発射バー36とEビーム50の構造を用いることができる。他の代替の実施形態では、参照して開示内容を本明細書に組み入れる2005年9月21日出願の米国特許出願第11/231,456号(名称:「力が制御された間隔エンドエフェクタを備えた外科ステープル止め器具(Surgical Stapling Instrument Having Force Controlled Spacing End Effector)」)に開示されているEビーム構造を用いることもできる。加えて、この詳細な説明を読み進めると、当業者であれば、本発明のこれらの実施形態によって提供される利点が、他の既知の非Eビーム発射バー構造に用いる場合にも効果的に得られることを理解できよう。したがって、本発明のこれらの実施形態は、Eビーム型発射/切断構造との使用のみに限定されるべきではない。
[0087]
図57は、ハンドル組立体1020をステープル止め組立体1016に接続する「フレームグラウンド」すなわちスパイン組立体(spine assembly)1110内に支持された近位発射ロッド34を含むとして発射バー36を示している。ステープル発射運動の際に、発射バー36が、細長いステープル溝形部材1060に係合し、この細長いステープル溝形部材内に受容されたステープルカートリッジ42を作動させる。細長いステープル溝形部材1060とステープルカートリッジ42が、上記した様々な実施形態の下側ジョー1018を形成している。
[0088]
発射バー36に作動の力を加えて、ステープル止め組立体1016内を線形に前進させて引き戻すための様々な発射構造が知られている。このような発射運動は、参照して開示内容を本明細書に組み入れる、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)らによる2006年6月27日出願の米国特許出願第11/475,412号(名称:「手動式外科切断/閉鎖器具(Manually Driven Surgical Cutting and Fastening Instrument)」)に開示されている様々な発射システムの構造を用いるなどして手動で生成することができる。参照して開示内容を本明細書に組み入れる、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)らによる2006年8月2日出願の米国特許出願第11/497,868号(名称:「機械動力支援によって発射の作動速度を可変制御する空気式外科切断/閉鎖器具(Pneumatically Powered Surgical Cutting and Fastening Instrument With a Variable Control of the Actuating Rate of Firing With Mechanical Power Assist)」)に開示されている空気式作動システムなどのさらに他の作動システムを上手く用いることができる。他の実施形態は、例えば、参照して開示内容を本明細書に組み入れる、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)らによる2006年1月31日出願の米国特許出願第11/343,562号(名称:「関節動作エンドエフェクタを備えたモータ駆動外科切断/閉鎖器具(Motor-Driven Surgical Cutting and Fastening Instrument With Articulatable End Effector)」)に開示されている電気モータ式作動システムを含むことができる。さらに他の実施形態は、本発明の概念および範囲から逸脱することなく、他の既知の機械式、電気式、液圧式、および/または空気式発射システムを含むことができる。
[0089]
様々な実施形態では、細長いシャフト組立体1100は、スパイン組立体1110を受容する閉鎖チューブ組立体1130からなる。図57を参照されたい。スパイン組立体1110は、1つの部材から構成してもよいし、関節接合部(不図示)が取り付けられた複数のセグメントから構成してもよい。このような関節接合部は、当技術分野で周知であり、例えば、機械式、電気式、液圧式、または空気式制御とすることができる。図57および図58に示されている実施形態では、スパイン組立体1110は、近位部分1112(図58)および遠位部分1116(図57)を含む。詳細は後述するが、近位部分1112は、閉鎖チューブ組立体1130がハンドル組立体1020上を軸方向に移動してアンビル1050を開位置と閉位置との間で旋回させるようにハンドル組立体1020に取り付けられている。図57から分かるように、細長い溝形部材1060は、遠位スパイン部分1116の遠位端部に形成された対応する溝型アンカー部材1118をそれぞれ受容する取付けキャビティ1062が近位側に設けられている。細長い溝形部材1060はまた、詳細を後述するように、アンビル1050の対応するアンビルトラニオン1052を移動可能に受容する細長いアンビルカムスロット1064を備えている。
[0090]
閉鎖チューブ組立体1130は、遠位閉鎖チューブ部分1140および近位閉鎖チューブ部分1150を含むことができる。遠位閉鎖チューブ部分1140および近位閉鎖チューブ部分1150は、ポリマーまたは他の適当な材料から形成することができる。遠位閉鎖チューブ部分1140および近位閉鎖チューブ部分1150はそれぞれ、内部にスパイン組立体1110の対応する部分を受容するために中空である。閉鎖チューブ組立体1130は、全ての細長いシャフト組立体1100の組立を容易にするために2つの部分1140と1150から構成されているとして示されている。これらの部分1140および1150は、組立後に接着剤または他の適当な取付け手段によって互いに取り付けることができる。しかし、閉鎖チューブ組立体1130は、1つの部品として形成することも可能である。加えて、上記したように、本発明の様々な実施形態のスパイン組立体は、内部に関節動作接合部を取り付けることができる。これらの実施形態では、ダブルピボット閉鎖接合部(不図示)を閉鎖チューブ組立体1130に用いることができる。このようなダブルピボット閉鎖構造の例は、参照して開示内容を本明細書に組み入れる米国特許出願第11/497,868号に開示されている。
[0091]
使用の際、閉鎖チューブ組立体1130は、例えば、閉鎖トリガー1040の作動に応答して、遠位側に移動してアンビル1050を閉じる。アンビル1050は、スパイン組立体1110の閉鎖チューブ組立体1130を遠位側に移動させて、遠位閉鎖チューブ部分1140の馬蹄開口1142の後部をアンビル1050の開閉タブ1052の形態の閉鎖機能構造1053に衝当させて、アンビル1050を閉鎖位置まで旋回させることによって閉じられる。図57を参照されたい。アンビル1050を開く際には、閉鎖チューブ組立体1130を、スパイン組立体1110上を軸方向近位側に移動させて、遠位閉鎖チューブ部分1140のタブ1144をアンビル1050の開閉タブ1054に接触させて押し、アンビル1050を開位置まで旋回させる。
[0092]
図58は、見やすくするために様々な発射システムの構成要素が省かれた本発明の様々な実施形態の限定目的ではないハンドル組立体1020の組立分解図である。図58に示されている実施形態では、ハンドル組立体1020は、「ピストルグリップ」構造を有しており、ポリマーまたは他の適当な材料から成形または他の方法で形成され、互いに結合するように設計された右側ケース部材1022と左側ケース部材1028から形成されている。このようなケース部材1022および1028は、スナップ構造、内部に成形または他の方法で形成されたペグとソケット、および/または接着剤、ネジ、ボルト、およびクリップなどによって互いに取り付けることができる。右側ケース部材1022の上側部分1024は、左側ケース部材1028の対応する上側部分1030に結合して、1031として示す主ハウジング部分を形成する。同様に、右側ケース部材1022の下側グリップ部分1025は、左側ケース部材1028の下側グリップ部分1032に結合して、全体が1034として示されているグリップ部分を形成する。図56を参照されたい。しかし、当業者であれば、ハンドル組立体1020は、様々な異なる形状および大きさで形成できることを理解できよう。
[0093]
見やすくするために、図58は、最終的にアンビル1050の開閉を制御する閉鎖チューブ組立体1130の軸方向の運動を制御するために用いられる構成要素のみを例示している。この図面から分かるように、リンク組立体1180によって閉鎖トリガー1040に結合された閉鎖シャトル1160が、主ハウジング部分1031内に支持されている。閉鎖シャトル1160は、ポリマーまたは他の適当な材料から成形または他の方法で形成される2つの部品1162、1164として形成することができ、互いに結合するように設計されている。例えば、図58、図60、および図61に例示されている実施形態では、右側部分1162は、左側部分1164の対応するソケット1167(図61)内に受容されるように設計されたファスナーポスト1163を備えることができる。右側部分1162と左側部分1164は、スナップ部材および/または接着剤および/またはボルト、ネジ、クリップなどによって他の方法で互いに保持することができる。これらの図面から分かるように、保持溝1152が、近位閉鎖チューブ部分1150の近位端部1151に設けられている。閉鎖シャトル1160の右側部分1162は、保持フランジ1165が近位閉鎖チューブ部分1150の保持溝1151内に延びるように、閉鎖シャトル1160の左側部分1164と協働するように構成された右側保持フランジ1165(図60)を有する。保持フランジ1165は、詳細を後述するように、閉鎖チューブ組立体1130に対する保持フランジ1165の制限された軸方向の運動を容易にするとともに、閉鎖チューブ組立体1130を閉鎖シャトル1160に取り付ける役割を果たす。
[0094]
また、図58から分かるように、右側スパイン組立体保持ペグ1027が、右側ケース部材1024から内側に延びている。このようなペグ1027は、閉鎖シャトル1160の右側部分1162の細長いスロットすなわち窓1166内に延びる。同様の閉鎖シャトル保持ペグ(不図示)も、左側ケース部材1028から内側に延びて、閉鎖シャトル1160の左側部分1164に設けられた別の窓すなわちスロット1168内に受容される。保持ペグは、近位スパイン部分1110の近位端部1114の孔1115内に延びて、ハンドル組立体1020に対する閉鎖チューブ1160の軸方向の運動を可能にするとともに、スパイン部分1110をハンドル組立体1020に移動しないように取り付けるように構成されている。図58を参照されたい。保持ペグは、例えば、ボルト、ネジ、接着剤、スナップ構造などによって近位スパイン部分1112の近位端部1114に機械的に取り付けることができる。加えて、閉鎖シャトル1160は、横方向に延びたガイドレール1170、1172を備えている。レール1170は、右側ケース部材1024のレールガイド1026内にスライド可能に受容されるように構成されており、レール1172は、左側ケース部材1028のレールガイド(不図示)内にスライド可能に受容されるように構成されている。図58を参照されたい。
[0095]
閉鎖シャトル1160および閉鎖チューブ組立体1130の遠位方向(矢印A)への軸運動は、閉鎖トリガー1040がハンドル組立体1020のグリップ部分1034に向かって移動することによって生成され、閉鎖シャトル1160の近位方向(矢印B)への軸運動は、閉鎖トリガー1040がグリップ部分1034から離れる方向に移動することによって生成される。様々な実施形態では、閉鎖チューブ1160は、この閉鎖シャトル1160に対する閉鎖リンク組立体1180の取付けを容易にするコネクタタブ1174を備えている。図58および図59を参照されたい。閉鎖リンク組立体1180は、ピン1184によってコネクタタブ1174に旋回可能に取り付けられるヨーク部分1182を含む。閉鎖リンク組立体1180は、図58に例示されているように、閉鎖トリガー1042に形成されたヨーク組立体1043に閉鎖ピン1188によって旋回可能に取り付けられる閉鎖アーム1186をさらに有する。閉鎖トリガー1040は、右側ケース部材1024と左側ケース部材1028との間に延在するピボットピン1189によってハンドル組立体1020内に旋回可能に取り付けられる。
[0096]
医師が、エンドエフェクタ1014内に組織をクランプするためにアンビル1050を閉じたい場合は、閉鎖トリガー1040をグリップ部分1034に向かって引く。医師が、閉鎖トリガー1040をピストルグリップ部分1034に向かって引くと、閉鎖リンク組立体1180が図59に例示されているロック位置に移動するまで、閉鎖リンク組立体1180が、閉鎖シャトル1160を遠位方向「A」に移動させる。この位置では、閉鎖リンク組立体1180は、閉鎖シャトル1160をロック位置に維持しようとする。
[0097]
様々な実施形態では、閉鎖シャトル1160を閉位置に一層維持するために、閉鎖トリガー1040は、ピストルグリップ部分1034に係合するように構成された、閉鎖トリガー1040をロック位置に解放可能に維持する、解放可能なロック機構1190を備えることができる。他のロック装置を用いて、閉鎖シャトル1160をロック位置に解放可能に維持することもできる。
[0098]
図59に示されている実施形態では、閉鎖トリガー1040は、横方向ピン1194が延びている可撓性長手方向アーム1192を含む。アーム1192およびピン1194は、例えば、成型プラスチックから形成することができる。ハンドル組立体1020のピストルグリップ部分1034は、内部に横方向に延びたウェッジ1037が配置された開口1036を含む。閉鎖トリガー1040が引かれると、ピン1194がウェッジ1037に係合し、ピン1194が、ウェッジ1037の下面によって下方に押される(すなわち、アーム1192が時計回りの方向に回転する)。ピン1194がこの下面を完全に通過すると、アーム1192に対する時計回りの方向の力がかからなくなり、ピン1194が反時計回りの方向に回転して、ピン1194がウェッジ1037の後側のノッチ1038に支持され、これにより閉鎖トリガー1040がロックされる。ピン1194は、ウェッジ1037から延びた可撓性ストッパー1039によってロック位置の所定の位置に一層維持される。
[0099]
閉鎖トリガー1040のロックを解除する際には、操作者が、閉鎖トリガー1040をさらに引いて、ピン1194を開口1036の傾斜した後壁1041に係合させて、ピン1194を可撓性ストッパー1039を越えて上方に押す。したがって、ピン1194が、開口1036から自由に移動して、閉鎖トリガー1040がピストルグリップ部分1034からロック解除される。このような構造のさらなる詳細は、参照して開示内容を本明細書に組み入れる、フレデリック・イー・シェルトン・ザ・フォース(Frederick E. Shelton, IV)らによる2006年1月31日出願の米国特許出願第11/344,020号(名称「取外し可能なバッテリを備えた外科器具(Surgical Instrument Having A Removable Battery)」)で見つけることができるであろう。他の解放可能なロック構造を用いることもできる。
[0100]
閉鎖シャトル1160がロック位置に移動すると、閉鎖チューブ組立体1130がスパイン組立体1110に対して遠位側に移動して、アンビル1050の開閉タブ1054が、遠位閉鎖チューブ部分1140の馬蹄開口1142の近位端部に接触され、これによりアンビル1050が閉位置(クランプ位置)まで旋回する。したがって、クランプ動作の際にアンビル1050によって達成されるクランプ力は、閉鎖チューブ組立体(図62および図63では矢印1196によって図示)がアンビル1050のタブ1054に接触するときにこの閉鎖チューブ組立体によって生成される閉鎖する力によって最終的に決まる。上記したように、従来の閉鎖チューブ構造は、アンビル1050の開閉タブ1054に加える作動力の大きさを制限するための手段を備えていない。
[0101]
本発明の様々な実施形態は、閉鎖チューブ組立体によってアンビルの開閉タブ1054に加えられる閉じる力すなわち荷重の大きさを制限するための、全体が1200として示されている力制限部材を備えることによって、従来の閉鎖チューブ構造のこのような不都合を解消している。例えば、一実施形態では、力制限部材1200は、近位閉鎖チューブ部分1150の近位端部1151の近傍に配置されたクッション部材1210を含むことができる。具体的には、図60および図61を参照すると、クッション部材1210は、閉鎖シャトル1160内に形成されたキャビティ1169内に支持することができる波型ばね組立体1212を含む。波型ばね組立体1212は、近位閉鎖チューブ部分1150の近位端部1151と取付けポスト1163との間に支持することができる。様々な実施形態では、波型ばね組立体1212は、図面に示されている形態のばね鋼から形成することができる。しかし、例えば、ゴム、エラストマー、ポリマー、気泡ゴムなどから形成された部材などの他のクッション構造または弾性部材構造を、詳細を後述するアンビルの閉鎖動作の際にアンビル1050に最終的に加えられるクランプ力を低減させるべく、閉鎖チューブ組立体1130が軸方向近位側にある程度自由に移動できるようにするために上手く用いることができる。
[0102]
図60および図61から分かるように、近位閉鎖チューブ部分1150の保持溝1152は、近位閉鎖チューブ部分1150の外形よりも直径が小さい領域1154を含む。この領域1154は、保持溝1152の軸方向の長さ(図60に矢印1155で示す)によって定められた距離、閉鎖チューブ組立体1130が閉鎖シャトル1160に対して軸方向遠位側に移動できるように軸方向に細長い。
[0103]
この実施形態では、閉鎖トリガー1040がピストルグリップ部分1032に向かって移動すると、閉鎖シャトル1160が遠位方向(矢印A)に前進する。閉鎖シャトル1160が遠位側に移動すると、閉鎖チューブ組立体1130も遠位側に押される。図62および図63から分かるように、遠位閉鎖チューブ部分1140の遠位端部1141は、アンビル1050のランプ部分1070を軸方向上方に移動させるように向いている。遠位端部1141がアンビルランプ1070に接触して、このランプを遠位側上方に移動し続けると、アンビル1050に閉鎖の力がかかる。アンビルトラニオン1052は、細長いステープル溝形部材1060の近位端部における対応する「腎臓型」スロット1064内に受容され、アンビル1050を所望の閉鎖通路内を案内する働きをし、これにより組織が、アンビル1051のステープル成形下面とステープルカートリッジ42の上面との間にクランプされる。アンビル1050が組織に接触すると、生じる抵抗力が、アンビル1050に伝達されて、最終的に遠位閉鎖チューブ部分1140の遠位端部1141に伝達される。このような抵抗力の大きさは、クランプされた組織の厚みによって決まる。比較的薄い組織は、比較的厚い組織よりも小さい抵抗力を発生させる。しかし、抵抗力を受けると、クッション部材1210が、閉鎖チューブ組立体1130の近位側への移動を可能にし、最終的に閉鎖チューブ組立体1130によってアンビル1050に加えられる閉鎖の力の大きさを制限する。
[0104]
様々な厚みおよび種類の組織の抵抗力の大きさは、所望の大きさのクランプ力がアンビル1050とステープルカートリッジ42との間の組織に加えられるように決定することができ、波型ばね1212をこれに見合った大きさにすることができる。波型ばね1212は、アンビル1050が完全に閉じた位置にあるときに、波型ばね1212が完全に圧迫される、すなわち「平坦化」しないような大きさおよび配置にすることができる。
[0105]
