処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2019136695 - 排ガス浄化用触媒

官庁
日本
出願番号 2018215029
出願日 15.11.2018
公開番号 2019136695
公開日 22.08.2019
公報種別 A
IPC
B01J 23/63
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
23グループB01J21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
38貴金属に関するもの
54グループB01J23/02~B01J23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
56白金族金属
63希土類またはアクチニドと結合したもの
B01D 53/94
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
53ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34廃ガスの化学的または生物学的浄化
92エンジン排気ガスに適用されるもの
94触媒による方法によるもの
B01J 35/04
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
35形態または物理的性質に特徴のある触媒一般
02固体
04小孔構造,ふるい状,格子状,ハニカム状のもの
F01N 3/10
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08無害にするためのもの
10排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
F01N 3/28
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08無害にするためのもの
10排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
28触媒反応装置の構造
出願人 MITSUI MINING & SMELTING CO LTD
三井金属鉱業株式会社
発明者 NAGAO YUKI
永尾 有希
SHIMIZU HARUKA
清水 春香
代理人 特許業務法人翔和国際特許事務所
優先権情報 2018022916 13.02.2018 JP
発明の名称
(EN) EXHAUST EMISSION CONTROL CATALYST
(JA) 排ガス浄化用触媒
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an exhaust emission control catalyst which enables the exhaust emission control performance at a low temperature thereof to be increased without increasing total amount of noble metals from conventional ones.

SOLUTION: The exhaust emission control catalyst is provided which comprise a first catalyst layer 12 and a second catalyst layer 13 formed on the first catalyst layer, and in which the first catalyst layer 12 has an upstream side catalyst part 14 arranged in an upstream side in an exhaust gas flow direction and a downstream side catalyst part 15 arranged in a downstream, the upstream side catalyst part 14, the downstream side catalyst part 15 and the second catalyst layer 13 have an oxygen storage component and inorganic oxide other than the oxygen storage component, the oxygen storage component has ceria-zirconia composite oxide, the first catalyst layer 12 has palladium, and in the first catalyst layer 12, concentration of palladium in the upstream side catalyst part 14 to concentration of palladium in the downstream side catalyst part 15 is over 1, the second catalyst layer 13 has rhodium and platinum included in the oxygen storage component and the inorganic oxide, and rhodium content based on platinum content in the second catalyst layer 13 is 1 or more by mass ratio.

SELECTED DRAWING: Figure 2

COPYRIGHT: (C)2019,JPO&INPIT

(JA)

【課題】従来から貴金属の総量を増加させずに、低温での排ガス浄化性能を高めることができる排ガス浄化用触媒の提供。
【解決手段】第一触媒層12と、第一触媒層上に形成された第二触媒層13とを備え、第一触媒層12は、排ガス流動方向の上流側に配置される上流側触媒部14と下流側に配置される下流側触媒部15とを備え、上流側触媒部14、下流側触媒部15及び第二触媒層13は、酸素貯蔵成分と、酸素貯蔵成分以外の無機酸化物とを有し、酸素貯蔵成分がセリア−ジルコニア複合酸化物を有し、第一触媒層12はパラジウムを有し、第一触媒層12において、下流側触媒部15におけるパラジウムの濃度に対する上流側触媒部14におけるパラジウムの濃度が1を超え、第二触媒層13は酸素貯蔵成分及び無機酸化物中に含まれてなるロジウム及び白金を有し、第二触媒層13における白金含有量に対するロジウム含有量が、質量比で1以上である、排ガス浄化用触媒。
【選択図】図2

他の公開