処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

官庁 all 言語 ja 語幹処理 true 1 つのパテント ファミリー メンバー false

検索式の保存

プライベートに設定された検索式は、ユーザがログインしたときのみ表示可能であり、RSS フィードの購読はできません。

検索式のツリー表示

条件の絞込み

官庁
全て
検索する言語を選択してください
語幹処理では、検索用語の語形変化を除いて、語幹のみを対象に解釈します。
例えば、「fishing」、「fished」、「fish」、「fisher」などの単語は、語形変化が除かれ、語幹の「fish」として解釈されます。
したがって、「fisher」という単語の検索結果では、語幹「fish」の語形が変化したさまざまな単語の検索結果も反映されます。
パテント ファミリーの中から 1 つのみ

検索式全体

ALLNUM:JP2016065669

この画面で利用可能なショートカット キー

一般
検索入力欄に移動
CTRL + SHIFT +
結果一覧に移動
CTRL + SHIFT +
文献詳細に移動
CTRL + SHIFT +
次のページに進む
CTRL +
前のページに戻る
CTRL +
結果一覧での操作 ([結果一覧に移動] 後の操作)
次の文献/図に移動
/
前の文献/図に移動
/
上へスクロール
Page Up
下へスクロール
Page Down
一番上までスクロール
CTRL + Home
一番下までスクロール
CTRL + End
文献詳細での操作 ([文献詳細に移動] 後の操作)
次のタブに移動
前のタブに移動

結果分析

1.2017183390識別装置
JP 05.10.2017
国際特許分類 H05K 13/00
H 電気
05
他に分類されない電気技術
K
印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
13
電気部品の組立体の製造または調整に特に適した装置または方法
出願番号 2016065669 出願人 NEC CORP 発明者 SATO UICHI

【課題】生産性を損なうことなく、回路基板の実装ライン上の任意の地点において基板を識別できる識別装置を提供する。
【解決手段】製造ラインで搬送中の対象基板の側面を搬送方向に対して前方および後方のいずれかから撮像する複数のカメラによって、対象基板の前方側面および後方側面に含まれる少なくとも三箇所を撮像させる撮像部と、撮像部によって撮像された対象基板の画像データから特徴量を抽出し、抽出した特徴量と対象基板の基板情報とを紐付けて対象基板を登録するとともに、対象基板の画像データから抽出された特徴量と登録された特徴量とを照合して対象基板を識別する基板識別部とを備える識別装置とする。
【選択図】 図1

2.2016065669無誘導弾システムとその使用方法
JP 28.04.2016
国際特許分類 F41G 7/28
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
41
武器
G
武器用照準器;照準合わせ
7
噴進または誘導飛しょう体の方向制御
20
標的位置の連続的な観察にもとづくもの
24
ビーム乗り誘導方式
28
無線誘導方式
出願番号 2014194959 出願人 IHI AEROSPACE CO LTD 発明者 KIMURA SATOHIDE

【課題】おとりやフレアに影響されずに目標の位置情報を取得でき、弾着させる弾丸が無誘導弾であっても遠隔地の目標に弾着でき、目標への弾着の精度を向上させることができ、高速で弾丸を目標に突入させることができ、実際に弾着したか否かを確認できる無誘導弾システムとその使用方法を提供する。
【解決手段】目標Xの予想位置A1に向けて投射される先行群G1及び後続群G2の無誘導弾20と、先行群又は後続群に軌道修正信号を送信する管制装置30と、先行群の無誘導弾と共に投射されるセンサ弾10と、を備える。センサ弾10は、その位置情報とその位置の画像情報とを検出する検出装置11と、それらを管制装置に送信する情報送信装置15と、を有する。無誘導弾20は、軌道修正信号に従いその軌道Hを修正する軌道修正装置21を有する。管制装置30は、センサ弾から受信した位置情報と画像情報とから軌道修正信号を演算し出力する。
【選択図】図1

3.WO/2017/022305流路構造体、測定ユニット、測定対象液体の測定方法、および測定対象液体の測定装置
WO 09.02.2017
国際特許分類 G01N 35/08
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
35
グループ1/00から33/00のいずれか1つに分類される方法または材料に限定されない自動分析;そのための材料の取扱い
08
チューブ系を流れる不連続試料流を用いるもの,例.フローインジェクション分析
出願番号 PCT/JP2016/065669 出願人 ALPS ELECTRIC CO., LTD. 発明者 TAGUCHI, Yoshihiro
流路構造体が組み込まれる装置を小型化したり可搬性を向上させたりすることが可能な流路構造体として、液体を収容可能な液収容部11と流出部12とを有する貯液部10、2つの開放端21,22の間に分離素子を内包する分離素子収容部20、貯液部10の流出部12と分離素子収容部20の一方の開放端21とに接続して貯液部10と分離素子収容部20とを連通させる供給流路30、および分離素子収容部20の他方の開放端22に接続される排出流路40を備える流路構造体1であって、供給流路30は、貯液部10の流出部12に接続する貯液部側流路31と、分離素子収容部20に接続する分離素子側流路32と、貯液部側流路31と分離素子側流路32との間に位置して測定対象液体を供給流路30内に導入可能なインジェクション部33とを備え、貯液部10は流路構造体1に加えられた外力を貯液部10内の圧力変動として伝達可能な圧力伝達部13を備え、貯液部10内に収容された液体を貯液部10内の圧力変動に基づいて流出部12から供給経路30へと流出可能とされる流路構造体1が提供される。