図64および図65は、アンビル1050に加えられる閉鎖の力を制限するために用いることができる閉鎖チューブ組立体の他の形態を例示している。これらの図面から分かるように、力制限部材1200a、1200bは、遠位閉鎖チューブ部分1140aおよび1140bのそれぞれに実際に形成されたばね部分1212a、1212bを含む。ばね部分1212a、1212bは、本質的にやや螺旋状であるとして示され、遠位閉鎖チューブ部分1140a、1140bに形成されているが、当業者であれば、ばね部分1212a、1212bは、閉鎖チューブ組立体1130a、1130bの任意の部分に設けることができ、異なる構造に形成することも可能であることを理解できよう。当業者であれば、これらの実施形態では、近位閉鎖チューブ部分の保持溝1152は、閉鎖チューブ組立体1130a、1130bが閉鎖シャトル1160に対して実質的に軸方向に移動しないように細長くなくてもよいことを理解できよう。加えて、唯1つのばね部分が閉鎖チューブ組立体に設けられているとして示されているが、2つ以上のばね部分を1つの閉鎖チューブ組立体に形成できると考えられる。上記の形態と同様に、クランプの際に抵抗力を受けると、ばね部材1212a、1212bが、対応する閉鎖チューブ組立体1130a、1130bの近位側への移動を可能にし、最終的にアンビル1050に加えられる閉鎖の力の大きさを制限する。
[0106]
図66および図67は、アンビル1050に加えられる閉鎖の力を制限するために用いることができる本発明の様々な実施形態の別の閉鎖チューブ組立体を例示している。これらの図面から分かるように、力制限部材1200cは、遠位閉鎖チューブ部分1140cの遠位端部1141に形成された板ばね1212cを含む。閉鎖チューブ組立体1130cが作動されて遠位側に移動しアンビル1050を閉じると、板ばね1212cがアンビルランプ1070に乗り上げて、径方向(図66の矢印1214)および軸方向(図66の矢印1216)に自由に移動する。上記した形態と同様に、クランプの際に抵抗力を受けると、板ばね1212cが、閉鎖チューブ組立体1130cの近位方向(矢印B)への移動を可能にし、最終的にアンビル1050に加えられる閉鎖の力の大きさを制限する。
[0107]
図68および図69は、閉鎖チューブ組立体1130によってアンビル1050に加えられる閉鎖の力を制限するために用いることができる本発明の別の実施形態を例示している。これらの図面から分かるように、この実施形態は、遠位閉鎖チューブ部分1140の遠位端部1141が係合するように構成された段付きランプ1070を有するアンビル1050dを用いている。具体的には、これらの図面に示されているアンビル1050dは、一連の段1074d、1076d、1078d、1080dが形成されている。閉鎖チューブ組立体1130が遠位側に移動すると、遠位端部1141が、第1の段1074dに接触するまでランプ1070の平滑部分1072dをずり上がる。閉鎖チューブ組立体1130は、この閉鎖チューブ組立体1130に加えられる作動の力が、遠位端部1141を第1の段1074dを乗り越えさせて次の段1076dに係合する十分な大きさに達するまで、さらにランプ1070dを前進してより大きな閉鎖の力をアンビルに加えることはない。閉鎖チューブ組立体1130は、遠位端部1141を第2の段1076dを乗り越えさせて次の段1078dに係合する十分な大きさに作動の力が達するまでランプ1070dを前進させることはなく、次の段も同様である。したがって、段型アンビル1050dは、閉鎖チューブ組立体1130と協働して、アンビル1050dとステープルカートリッジ42との間の組織に最終的に加えられるクランプ力の大きさを、クランプ力よって生成されてクランプの際に閉鎖チューブ組立体1130が受ける抵抗力の大きさに基づいて関連させる手段を提供する。4つのこのような段が開示されているが、他の数の段を用いてもよい。例えば、唯1つ、2つ、3つ、または4つ以上の段を用いることも可能である。
[0108]
図70〜図76は、組織の厚みに対して「自動調節」する細長い溝形部材1060eおよびアンビル構造1050eを含む本発明の様々な実施形態の別の固有かつ新規のエンドカッター実施部分1014eを例示している。様々な実施形態では、アンビル1050eの近位端部は、細長い溝形部材1060eの近位端部1061eに形成された対応する細長いスロット1064e内に移動可能に受容されたトラニオン1052eを含むことができる取付け部材によって細長い溝形部材1060eの近位端部に旋回可能に取り付けられている。図70〜図74から分かるように、細長い溝形部材1060eの各側の少なくとも1つのスロット1064e(図70〜図74には唯1つのスロット1064eが例示されている)、好ましくは両方のスロット1064eがそれぞれ、内部に形成された移動止めすなわちピボット受容部1066e、1067e、1068e、1069eの形態である個々の所定の位置を有する端部壁1065eを有する。これらの図面から分かるように、移動止め1066e、1067e、1068e、1069eはそれぞれ、対応するトラニオン1052eに形成された爪1080eの尖った端部を受容するように構成されたV型ノッチを含むことができる。他の移動止めと爪の構造も上手く利用できると考えられる。図70〜図74から分かるように、この実施形態は、アンビル1050eの近位端部1055eに下方に付勢する力を加えるために板ばね1090または他の適当な付勢部材をさらに含むことができる。様々な実施形態では、板ばね1090は、スパイン組立体1110の遠位部分1116に取り付けて、アンビル1050eの近位端部1055eに支持されるように配置することができる。
[0109]
図74から分かるように、スロット1064eの大きさは、アンビル1050eとカートリッジ42との間にクランプされた組織の厚みおよびアンビル1050eに加えられる閉鎖運動に応答してトラニオン1052eが異なるクランプ高さを見つけることができるようにトラニオン1052eに対して形成されている。板ばね1090は、ノッチ1066e、1067e、1068e、1069eのいずれか1つに受容されうるやや上方の位置に爪1080eを付勢する働きをする。アンビル1050eが、閉鎖チューブ組立体1130を上記の要領で遠位側に前進させることによって組織に対して閉じられると、組織の厚み自体が、爪1080が最終的に支持されて係合するノッチ1066e、1067e、1068e、1069eのどれかを決定することができる。板ばね1090は、尖った爪を上方に付勢するため、爪1080は、アンビル1050eとカートリッジ42との間に組織が存在しない場合に最も上のノッチ1069eを探し出し、これによりエンドエフェクタ1014eが最も閉じた位置までクランプする。図71および図74を参照されたい。しかし、クランプ動作の際に、アンビル1050eおよび溝形部材1060eが抵抗を受けると、板ばね1090が圧縮されて、アンビルトラニオン1052eが下側ピボットノッチを探し出して、最終的にアンビル1050eとカートリッジ42との間の間隙が大きくなる。
[0110]
図70は、開いた位置にあるアンビル1050eを例示している。図71は、最も閉じた位置にあるアンビル1050eを例示している。アンビル1050eの下面1051eとカートリッジ42との間の組織をクランプする空間すなわち距離は、「t」として示されている。また、図75は、厚み「t」を有する組織1092およびステープルカートリッジ42に対するアンビル1050eの位置を例示している。同様に、図73は、アンビル1050eの下面1051eとカートリッジ42との間の距離が「T」として示されている最も上のクランプ位置にあるアンビル1050eを例示している。また、図76は、厚み「T」を有する組織1094およびステープルカートリッジ42に対するアンビル1050eを例示している。図75および図76から分かるように、薄い組織1092におけるステープル83は、厚い組織1094を貫通するステープル83よりも緊密に成形されている。
[0111]
図77〜図88は、アンビルとステープルカートリッジとの間に生成されうる圧迫力の大きさを制限して、ステープル止めされる組織の過度の圧縮および潜在的な損傷を防止するための固有かつ新規の装置を含む円形ステープラ1600に用いることができる本発明の別の実施形態を例示している。様々な異なる円形ステープラが当技術分野で知られている。図77〜図88は、本発明の様々な態様の利点を利用できる例示的な円形ステープラの構造を例示している。しかし、本発明の様々な実施形態は、本発明の概念および範囲から逸脱することなく、他のステープラ構造に上手く用いることができると考えられる。
[0112]
図77から分かるように、ヘッド1610、アンビル1700、調節ノブ組立体1800、およびトリガー1664を含む円形ステープラ1600が開示されている。ヘッド1610は、弧状シャフト組立体1630によってハンドル組立体1660に結合されている。トリガー1664は、ハンドル組立体1660によって旋回可能に支持され、安全機構1670が解除されているときにステープラ1600を作動させることができる。詳細は後述するが、トリガー1664が作動されると、発射機構(図77には不図示)が、シャフト組立体1630内で作動して、ステープル1618がヘッド1610から押し出されてアンビル1700に接触し成形される。同時に、ヘッド1610内に動作可能に支持されたナイフ1620が作動して、ステープル止めされた組織の周囲内に保持された組織を切断する。次に、ステープラ1600が組織を介して引き戻され、ステープル止めされた組織がその位置に残される。
[0113]
図78は、本発明の様々な実施形態に用いることができるアンビル1700およびヘッド1610の一形態を例示している。この図面から分かるように、アンビル1700は、トロカールをアンビル1700に取り付けるためのアンビルシャフトを有する円形本体部分1702を有することができる。アンビル本体1702は、ステープル成形下面1706を備えており、アンビル本体の遠位端部に取り付けられたシュラウド1708を有することもできる。アンビル1700は、詳細を後述するように、トロカール1644をアンビルシャフト1704に保持係合した状態に解除可能に維持する働きをする一対のトロカール保持クリップすなわち板ばね1710をさらに備えることができる。図78に示されている実施形態では、プラスチック製ナイフボード1714を、アンビル本体1702のキャビティ1712内に取り付けることができる。
[0114]
図78から分かるように、ヘッド1610は、円形ステープルドライバ組立体1614の形態であるカートリッジ支持組立体を内部に支持するケーシング部材1612を含むことができる。円形ステープルドライバ組立体1614は、円形ステープルカートリッジ1616と相互作用して、この円形ステープルカートリッジ1616内に支持されたステープル1618をアンビル1700のステープル成形下面1706に接触させて成形するように構成されている。また、円形ナイフ部材1620が、ステープルドライバ組立体1614内の中心に配置されている。ケーシング部材1612の近位端部は、遠位フェルール部材1632によって弧状シャフト組立体1630の外側管状シュラウド1631に結合することができる。
[0115]
図79〜図82は、本発明の様々な実施形態に用いることができる弧状シャフト組立体1630の一形態を例示している。図79および図80から分かるように、弧状シャフト組立体1630は、外側管状シュラウド1631(図80)内で組み立てられる圧迫シャフト1634、遠位圧迫シャフト部分1635、上部テンションバンド1636、下部テンションバンド1638、およびスペーサバンド1640を含むことができる。トロカール先端部1644を、ファスナー1646によって上部テンションバンド1636および下部テンションバンド1638に取り付けることができる。上部テンションバンド1636および下部テンションバンド1638の近位端部は、調節シャフト1650の遠位端部に取り付けることができる。図80から分かるように、トロカール先端部1644は、アンビル1700のアンビルシャフト1704内に挿入され、トロカール保持クリップ1710によって係合した状態で保持されうる。
[0116]
図80から分かるように、遠位圧迫シャフト部分1635は、ステープルドライバ組立体1614に結合されている。したがって、外側管状シュラウド1631内の圧迫シャフト1634の軸方向の運動により、ステープルドライバ組立体1614がケーシング部材1612内を軸方向に移動する。後述するように、発射トリガー1664の作動により、圧迫シャフト1634が遠位方向(矢印「DD」)に移動し、これによりステープルドライバ組立体1614が遠位側に駆動され、ステープル1618が発射されてアンビル1700のステープル成形下面1706に接触して成形される。ステープルドライバ組立体1614が遠位側に駆動されると、ナイフ1620の遠位端部1622も、ステープル止めされた組織の周囲内に保持された組織を貫通して、アンビル1700に取り付けられたナイフボード1714に達する。ナイフボード1714は、ナイフ1620の鋭利な遠位端部1622がクランプされた組織を通って所望の切断を可能にするプラスチックまたは他の適当な材料から形成することができる。
[0117]
様々な実施形態では、調節シャフト1650は、ハンドル組立体1660内に軸方向に移動可能に支持されている。ハンドル組立体1660は、容易な組立のために適当なファスナー構造によって互いに連結された2つのハンドルケーシングセグメント1661、1662を含むことができる。トリガー1664は、ピボットピン1666によってハンドル組立体1660に旋回可能に取り付けられている。ばね1668が、ピボットピン1666に支持されている。ばね1668は、トリガー1664をハンドル組立体1660から離れた作動していない位置に付勢する働きをする。トリガー1664をハンドル1660に向かって引くことができない安全位置と、安全ヨーク1670がトリガー1664のハンドル組立体1660に向かう旋回を防止しないオフ位置との間で安全ヨーク1670が旋回できるように、安全ヨーク1670が、ピン1672によってトリガー組立体1664に旋回可能に結合されている。図79から分かるように、トリガー1644は、突出部1639または他の適当なファスナー構造によって圧迫シャフト1634の近位端部1637に取り付けられた発射クリップ1674のスロット1676内に受容される大きさである一対のピン1665を有することができる。このような構造により、詳細を後述するように、トリガー1664の旋回によって圧迫シャフト1634の軸方向遠位側の運動(矢印「DD」)および軸方向近位側の運動(矢印「PD」)が可能となる。トリガー1664、圧迫シャフト部分1634、1635、発射キャップ1674、および他の関連する構成要素は、全体が1675として示されている発射組立体を構成することができる。
[0118]
図79および図81から分かるように、調節シャフト1650は、上部および下部テンションバンド1636、1638に取り付けられた遠位部分1651と、縮径セグメント1653によって遠位部分1651に連結された近位部分1652を有する。近位部分1652は、遠位閉鎖ナット1720と近位閉鎖ナット1740が互いに回転できるように、近位閉鎖ナット1740にキーまたは他の方法で取り付けられた遠位閉鎖ナット1720の軸方向通路1722内に軸方向に受容されて、全体が1721として示されている閉鎖ナット組立体を形成している。遠位閉鎖ナット1720は、ハンドル組立体1660の内部に形成された内側に延びた保持フランジ1667に当接している遠位側に延びたハブ部分1724をさらに有することができる。図81を参照されたい。このような構造により、遠位閉鎖ナット1720が、ハンドル組立体1660内を自由に回転できるが、ハンドル組立体1660とともに軸方向に移動することはできない。同様に、調節シャフト1650の近位端部1652は、近位閉鎖ナット1740内の軸方向通路1742内に軸方向に受容されている。ハンドル組立体1660の近位端部に形成された内側に延びた近位保持フランジ1669を受容するために、周方向に延びた溝1744を近位閉鎖ナット1740の外面に設けることができる。このような構造により、近位閉鎖ナット1740が、ハンドル組立体1660に対して自由に回転することができる。
[0119]
また、様々な実施形態では、閉鎖ノブ組立体1800は、近位閉鎖ナット1740の近位端部1741に取り付けられている。例えば、一実施形態では、近位閉鎖ナット1740の近位端部1741は、クラッチハブ部分1830の軸方向通路1832内に回転しないように受容されるように構成された近位側に延びたテーパハブ部分1746を備えるように形成することができる。図81を参照されたい。また、テーパハブ部分1746も、このハブ部分1746をクラッチハブ部分1830に回転しないように取り付けるためにキーまたはスプライン構造を備えることができる。他のファスナー構造および方法を用いて、近位閉鎖ナット1740のハブ部分1746をクラッチハブ部分1830に移動しないように取り付けることができる。したがって、クラッチハブ部分1830の回転により、近位閉鎖ナット1740および遠位閉鎖ナット1720も回転する。
[0120]
図81、図83、および図84から分かるように、ノブ組立体1800は、近位キャップ部分1810および遠位キャップ部分1820をさらに含むことができる。クラッチハブ部分の近位端部1831を、近位キャップ部分1810の遠位端部に形成された円形スロット1814内に受容させることができる。スロット1814は、近位キャップ部分1810がクラッチハブ部分1830の近位端部1831を中心に回転できる大きさにすることができる。加えて、近位キャップ部分1810は、クラッチハブ部分1830の軸方向通路1832内に回転可能に延びた突出部1812を有することができる。また、様々な実施形態では、閉鎖ノブ組立体1800は、近位キャップ部分1810に強固に回転しないように結合された遠位キャップ部分1820を含むことができる。当業者であれば、閉鎖ノブ組立体1800は、器具の様々な構成要素の組立を容易にするために複数の部品に形成できることを理解できよう。様々な実施形態では、近位キャップ部分1810および遠位キャップ部分1820の結合端部は、接着剤や溶接などによって、または他の取付け構造を用いて互いに結合できる、それぞれが図81および図83に示されている相補的なフランジ部分1813、1823を備えるように構成することができる。したがって、互いに取り付けられると、近位キャップ部分1810と遠位キャップ部分1820は、単一体として共に回転する。
[0121]
図81および図83から分かるように、様々な実施形態は、全体が1821として示されているスリップクランチ組立体を含むことができる。スリップクラッチ組立体1821は、調節ノブ組立体1800によって支持されるか、またはこの調節ノブ組立体1800と一体形成される様々な形態をとることができる。一実施形態では、例えば、遠位キャップ部分1820は、クラッチハブ部分1830に形成された外側に延びたクラッチフランジ1834に対向している内側に延びたキャップフランジ1824を備えることができる。第1の摩擦パッド1840が、内側に延びたキャップフランジ1824に回転しないように取り付けられている。パッドキャビティ1836は、内部に第2の摩擦パッド1850および波型ばね1852を移動可能に受容するためにクラッチフランジ1834内に形成することができる。第2の摩擦パッド1850は、キャビティ1836内での第2の摩擦パッド1850の回転を防止するが、キャビティ1836内での第2の摩擦パッド1850のある程度の軸方向の運動を容易にするスプラインまたはキー(不図示)を備えることができる。様々な実施形態では、第1および第2の摩擦パッド1840、1850は、例えば、液晶ポリマー、ナイロン、ULTEM(登録商標)、ポリカーボネート、およびアルミニウムなどから形成することができる。
[0122]
