処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 火曜日 27.07.2021 (12:00 午後 CEST)
設定

設定

出願の表示

1. JP2019046147 - 走行環境認識装置、走行環境認識方法、プログラム

官庁
日本
出願番号 2017168536
出願日 01.09.2017
公開番号 2019046147
公開日 22.03.2019
公報種別 A
IPC
G06T 1/00
G物理学
06計算;計数
Tイメージデータ処理または発生一般
1汎用イメージデータ処理
G06T 7/00
G物理学
06計算;計数
Tイメージデータ処理または発生一般
7イメージ分析
G08G 1/16
G物理学
08信号
G交通制御システム
1道路上の車両に対する交通制御システム
16衝突防止システム
出願人 DENSO CORP
株式会社デンソー
発明者 KATO KAZUKI
加藤 一樹
代理人 名古屋国際特許業務法人
発明の名称
(EN) TRAVEL ENVIRONMENT RECOGNITION DEVICE, TRAVEL ENVIRONMENT RECOGNITION METHOD, AND PROGRAM
(JA) 走行環境認識装置、走行環境認識方法、プログラム
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a technology for more accurately specifying on a map a travelable region far from a vehicle than in the prior art.

SOLUTION: The travel environment recognition device 10 includes an information acquisition unit, an attribute specification unit, and a map generation unit. The information acquisition unit acquires detection information from a detection device 20. The attribute specification unit specifies that a three-dimensional object detected by the detection device is a moving object based on the detection information. The map generation unit generates a map representing a travelable region. The map generation unit represents, in the map, a region including at least a part of a region representing a moving three-dimensional object which is a three-dimensional object specified as the moving object by the attribute specifying unit as a travelable region.

SELECTED DRAWING: Figure 1

COPYRIGHT: (C)2019,JPO&INPIT

(JA)

【課題】車両から遠方における走行可能領域をマップ上で従来技術よりも精度よく特定する技術を提供する。
【解決手段】走行環境認識装置10は、情報取得部と、属性特定部と、マップ生成部と、を備える。情報取得部は、検出装置20から検出情報を取得する。属性特定部は、検出情報に基づき、検出装置によって検出された立体物が移動体であることを特定する。マップ生成部は、走行可能領域を表すマップを生成する。マップ生成部は、マップにおいて、属性特定部で移動体であると特定された立体物である移動立体物を表す領域の少なくとも一部を含む領域、を走行可能領域として表す。
【選択図】図1