検索結果:1 - 10/586,083 件 検索条件:(ANID:JP* AND CTR:WO) 官庁:all 言語:JA 語幹処理:true
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
Page: / 58609
結果分析
表示件数
発明の名称Ctr公開日
国際特許分類出願番号出願人発明者
1. WO/2018/220661 梱包装置WO06.12.2018
B65D 5/50
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
5
一以上の紙製のブランクを折り曲げたり,組立てたりして形成する多角形断面の剛性または準剛性容器,例.箱,カートン,トレー
42
容器の細部または折りたたみか組立ができる容器ブランクの細部
44
一体の,挿入されたまたは取付けられた内外の付属部分
50
内容物の内部支持または保護要素
PCT/JP2017/019828MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATIONISSHIKI, Kazunori
梱包装置は、被包装体の底部が載置される1つ又は複数の底部緩衝材と、1つ又は複数の底部緩衝材が載置される平板状の底板部を備える底部段ボール材と、を有し、底板部は、底板部から切り起こしにより形成される1つ又は複数の押え部材を備え、1つ又は複数の押え部材のそれぞれは、基部となる部分に折り曲げ用の根元溝部が形成されると共に、1つ又は複数の押え部材の先端部と基部との間に根元溝部と平行な中間溝部が形成されており、1つ又は複数の底部緩衝材は、1つ又は複数の押え部材の切り起こしにより底板部に形成された1つ又は複数の開口部に対して、開口部の基部とは反対側の一部を覆って設置され、1つ又は複数の押え部材が、1つ又は複数の底部緩衝材の側面壁部と当接して、1つ又は複数の底部緩衝材が根元溝部の方向に移動することを規制するものである。

2. WO/2018/220662 機器制御装置、機器制御システム、および、親局選出方法WO06.12.2018
H04Q 9/00
H 電気
04
電気通信技術
Q
選択
9
遠隔制御システムまたはテレメータシステムにおいて一つのメインステーションから一つのサブステーションを選択的に呼び出すための配置であって,そのサブステーションは対象となる装置を選択して,その装置に制御信号を印加し,またはその装置から測定値を得るもの
PCT/JP2017/019841MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATIONHANAI Satoshi
システム情報収集部(11)は、機器(負荷装置及び入力装置)についての情報であり、台数、通信頻度、処理負荷、及び、エラー履歴のうち少なくとも何れかを含むシステム情報を、他ユニットの機器制御装置(10)からも含めて収集する。親局適正評価部(12)は、システム情報に基づいて、全ての機器制御装置(10)のそれぞれについて、親局としての適正を評価する。親局選出部(13)は、親局適正評価部(12)の評価結果に基づいて、親局とすべき機器制御装置(10)を選出する。

3. WO/2018/220663 異常判定装置、異常判定方法及び異常判定プログラムWO06.12.2018
B60W 50/023
B 処理操作;運輸
60
車両一般
W
異なる種類または異なる機能の車両用サブユニットの関連制御;ハイブリッド車両に特に適した制御システム;特定の単一のサブユニットの制御に関するものではない、特定の目的のための道路走行用車両の運動制御システム
50
特定の単一のサブユニットの制御に関するものではない道路走行用車両の運動制御システムの細部
02
制御システムの故障時の安全確保,例.故障の診断,故障の回避,故障からの復帰によるもの
023
冗長なパーツを用いることによる機能不全の回避
PCT/JP2017/019842MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATIONOMORI, Yasuhiro
故障診断部(144)は、二重化された処理回路である第1の処理回路(11)及び第2の処理回路(12)の各々から、アクチュエータ(20)を制御するための制御値を取得する。また、故障診断部(144)は、第1の処理回路(11)から取得された第1の制御値と第2の処理回路(12)から取得された第2の制御値とが一致しない場合に、アクチュエータ(20)が含まれる上位システムの現在の動作状態から推定される制御値の正常値の範囲である状態正常範囲と、第1の制御値及び第2の制御値の少なくともいずれかとの比較を行って、第1の処理回路(11)及び第2の処理回路(12)のいずれに異常が発生しているかを判定する。

4. WO/2018/220664 流路切替バルブ及び液体クロマトグラフWO06.12.2018
F16K 11/074
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
K
弁;栓;コック;作動のフロート;排気または吸気装置
11
多方弁,例.混合弁;これらの弁を合体する管の取付け具;弁および流路の配列であって流体を混合するために特に適合するもの
02
1つのユニットとして動く可動接合面をもつもの
06
すべり弁のみにより構成されるもの
072
ピボットを中心に回る閉鎖部材をもつもの
074
平担な接合面をもつもの
PCT/JP2017/019844SHIMADZU CORPORATIONINOUE Tsunehiro
流路切替バルブは、流路を接続するための複数の接続ポートと、前記接続ポートのそれぞれに通じる複数の孔を有するステータと、前記ステータと接触する接触面を有し、前記接触面に前記接続ポート間を連通させるための流路を有するロータと、前記ロータを回転駆動する駆動機構と、前記ロータを挟んで前記ステータとは反対側の位置に設けられ、印加される電気信号に応じた応力で前記ロータを前記ステータ側へ押圧する押圧機構と、前記接続ポートに接続された流路内の圧力を検出する圧力センサからの出力信号値を読み取り、前記出力信号値に応じた電気信号を前記押圧機構に印加するように構成された押圧機構制御部と、を備えている。