様々な実施形態では、調節シャフト1650の近位部分1652は、高ピッチネジセグメント1657につながった低ピッチネジセグメント1654が形成されている。図79を参照されたい。図81から分かるように、駆動ピン1726が、調節シャフト1650のネジセグメント1654、1657と「駆動可能」に係合するために軸方向通路1722内に延びている。加えて、調節シャフト1650の近位端部1652は、近位閉鎖ナット1740のテーパハブ部分1746のネジキャビティ1748に螺合するように構成されたネジ部分1658を有する。様々な実施形態では、駆動ピン1726が調節シャフト1650の低ピッチ遠位ネジセグメント1654に係合している場合、調節シャフト1650のネジ端部1658が、閉鎖ノブ組立体1800が回転する際にネジキャビティ1748内をネジで移動するように近位閉鎖ナット1740のテーパハブ部分1746のネジキャビティ1748に十分に螺合するように、駆動ピン1726は、遠位閉鎖ナット1720内に配置されている。具体的には、閉鎖ノブ組立体1800が反時計回り「CC」の方向に回転すると、調節シャフト1650が、取付けロッド1650に形成されたネジセグメント1654および1657と駆動ピン1726の係合によって遠位方向「DD」に移動する。当業者であれば、駆動ピン1726が遠位ネジセグメント1654と係合している場合の遠位閉鎖ナット1720の回転は、駆動ロッド1726がネジセグメント1560よりも大きいピッチを有するネジセグメント1567に係合している場合よりも調節シャフト1650の軸方向の運動が速くなることを理解できよう。調節シャフト1650の軸方向の運動により、上部および下部テンションバンド1636、1638、トロカール先端部1644、およびアンビル1700(トロカール先端部1644に取り付けられている場合)がヘッド1610から離れる遠位方向「DD」に移動する。
[0123]
アンビル1700を閉じる、すなわちアンビル1700をヘッド1610およびヘッド1610内に支持されたステープルカートリッジ1616に向かって「PD」方向に移動させる際は、外科医が、閉鎖ノブ組立体1800を時計回り「CW」の方向に回転させる。第1の摩擦パッド1840と第2の摩擦パッド1850との間で生成される摩擦力により、閉鎖ノブ組立体1800が、近位閉鎖ナット1740に回転しないように取り付けられたクラッチハブ1830に摩擦係合した状態に維持される。近位閉鎖ナット1740が遠位閉鎖ナット1720に回転しないように取り付けられているため、遠位閉鎖ナット1720も時計回りの方向に回転する。遠位閉鎖ナット1720の回転により、駆動ピン1726がネジセグメント1654または1657のいずれか(これらのネジセグメントに対する調節シャフト1650の位置によって決まる)に駆動可能に係合して、調節シャフト1650が近位方向「PD」に引かれる。調節シャフト1650が近位方向に引かれると、調節シャフト1650のネジ端部1658が、近位閉鎖ナット1740のテーパネジハブ部分1746のネジキャビティ1748に螺合し、縮径セグメント1653が、駆動ピンの近傍に移動し、この駆動ピンと調節シャフト1650との駆動可能な係合が解除される。この時点で、ネジ端部1652は、近位閉鎖ナット1740のネジ孔1748に完全に螺合している。閉鎖ノブ組立体1800が時計回りの方向にさらに回転すると、調節シャフト1650が近位方向「PD」に引かれる。調節シャフト1650が近位方向に引かれると、アンビル1700が、ステープルドライバ組立体1614内に支持されたカートリッジ1616に向かって移動して、アンビル1700とカートリッジ1616の間に一定量の組織がクランプされる。アンビル1700がステープルカートリッジ1616に向かってさらに移動すると、組織がアンビル1700とステープルカートリッジ1616の間で圧迫され、アンビル1700の近位方向への移動が妨げられる。
[0124]
様々な実施形態では、組織が過度に圧迫されて、ステープル止めされる組織が損傷または壊死するのを防止するために、第1および第2の摩擦パッド1840、1850の組成およびばね1852の大きさは、所定の量の組織の圧迫が達成されると摩擦パッド1840、1850が滑り始めて、閉鎖ノブ組立体1800のさらなる回転がクラッチハブ1830に伝達されるのを防止するように選択される。したがって、組織が十分に圧縮された後、たとえ外科医が閉鎖ノブ組立体1800を回転し続けても、このさらなる回転では、調節シャフト1650(およびアンビル1700)がそれ以上近位方向に移動しないため、組織の過度の圧迫が防止される。例えば、様々な実施形態では、器具は、アンビル1700とカートリッジ1616との間の組織に加えることができる最大の圧迫力が約150ポンド/インチ (約1,034kPa)となるように構成することができる。このような適用例では、第1および第2の摩擦パッド1840、1850および波型ばね1852は、最大の圧迫力に達しても閉鎖ノブ組立体1800がさらに回転する場合、第1の摩擦パッド1840と第2の摩擦パッド1850との間でスリップが可能となるように構成することができる。このような例では、閉鎖ノブ組立体1800の回転は、最大の所望の圧迫が得られた場合に達する摩擦力(第1の摩擦パッド1840と第2の摩擦パッド1850を互いに摩擦係合した状態に維持する役割を果たす。)に打ち勝つ、例えば、約15インチポンド(約169.5N・cm)のトルクを生成することができ、第1の摩擦パッドと第2の摩擦パッドとの間の所望のスリップを可能にする。様々な実施形態では、閉鎖ノブ組立体1800が反時計回りの方向に回転すると、調節シャフト1650が遠位側に移動するように、一連の周方向に延びたラチェット歯1816を、クラッチフランジ1834の外周面に形成された周方向に延びた係合歯1835に係合するために閉鎖ノブ組立体1800の内面に形成することができる。図83および図84を参照されたい。歯1816、1835は、閉鎖ノブ組立体1800が時計回りの方向に回転してアンビル1700をカートリッジ1616に向かって移動させると、閉鎖ノブ組立体1800の歯1816がクラッチフランジ1834に形成された歯1835に対してスリップするように構成することができる。しかし、閉鎖ノブ組立体1800が反時計回りの方向に回転すると、歯1816がクラッチフランジ1834の歯1845に係合して、クラッチハブ1830および近位および遠位閉鎖ナット1720、1740が、歯1845とともに回転して、アンビル1700がカートリッジ1616から離れる方向に移動する。
[0125]
上記したように、様々な実施形態は、安全ヨーク1670が「安全位置」すなわち係合位置にある場合にトリガー組立体1664の作動を防止する安全ヨーク1670を備えることができる。様々な実施形態では、安全ばね1686を、調節シャフト1650に軸支持することができる。安全ばね1686は、遠位閉鎖ナット1720のハブ部分1724を受容することができる。このばね1686は、安全解除部材1684の直立端部壁1688と遠位閉鎖ナット1720との間に配置することができる。図81を参照されたい。安全ばね1686は、安全解除部材1684を遠位方向に付勢して安全ヨーク1670に接触させ、安全ヨークが、トリガー1664を作動できるオフ位置まで回転するのを防止する働きをする。また、これらの変更形態では、ロッドクリップ1690を、このロッドクリップ1690のスロット(不図示)を貫通する調節ネジ1692によって調節シャフト1650に取り付けることができる。また、ロッドクリップ1690を調節シャフト1650に配置して、調節シャフト1650が、組織に最大の所望の圧迫が加えられることになる最近位位置またはアンビル1700が組織をクランプし始めるが所定の最大の圧迫力に達していない位置に軸方向に配置されると、ロッドクリップ1690が直立端部壁1688に接触して、この直立端部壁1688が、安全解除部材1684の遠位端部1685と安全ヨーク1670との保持係合が解除されるのに十分な距離近位側に移動するようにすることができる。次に、外科医が、安全ヨーク1670をオフ位置まで旋回させて、トリガー1664を押せるようにすることができる。
[0126]
本発明の様々な実施形態は、ピボットピン1678によってハンドル組立体1660内に旋回可能に取り付けることができるステープル成形指示器1676を備えることもできる。ステープル成形指示器1676は、ハンドル組立体1660に形成された観察窓1663(図77)を介して見ることができるポインター端部1679を有することができる。この端部1679は、指示器ばね1680によって遠位方向に付勢することができる。図79から分かるように、ステープル成形指示器1676は、安全解除部材1684のフック端部1685によって係合するように配置されたタブ1682を備えるように形成することができる。安全解除部材1684が、調節シャフト1650の近位方向への移動で近位側に移動すると、フック端部1685により、ステープル成形指示器1676が近位方向に旋回する。指示器プレート(不図示)を、窓1663内に配置し、アンビル1700とカートリッジ1616との間の距離を示すために指示器1676が指示器プレートと協働するように調整することができる。
[0127]
円形ステープラ1600を用いる例示的な1つの方法を、図85〜図88を参照して以下に説明する。円形ステープラを用いて吻合術を行う際は、腸1900を、そのターゲット部分(すなわち、検体)の両側に配置される複数列のステープルを備えた従来の外科ステープラを用いてステープル止めすることができる。図85は、線形ステープルライン1910、1920を例示している。ターゲット部分は、通常は、ステープル止めされると同時に切断される。ターゲット部分は、図85では既に除去されている。次に、ターゲット検体を除去した後、外科医は、アンビル1700を、ステープルライン1910の近位側の腸1900の近位部分1902内に挿入する。これは、アンビルヘッド1700を、近位腸部分1902に切り開かれた入口ポート内に挿入するか、またはアンビル1700を経肛門的に配置し、アンビル1700をステープラ1600の遠位端部に配置し、そして直腸を介して器具を挿入して達成される。次に、外科医が、アンビル1700をステープラ1600のトロカール先端部1644に取り付けて、アンビル1700を腸1900の遠位部分1906内に挿入する。次に、外科医は、腸1900の近位部分1902の遠位端部1904を、縫合糸1912または他の従来の糸結び装置を用いてアンビルシャフト1704に縛り付け、そして遠位腸部分1906の近位端部1908を別の縫合糸1914を用いてアンビルシャフトの回りに縛り付けることができる。図86を参照されたい。次に、外科医は、閉鎖ノブ組立体1800を時計回りの方向に回転させて、アンビル1700をステープルドライバ1614内に支持されたカートリッジ1616に向かって引き、アンビル1700とカートリッジ1616との間の隙間を閉じ、これにより遠位腸部分1906の近位端部1908と近位腸部分1902の遠位端部1904をこれらの間の間隙「G」で係合させる。図87を参照されたい。外科医は、第1の摩擦パッド1840と第2の摩擦パッド1850がスリップして、所望の大きさの圧迫(所望の間隙G)が得られるまで閉鎖ノブ組立体1800を回転させ続ける。この位置にきたら、外科医は、安全ヨーク1670をオフ位置に旋回させて、発射トリガー1664を引いてステープラ1600を発射させることができる。トリガー1664を引くことにより、圧迫シャフト1634がステープルドライバ1614を遠位側に駆動してステープル1618を腸1900の両端部1904、1908に通し、これにより部分1902と1906を接合して管状通路を形成する。ステープル1618が駆動されて成形されると同時に、ナイフ1620が腸組織端部1904および1908を通過して、ステープル1618の内側の列に近接した端部を切断する。次に、外科医は、ステープラ1600を腸から引き抜き、吻合術が完了する。
[0128]
図89〜図95は、本発明の別のステープラ1600aの実施形態を例示している。ステープラ1600aは、詳細を後述する変更点を除き、ステープラ1600について上記した同じ構成要素を本質的に用いることができる。例えば、この実施形態では、スリップクラッチ組立体を用いなくてもよい。しかし、この実施形態は、互いに回転可能に維持された近位キャップ部分2010および遠位キャップ部分2040を含む閉鎖アクチュエータ組立体2000を用いることができる。
[0129]
具体的には、図90および図91に示されているように、様々な実施形態では、近位キャップ部分2010は、遠位キャップ部分2040の外壁部分2044の上に延びた大きさであるスリーブ部分2012を有することができ、スリーブ部分2012に形成された内側に延びたフランジ部分2014によって遠位キャップ部分2040に保持することができる。フランジ2014は、遠位キャップ部分2020の外壁部分2044の外周面に形成された外側に延びたリム2046に対してスナップ止めすることができる。このような構成は、近位キャップ部分2010を遠位キャップ部分2040に取り付けるとともに、近位キャップ部分2010の遠位キャップ部分2040に対する回転を容易にする役割を果たす。取付けを容易にするために、斜縁2048を、外壁部分2044の端部2041に設けることができる。
[0130]
図90および図91から分かるように、遠位キャップ部分2040は、近位キャップ部分2010に形成された円形スロット2016内に回転可能に受容される近位端部2052を有するキャップハブ部分2050をさらに有することができる。スロット2016は、近位キャップ部分2010がキャップハブ部分2050の周りを自由に回転できるようにキャップハブ部分2050に対する大きさを有することができる。加えて、近位キャップ部分2010は、キャップハブ部分2050の軸方向通路2054内に回転可能に延びて、閉鎖ノブ組立体2000にさらなる回転支持を付与する突出部2018を有することができる。図90から分かるように、近位閉鎖ナット1740の近位端部1741は、キャップハブ部分2050の軸方向通路2054内に回転しないように受容されるように構成された近位側に延びたテーパハブ部分1746を備えるように形成することができる。テーパハブ部分1746は、ハブ部分1746をキャップハブ部分2050に回転しないように取り付けるためのキーまたはスプライン構造を備えるように形成することもできる。他の取付け構造および方法を用いて、近位閉鎖ナット1740のハブ部分1746をキャップハブ部分2050に回転しないように取り付けることができる。したがって、キャップハブ部分2050の回転により、近位閉鎖ナット1740および遠位閉鎖ナット1720も上記した要領で回転し、この回転方向によって遠位側または近位側に調節シャフト1650が軸方向に前進する。
[0131]
近位および遠位閉鎖ナット1740、1720の回転は、近位キャップ部分2010を遠位キャップ部分2040に対して回転させて行われる。近位キャップ部分2010と遠位キャップ部分2040との間の相互作用は、これらの構成要素を互いに接続して、アンビル1700とステープルカートリッジ1616との間で圧迫される組織が受ける圧縮の大きさに関連して近位キャップ部分2010に抵抗力を加える働きをする可変力生成部材2060によって制御することができる。様々な実施形態では、例えば、可変力生成部材は、渦巻きばね2060を含むことができる。一部の実施形態では、渦巻きばね2060の最も内側の端部2062は、図92に示されるように構成して、近位キャップ部分2010の保持スロット2020内に挿入することができる。渦巻きばね2060の端部2062は、他の取付け構造によって近位キャップ部分2010に取り付けることもできる。同様に、渦巻きばね2060の外側端部2064は、図92に示されるように構成して、遠位キャップ部分2040に形成された保持スロット2045内に挿入することができる。しかし、渦巻きばね2060の外側端部2064は、他の適当な取付け構造によって遠位キャップ部分2040に取り付けることもできる。
[0132]
様々な実施形態では、ステープラ1600aが前進していない位置すなわち中立位置にある場合に、参照指示マーク2070が、遠位キャップ部分2040の外壁2044に設けられた対応する初期マーク2072に整合するように、参照指示マーク2070を近位キャップ部分2010に設けることができる。図89および図95を参照されたい。この整合位置にある場合、渦巻きばね2060は、本質的に荷重がかかっていなくてもよいし、近位キャップ部分2010を開始位置に維持するために必要な比較的小さい荷重がかかっていてもよい。近位キャップ部分2010の時計回り「CW」の回転が、渦巻きばね2060を介して遠位キャップ部分2040に伝達され、そして遠位キャップ部分2040に取り付けられた近位閉鎖ナット1740に伝達される。また、近位閉鎖ナット1740の回転により、遠位閉鎖ナット1720が回転し、調節シャフトが近位「PD」方向に軸方向に引き戻される。調節シャフト1650が近位側に引き戻されると、上記したように上部および下部テンションバンド1636、1638によって調節シャフト1650に取り付けられたトロカール先端部1644にアンビル1700が取り付けられているため、アンビル1700がカートリッジに向かって移動する。アンビル1700がヘッド1610内に支持されたステープルカートリッジ1616に近づくと、これらの間にクランプされた組織1904、1908が圧迫され始め、アンビル1700のカートリッジに対するさらなる移動が妨げられる。図93を参照されたい。また、このような抵抗力は、アンビル1700とカートリッジ1616との間の組織1904、1908をアンビル1700がさらに圧迫できるようにばね荷重によって打ち負かさなければならない。
[0133]
様々な実施形態では、最小量の組織の圧迫「Min」を得るために必要なばね荷重の大きさ「L1」を決定することができ、最大量の組織の圧迫「Max」を得るために必要なばね荷重の大きさ「L2」も決定することができる。加えて、ばね荷重L1を生成するために近位キャップ部分2010が中立位置から回転しなければならない距離「D1」と、ばね荷重L2を生成するために近位キャップ部分2010が回転しなければならない距離「D2」を決定することができる。図94に示されているグラフは、これらのパラメータ間の関係の一例を例示している。当業者であれば、このような関係は、使用するばねや、装置の構成要素を移動させることによって遭遇する摩擦力などの他の様々な因子によって変化しうることを理解できよう。
[0134]
図95から分かるように、近位キャップ部分2010が回転して最小の圧迫力「Min」を生成するときの近位キャップ部分2010の位置に一致する第2の指示マークすなわち表示2080が、近位キャップ部分2010の参照指示2070に一致するように遠位キャップ部分2040の外壁2044に設けられている。同様に、近位キャップ部分2010が最大の圧迫力「Max」を生成する位置まで回転したときに第3の表示2082が近位キャップ部分2010の参照指示2070に一致するように、第3の指示マークすなわち表示2082を、遠位キャップ部分2040の外壁2044に設けることができる。図95を参照されたい。当業者であれば、様々な異なる指示構造を、本発明の概念および範囲から逸脱することなく用いることができることを理解できよう。例えば、第2の指示部材2080と第3の指示部材2082との間の遠位キャップ部分2040の外壁2044における領域2084は、塗装または他の懸命な方法で緑色に着色して、参照指示2070がこの緑の領域に位置して、許容される圧迫力に達することができるか否かを外科医に示すことができる。
[0135]
したがって、これらの実施形態では、ばね2060は、アンビル1700とステープルカートリッジ1616との間に受容された組織が受ける圧迫力の大きさと、近位キャップ部分2010がその大きさの圧迫力を達成するために回転しなければならない距離とを相関させるための手段を提供する。このような構造により、近位および遠位キャップ部分2010、2040に設けられた参照指示および表示を使用して、医師が、許容されるステープルの成形となる位置にアンビルが配置されたことを正確に判断することができる。これらの参照支持および表示は、閉じるステープルの成形を容易にするとともに組織に加えられる圧迫力が最小となる位置までアンビルが移動したことを外科医に知らせるように配置することができる。同様に、このような参照支持および表示は、閉じるステープルの成形を容易にするとともに組織に加えられる圧迫力が最大となる位置までアンビルが移動したことを外科医に知らせるように配置することもできる。
