이 애플리케이션의 일부 콘텐츠는 현재 사용할 수 없습니다.
이 상황이 계속되면 다음 주소로 문의하십시오피드백 및 연락
1. (JP2018518329) 食品を攪拌または粉砕するための伸縮自在に移動可能な柄を伴う器具

특허청 : 일본
출원번호: 2018506483 출원일: 18.04.2016
공개번호: 2018518329 공개일: 12.07.2018
특허번호: 6526905 특허부여일: 17.05.2019
공개유형: B2
IPC:
A47J 43/08
A SECTION A — 생활필수품 농업
47
가구; 가정용품 또는 가정용 설비; 커피 빻는 기구; 향신료 빻는 기구; 진공청소기 일반
J
주방 장비, 커피 분쇄기, 향신료 분쇄기, 음료를 만드는 장치
43
이 서브클래스의 다른 그룹으로 분류되지 않는, 식품을 조제 또는 보관 유지하기 위한 기구
04
다른 류에 속하지 않는 조리용 기계, 예. 식품을 분쇄, 혼합, 교반, 혼연, 유화, 거품일게 하기 또는 젓는 것, 예. 동력구동
07
부품 또는 세부, 예. 혼합기구, 거품 일으키는 기구
08
구동기구
출원인: デロンギ・ブラウン・ハウスホールド・ゲーエムベーハー
발명자: ユルゲン・ヴォルフ
クリスティアン・シュテングライン
サビーネ・ビュール−レンメル
クリスティアン・デックスハイマー
クリストフ・クリーマン
대리인: 村山 靖彦
実広 信哉
阿部 達彦
우선권 정보 102015207196.0 21.04.2015 DE
발명의 명칭: (JA) 食品を攪拌または粉砕するための伸縮自在に移動可能な柄を伴う器具
요약서: front page image
(JA)

食材を攪拌または切り刻むための器具は、モータ筐体に配置される駆動モータと、回転剛体となる様態で駆動モータに連結させることができるシャフト(1)が搭載される漏斗であって、漏斗は、内部組立体(2)および外部組立体(3)へと分割され、外部組立体(3)は、モータ筐体から遠隔にある端において遮蔽体(12)を有する、漏斗と、遮蔽体(12)によって包囲される作動部とを備え、シャフト(1)は、内部組立体(2)内において軸方向で不動に案内され、内部組立体(2)は、外部組立体に対して軸方向に移動可能である。作動部は、シャフト(1)に固定的に連結され、内部組立体(2)に軸方向で変位不可能に搭載され、そのため作動部は遮蔽体(12)に対して移動可能である。


또한로 출판 됨:
AU2016251209BR112017022669CN107787197KR1020180013890US20180116464