5. WO/2018/220665 細胞導入剤WO06.12.2018
C12N 15/09
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
PCT/JP2017/019853AKAIKE ToshihiroAKAIKE Toshihiro
本発明は、糖鎖高分子で被覆された複合体粒子を含む、細胞導入剤であって、複合体粒子が、リン酸、炭酸、及びカルシウムを含むアパタイトからなる、細胞導入剤に関する。

6. WO/2018/220666 車両用アームレストWO06.12.2018
B60N 3/00
B 処理操作;運輸
60
車両一般
N
他に分類されない乗客設備(家具構造A47)
3
その他の乗客用付属品の配置または適用で,他類に属さないもの
PCT/JP2017/019864KASAI KOGYO CO., LTD.KON Yosuke
上方からの入力荷重に対する高い剛性と、側方からの衝撃に対する高い衝撃吸収性とを両立させることができる車両用アームレストを提供する ドアアームレスト(2)を構成するアームレスト芯材(20)は、ドアトリムに沿って延在して肘掛けに利用される棚部(22)と、棚部(22)の延在方向に沿って設けられたスリット部(27,28)と、を有している。そして、棚部(22)は、それぞれが棚部(22)の延在方向に連続する複数の縦壁部(23a,24a)を、ドアトリムの面直方向に連設したビード形状を有している。

7. WO/2018/220667 壁面利用ホルダー装置WO06.12.2018
E04F 19/08
E 固定構造物
04
建築物
F
建築物の仕上げ,例.階段,床
19
建築物の仕上げのためのその他の部分
08
作りつけの戸棚;壁がんの面;設備に近づくことのできるようにした穴のおおい
PCT/JP2017/019887NAM CORPORATIONTANAKA, Nobuyoshi
壁面に大きな負荷がかからず、壁面にねじ穴等の傷を付けることがなく、簡易な構造で、施工が容易で、かつ、低コストで、壁面の前面を利用して物品を収容することができる壁面利用ホルダー装置を提供するため、貼着部材2を介して壁面Wに貼着するようにした縦方向支持部材1と、この縦方向支持部材1の反壁面側に取り付けられ、床面Fに接地して設けられる接地部材3とを備える。

8. WO/2018/220668 電力増幅器WO06.12.2018
H03F 1/32
H 電気
03
基本電子回路
F
増幅器
1
増幅素子として電子管のみ,半導体装置のみまたは汎用素子のみを用いた増幅器の細部
32
非直線ひずみを低減するための増幅器の変形
PCT/JP2017/019892MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATIONTORII, Takuma
第1の増幅器(3)から出力された第1の増幅信号に含まれている第1の周波数flと第2の周波数fhとの差分の周波数fdの成分である差分周波数成分の振幅を増幅するとともに、差分周波数成分の位相を移相し、増幅及び移相後の差分周波数成分を第2の増幅器(4)の出力端子(4a)に与える歪補償回路(5)を設け、合成回路(13)が、第1の増幅器(3)から出力された第1の増幅信号と、第2の増幅器(4)の出力端子(4a)に現れている信号とを合成するように構成する。

9. WO/2018/220669 高周波ミクサWO06.12.2018
H03D 7/14
H 電気
03
基本電子回路
D
一つの搬送波から他の搬送波への変換または変調の復調
7
1つの搬送波から他の搬送波への変調の変換,例.周波数変換
14
平衡配置
PCT/JP2017/019893MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATIONTSURU, Masaomi
第1の移相回路(2)が、90度ハイブリッド回路(1)の第3の端子(1c)と第1の非線形素子(4)の第1の端子(4a)との間のインピーダンス整合をとるようにインピーダンスを変換し、かつ、電波の位相を180度移相し、第2の移相回路(3)が、90度ハイブリッド回路(1)の第4の端子(1d)と第2の非線形素子(5)の第1の端子(5a)との間のインピーダンス整合をとるようにインピーダンスを変換し、かつ、電波の位相を90度移相する。これにより、電波の変換損失を低減することができる。

10. WO/2018/220670 観察装置WO06.12.2018
G02B 21/00
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
21
顕微鏡
PCT/JP2017/019895OLYMPUS CORPORATIONHIRATA, Tadashi
装置を大型化させることなく、細胞等の被写体を標識せずに観察することを目的として、本発明に係る観察装置(1)は、試料(X)の下方から上方に向けて照明光を射出する照明光学系(6)と、照明光学系(6)から射出された照明光が試料(X)の上方で反射されて試料(X)を透過した透過光を試料(X)の下方において照明光学系(6)とは別経路で撮影する対物光学系(5)とを備え、対物光学系(5)が、瞳面近傍に部分的に透過率を低下させかつ光の位相を変調する瞳変調素子を備え、照明光学系(6)が、光源(6a)と、光源(6a)からの光を特定の射出領域(6e1)に制限する照明領域制限部(6c1)と、照明領域制限部(6c1)による射出領域(6e1)を対物光学系(5)の光軸(A)に直交する方向に調節可能な照明位置可変機構(6c2)とを備える。

検索結果:1 - 10/586,083 件 検索条件:(ANID:JP* AND CTR:WO) 官庁:all 言語:JA 語幹処理:true
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
Page: / 58609
Query Tree
Save query
Hotkeys

CTRL + Up Arrow
CTRL + Right Arrow
CTRL + Left Arrow
CTRL + Down Arrow

ENTER / SPACE
Up Arrow
Down Arrow
Page Down
Page Up