[0136]
当技術分野で知られているように、外科ステープルは、例えば、組織が切除された後にいく層かの組織をともに保持することができる。しばしば、上記したように、外科ステープラは、ステープルを取り付けられていない形状から取り付けられた形状、すなわち変形した形状に変形させるために用いられる。図27を参照すると、例えば、ステープル83などのステープルは、ベースすなわちクラウンと、このクラウンから延びた変形可能な脚を含む。使用の際、変形可能な脚は、通常は、外科ステープラのアンビルによってクラウンに向かって変形される。図27を参照すると、この変形の程度は、通常は、ステープル止めされる組織の厚みによって決まる。具体的には、組織が比較的薄いと、アンビルが組織に接触する前にアンビルがステープルカートリッジにより近づき、結果として、ステープルは、アンビルに対して成形される前に、取り付けられる距離が短くなる。例えば、図27の左側のステープルの脚は、比較的薄い組織に挿入されるが、右側のステープルの脚は、比較的厚い組織に挿入されており、結果として、左側のステープルの脚は、右側のステープルの脚よりも変形されている。これにより、一般的なステープルのデザインが、異なる厚みを有する様々な組織に容易に適合することができる。
[0137]
上記したように、図27を参照すると、ステープル83の脚は、ステープルのベースすなわちクラウンに向かって曲げられている。具体的には、脚の端部は、所望の変形が得られるまでステープラのアンビルによって曲げられる。言い換えれば、脚の端部がステープラのアンビルに接触すると、これらの端部は、ステープルが「B」型などに変形されるまで脚が弧状の構造に連続的に曲げられるようにアンビルによって案内される。ステープルが長い脚を有する実施形態および/またはステープルが極めて薄い組織に用いられる実施形態では、脚の端部がステープルから外側に突き出るように脚を大きく曲げることができる。これらの実施形態では、端部は、鋭利となり、周囲組織に接触して、患者に不快感を与えることがある。この問題を改善するために、本発明は、上記したような連続的な弧状ではなく、セグメントで曲がることができるステープル1300を含む。
[0138]
上記と同様に、図96を参照すると、ステープル1300は、クラウン1302と、このクラウン1302から延びた変形可能な脚1304および1306を含む。脚1304および1306は、第1のノッチ1310、第2のノッチ1312、および第3のノッチ1313を備えている。使用の際、図105を参照すると、脚1304および1306の端部1308がアンビル1316のポケット1314に接触すると、両端部1308が、例えば、互いに向かって案内されうる。ステープルが、スレッドドライバ78によってアンビル1316に向かってさらに駆動されると、ステープル1300bを参照すると、脚1304および1306が、第1のノッチ1310で大きく曲がることができる。図97を参照すると、第1のノッチ1310における脚1304および1306の小さい断面積により、これらの脚1304および1306は、この位置でより変形しやすい。例えば、脚1304および1306がノッチ1310で曲げられると、第1のセグメント1318は、脚1304および1306の第2のセグメント1320に対して、例えば、約90度の角度で曲げることができる。他の実施形態では、第1のセグメント1318は、第2のセグメント1320に対して任意の適当な角度で曲げることができる。
[0139]
上記に引き続き、図98を参照すると、脚1304および1306の第2のノッチ1312により、第2のセグメント1320が、例えば、約90度の角度で第3のセグメント1322に対して曲がることができる。他の実施形態では、第2のセグメント1320は、第3のセグメント1322に対して任意の他の適当な角度で曲がることができる。上記と同様に、ノッチ1313により、第3のセグメント1322が第4のセグメント1325に対して曲がることができる。ノッチ1310、1312、および1313によって、脚1304および1306は、上記したように連続的な角度に曲がるのではなく、セグメント化されて長方形の構造に曲がることができる。上記の結果として、長い脚1304および1306を有するステープルは、変形可能な部材の端部がステープルから外側に延びるのではなく、図99に例示されているように、変形可能な部材の端部が脚1304および1306の中間に位置するように成形することができる。図96〜図105に例示されているステープルの脚は、3つのノッチと4つのセグメントを有するが、様々な実施形態は、これよりも多いまたは少ないノッチおよびセグメントを有することも可能である。さらに、上記したステープル脚のセグメントは、実質的に直線状であるが、セグメントが曲線状、片持ち梁、または所望の形状を達成するために他の方法で適当に構造されている様々な実施形態も考えられる。
[0140]
例えば、第4のセグメント1325に対して第3のセグメント1322を曲げやすくするために、クラウン1302が、脚1304および1306がクラウン1302に接触したときに脚1304および1306を案内および/または変形させるために成形面すなわちアンビルを含むことができる。具体的には、図99および図101〜図104を参照すると、脚1304および1306が、図98に例示されている形状から図99に例示されている形状に変形されると、変形可能な部材1304および1306の端部1308がクラウン1302に接触することができる。端部1308を案内するために、クラウン1302のアンビル1323は、端部1308を、図99に例示されているように外側または任意の他の適当な方向に案内できる凹部1324を含む。様々な実施形態では、凹部1324は、脚1304および1306を大きく変形させることはできないが、例示されている実施形態では、凹部1324は、脚1304および1306を約90度の角度で変形させるように構成されている。様々な実施形態では、ステープラのアンビル1316およびクラウン1302のアンビル1323は、例えば、図99に示されている形状または任意の他の適当な形状にステープル1300を変形させるために協働することができる。
[0141]
様々な実施形態では、例示されていないが、クラウン1302のアンビル1323に加えてまたは代わりに、成形面すなわちアンビルをステープルカートリッジ1326に設けることができる。これらの実施形態では、アンビル1316は、端部1308がステープルカートリッジ1326の凹部に接触するように脚1304および1306を変形させる。上記と同様に、ステープルカートリッジの凹部は、脚1304および1306がステープルカートリッジ1326に接触するときに、これらの脚1304および1306を案内および/または変形させるように構成することができる。様々な実施形態では、クラウン1302およびステープルカートリッジ1326の両方のアンビルを用いて、ステープルを変形および/または案内することができる。例示されている実施形態では、クラウン1302は、ベース1301にオーバーモールドされた材料1303を含む。詳細は後述するが、材料1303は、例えば、生体吸収性材料および/または非生体吸収性材料などのプラスチック材料から構成することができる。これらの実施形態の少なくとも1つの実施形態では、材料1303は、ベース1301および変形可能な部材1304および1306を構成する1本の連続的なワイヤの周りに成形されている。他の実施形態では、変形可能な部材1304および1306は、プラスチック材料1303に埋め込まれた別個の変形可能な部材を含むことができる。さらに、様々な実施形態では、ベース1301を構成するワイヤは、上記した凹部およびアンビルを形成するために変形させることができる。
[0142]
図106および図107を参照すると、上記と同様に、ステープルは、様々な実施形態では、ステープルの脚をネックダウン部分で変形および/または曲げるように構成することができるいくつかのネックダウン部分をステープルの脚に設けることができる。具体的には、ステープル1340は、上記したようなステープルの脚1344のセグメントでの変形を可能にするいくつかのネックダウンすなわちテーパ部分1342を含むことができる。ノッチ1310、1312、および1313に類似したテーパ部分1342は、応力集中領域となる。応力集中領域は、通常は、例えば、荷重を受けた部材が故障する位置である。言い換えれば、応力集中領域は、荷重を受けた部材の特定の領域における応力を増大させて、荷重を受けた部材の残りの部分が塑性変形する前に応力集中領域で荷重を受けた部材を降伏または塑性変形させることができる。本明細書で用いる語「降伏」は、通常は、これを超えると材料が完全に弾性的に振舞わなくなる最大の応力および/または歪みの点を指す。しかし、例えば、ここで記載する材料が従来の降伏点を有していない様々な実施形態も考えられる。このような材料として、応力を受けるとすぐに塑性変形する材料および/または識別できる降伏点を有していない超弾性材料を挙げることができる。これらの材料として、上記した成形工程の際に大きく歪み変形可能なニチノールなどの形状記憶合金を挙げることができる。一般に、技術者は、所望のゴールを達成するために応力集中領域を排除しようとするが、本発明の開示によれば、応力集中領域を、上記のゴールを達成するために用いることができる。
[0143]
様々な実施形態では、図108〜図110を参照すると、ステープル1329は、ベース部分1331と、このベース部分1331から延びた2つの変形可能な脚1333を含む。各脚1333は、実質的に丸い断面を有する第1の部分1335と、実質的に平坦な断面を有する第2の部分1337を含むことができる。少なくとも1つの実施形態では、脚1333およびベース1331は、実質的に平坦な部分1337を形成するために、その端部が印圧加工または成形される金属ワイヤからなる。当技術分野で知られているように、金属ワイヤの印圧加工または成形は、図108に例示されている「U」型にワイヤが曲げられる前におよび/または後に、打抜きプレスで行うことができる。図110を参照すると、脚1333は、平坦な部分1337が組織をステープル内に固定するために曲がるが、丸い部分1335が実質的に曲がっていない状態を維持するように構成されている。使用の際、結果として、ステープル1329は、比較的厚い組織を固定するために用いることができる。具体的には、実質的に曲がらない部分1335により、比較的厚い組織を丸い部分1335間に受容することができ、平坦部分1337がこれらの間に組織を維持するために曲がることができる。平坦部分1337が変形する程度は、通常は、ステープル内に保持される組織の厚みによって決まる。
[0144]
様々な実施形態では、図111を参照すると、ステープル1441は、テーパ構造を有する変形可能な脚1443を含むことができる。具体的には、ステープルの脚1443は、先端部分1445の断面よりも大きい断面を有するベース部分1444を含むことができる。使用の際、上記と同様に、ステープル1441は、ベース部分1444が、その比較的太い断面によって実質的に曲がらない状態で維持され、先端部分1445が曲がって組織をステープル内に維持するため、比較的厚い組織を受容することができる。他の様々な実施形態では、図112を参照すると、ステープル1446は、脚1449のある部分の湾曲を可能にし、別のある部分の部分的な湾曲を可能にし、他の部分を実質的に曲がっていない状態の維持を可能にするいくつかの段部分1447および1448を含むことができる。段部分の適切な数および構造は、固定する組織の種類および/または厚みに対応できるように選択することができる。
[0145]
図113および図114を参照すると、ステープル1340に類似したステープル1350は、クラウン1302および変形可能な脚1344を含む。ステープル1340は、上記したように、少なくとも1つの実施形態では、変形可能な脚1344とクラウン1302との間で組織を圧迫するように構成されている。しかし、例えば、組織が極めて薄い適用例では、変形可能な脚1344とクラウン1302との間での組織の十分な圧迫は、達成が困難であり、例えば、組織と脚1344との間に間隙が生じることがある。このような適用例では、間隙を埋めるだけではなく、クラウンおよび/または変形可能な部材のうちの少なくとも一方に対して組織を圧迫もする追加の部材を、組織と変形可能な部材および/またはクラウンとの間に設けることが望ましいであろう。
[0146]
図113および図114を参照すると、ステープル1350は、様々な実施形態では、変形可能または圧縮可能な部材1352を含むことができる。上記したように、図114を参照すると、圧縮可能な部材1352は、組織1353を変形可能な脚1344に向かって付勢することができる。この圧迫により、組織1353内の管腔または血管が圧迫され、これにより血管内の血流が遅くなる。少なくとも1つの実施形態では、圧縮可能な部材1352は、圧縮されても全体的に弾性である、すなわち、圧縮可能な部材1352に対する応力が増大または解放されると、歪みが相応に線形に増大または減少する。言い換えれば、これらの弾性の実施形態では、圧縮可能な部材1352は、実質的にばねのように機能することができる。しかし、少なくとも1つの実施形態では、圧縮可能な部材1352は、押し込み可能とすることができる、すなわち、圧縮されると、圧縮可能な部材1352の全てではないにしても少なくとも一部が永久変形し、圧縮可能な部材1352に対する応力が増大または解放されても必ずしも相応に線形に歪むわけではない。様々な実施形態では、圧縮可能な部材1352は、発泡体から形成することができる。発泡体は、吸収性または非吸収性とすることができる。発泡体は、限定するものではないが、ポリグリコリドトリメチレンカーボネートコポリマー(polyglycolide trimethylene carbonate copolymer)、ポリグリコール酸、カプロラクトン/グリコリド、EPTFE、およびウシ心膜などの合成材料および/または哺乳動物由来材料から形成することができる。さらに、少なくとも1つの実施形態では、圧縮可能な部材1352は、弾性的に変形可能な第1の部分および塑性変形可能な第2の部分を含むことができる。
[0147]
図115および図116を参照すると、ステープル1360は、収縮可能なばね部材1362を含むことができる。収縮可能なばね部材1362は、複数の第1の弾性部材1363および第2の弾性部材1364を含むことができる。第1の各弾性部材1363は、第1の各弾性部材1363から延びた突出部1365を含む弧状の形状を含むことができる。突出部1365は、第2の各弾性部材1364から延びた対応する突出部1366に接触する大きさおよび構造に形成されている。具体的には、第1の弾性部材1363および第2の弾性部材1364は、互いに積み重ね可能に構成されており、圧縮荷重がこのようなスタックにかかると、第1および第2の弾性部材が平坦になって、弾性部材のスタックが「収縮する」。例示されている実施形態では、収縮可能なばね部材1362は、ファスナー1367および1368をさらに含む。図115を参照すると、ファスナー1367は、近接する第1の弾性部材1363と第2の弾性部材1364の中心部分を連結して、弾性部材が互いに外れるまたはずれるのを防止する。同様に、ファスナー1368も、収縮可能なばね部材1362がクラウン1302から外れるのを防止することができる。使用の際、収縮可能なばね部材1362は、変形可能な部材とクラウンとの間の組織に圧迫荷重を加えることができる。
[0148]
図117および図118を参照すると、ステープル1370は、片持ちばね1372を含むことができる。片持ちばね1372は、クラウン1302に取り付けられた第1の端部1373と、第1の端部1373に対して自由に動くことができる第2の端部1374を含む。使用の際、ばね1372と変形可能な脚1344との間で組織が圧迫されると、ばね1372は、組織に対して上方の付勢力すなわち圧迫力を加えることができる。具体的には、変形可能な脚1344が変形されて組織を押すと、ばね1372の第2の端部1374が、第1の端部1373に対して下方に移動することができる。この撓みにより、ばね部材1372は、位置エネルギーを蓄積し、組織に対して上方の力を加えることによってこの位置エネルギーを放出し、これにより組織がばね部材1372と変形可能な脚1344との間で圧迫される。代替の実施形態では、図119〜図121を参照すると、ステープル1380のばね部材1382は、それぞれがクラウン1302に取り付けられた第1の端部1382および第2の端部1384を有することができる。少なくとも1つの実施形態では、ばね1372および1382は、例えば、クラウン1302と一体成形することができる。このような実施形態では、ばね1372および1382は、治癒過程に亘って、材料が溶解して、ばね1372および1382の付勢力が減少するように、溶解性、生体吸収性、または生体砕屑性材料から形成することができる。結果として、失血の抑制が重要である初期治癒段階で比較的大きい圧迫力を加えることができ、組織の再生が重要である後期治癒段階で比較的小さい圧迫力を加えることができ、後期治癒段階でステープル内の組織の膨張および成長が可能である。
[0149]
他の様々な実施形態では、例示されていないが、ステープルのクラウンと圧縮可能な部材との間に組織を配置して圧迫することができる。このような実施形態では、変形可能な部材は、結果として変形可能な脚と組織との間で圧迫される圧縮可能な部材に対して変形される。
[0150]
図122および図123を参照すると、ステープル1400は、クラウン1402、第1の変形可能な部材1404、および第2の変改可能な部材1406を含む。変形可能な部材1404および1406はそれぞれ、例示されている実施形態では、1本の連続的なワイヤからなるベース1408、変形可能な脚1410、および第2の脚1412を含む。他の様々な実施形態では、ステープル1400は、本明細書に開示される本発明のゴールを達成するために任意の他の適当な要領で構成することができる。例示されている実施形態では、部材1404と1406は、これらの部材1404および1406のベース1408にオーバーモールドされた材料によって互いに連結されている。様々な実施形態では、このような材料として、例えば、エシコン社(Ethicon, Inc.)が販売するVicrylおよびPDSなどの溶解性、生体吸収性、または生体砕屑性材料を挙げることができる。本明細書に用いる語「溶解性」、「生体吸収性」、および「生体砕屑性」は全て、一般に、例えば、患者に移植された後、少なくとも部分的に体に同化できる材料を指す。
[0151]
使用の際、ステープル1400は、例えば、ステープラによって患者の軟組織に挿入することができ、図示124に例示されている構造に変形させることができる。具体的には、例示されている実施形態では、変形可能な部材1404および1406は、脚1410の端部1411がクラウン1402に近接するようにステープラのアンビルによって変形させることができる。ステープル1400が組織内に植え込まれると、クラウン1402は、分解、溶解、および劣化し始める。具体的には、図125を参照すると、クラウン1402の生体吸収性材料は、図126に例示されているように第1の部材1404と第2の部材1406が互いに分離する点まで劣化することができる。第1の部材1404と第2の部材1406が分離したら、これらの部材は互いに対して移動することができる。クラウン1402が十分に溶解するのに必要な時間は、クラウン1402の使用材料および/または大きさによって決まる。例えば、Vicryl(商標名)で販売されているポリグラチン910(polyglatin 910)は、7〜14日間で分解することができる。
