このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (KR1020180084825) 전하-캐리어-선택적 접촉을 통해 연결되는 복수의 흡수체들을 구비한 태양 전지

官庁 : 大韓民国
出願番号: 1020187015103 出願日: 17.11.2016
公開番号: 1020180084825 公開日: 25.07.2018
公報種別: A
PCT 関連事項: 出願番号: ; 公開番号:WO2017085186 クリックしてデータを表示
IPC:
H01L 31/0747
H01L 31/0328
H01L 31/0725
H01L 31/078
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
31
赤外線,可視光,短波長の電磁波,または粒子線輻射に感応する半導体装置で,これらの輻射線エネルギーを電気的エネルギーに変換するかこれらの輻射線によって電気的エネルギーを制御かのどちらかに特に適用されるもの;それらの装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置;それらの細部
04
変換装置として使用されるもの
06
少なくとも1つの電位障壁または表面障壁に特徴のあるもの
072
電位障壁がPNヘテロ接合型のみからなるもの
0745
AIVBIVヘテロ接合からなる,例.Si/Ge,SiGe/SiまたはSi/SiC太陽電池
0747
結晶材料とアモルファス材料のヘテロ接合からなる,例.薄い真性層を備えたヘテロ接合またはHIT(R)の太陽電池とのヘテロ結合
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
31
赤外線,可視光,短波長の電磁波,または粒子線輻射に感応する半導体装置で,これらの輻射線エネルギーを電気的エネルギーに変換するかこれらの輻射線によって電気的エネルギーを制御かのどちらかに特に適用されるもの;それらの装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置;それらの細部
0248
半導体本体に特徴のあるもの
0256
材料に特徴のあるもの
0264
無機物材料
0328
ドーピング材料または他の不純物は別として,グループ31/0272~31/032の2つ以上に分類される半導体材料を含むもの
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
31
赤外線,可視光,短波長の電磁波,または粒子線輻射に感応する半導体装置で,これらの輻射線エネルギーを電気的エネルギーに変換するかこれらの輻射線によって電気的エネルギーを制御かのどちらかに特に適用されるもの;それらの装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置;それらの細部
04
変換装置として使用されるもの
06
少なくとも1つの電位障壁または表面障壁に特徴のあるもの
072
電位障壁がPNヘテロ接合型のみからなるもの
0725
多接合またはタンデムの太陽電池
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
31
赤外線,可視光,短波長の電磁波,または粒子線輻射に感応する半導体装置で,これらの輻射線エネルギーを電気的エネルギーに変換するかこれらの輻射線によって電気的エネルギーを制御かのどちらかに特に適用されるもの;それらの装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置;それらの細部
04
変換装置として使用されるもの
06
少なくとも1つの電位障壁または表面障壁に特徴のあるもの
078
グループH01L31/061からH01L31/075の2つ以上に分類される異なる種類の電位障壁を含むもの
CPC:
H01L 31/0747
H01L 31/0328
H01L 31/0725
H01L 31/078
Y02E 10/546
Y02E 10/548
出願人: 인스티투트 퓌어 솔라에네르기포르슝 게엠베하
発明者: 페이브스트, 로비
代理人: 특허법인 무한
優先権情報: 10 2015 015 017.0 19.11.2015 DE
発明の名称: (KO) 전하-캐리어-선택적 접촉을 통해 연결되는 복수의 흡수체들을 구비한 태양 전지
要約: front page image
(KO) 태양 전지 및 전하 캐리어 선택적 접촉에 의해 연결되는 복수의 흡수체들을 구비한 태양 전지를 생산하는 방법에 있어서, 탠덤 태양 전지 구조는 아래 특징들 - (a) 광전지 에너지 변환을 위한 서로 다른 물질의 적어도 두 개의 서로 다른 흡수체들(104, 108)을 구비한 모놀리틱 구성, (b) 결정질 실리콘으로 구성되는 흡수체(108), (c) 인접한 흡수체(104)로 향하는 실리콘 흡수체(108)의 일측에 정렬된 전하 캐리어 선택적 접촉, (d) 그 레이어에 도포된, 얇은 계면 산화물(107), 비정질, 부분적으로 결정질 또는 다결정질 레이어이면서 주로 p(106) 또는 n 도핑된(201), 실리콘으로 구성되는 전하 캐리어 선택적 접촉의 구성 - 을 포함하고, 레이어(107, 106 또는 201)에서 만들어지는 전하 캐리어 선택적 접촉은, 각각, 후자(the latter)의 전체에 걸친 표면으로부터 전하 캐리어 타입을 선택적으로 추출할 뿐 아니라 결정질 실리콘 흡수체(108)의 우수한 표면 패시베이션을 보장한다. 따라서, 수평 횡 전도성이 모든 서브-셀에 요구되지 않도록 수직 전류가 달성된다. 인접한 레이어에 대한 터널 접촉의 형성은 레이어(106, 201)을 고도핑함으로써 달성될 수 있다. 레이어(106, 201)의 두께 및/또는 도핑은 개별적인 서브-셀들 내의 생성 전류와 매치시키는 데 이용될 수 있다. 레이어(107, 106 및 201)의 온도 안정성은, 각각, 400 °C를 넘는 온도에서 후속 제조 단계의 적용을 가능하게 한다.
また、:
CN108352421EP3378104US20180374976WO/2017/085186