국제 및 국내 특허문헌 검색
이 애플리케이션의 일부 콘텐츠는 현재 사용할 수 없습니다.
이 상황이 계속되면 다음 주소로 문의하십시오피드백 및 연락
1. (JP2009525347) A2A−アデノシンレセプターアゴニストおよびその多形体の調製方法

특허청 : 일본
출원번호: 2008553396 출원일: 02.02.2007
공개번호: 2009525347 공개일: 09.07.2009
공개유형: A
IPC:
C07D 473/16
C SECTION C — 화학; 야금
07
유기화학
D
이종원자 고리 화합물(고분자 화합물 C08)
473
푸린(purine)환을 함유하는 이종원자 고리 화합물
02
.2 위치 및 6 위치에 직접 결합하는 산소, 황 또는 질소 원자를 갖는 것
16
2개의 질소 원자
출원인: シーブイ・セラピューティクス・インコーポレイテッド
CV Therapeutics, Inc.
발명자: ザブロッキ, ジェフ
エルゼイン, エルファティ
대리인: 山本 秀策
安村 高明
森下 夏樹
우선권 정보 60/765,114 03.02.2006 US
60/801,857 18.05.2006 US
발명의 명칭: (JA) A2A−アデノシンレセプターアゴニストおよびその多形体の調製方法
요약서:
(JA)

本発明の開示は、A2A−アデノシンレセプターアゴニストの大スケールでの製造に適切な合成方法であり、またそれらの化合物の多形体、および特定の多形体を単離する方法に関する。より具体的な本発明の目的は、(1−{9−[(4S,2R,3R,5R)−3,4−ジヒドロキシ−5−(ヒドロキシメチル)オキソラン−2−イル]−6−アミノプリン−2−イル}ピラゾール−4−イル)−N−メチルカルボキサミドおよびその多形体、好ましくはその一水和物の大スケールの調製のための便利な合成を提供することである。


또한로 출판 됨:
NO20083395MXMX/a/2008/009879IL193153EP1989214ZA2008/06666RU0002447081
EP2581381CN101379073CA2640089KR1020130130868NZ570239ES2593028
AU2007212542IL252700WO/2007/092372