[0152]
様々な実施形態では、溶解性クラウン1402は、いくつかの治療の利点を提供することができる。例えば、ステープル1400が最初に取り付けられると、変形可能な部材1404および1406が、ステープル内の組織をクラウン1402に対してかなり圧迫することができる。ある適用例では、この圧迫は、組織からの出血を制限するのに望ましいであろう。クラウン1402が劣化すると、変形した部材1404および1406とクラウン1402との間の間隙が増大し、これにより組織に作用する圧迫力が弱まる。ある適用例では、治癒過程中の圧迫力の緩和により、組織が、一定期間に亘ってゆっくりと拡張して正常な厚みに戻る。一部の実施形態では、クラウン1402は、最初は拡張して、溶解するまでステープル内に保持された組織を圧迫する親水性材料でコーティングすることができる。このような実施形態では、親水性材料は、周囲の組織および流体から水分を吸収して膨張する。上記に加えて、ステープル1400は、組織内に挿入されると極めて硬く、いくつかのステープルが組織内に挿入されると組織が治癒過程の際に動いて膨張することができない。しかし、ステープル1400のクラウン1402が溶解した後は、ステープルの変形可能な部材1404と1406が共に内側の組織を保持しながら互いに対して移動することができる。
[0153]
様々な実施形態では、変形可能な部材1404および1406は、実質的に非溶解性または非生体吸収性材料から形成することができる。他の実施形態では、変形可能な部材1404および1406のうちの少なくとも一方は、例えば、マグネシウムや鉄などの溶解性、生体吸収性、または生体砕屑性材料から形成することができる。少なくとも1つの実施形態では、鉄は純鉄である。いずれの場合も、部材1404および1406の溶解性材料は、クラウン1402の溶解性材料と同じ、遅い、または速い速度で溶解するように選択することができる。例えば、クラウン1402の材料は、変形可能な部材1404および1406がともに組織を保持している間に、この材料が完全に溶解するように選択することができる。さらに、様々な実施形態では、第1の変形可能な部材1404の材料は、第2の変形可能な部材1406の材料よりも速く溶解するように選択することができる。したがって、このような実施形態の変形可能な部材は、組織の交互の解放を可能にすることができる。さらに、様々な実施形態では、詳細を後述するように、少なくとも2つの近接したステープル1400を、ステープルが組織に取り付けられる前および/または後にブリッジによって連結することができる。このような実施形態では、第1のステープルは、この第1のステープルに取り付けられた第2のステープルの材料よりも速く溶解する生体吸収性材料から形成することができる。同様に、これらのステープルを連結するブリッジは、第1および第2のステープルと同じ速度および/または異なる速度で溶解する材料から形成することができる。このような実施形態では、第1のステープルは、組織の交互の解放を可能にするために第2のステープルの前に溶解することができる。
[0154]
上記したステープルを用いて、切除または損傷した組織の強度が健康な組織の強度に近づくように、組織を近接させる、すなわち切除または損傷した組織を固定することができる。このために、組織を近接させるための方法は、溶解性材料および非溶解性材料からなる外科ステープルで組織を縫合して第1の状態に組織を近接させること、溶解性材料を溶解させて残りの非溶解性材料が第2の状態で組織を近接させることを含むことができる。少なくとも1つの実施形態では、第2の状態における組織の近接は、第1の状態における組織の近接よりも柔軟である。
[0155]
上記に加えて、図132を参照すると、クラウン1402は、少なくとも2つのオーバーモールドまたはコモールド材料(co-mold material)から形成することができる。具体的には、クラウン1402は、例えば、変形可能な部材1404および1406にオーバーモールドされた第1の材料1435と、第2の材料1436にオーバーモールドされた第2の材料1436から形成することができる。この実施形態では、第2の材料1436は、迅速に溶解して、変形可能な部材1404および1406が治癒過程の初期に互いに分離できるように構成することができる。しかし、第1の材料1435は、第2の材料1436が完全に溶解した後でも、クラウン1302が組織に引き続き圧迫力を加えるようにするために、第2の材料1436よりも速い速度で溶解するように選択することができる。少なくとも1つの実施形態では、第1の材料1435は、変形可能な部材1404および1406に対して射出成型し、第2の材料1436が第1の材料1435に射出成型される前に硬化および/または実質的に固化することができる。他の様々な実施形態では、第1の材料1435および第2の材料1436は、実質的に同時または迅速に連続的に変形可能な部材1404および1406に対して射出成型することができる。このような実施形態では、第1および第2の材料は、ともに化学結合して第1の材料と第2の材料との間に十分な強度を提供するため、第1の材料と第2の材料が互いに分離されずにステープルを取り扱うことができる。他の実施形態では、第1および第2の材料は、同じ結果を達成するために機械的にインターロックする構造を形成することができる。
[0156]
図123に例示されている実施形態では、クラウン1402は、部分1416と1418との中間に縮小された断面1414を含むことができる。使用の際、中間部分1414は、部分1416および1418よりも小さい断面を有するため、部分1416および1418よりも先に完全に溶解することができ、これによりクラウン1402が完全に溶解する前に第1の部材1404が第2の部材1406から分離することが可能となる(図125)。少なくとも1つの実施形態では、部分1414、1416、および1418の断面は、変形可能な部材1404および1406が治癒過程の所望の段階で分離するように選択することができる。少なくとも1つの実施形態では、図133を参照すると、クラウン1402は、刻み部分のクラウン1402の厚みを減少させる刻みマーク1437を含むことができる。このような実施形態では、刻みマークは、クラウン1402が変形可能な部材1404および1406にオーバーモールドされる際に形成するか、またはその後に切断器具によって形成することができる。刻みマーク1437により、クラウン1402は、溶解する際に、場合によっては体によってより容易に吸収されるいくつかの小片に離散することができる。少なくとも1つの実施形態では、図134を参照すると、クラウン1402は、隆起部分1439の間に複数のポケット1438を含むことができる。使用の際、隆起部分1439の間の材料が溶解して、変形可能な部材1404と1406との間に格子またはグリッド状の隆起部分1439が残る。
[0157]
少なくとも1つの実施形態では、クラウン1402は、少なくとも1つの治療薬から形成されている。このような実施形態では、溶解性材料が劣化すると、治療薬が、周囲組織によって吸収されうる。ある実施形態では、治療薬は、治癒過程中に徐々に放出されるように溶解性材料全体に分散されているが、他の実施形態では、治療薬は、治癒過程の特定の段階で治療薬の投薬量を増大させるために、溶解性材料全体に不均一に分散させる、内部に層状に設ける、かつ/または溶解性材料の表面に設けることができる。
[0158]
少なくとも1つの実施形態では、を吸収性ステープルに吸収性絶縁体設けることにより、例えば、電気焼灼器が生体内原位置で使用されているときにステープルの列に沿ったアーク放電の可能性が低減される。ステープルの吸収性絶縁体すなわちクラウンは、各ステープルの上部が通常の使用条件下で非導電性であるため、電流がステープル間をジャンプするのを実質的に防止する。結果として、組織が損傷する可能性が低減される。
[0159]
使用の際、上記したように、図127および図128を参照すると、ステープル1400の変形可能な部材1404および1406は、ステープラ1422のアンビル1420によって変形される。具体的には、変形可能な部材1404および1406の端部1411は、アンビル1420の凹部1424内に受容され、これらの部材1404および1406がアンビル1420によって変形される際にクラウン1402に向かって案内される。図129および図129Aを参照すると、凹部1424は、変形可能な部材1404および1406の両端部を部材1412およびベース1408の平面から出す構造を含むことができる。具体的には、図130および図131を参照すると、各凹部1424は、図131に例示されているように端部1411を初めに横方向、次に下方に変形させて、変形可能な脚1410の底部に沿って変形可能な脚1410の上部をカールさせるように配置された複数の平坦な表面を含む。図130および図131を参照すると、凹部1424は、表面1426および1428を含み、これらの表面は、間に頂部1430を形成している。表面1426、表面1428、および頂部1430は、例えば、変形可能な部材1406の端部1411を受容するように構成されている。アンビル1420によって十分な圧力が加えられると、変形可能な部材1406の脚1410は、頂部1430内でカールされる。その後、脚1410がさらに変形されると、脚1410は、凹部1424の表面1428と1434との間にある頂部1432に接触する。図131に例示されているように、頂部1432は、変形可能な部材1406を所望の形状に変形させるのを助ける。上記のアンビルは、ステープル1400に関連して説明したが、このようなアンビルは、本明細書の開示する適当なステープルを含む他の異なる構造のステープルを変形させるために用いることもできる。
[0160]
図96および図97を参照すると、ステープル1300は、一体型のステープルのクラウンとドライバを含む。具体的には、図105を参照すると、クラウン1302は、カムスレッド78によって直接駆動されるように構成されている。使用の際、詳細を上記したように、カムスレッド78は、図105に例示されている位置からステープルカートリッジ1326の遠位端部1327に向かってステープルカートリッジ1326内を前進する。カムスレッド78がこの方向に移動すると、ステープル1300は、カムスレッド78によってアンビル1316に向かって連続的に持ち上げられる。従来の外科ステープラでは、カムスレッドとステープルとの間に別個のドライバが配置されていた。しかし、本発明は、ステープル1300をカムスレッド78によって直接押し上げることができる機能構造をクラウン1302に含めることによってこのような従来のシステムを単純化している。具体的には、図96および図97を参照すると、クラウン1302は、このクラウン1302がカム面1330を滑り上がるようにカムスレッド78の角度が付いた表面1330と協働するように構成された傾斜面1328を含む。例示されている実施形態では、傾斜面1328およびカム面1330は、水平線に対して約30度の角度を成している。結果として、この実施形態では、傾斜面1328は、カム面1330の同一平面上に支持されるが、傾斜面1328とカム面1330が同じ角度に合わされていない実施形態も可能である。さらに、本発明は、角度が30度の実施形態に限定されるものではない。それどころか、1または複数の任意の適当な角度を用いることができる。
[0161]
図96および図97を参照すると、ステープル1300のベース1301は、例示されている実施形態では、クラウン1302内に埋め込まれている。具体的には、クラウン1302は、ベース1301を緊密に取り囲むようにベース1301にオーバーモールドすることができる。この実施形態では、ベース1301は、クラウン1302によって覆われ取り囲まれている。他の様々な実施形態では、クラウン1302は、別個に製造してからベース1301に取り付けることができる。いずれの場合も、ベース1301および/または変形可能な部材1304および1306は、クラウン‐ドライバ1302に少なくとも部分的に埋め込むことができる。結果として、ステープル1300は、従来の設計よりも大きい変形可能な部材1304および1306を含むことができる。このような実施形態では、上記の結果として、ステープル1300は、クラウン1302の組織接触面1336と変形可能な部材との間により大きな組織を受容することができる。一実施形態では、クラウン‐ドライバ1302は、上記したように、溶解してステープル1300内で圧迫された組織の膨張および成長を可能にする溶解性または生体吸収性材料から形成することができる。様々な実施形態では、上記したように、クラウン‐ドライバ1302は、体内の水分にさらされると膨張してステープル内の組織をさらに圧迫する疎水性材料から形成するか、または疎水性材料によってコーティングすることができる。さらに、上記と同様に、クラウン‐ドライバ1302は、クラウン1302と組織との間の接触領域を増大するように構成することができる。一部の実施形態では、この接触領域を増大させることにより、組織表面における局部的な応力が低減され、例えば、組織の壊死の可能性を減少させることができる。
[0162]
上記したように、一体型のステープルのクラウンとドライバは、ステープルを止める際に必要な構成要素の数を減らすことができる。結果として、本発明に従った実施形態は、ステープル止めシステムを製造するためのコストおよび/または製造時間を低減させることができる。さらに、別個のドライバの構成要素を排除することにより、ステープルとカムスレッドとの間の整合がずれる可能性を低減させることができる。
[0163]
本発明の代替の実施形態では、図135を参照すると、各ステープル1450は、クラウン1451と、このクラウン1451から延びた2つの変形可能な脚1452を含む。図135を参照すると、ステープル1450のクラウンは、ブリッジ1455によって互いに連結することができる。上記と同様に、クラウン1451とブリッジ1455は、ステープル脚1452に一体成形することができる。また、上記と同様に、クラウン1451は、カムドライバ1462の角度が付いた表面1454と協働するように構成することができる傾斜面1453(図139を参照)を含むことができる。上記したように、カムドライバ1462は、ステープルカートリッジ1457の対向したデッキ1456に配置されたアンビルに向かってステープル1450を連続的に押し上げるように構成されている。詳細を後述するように、ブリッジ1455は、ステープル1450が取り付けられた後でもステープル1450を連結するように構成することができる。あるいは、ステープルカートリッジ1457は、ステープルが取り付けられるとブリッジ1455を切断してステープル1450を分離する剪断部材を含むことができる。
[0164]
ステープルカートリッジ1457は、図136〜図138を参照すると、ステープル1450を受容するように構成されたキャビティ1458をさらに含む。少なくとも1つの実施形態では、キャビティ1458は、クラウン1451のスロット1460内に適合する大きさおよび構造のキー1459を含む。具体的には、スロット1460およびキー1459は、この実施形態では、ステープルカートリッジ1457に対するステープル1450の運動を実質的に線形の運動、すなわちこの実施形態では、上方および/または下方の運動に実質的に限定するように構成されている。このような構成により、ステープル1450がキャビティ1458内に詰まる、またはキャビティ1458に対して整合がずれる可能性を低減させることができる。代替の実施形態では、キャビティ1458は、スロットを含むことができ、ステープル1450はキーを有することができる。
[0165]
表面1453は、傾斜面として本明細書に記載したが、表面1453は、平坦な表面に限定されるものではない。それどころか、表面1453が、湾曲している、丸みが付けられている、直線状である、かつ/または様々な構造を有するいくつかの実施形態も考えられる。いずれの場合も、表面1453は、上記したように、カムスレッド1462と協働してステープル1450を取り付けるように構成されている。同様に、カムスレッド1462の表面1454は、平坦な表面に限定されるものではない。それどころか、表面1454は、湾曲させる、丸みを付ける、曲線にすることができ、かつ/または任意の他の適当な構造を有することができる。
[0166]
ステープルカートリッジ1500は、図140を参照すると、ステープルストリップ1504を受容するための凹部1502を含む。図140および図141を参照すると、ステープルストリップ1504は、ブリッジ1508によって互いに連結された多数のステープル1506を含む。凹部1502は、内部にステープル1506を受容する大きさおよび構造の多数のポケット1510を含む。少なくとも1つの実施形態では、ステープル1506は、凹部1502のノッチ1514の側壁に対して付勢される大きさおよび構造の変形可能な部材1512を含む。具体的には、変形可能な部材1512は、通常の使用条件下でステープルストリップ1504が凹部1502内に維持されるようにステープル1506とポケット1510との間にプレス嵌めが定められるように構成することができる。しかし、この実施形態では、ステープルストリップ1504は、適度な力を加えることで凹部1502から排出することができる。
[0167]
図140に例示されているように、凹部1502は、ストリップ1504を上面1516の凹部1502に整合させて、ストリップ1504を図141に例示されている位置に押し込んでステープルストリップ1504をステープルカートリッジ1500内に挿入できるように、ステープルカートリッジ1500の上面1516に対して開口している。図141を参照すると、凹部1502は、ブリッジ1508を受容する大きさおよび構造の近接するポケット1510間に凹部セクション1518をさらに含む。図140〜図143に例示されている実施形態では、ブリッジ1508は、ポケット1510内に挿入されているときに近接するステープル1506同士が互いに移動できるように構成されている。したがって、ブリッジ1508は、ストリップ1504と凹部1502との整合において、寸法差および/または製造誤差を許容することができる。具体的には、各ブリッジ1508は、ブリッジ1508の部分1522同士の互いに対する移動を可能にするように構成された湾曲部分1520を含むことができる。
[0168]
例示されている実施形態では、各ステープル1506の変形可能な部材は、「U」および/または「V」型に曲げることができる1本の連続したワイヤを含む。クラウン1513は、この実施形態では、ワイヤがクラウン1513内に埋め込まれてクラウン1513によって支持されるようにワイヤの一部のオーバーモールドすることができる。加えて、図143に例示されているように、ブリッジ1508は、クラウン1513がワイヤにオーバーモールドされるときにクラウン1513と一体成形することができる。結果として、ブリッジ1508およびクラウン1513は、この実施形態では、例えば、プラスチックからなる一体の連続した本体を含むことができる。例示されていないが、ブリッジ1508およびクラウン1513は、様々な実施形態では、ステープルに取り付けられる1または複数の別個の構成要素として成形することができる。このような実施形態では、ステープルのワイヤは、例えば、別個に成形された構成要素の凹部内にプレス嵌め、かつ/または接着することができる。
[0169]
使用の際、図144を参照すると、スレッド78は、前方に移動する際にステープル1506を、対向した上面1516に配置されたアンビルに向かって押し上げる。スレッド78の表面1523に角度が付けられているため、例えば、ステープル1506a‐1506eは、順次増分的に押し上げられる。具体的には、ステープル1506aおよび1506bは、これらがスレッド78によって押し上げられている間、いかなる時も表面1516に対して異なる高さに押し上げることができる。この相対位置の差に対応するために、ブリッジ1508aは、ステープル1506aが取り付けられるときにブリッジ1508aが破壊されないように可撓性とすることができる。ブリッジ1508aは、図144に例示されている実施形態では、ステープル1506aおよび1506bの取付けの際および患者の初期の治癒過程の間、ブリッジ1508aがステープル1506aおよび1506bに取り付けられた状態に維持されるように構成することができる。
