検索結果:1 - 10/594,848 件 検索条件:(ANID:JP* AND CTR:WO) 官庁:all 言語:JA 語幹処理:true
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
Page: / 59485
結果分析
表示件数
発明の名称Ctr公開日
国際特許分類出願番号出願人発明者
1. WO/2019/030792 コンデンサの冷却構造及びレーザ装置WO14.02.2019
H01S 3/041
H 電気
01
基本的電気素子
S
誘導放出を用いた装置
3
レーザ,すなわち誘導放出を用いた赤外線,可視光あるいは紫外線の発生,増幅,変調,復調あるいは周波数変換のための装置
02
構造的な細部
04
冷却装置
041
ガスレーザのためのもの
PCT/JP2017/028537GIGAPHOTON INC.KATSUUMI Hisakazu
コンデンサの冷却構造は、第1の電極及び第2の電極を有するコンデンサを冷却するために、第1の電極と電気的に接続された導電部と、第1の位置を含む第1の面と第2の位置を含む第2の面とを有し、第1の位置において導電部と接続された絶縁部と、導電部と絶縁部とを締結する第1の締結部と、第1の位置に対向する第2の位置と接続された冷却部と、を含み、導電部と冷却部は、絶縁部によって電気的に絶縁されている。

2. WO/2019/030793 熱交換器、空気調和装置の室内機および空気調和装置WO14.02.2019
F25B 39/00
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25
冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B
冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
39
蒸発器;凝縮器
PCT/JP2017/028540MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATIONYAMASHITA, Yuya
熱交換器は、並列に配置される複数のフィンと、複数のフィンを貫通する複数の伝熱管と、を有する熱交換器であって、複数の伝熱管は、内部にて冷媒を流通させる複数の冷媒流路を形成し、複数の冷媒流路のそれぞれは、冷媒入口から冷媒出口まで独立した単一の流路に構成される。

3. WO/2019/030794 情報処理装置、モデルデータ作成プログラム、モデルデータ作成方法WO14.02.2019
G06T 7/00
G 物理学
06
計算;計数
T
イメージデータ処理または発生一般
7
イメージ分析,例.ビットマップから非ビットマップへ
PCT/JP2017/028557FUJITSU LIMITEDMURAKAMI, Ryo
3次元の位置情報を得るセンサから、関節を介して繋がる複数の部位を有する対象物の表面に係る点群データを取得する取得部と、軸を有する複数の幾何モデルを用いて複数の前記部位を表現する対象物モデルと、前記点群データとに基づいて、前記対象物モデルを変化させながら、前記点群データに整合する前記対象物モデルに係る最適解を探索する最適化処理部とを含む、情報処理装置が開示される。

4. WO/2019/030795 太陽光発電システムWO14.02.2019
H02J 7/35
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
J
電力給電または電力配電のための回路装置または方式;電気エネルギーを蓄積するための方式
7
電池の充電または減極または電池から負荷への電力給電のための回路装置
34
電池と他の直流源の双方を使用する回路網内での並列運転,例.バッファリングの提供
35
光電池をもつもの
PCT/JP2017/028565CONNEXX SYSTEMS CORPORATIONTSUKAMOTO Hisashi
低温時の変動吸収能力が高くかつ低コストであり、そのために備えた、性質の異なる2種類の二次電池が並列に接続された複合電池全体の放電特性を簡便かつ高精度に計算することが可能な太陽光発電システムを提供する。太陽光発電システム10は、ストリング12とDC/DCコンバータ14とインバータ16と制御装置18と複合電池部30と電池状態監視装置40とを有する。複合電池部30は、リチウムイオン二次電池32と非リチウムイオン二次電池34とを並列接続して構成される。電池状態監視装置40は、電圧検出部42と電流検出部44と充電率検出部46と特性計算部48とを有する。特性計算部48は、電圧検出部42、電流検出部44及び充電率検出部46が検出又は計算した複合電池部30の電圧値、複合電池部30に流れる電流値、及びリチウムイオン二次電池32の充電率を用いて複合電池部30を構成する複合電池の放電特性を計算する。

5. WO/2019/030796 空気調和装置の室内機、空気調和装置および空気調和装置の室内機の設置方法WO14.02.2019
F24F 11/02
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
24
加熱;レンジ;換気
F
空気調節;空気加湿;換気;しゃへいのためのエアカーテンの利用
11
制御または安全方式またはそれらの装置
02
制御装置または安全装置の構成またはすえつけ
PCT/JP2017/028580MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATIONUEDA, Shunji
空気調和装置の室内機は、室内熱交換器と送風機とを筐体の内部に備える空気調和装置の室内機であって、筐体から取り外し可能な冷媒検知部を備え、冷媒検知部は、筐体の内部に取り付けられる状態と、筐体の下方かつ外方に取り付けられる状態と、を選択自在に配置される。

