処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

官庁 all 言語 ja 語幹処理 true 1 つのパテント ファミリー メンバー false

検索式の保存

プライベートに設定された検索式は、ユーザがログインしたときのみ表示可能であり、RSS フィードの購読はできません。

検索式のツリー表示

条件の絞込み

官庁
全て
検索する言語を選択してください
語幹処理では、検索用語の語形変化を除いて、語幹のみを対象に解釈します。
例えば、「fishing」、「fished」、「fish」、「fisher」などの単語は、語形変化が除かれ、語幹の「fish」として解釈されます。
したがって、「fisher」という単語の検索結果では、語幹「fish」の語形が変化したさまざまな単語の検索結果も反映されます。
パテント ファミリーの中から 1 つのみ

検索式全体

ALLNUM:JP2011065482

この画面で利用可能なショートカット キー

一般
検索入力欄に移動
CTRL + SHIFT +
結果一覧に移動
CTRL + SHIFT +
文献詳細に移動
CTRL + SHIFT +
次のページに進む
CTRL +
前のページに戻る
CTRL +
結果一覧での操作 ([結果一覧に移動] 後の操作)
次の文献/図に移動
/
前の文献/図に移動
/
上へスクロール
Page Up
下へスクロール
Page Down
一番上までスクロール
CTRL + Home
一番下までスクロール
CTRL + End
文献詳細での操作 ([文献詳細に移動] 後の操作)
次のタブに移動
前のタブに移動

結果分析

1.2011065482非破壊検査装置
JP 31.03.2011
国際特許分類 G06F 3/048
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
048
グラフィカルユーザインタフェース(GUIs)に基づく相互作用技術
出願番号 2009216218 出願人 OLYMPUS CORP 発明者 MATSUI KOICHI

【課題】ユーザがメニュー画面において、所望の機能に対応する項目を各階層で選択しなくても、上位の階層の項目との関連及び下位の階層の設定内容を把握することのできる非破壊検査装置を実現する。
【解決手段】内視鏡装置1は、非破壊検査装置であって、モニタ上に階層構造でメニュー画面を表示するための指示を入力するためのメニュー表示指示部と、メニュー表示指示部により指示されて表示された前記メニュー画面において選択された階層の表示部を、その選択された階層よりも上位及び下位の階層の表示部に比べて強調して表示し、選択された階層の表示部を強調して表示しているとき、選択された階層に関連する上位の階層における項目を識別可能に表示し、選択された階層の項目に関連する下位の階層における項目のうち、既に設定されている項目を識別可能に表示する表示制御部とを有する。
【選択図】図7

2.WO/2012/005293精製クロロゲン酸類含有製剤の製造方法
WO 12.01.2012
国際特許分類 C07C 67/56
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
67
カルボン酸エステルの製造
48
分離;精製;安定化;添加剤の使用
56
固―液処理によるもの,例.化学吸着
出願番号 PCT/JP2011/065482 出願人 KAO CORPORATION 発明者 SUGIYAMA, Yukiteru
 酸性領域においても濁りの発生が抑制されたクロロゲン酸類含有飲料の製造に有用な精製クロロゲン酸類含有製剤の製造方法を提供する。 本発明の精製クロロゲン酸類含有製剤の製造方法は、原料クロロゲン酸類含有組成物を、酸性白土又は活性白土の存在下に有機溶媒及び水の混合溶媒に分散又は溶解する第1の工程と、該第1の工程により得られた分散液又は溶解液中の析出物を除去する第2の工程と、該第2の工程により得られた溶液中のクロロゲン酸類の濃度を1.5~10質量%、かつpHを2~4に調整する第3の工程と、該第3の工程により得られた濃度調整液中に発生した析出物を分離する第4の工程とを含むものである。