이 애플리케이션의 일부 콘텐츠는 현재 사용할 수 없습니다.
이 상황이 계속되면 다음 주소로 문의하십시오피드백 및 연락
1. (JP4663721) 連結装置

특허청 : 일본
출원번호: 2007525183T 출원일: 25.11.2004
공개번호: 4663721 공개일: 06.04.2011
특허번호: 4663721 특허부여일: 06.04.2011
공개유형: B2
PCT 참조번호: 출원번호: WOEP2004013368; 공개번호: WO2006018038 자료를 보려면 여기를 클릭하십시오
IPC:
F16L 37/14
F SECTION F — 기계공학; 조명; 가열; 무기; 폭파
16
기계요소 또는 단위; 기계 또는 장치의 효과적 기능을 발휘하고 유지하기 위한 일반적인 수단; 단열 일반
L
관; 관의 이음 또는 부속품; 관, 케이블 또는 보호관류의 지지; 일반적인 열절연(THERMAL INSULATION) 방법
37
신속작동형 연결기(coupling)
08
맞대어진 또는 축 방향으로 겹쳐진 선단부 사이의 접속이 록킹(locking) 부재에 의하여 유지되는 것
12
훅(hook), 포올(pawl) 등 다른 움직일 수 있거나 삽입할 수 있는 록킹 부재를 사용하는 것
14
이음이 접합표면사이에 어떤 요소(예. 철사, 핀, 체인)를 삽입함으로써 고착되는 것
CPC:
F16L 37/144
F16L2201/10
출원인: アー ライモント エ カンパニュイ; フランス国 F-38000 グルノーブル クール ブリア 115
발명자: フェーガー、アクセル
トレド、ミカエル
우선권 정보 102004038912 11.08.2004 DE
EP2004013368 25.11.2004 WO
발명의 명칭: (JA) 連結装置
요약서:
(JA)


【課題】 適正な状態で組み立てないし連結することができ所定部材の予期せぬ脱落の防止が可能な連結装置。
【解決手段】 戻止め係合リング(2)が形成された差込部材(3)と、該差込部材(3)を受容するための受容部材(1)と、2つのアーム(11、12)及び戻止め保持部分(14)を備えた確保部材(10)とを有する連結装置において、
係合ロック機構(15、16、17)の受容部材(1)に形成された要素は、差込部材(3)の差込方向に対し横方向に延在するブリッジ(15)であり、かつ該係合ロック機構(15、16、17)の他の要素(複数)は、確保部材(10)の前記2つのアーム(11、12)の夫々の自由端(16、17)によって形成されると共に、該ブリッジ(15)は、確保部材(10)の前記離脱位置における前記2つのアーム(11、12)間の距離より大きい幅を有すること、及び前記2つのアーム(11、12)の領域に前記戻止め係合リング(2)が配置されると、前記ブリッジ(15)と該2つのアーム(11、12)の夫々の自由端(16、17)との間の係合が夫々解除されかつ確保部材(10)が戻止め保持部分(14)によって前記戻止め係合リング(2)が後方から係合される前記嵌込位置に運動可能になる程度の間隔に、該2つのアーム(11、12)は互いに離隔する。
【選択図】 図2


또한로 출판 됨:
MXMX/a/2007/001641KR1020070033381EP1779018JP2008509361RU02355938US20070246937
CN101002048CA2576575BRPI0418948AU2004322442IN7964/DELNP/2006WO/2006/018038