6. WO/2019/030797 空気調和機の室内機WO14.02.2019
F24F 13/20
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
24
加熱;レンジ;換気
F
空気調節;空気加湿;換気;しゃへいのためのエアカーテンの利用
13
空気調和,空気加湿,換気またはしゃへいのための気流の利用に共通,またはそれらのための細部
20
ケーシングまたはカバー
PCT/JP2017/028581MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATIONYOSHIDA, Takanori
空気調和機の室内機は、吸込口および吹出口を有し、前記吸込口から前記吹出口に至る風路が形成された本体と、前記風路上に配置された送風ファンと、前記吹出口に設けられ、上下方向の風向を調整する上下風向板と、前記風路を形成する風路壁に配置され、前記上下風向板の回動を支持する支持片と、空気流れ方向に対して傾斜する傾斜部を有し、前記支持片の後方に配置されたリブとを備える。

7. WO/2019/030798 空気調和機の室内機WO14.02.2019
F24F 13/20
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
24
加熱;レンジ;換気
F
空気調節;空気加湿;換気;しゃへいのためのエアカーテンの利用
13
空気調和,空気加湿,換気またはしゃへいのための気流の利用に共通,またはそれらのための細部
20
ケーシングまたはカバー
PCT/JP2017/028582MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATIONKOMATSU, Mio
空気調和機の室内機は、第一上下風向板を駆動する第一上下駆動モーターと、第二上下風向板を駆動する第二上下駆動モーターと、左右風向板を駆動する左右駆動モーターと、を備え、第一上下駆動モーター、第二上下駆動モーター、および、左右駆動モーターは、筐体の側面部に設けられ、筐体を正面視した状態において、第一上下駆動モーターおよび第二上下駆動モーターは、前後方向に並んで配置されており、左右駆動モーターは、第一上下駆動モーターと第二上下駆動モーターとの間に配置されており、少なくとも、第一上下駆動モーターの左右中央と第二上下駆動モーターの左右中央とを結ぶ直線上、または、第一上下駆動モーターの上下中央と第二上下駆動モーターの上下中央とを結ぶ直線上に配置されているものである。

8. WO/2019/030799 乱数生成システム、乱数生成方法および乱数生成プログラムWO14.02.2019
G06F 7/58
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
7
取扱うデータの順序または内容を操作してデータを処理するための方法または装置
58
乱数または擬似乱数発生器
PCT/JP2017/028584NEC CORPORATIONTANAKA Yuki
乱数生成システム10は、中心が正の値である1次元格子上の離散ガウス分布である第1離散分布に従う乱数を生成する乱数生成システムであって、第1離散分布において確率変数が正の範囲における所定の区間内の値になる確率である第1確率と0の間の一様乱数を生成する生成手段11と、中心が原点である1次元格子上の離散ガウス分布である第2離散分布において確率変数が所定の区間内の値になる確率である第2確率以下の一様乱数が生成されると乱数の生成方法に第2離散分布を定める函数の値が用いられる累積法を選択し、第2確率よりも大きい一様乱数が生成されると乱数の生成方法に棄却サンプリング法を選択する選択手段12とを含む。

9. WO/2019/030800 目標追尾装置WO14.02.2019
G01S 13/66
G 物理学
01
測定;試験
S
無線による方位測定;無線による航行;電波の使用による距離または速度の決定;電波の反射または再輻射を用いる位置測定または存在探知;その他の波を用いる類似の装置
13
電波の反射または再放射を使用する方式,例.レーダ方式;波長または波の性質が無関係または不特定の波の反射または再放射を使用する類似の方式
66
レーダ追尾方式;類似の方式
PCT/JP2017/028590MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATIONNAKAMURA, Masanari
多目標追尾処理部(40)は、観測値抽出部(20)で生成された観測値を用いて、設定された位置推定手法を用いて複数目標の位置諸元推定値を求める。また、多目標追尾処理部(40)は、位置諸元推定値から観測値の縮退の有無を判定する。縮退解消部(50)は、多目標追尾処理部(40)で観測値の縮退があると判定した場合は、一つの観測値に対して多目標の予測値を基に目標推定を行う位置推定手法を用いて複数目標の位置諸元推定値を求める。多目標追尾処理部(40)は、観測値の縮退があると判定した相関仮説の航跡を、縮退解消部(50)で求められた位置諸元推定値で更新する。

10. WO/2019/030801 蒸着用マスク及び蒸着用マスクの製造方法WO14.02.2019
C23C 14/04
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
14
被覆形成材料の真空蒸着,スパッタリングまたはイオン注入法による被覆
04
選択された表面部分の被覆,例.マスクを用いるもの
PCT/JP2017/028592SHARP KABUSHIKI KAISHANAKAJIMA, Shinsaku
マスクフレーム(2)の開口(2a)においては、カバーシート(4)は、ハウリングシート(3)に備えられた凹部(3a)を介して、ハウリングシート(3)と交差している。

検索結果:1 - 10/594,848 件 検索条件:(ANID:JP* AND CTR:WO) 官庁:all 言語:JA 語幹処理:true
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
Page: / 59485
Query Tree
Save query