[0170]
他の様々な実施形態では、図145〜図147を参照すると、ステープル1506は、ブリッジ1526によって互いに連結してステープルストリップ1528を形成することができる。ブリッジ1508と同様に、ブリッジ1526は、上記したようにクラウン1513が変形可能な部材1512にオーバーモールドされるときにクラウン1513と一体成形することができる。しかし、ブリッジ1526は、ブリッジ1508とは異なり、ブリッジ1526が接触している2つの近接するステープル1506のうちの少なくとも一方から分断できるように構成することができる。具体的には、図146および図147を参照すると、ブリッジ1526は、このブリッジ1526の断面の太さおよび強度を低減させるように構成されたノッチ1530を備えることができる。使用の際、図147を参照すると、ステープル1506aがステープル1506bに対して上方に押し上げられる際に、ブリッジ1526aをステープル1506aから分断することができる。言い換えれば、ステープル1506aが上方に押し上げられるときに、ステープル1506aがステープル1506bから引き離されることでブリッジ1526a内に生じる応力により、ブリッジ1526a、特にノッチ1530を備えたブリッジ1526aの部分で分断することができる。
[0171]
例示されている実施形態では、ブリッジ1526aは、ステープル1506bが取り付けられた後もステープル1506bに取り付けられた状態に維持することができる。他の実施形態では、ブリッジ1526aは、ステープル1506aに取り付けられた状態に維持することができる。いずれの場合も、ノッチ1530は、ブリッジ1526が所望のステープルに取り付けられた状態で維持されるように設計することができる。他の実施形態では、ブリッジ1526は、近接する両方のステープル1506から分離されて、ステープルカートリッジ1500および/またはスレッド78内のキャビティ(例示していない)内に落下することができる。このような実施形態では、分離されたブリッジ1526は、ステープルカートリッジを除去することによって、かつ/または、ステープルカートリッジおよび/またはスレッドのアクセスパネルによって分離されたブリッジ1526を除去することによって、ステープラから除去されることができる。様々な実施形態では、ノッチ1530は、全てのブリッジ1526に設けられているわけではない。このような実施形態では、ステープルが取り付けられた後、いくつかのステープルを互いに取り付けられた状態で維持し、他のステープルを分離することができる。このような実施形態では、組織に挿入されたときのステープルの列の剛性は、ステープルが取り付けられたままにするか分離されるかを選択的に交互させることによって制御されることができる。
[0172]
図146を参照すると、ブリッジ1526は、クラウン1513の上面と実質的に同一面にある実質的に平坦な上面1532を含むことができる。ブリッジ1526は、その最も厚い部分がステープル1506に近接するように、ブリッジ1526の底部に実質的に弧状の表面、すなわちローブ1534をさらに含むことができる。この構造により、ステープルストリップ1528の全体の撓みが低減され、ステープルストリップ1528をステープルカートリッジ内に挿入しやすくなっている。他の実施形態では、図148〜図150を参照すると、ブリッジ1536は、上方に面した、すなわちブリッジ1526に面する方向とは反対方向にあるローブ1534を有することができる。平坦な表面1532を有するブリッジ1526および1536の構造の代わりとして、ブリッジは、その両側面に弧状構造を含むことができる。このような実施形態では、図142および図143の実施形態と同様に、ブリッジは、近接するステープル1506間の一定の相対運動を可能にするために撓むことができる。
[0173]
様々な他の実施形態では、図151〜図157を参照すると、ステープルストリップは、ステープルカートリッジの底部からステープルカートリッジ内に装着することができる。例えば、図155〜図157を参照すると、ステープルカートリッジ1550は、それぞれステープルストリップ1540および1542を受容する大きさおよび構造のキャビティ1552および1554を含む。使用の際、ステープルストリップ1540および1542を、底面1551の開口1555および1557に整合させて、キャビティ1552および1554のそれぞれに挿入する。様々な実施形態では、ステープルストリップ1540および1542は、キャビティ1552および1554内にプレス嵌めされるように構成することができる。このような実施形態では、上記と同様に、変形可能な部材1512が、キャビティの側壁に係合して、ステープルストリップ1540および1542をステープルカートリッジ1550内に維持することができる。様々な実施形態では、ステープルストリップ1540および1542のクラウン1513および/またはブリッジ1538は、キャビティ1552および1554の側壁に摩擦嵌めで係合するような寸法にすることができる。他の実施形態では、ステープルカートリッジ1550およびステープルストリップ1540および1542は、ステープルストリップをステープルカートリッジ内に維持する、協働移動止め構造(co-operating detent features)を含むことができる。キャビティ内に挿入したら、ステープルストリップ1540および1542のステープル1541を、これらの変形可能な部材1512の一部が上面1553の開口1559および1561から突き出るように配置することができる。ステープル1541の変形可能な部材1512は、図151に例示されているように、クラウン1513から実質的に垂直に延びることができる
[0174]
上記と同様に、図155および156を参照すると、ステープルストリップ1540および1542を、キャビティ1552および1554を介して対向した上面1553に配置されたアンビルに向かって、図155に例示されている第1の位置から図156に例示されている第2の位置に上方に前進させることができる。ステープルストリップ1540および1542が、図153に例示されている位置まで前進したら、ブリッジ1538を、ステープルカートリッジ1550の剪断部材1560に対して押圧することができる。次に、ステープルストリップをさらに上方に押して、剪断部材1560により、上記したように、1または複数のステープル1541からブリッジ1538を分断することができる。図154を参照すると、キャビティ1552内の剪断部材1560は、この剪断部材から延びた突出部1562を備えており、この突出部1562は、位置1564(図151)で、ブリッジ1538をクラウン1531から分断するように構成されている。
[0175]
本明細書に開示されるいずれの実施形態でも、ステープルにオーバーモールドしてクラウン1513、ブリッジ1526、および/またはブリッジ1508を形成する材料は、溶解性、生体吸収性、または生体砕屑性材料から構成することができる。さらに、上記と同様に、様々な実施形態では、生体吸収性材料は、例えば、生体吸収性材料に混合されるか、またはコーティングされる少なくとも1種類の治療薬を含むことができる。上記と同様に、様々な実施形態では、ドライバは、ステープルのクラウンに結合する、かつ/またはこのクラウンと一体成形することができる。
[0176]
代替の実施形態では、ステープルは、例えば、ストリップの代わりに「パック(puck)」構造に連結することができる。様々な実施形態では、図158を参照すると、ステープルパック1571および1572は、ブリッジ1574および1575によって相互連結されたステープル1506を含む。ステープルパック1571は、2つのブリッジ1574と2つのブリッジ1575によって相互連結された5つのステープル1506を有する。図158に例示されているように、ブリッジ1575は、クラウン1513が互いに実質的に同一平面になるように近接するステープル1506を連結しているが、ブリッジ1574は、クラウン1513の上面が互いに垂直方向にずれるように近接するステープル1506を連結している。同様に、ステープルパック1572は、2つのブリッジ1574と2つのブリッジ1575によって相互連結された4つのステープル1506を含む。
[0177]
図159および図159Aを参照すると、ステープルカートリッジ1576は、ステープルパック1571を受容する大きさおよび構造のキャビティ1577と、ステープルパック1572を受容する大きさおよび構造のキャビティ1578を含む。図160を参照すると、ステープルカートリッジ1576は、それぞれがステープルパック1571および1572を支持する大きさおよび構造のドライバ1579および1580をさらに含む。具体的には、図161〜図163を参照すると、ドライバ1579および1580は、ステープルパック1571および1572が支持される剪断部材1581を含むことができる。キャビティ1577および1578内に挿入されると、図163に示されているように、ブリッジ1574および1575は、剪断部材1581の上に配置されている。使用の際、上記したように、ドライバ1579および1580が、カムスレッドによってステープルカートリッジ1576のデッキ1582に向かって押し上げられる。しかし、図163を参照すると、ドライバ1579および1580がブリッジ1574および1575に接触し、ステープルパック1571および1572の上方への移動がステープルカートリッジ1576によって防止されると、ドライバ1579および1580の上方へのさらなる移動により、剪断部材1581がブリッジ1574および1575を分断してステープル1306を分離する。ブリッジ1574および1575が分断されると、ドライバ1579および1580の支持面1582が、上記したように、ステープル1306をアンビルに向かって上方に押すように構成されている。図164および図164Aを参照すると、代替のステープルカートリッジ1583は、ステープルパックの代替の構造を受容する大きさおよび構造の凹部を有するものとして例示されている。
[0178]
本発明の少なくとも1つの代替の実施形態では、図165および図166を参照すると、ステープルパック1584および1585は、例えば、ステープル1587を相互連結するブリッジ1586が、そこから延びた剪断部材1588を含むように構成することができる。この実施形態では、図167を参照すると、剪断部材1588は、ステープルカートリッジ1590のデッキ1589を切断するように構成することができる。具体的には、ステープルパック1585が、例えば、カムスレッド1591によって押し上げられると、剪断部材1588は、ステープルを止めるときにパック1585がデッキ1589よりも上に押し上げられるようにデッキ1589を分断することができる。結果として、ステープル1587を、ステープルカートリッジ1590が手術部位から取り除く前に、ステープルカートリッジ1590から完全に排出することができる。代替の実施形態では、図示されていないが、ステープルカートリッジは、剪断部材1588がステープルカートリッジのデッキ1589を切断した後に、ブリッジ1586および/または剪断部材1588からステープル1587を分離する剪断部材を含むことができる。上記と同様に、ブリッジ1589は、カムスレッド1591と協働するように構成された傾斜面1592を含むことができる。
[0179]
図168を参照すると、各ステープル1465は、第1の変形可能な脚1466、第2の変形可能な脚1467、およびこれらの変形可能な脚1466と1467を連結しているベース1468を含むことができる。脚と実質的に同一平面にあるベースを有する従来のステープルとは異なり、ベース1468は、脚1466および1467によって定められた平面に対して垂直である少なくとも1つの方向に延びることができる。具体的には、ベース1468は、脚1466および1467から横方向に延びて、互いに所定の角度を成す第1の部分1469および第2の部分1470を含むことができる。この実施形態では、図169を参照すると、第1の部分1469は、第2の部分1470に対して約90度の角度を成している。しかし、本発明は、90度の角度に限定されるものではなく、任意の適当な角度を用いることができる。具体的には、第1の部分1469と第2の1470との間の角度は、一部の実施形態では、90度を超える角度にすることができ、他の実施形態では、90度未満にすることができる。さらに、他の実施形態では、ベース1468は、いくつかの実質的に線形のセグメントおよび/または湾曲部分を含むことができる。
[0180]
ステープル1465は、ベース1468に対してオーバーモールドされたクラウン1471をさらに含むことができる。具体的には、上記したベース1468の構造により、クラウン1471も、脚1466と1467との間に定められた平面に対して垂直に延びることができる。図168および図169を参照すると、クラウン1471は、組織を支持する大きさおよび構造の組織接触面1472を含むことができる。組織接触面1472は、クラウン1471の構造により、従来のステープルの組織接触面よりも大きくすることができる。したがって、比較的大きい接触面は、ステープル内に保持された組織に作用する局所圧力を低減させることができる。当技術分野で知られているように、この局所圧力を低減させることにより、組織に作用する圧迫力を低減させることなく、組織の壊死の可能性を低減させることができる。言い換えれば、組織に作用する圧力は、組織に作用する力をその力が作用する面積で除した値である。面積を増大させることにより、ステープルによって加えられるクランプ力を低減させることなく局所圧力を低減させることができる。
[0181]
さらに、ベース1468およびクラウン1471の構造により、クラウン1471の比較的大きい面積により、ステープルが組織に止められた後のクラウン1471および周囲組織の安定性を改善することができる。具体的には、従来のステープルが取り付けられると、このような従来のステープルの比較的細いクラウンは、ステープルの組織に対する揺れ、またはステープルの周りの組織の歪みを防止することができない。ステープル1465は、クラウン1471の構造により、このような従来の問題を軽減し、場合によっては解消することができる。具体的には、比較的大きい接触面1472により、クラウン1471は、より安定し、組織に対してクラウン1471が回転しにくい。さらに、従来のステープルのクラウンは、その細い構造により、下側の組織に食い込むことがある。ステープル1465は、クラウン1471の比較的大きい構造により、この可能性を低減させ、場合によっては解消することができる。代替の実施形態では、図173を参照すると、ステープル組立体1479は、ステープル1400の「J」型の変形可能な部材(図122および図123)のいくつかを含むことができる。
[0182]
ステープル1465の安定性をさらに改善するために、例えば、2つの近接したステープル1465をブリッジ1473によって互いに連結することができる。具体的には、図168および図169を参照すると、第1のステープルのベース1468およびクラウン1471は、一方向において横に配置することができ、第2のステープルのベース1468およびクラウン1471は、反対方向において横に配置することができる。このように反対方向に配置する構成により、組立体の反対方向の両側における表面の安定性を改善することによってステープルの安定性を改善することができる。2つのステープルは、図172を参照すると、同時にカムスレッド1474によってステープルカートリッジ1475から排出することができる。ステープルの排出を容易にするために、ステープルカートリッジ1475は、上記と同様に、ステープル1465のクラウン1471から延びたキー1477を受容する大きさおよび構造のスロット1476を含むことができる。具体的には、キー1477およびスロット1476は、ステープルカートリッジ1475に対するステープル1465の運動を実質的に線形の上方の運動に制限するように構成することができる。加えて、上記と同様に、各ブリッジ1473は、カムスレッド1474と協働するように構成された一体ドライバ1478を含むことができる。少なくとも1つの実施形態では、クラウン1471、ブリッジ1473、およびドライバ1478は、溶解性または生体吸収性材料から形成することができる。
[0183]
当技術分野で知られているように、ステープルは、1列に整合するように組織に取り付けることができる。しかし、以前は、ステープル間の潜在リーク経路のため、対角パターンに構成されたステープルは敬遠されてきた。本発明のステープルは、このような従来の問題を克服することができる。図174および図175を参照すると、各ステープル1480は、クラウン1482から延びた2つの変形可能な部材1481と、クラウン1482を連結しているブリッジ1483を含む。ステープル1480が組織に挿入されると、上記したように、組織は、クラウン1482と変形可能な部材1481との間で、圧迫される。しかし、ブリッジ1483がステープル1480とともに体内に挿入される実施形態では、ブリッジ1483は、組織を圧迫して、これらの間のあらゆるリーク経路を閉じることもできる。図175を参照すると、ステープルカートリッジ1484は、上記したようにステープル1480を組織に止めることができるように対角パターンでステープル1480を受容するように構成された凹部1485を備えている。
[0184]
代替の実施形態では、ステープルカートリッジの一部を、ステープルの排出の際にステープルカートリッジから分断することができる。この部分は、ステープルのベースとステープル内に保持された組織との間に配置されるように構成することができる。具体的には、図176〜図178を参照すると、外科ステープル止めシステムは、ステープルカートリッジ1486のデッキ1488に一体成形されたステープルパッド1487を有するステープルカートリッジ1486を含むことができる。ステープルカートリッジ1486は、ステープルパッド1487をデッキ1488から容易に分離できるようにステープルパッド1487を取り囲む刻みマーク1489およびスロット1490を含むことができる。具体的には、図178を参照すると、ステープル止めシステムは、ベース1493がステープルサドル1494に近づいてステープルパッド1487を打ち抜く際にステープルパッド1487に対して押圧されるように構成された剪断部材1492を有するドライバ1491を含むことができる。少なくとも1つの実施形態では、ステープルパッドが打ち抜かれたら、ステープルパッドを、ステープル内に保持された組織とベース1493との間に配置することができる。結果として、ステープルパッド1487は、ステープルのクラウンとして機能するように構成することができ、代替の実施形態では、ステープルと組織との間のバットレス部材として機能することができる。少なくとも1つの実施形態では、上記と同様に、ステープルパッド1487は、生体吸収性材料から形成することができる。
[0185]
上記したステープルは、様々な外科手術法に用いることができる。例えば、ある外科手術法では、上記した少なくとも1つのステープルを含む外科ステープル止めシステムを横切される組織の近傍に配置し、外科ステープル止めシステムを作動させて組織を互いに圧迫し、外科ステープル止めシステムを作動させてステープルで組織を止めて分離し、外科ステープル止め器具を手術部位から取り除いて、組織または空洞器官を横切する方法を含むことができる。少なくとも1つの実施形態では、この外科手術法は、2つの中空器官の吻合および/または少なくとも2つの組織の固定を含むことができる。

Brief Description of Drawings

[0186]
[fig. 1] シャフトが部分的に破断して、フレームグラウンドによって案内され閉鎖スリーブによって覆われた遠位発射バーおよび近位発射ロッドの発射部材が露出されている、エンドエフェクタ(ステープル取付け組立体)が開いた状態の外科ステープル止め/切断器具の左側面立面図である。
[fig. 2] 図1の線2‐2に沿って長手方向に見た図1の本発明の外科ステープル止め/切断器具に一致した、引き戻された力が調節される高さ発射バーを備えた閉じたエンドエフェクタ(ステープル止め組立体)の左側面図である。
[fig. 3] 図2の力が調節される高さ(弾性的)発射バーの左等角図である。
[fig. 4] 垂直方向の可撓性を促進するために上部ピンと切断面との間および中間ピンと切断面との間に水平スリットが形成された、図2の力が調節される高さ発射バーの第1の形態の遠位部分(Eビーム)の左側面図である。
[fig. 5] 垂直方向の可撓性を促進するために上部ピンの下部が切除された図2の力が調節される高さ発射バーの第2の形態の遠位部分(Eビーム)の左等角図である。
[fig. 6] 線6‐6に沿った上部ピンを通る垂直および横方向の断面を示す図5のEビームの上部の正面立面図である。
[fig. 7] 垂直方向の可撓性を促進するために上部ピンの上部付け根取付け部が切除された、線6‐6に沿った垂直および横方向の断面を示す図5のEビームの第3の形態の上部の正面図である。
[fig. 8] 垂直方向の可撓性を促進するために上部ピンの下面が切除される代わりに弾性的な内側垂直ラミネート層を含む、線6‐6に沿った垂直および横方向の断面を示す図5のEビームの第4の形態の上部の正面図である。
[fig. 9] 垂直方向の可撓性を促進するために上部ピンの下面が切除される代わりに弾性材料から形成された上部ピンを含む、線6‐6に沿った垂直および横方向の断面を示す図5のEビームの第5の形態の上部の正面図である。
[fig. 10] 垂直方向の可撓性を促進するために下部フットに弾性部材が設けられている図2の力が調節される高さ発射バーの第6の形態の遠位部分(Eビーム)の左上方等角図である。
[fig. 11] 図1の外科ステープル止め/切断器具のエンドエフェクタ(ステープル止め組立体)のパッドが付いた下部フットを通る垂直および横方向の断面を示す正面立面図である。
[fig. 12] 垂直方向の可撓性を促進するために下部フットに取り付けられた近位方向および上方に延びたばねアームを有する図2の力が調節される発射バーの第7の形態の遠位部分(Eビーム)の左立面図である。
[fig. 13] 垂直方向の可撓性を促進するために下部フットを含むばねワッシャーを有する図2の力が調節される発射バーの第8の形態の遠位部分(Eビーム)の左上方等角図である。
[fig. 14] クランプされた位置すなわち閉じた位置にある本発明の別のステープル止め組立体すなわちエンドエフェクタの端部の断面図である。
[fig. 15] 一部の構成要素の断面を示す図14のステープル止め組立体の部分斜視図である。
[fig. 16] クランプされた位置すなわち閉じた位置にある本発明の別のステープル止め組立体すなわちエンドエフェクタの端部の断面図である。
[fig. 17] 一部の構成要素の断面を示す図16のステープル止め組立体の部分斜視図である。
[fig. 18] 部分的に切断されてステープル止めされた組織片をクランプしている本発明のステープル止め組立体の部分斜視図である。
[fig. 19] 本発明のアンビルの実施形態の底面図である。
[fig. 20] 図19に示されているアンビルの実施形態を用いているステープル止め組立体の長手方向の断面図である。
[fig. 21] 見やすくするために一部の構成要素を立体的に示す、図20の線21‐21に沿って見た図20のステープル止め組立体の端部の断面図である。
[fig. 22] 様々な断面の厚みを有する組織片を内部にクランプしている図20および図21のステープル止め組立体の別の長手方向の断面図である。
[fig. 23] 内部に別の組織片をクランプしている図20‐図22のステープル止め組立体の別の長手方向の部分断面図である。
[fig. 24] 内部に別の組織片をクランプしている図20‐図23のステープル止め組立体の別の長手方向の部分断面図である。
[fig. 25] クランプされた位置にある本発明の別のステープル止め組立体の端部の断面図である。
[fig. 26] 本発明の別のステープル止め組立体の長手方向の断面図である。
[fig. 27] 内部に組織片がクランプされてステープル止めされている本発明の別のステープル止め組立体の一部の断面図である。
[fig. 28] 本発明の付勢プレートの実施形態の一部の平面図である。
[fig. 29] 図28の線29‐29に沿って見た図28の付勢プレートの一部の断面図である。
[fig. 30] 見やすくするために一部の構成要素を立体的に示す図27のステープル止め組立体の端部の断面図である。
[fig. 30A] 見やすくするために一部の構成要素を立体的に示す本発明の別のステープル止め組立体の端部の端面図である。
[fig. 31] 内部に組織がクランプされてステープル止めされている図27および図30のステープル止め組立体の長手方向の断面図である。
[fig. 32] 内部に組織の別の部分がクランプされてステープル止めされている図31のステープル止め組立体の別の長手方向の断面図である。
[fig. 33] 本発明の様々な実施形態のハンドル組立体によって支持された流体レザバに流体的に結合された図30‐図32のステープル止め組立体の別の長手方向の断面図である。
[fig. 34] 内部に異なる厚みの組織がクランプされている本発明のステープル止め組立体の別の実施形態の長手方向の断面図である。
[fig. 35] 図34のステープル止め組立体の一部の拡大断面図である。
[fig. 36] 第1の位置(収縮されていない位置)にある本発明の収縮可能なステープルドライバの実施形態の組立分解斜視図である。
[fig. 37] 図36の収縮可能なステープルドライバの実施形態の断面図である。
[fig. 38] 第1の位置(収縮されていない位置)にある本発明の別の収縮可能なステープルドライバの実施形態の組立分解斜視図である。
[fig. 39] 図38の収縮可能なステープルドライバの実施形態の断面図である。
[fig. 40] 本発明の別の収縮可能なステープルドライバの実施形態の斜視図である。
[fig. 41] 図40の収縮可能なステープルドライバの実施形態の組立分解斜視図である。
[fig. 42] 第1の位置(収縮されていない位置)にある図40および図41の収縮可能なステープルドライバの実施形態の断面図である。
[fig. 43] 収縮可能なステープルドライバに圧迫力が加えられた後の図40‐図42の収縮可能なステープルドライバの実施形態の別の断面図である。
[fig. 44] 本発明の別の収縮可能なステープルドライバの実施形態の組立分解斜視図である。
[fig. 45] 第1の位置(収縮されていない位置)にある図44の収縮可能なステープルドライバの実施形態の断面図である。
[fig. 46] 一部の構成要素の断面を示す図44および図45の収縮可能なステープルドライバの実施形態の組立分解斜視図である。
[fig. 47] 本発明の別の収縮可能なステープルドライバの実施形態の組立分解正面図である。
[fig. 48] 第1の位置(収縮されていない位置)にある図47の収縮可能なステープルドライバの別の正面図である。
[fig. 49] 完全に収縮された位置まで圧縮された後の図47および図48のステープルドライバの別の正面図である。
[fig. 50] 本発明の別の収縮可能なステープルドライバの実施形態の組立分解図である。
[fig. 51] 図50の収縮可能なステープルドライバの実施形態の組立分解正面図である。
[fig. 52] 完全に収縮された位置まで圧縮された後の図50および図51の収縮可能なステープルドライバの実施形態の別の正面図である。
[fig. 53] 本発明の別の収縮可能なステープルドライバの実施形態の斜視図である。
[fig. 54] 第1の位置(収縮されていない位置)にある図53の収縮可能なステープルドライバの側面図である。
[fig. 55] 完全に収縮された位置に圧縮された後の図53および図54の収縮可能なステープルドライバの別の側面図である。
[fig. 56] 本発明の様々な実施形態の外科ステープル止め/切断器具の斜視図である。
[fig. 57] 本発明の様々な実施形態のエンドエフェクタおよび細長いシャフト組立体の組立分解図である。
[fig. 58] 見やすくするために発射システムの構成要素を省いた、本発明の様々な実施形態のハンドル組立体および閉鎖シャトルの構造の組立分解図である。
[fig. 59] 閉鎖トリガーがロックされた位置にある図58に示されているハンドル組立体の側断面図である。
[fig. 60] 本発明の様々な実施形態の閉鎖シャトルおよび閉鎖チューブ組立体の左側組立分解斜視図である。
[fig. 61] 本発明の様々な実施形態の閉鎖シャトルおよび閉鎖チューブ組立体の右側組立分解図である。
[fig. 62] 見やすくするために一部の構成要素の断面を示す、部分的に閉じたアンビルと相互作用する閉鎖チューブ組立体の遠位端部の部分拡大図である。
[fig. 63] 見やすくするために一部の構成要素を断面で示す、アンビルが完全に閉じた位置に例示されている図62の閉鎖チューブおよびアンビルの別の部分拡大図である。
[fig. 64] 本発明の様々な実施形態の閉鎖チューブ組立体およびアンビルの部分斜視図である。
[fig. 65] 本発明の様々な実施形態の別の閉鎖チューブ組立体およびアンビルの部分斜視図である。
[fig. 66] アンビルが完全に閉じた位置にある本発明の様々な実施形態の別の閉鎖チューブ組立体およびアンビルの部分斜視図である。
[fig. 67] 見やすくするために細長い溝型部材が省かれた、図66の閉鎖チューブおよびアンビルの構造の端部の断面図である。
[fig. 68] アンビルが部分的に閉じた位置にある本発明の他の様々な実施形態の閉鎖チューブおよびアンビルの構造の部分拡大図である。
[fig. 69] アンビルが完全に閉じた位置にある図68の閉鎖チューブおよびアンビルの構造の別の部分拡大図である。
[fig. 70] 見やすくするために一部の構成要素が立体的に示されている、アンビルが開いた位置にある本発明の別のエンドカッターの実施形態の断面図である。
[fig. 71] 見やすくするために一部の構成要素が立体的に示されている、アンビルが完全に閉じた位置にある図70のエンドカッターの実施形態の別の断面図である。
[fig. 72] アンビルが完全に閉じた位置にある図70および図71に示されている実施形態のアンビルおよび閉鎖チューブ組立体の一部の拡大断面図である。
[fig. 73] 見やすくするために一部の構成要素が立体的に示されている、アンビルが最大クランプ位置にある図70のエンドカッターの実施形態の別の断面図である。
[fig. 74] アンビルが最大クランプ位置にある図73に示されている実施形態のアンビルおよび閉鎖チューブ組立体の一部の拡大断面図である。
[fig. 75] 薄い組織片をクランプしている図70‐図74に示されているエンドカッターの一部の拡大断面図である。
[fig. 76] 厚い組織片をクランプしている図70‐図75に示されているエンドカッターの一部の別の拡大断面図である。
[fig. 77] 本発明の様々な実施形態の別のステープル止め器具の斜視図である。
[fig. 78] 図77に示されているタイプの様々なステープラの実施形態に用いることができるアンビルおよびヘッドの構造の組立分解斜視図である。
[fig. 79] 図77に示されているステープラの様々な実施形態に用いることができるシャフトおよびトリガー組立体の組立分解斜視図である。
[fig. 80] アンビルがシャフト組立体に取り付けられている本発明のシャフト組立体およびヘッド組立体の実施形態の部分断面図である。
[fig. 81] 本発明の様々な実施形態のハンドル組立体および閉鎖ノブ組立体の断面図である。
[fig. 82] ハンドルハウジング、ヘッドケーシング、および外側管状シュラウドが取り外された、シャフト組立体、トリガー組立体、ステープルドライバ、アンビル、および閉鎖ノブ組立体の斜視図である。
[fig. 83] 本発明のノブ組立体の実施形態の断面図である。
[fig. 84] 図83の線84‐84に沿って見た図83のノブ組立体の断面図である。
[fig. 85] 腸の分離された各部分の中に挿入された本発明のステープラの実施形態の部分断面図である。
[fig. 86] 腸の近位端部および遠位端部がアンビルシャフトの周りに縫合糸で取り付けられている図85のステープルおよび腸の構造の別の断面図である。
[fig. 87] アンビルが完全に圧迫した位置に引かれて、ステープラが発射される前の図85および図86のステープラと腸の構造の別の断面図である。
[fig. 88] ステープルが発射され、ナイフが縫合された腸の部分を切断した後の図85‐図87のステープラと腸の構造の別の断面図である。
[fig. 89] 本発明の別のステープラの実施形態の斜視図である。
[fig. 90] 図89のステープラの一部の部分断面図である。
[fig. 91] 図89および図90のステープラに用いることができる閉鎖アクチュエータの断面図である。
[fig. 92] 図91の線92‐92に沿って見た図91の閉鎖アクチュエータの断面図である。
[fig. 93] ステープラのアンビルが完全に圧迫した位置に引かれて、ステープラが発射される前の腸の一部の中に挿入された図89‐図92のステープラの一部の断面図である。
[fig. 94] 本発明の様々な実施形態に用いることができる可変力発生器によって生成される抵抗荷重と圧迫力との間の関係を例示するグラフである。
[fig. 95] 図91および図92の閉鎖アクチュエータの別の図である。
[fig. 96] 本発明の実施形態に従った取付け前の形状の外科ステープルの側面図である。
[fig. 97] 第1の変形した形状にある図96のステープルの側面図である。
[fig. 98] 第2の変形した形状にある図96のステープルの側面図である。
[fig. 99] 第3の変形した形状にある図96のステープルの側面図である。
[fig. 100] 図99のステープルの平面図である。
[fig. 101] 図96のステープルの斜視図である。
[fig. 102] 図97のステープルの斜視図である。
[fig. 103] 図98のステープルの斜視図である。
[fig. 104] 図99のステープルの斜視図である。
[fig. 105] 本発明の実施形態に従った、様々な変形した形状に例示されている外科ステープルおよび外科ステープラの部分断面図である。
[fig. 106] 本発明の代替の実施形態に従った外科ステープルの側面図である。
[fig. 107] 図106のステープルの斜視図である。
[fig. 108] 本発明の代替の実施形態に従ったステープルの側面図である。
[fig. 109] 図108のステープルの平面図である。
[fig. 110] 変形した形状にある図108のステープルの側面図である。
[fig. 111] 本発明の代替の実施形態に従ったステープルの側面図である。
[fig. 112] 本発明の代替の実施形態に従ったステープルの側面図である。
[fig. 113] 押し込み可能な部材を含む本発明の実施形態に従った外科ステープルの側面図である。
[fig. 114] 変形した形状にある図113のステープルの側面図である。
[fig. 115] 第1の弾性部材および第2の弾性部材を有するばねを含む本発明の実施形態に従った外科ステープルの側面図である。
[fig. 116] 図115のステープルの平面図である。
[fig. 117] 片持ちばねを含む本発明の実施形態に従った外科ステープルの側面図である。
[fig. 118] 図117のステープルの平面図である。
[fig. 119] ばねを含む本発明の実施形態に従った外科ステープルの側面図である。
[fig. 120] 変形した形状にある図119のステープルの側面図である。
[fig. 121] 図120のステープルの平面図である。
[fig. 122] 本発明の実施形態に従ったステープルの第1および第2の変形可能な部材の斜視図である。
[fig. 123] 図122の変形可能な部材にオーバーモールドされた溶解性または生体吸収性材料の斜視図である。
[fig. 124] 変形した形状にある図123のステープルの斜視図である。
[fig. 125] 溶解性材料の一部が溶解して、第1の変形可能な部材と第2の変形可能な部材が互いに対して移動した図124のステープルの斜視図である。
[fig. 126] 溶解性材料が完全に溶解した後の図125のステープルの斜視図である。
[fig. 127] 本発明の実施形態に従った取外し可能にステープルを保管するためのステープルカートリッジおよびアンビルを有する外科ステープラの部分断面図である。
[fig. 128] 様々な変形した形状にあるいくつかのステープルを例示する図127のステープラの部分断面図である。
[fig. 129] 図127の線129‐129に沿って見た図127のステープラの部分断面図である。
[fig. 129A] 図129のステープルの詳細図である。
[fig. 130] 第1の変形した形状にある図129Aのステープルの詳細図である。
[fig. 131] 第2の変形した形状にある図129Aのステープルの詳細図である。
[fig. 132] 変形可能な部材に2つの材料がオーバーモールドされた本発明の代替の実施形態に従ったステープルの側面図である。
[fig. 133] 本発明の代替の実施形態に従ったステープルの詳細図である。
[fig. 134] 本発明の代替の実施形態に従ったステープルの詳細図である。
[fig. 135] 本発明の実施形態に従ったステープルの斜視図である。
[fig. 136] 図135のステープルを受容するように構成されたステープルカートリッジの平面図である。
[fig. 137] 図136のステープルカートリッジの詳細図である。
[fig. 138] 図136のステープルカートリッジの第2の詳細図である。
[fig. 139] 内部に図135のステープルを備えた図136のステープルカートリッジの断面図である。
[fig. 140] 本発明の実施形態に従ったステープラのステープルカートリッジおよびステープルの斜視図である。
[fig. 141] 図140のステープルカートリッジの詳細図である。
[fig. 142] 図140のステープルのストリップの斜視図である。
[fig. 143] 図142のステープルの詳細図である。
[fig. 144] 図140のステープルカートリッジおよびステープルの側断面図である。
[fig. 145] 本発明の代替の実施形態に従ったステープルのストリップの斜視図である。
[fig. 146] 図145のステープルの詳細図である。
[fig. 147] 図145のステープルを取り付けているステープラの側断面図である。
[fig. 148] 本発明の代替の実施形態に従ったステープルのストリップの斜視図である。
[fig. 149] 図148のステープルの詳細図である。
[fig. 150] 図149のステープルを取り付けているステープラの側断面図である。
[fig. 151] 本発明の代替の実施形態に従ったステープルのストリップの斜視図である。
[fig. 152] ステープルカートリッジ内に保管された図151のステープルストリップの図である。
[fig. 153] 図152の線153‐153に沿って見た図152のステープルカートリッジの断面図である。
[fig. 154] 図153の線154‐154に沿って見た図152のステープルカートリッジの断面図である。
[fig. 155] ステープルが第1の位置にある図152のステープルカートリッジの断面斜視図である。
[fig. 156] ステープルが第2の位置にある図152のステープルカートリッジの断面斜視図である。
[fig. 157] 図152のステープルカートリッジの別の断面斜視図である。
[fig. 158] 「パック」構造に連結された本発明の実施形態に従ったステープルの斜視図である。
[fig. 159] 図158のステープルを受容するように構成された本発明の代替の実施形態に従ったステープルカートリッジの底面図である。
[fig. 159A] 図159のステープルカートリッジの詳細図である。
[fig. 160] 図159のステープルカートリッジのドライバの上に配置された図158のステープルの斜視図である。
[fig. 161] 図160のドライバの斜視図である。
[fig. 162] 図159のステープルカートリッジの断面図である。
[fig. 163] 図159のステープルカートリッジの第2の断面図である。
[fig. 164] 本発明の代替の実施形態に従ったステープルカートリッジの底面図である。
[fig. 164A] 図164のステープルカートリッジの詳細図である。
[fig. 165] 本発明の代替の実施形態に従ったステープルの斜視図である。
[fig. 166] 図165のステープルの第2の斜視図である。
[fig. 167] 本発明の実施形態に従ったステープラによって取り付けられている図165のステープルの断面図である。
[fig. 168] 本発明の実施形態に従ったステープル組立体の斜視図である。
[fig. 169] 図168のステープル組立体の平面図である。
[fig. 170] 図179のステープル組立体を受容するように構成されたステープルカートリッジの斜視図である。
[fig. 171] 図170のステープルカートリッジの平面図である。
[fig. 172] 図170のステープルカートリッジおよび図168のステープルの断面図である。
[fig. 173] 本発明の代替の実施形態に従ったステープル組立体の斜視図である。
[fig. 174] 平行でないステープルパターンを形成するための本発明の代替の実施形態に従ったステープル組立体の斜視図である。
[fig. 175] 本発明の実施形態に従ったステープルカートリッジ内に配置された図174のステープルの平面図である。
[fig. 176] 本発明の実施形態に従ったステープルカートリッジおよびステープルの平面図である。
[fig. 177] 図176のステープルカートリッジの詳細図である。
[fig. 178] 図176のステープルカートリッジの剪断可能なデッキを例示する断面図である。

Claims

[1]
外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450において、
第1の変形可能な部材1304、1344、1404、1452と、
前記第1の変形可能な部材が延びているベース1301、1408と、
ドライバ1302、1402、1451であって、
前記ベースの少なくとも一部が、前記ドライバ と一体であり
前記ドライバは、
ステープラのカム1462に動作可能に係合するように構成されたカム接触面1328、1453、および、
組織接触面1336であって、前記ステープラの前記カム1462に前記カム接触面1328、1453が係合することで前記外科ステープルが移動して前記第1の変形可能な部材が変形した場合に、前記第1の変形可能な部材と前記組織接触面1336との間に組織を保持するように構成されている、組織接触面1336、
を備えた、
ドライバ1302、1402、1451と、
を含む、外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450。
[2]
請求項1記載の外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450において、
前記ドライバ1302、1402、1451は、前記ベース1301、1408にオーバーモールドされている、外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450。
[3]
請求項1記載の外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450において、
前記カム接触面1328、1453は、前記ステープラの前記カム1462の角度の付いた表面1454と係合するように構成された傾斜面である、外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450。
[4]
請求項1記載の外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450において、
前記ドライバ1302、1402、1451は、生体吸収性材料から形成されている、外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450。
[5]
請求項1記載の外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450において、
前記ドライバ1302、1402、1451の少なくとも一部は、親水性材料が膨張して前記ドライバと前記第1の変形可能な部材1304、1344、1404、1452との間の組織を圧迫できるように、親水性材料でコーティングされている、外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450。
[6]
請求項1記載の外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450において、
前記ステープルは、前記ベース1301、1408から延びた第2の変形可能な部材1306、1344、1406、1452をさらに含み、
前記第2の変形可能な部材は、前記ステープラの前記カム1462に前記カム接触面1328、1453が係合することで前記外科ステープルが移動して前記第2の変形可能な部材が変形した場合に、前記第2の変形可能な部材と前記組織接触面1336との間に組織を保持するように構成されている、
外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450。
[7]
外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450において、
第1の変形可能な部材1304、1344、1404、1452と、
前記第1の変形可能な部材が延びているベース1301、1408と、
ドライバ1302、1402、1451であって、前記ベース と一体であり、ステープラのカム1462と動作可能に係合するように構成されている、ドライバ1302、1402、1451と、
を含む、外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450。
[8]
請求項7記載の外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450において、
前記ドライバ1302、1402、1451は、前記ベース1301、1408にオーバーモールドされている、外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450。
[9]
請求項7記載の外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450において、
前記ドライバ1302、1402、1451は、生体吸収性材料から形成されている、外科ステープル1300、1340、1350、1360、1370、1380、1400、1450。

Drawings

[ Fig. 1]

[ Fig. 2]

[ Fig. 3]

[ Fig. 4]

[ Fig. 5]

[ Fig. 6]

[ Fig. 7]

[ Fig. 8]

[ Fig. 9]

[ Fig. 10]

[ Fig. 11]

[ Fig. 12]

[ Fig. 13]

[ Fig. 14]

[ Fig. 15]

[ Fig. 16]

[ Fig. 17]

[ Fig. 18]

[ Fig. 19]

[ Fig. 20]

[ Fig. 21]

[ Fig. 22]

[ Fig. 23]

[ Fig. 24]

[ Fig. 25]

[ Fig. 26]

[ Fig. 27]

[ Fig. 28]

[ Fig. 29]

[ Fig. 30]

[ Fig. 30A]

[ Fig. 31]

[ Fig. 32]

[ Fig. 33]

[ Fig. 34]

[ Fig. 35]

[ Fig. 36]

[ Fig. 37]

[ Fig. 38]

[ Fig. 39]

[ Fig. 40]

[ Fig. 41]

[ Fig. 42]

[ Fig. 43]

[ Fig. 44]

[ Fig. 45]

[ Fig. 46]

[ Fig. 47]

[ Fig. 48]

[ Fig. 49]

[ Fig. 50]

[ Fig. 51]

[ Fig. 52]

[ Fig. 53]

[ Fig. 54]

[ Fig. 55]

[ Fig. 56]

[ Fig. 57]

[ Fig. 58]

[ Fig. 59]

[ Fig. 60]

[ Fig. 61]

[ Fig. 62]

[ Fig. 63]

[ Fig. 64]

[ Fig. 65]

[ Fig. 66]

[ Fig. 67]

[ Fig. 68]

[ Fig. 69]

[ Fig. 70]

[ Fig. 71]

[ Fig. 72]

[ Fig. 73]

[ Fig. 74]

[ Fig. 75]

[ Fig. 76]

[ Fig. 77]

[ Fig. 78]

[ Fig. 79]

[ Fig. 80]

[ Fig. 81]

[ Fig. 82]

[ Fig. 83]

[ Fig. 84]

[ Fig. 85]

[ Fig. 86]

[ Fig. 87]

[ Fig. 88]

[ Fig. 89]

[ Fig. 90]

[ Fig. 91]

[ Fig. 92]

[ Fig. 93]

[ Fig. 94]

[ Fig. 95]

[ Fig. 96]

[ Fig. 97]

[ Fig. 98]

[ Fig. 99]

[ Fig. 100]

[ Fig. 101]

[ Fig. 102]

[ Fig. 103]

[ Fig. 104]

[ Fig. 105]

[ Fig. 106]

[ Fig. 107]

[ Fig. 108]

[ Fig. 109]

[ Fig. 110]

[ Fig. 111]

[ Fig. 112]

[ Fig. 113]

[ Fig. 114]

[ Fig. 115]

[ Fig. 116]

[ Fig. 117]

[ Fig. 118]

[ Fig. 119]

[ Fig. 120]

[ Fig. 121]

[ Fig. 122]

[ Fig. 123]

[ Fig. 124]

[ Fig. 125]

[ Fig. 126]

[ Fig. 127]

[ Fig. 128]

[ Fig. 129]

[ Fig. 129A]

[ Fig. 130]

[ Fig. 131]

[ Fig. 132]

[ Fig. 133]

[ Fig. 134]

[ Fig. 135]

[ Fig. 136]

[ Fig. 137]

[ Fig. 138]

[ Fig. 139]

[ Fig. 140]

[ Fig. 141]

[ Fig. 142]

[ Fig. 143]

[ Fig. 144]

[ Fig. 145]

[ Fig. 146]

[ Fig. 147]

[ Fig. 148]

[ Fig. 149]

[ Fig. 150]

[ Fig. 151]

[ Fig. 152]

[ Fig. 153]

[ Fig. 154]

[ Fig. 155]

[ Fig. 156]

[ Fig. 157]

[ Fig. 158]

[ Fig. 159]

[ Fig. 159A]

[ Fig. 160]

[ Fig. 161]

[ Fig. 162]

[ Fig. 163]

[ Fig. 164]

[ Fig. 164A]

[ Fig. 165]

[ Fig. 166]

[ Fig. 167]

[ Fig. 168]

[ Fig. 169]

[ Fig. 170]

[ Fig. 171]

[ Fig. 172]

[ Fig. 173]

[ Fig. 174]

[ Fig. 175]

[ Fig. 176]

[ Fig. 177]

[ Fig. 178]