処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2018197415 - 長尺ミノムシ絹糸の生産方法及びその生産装置

官庁 日本
出願番号 2017110003
出願日 02.06.2017
公開番号 2018197415
公開日 13.12.2018
公報種別 A5
IPC
D01B 7/00
D繊維;紙
01天然または人造の糸または繊維;紡績
B繊維またはフィラメントを採取するための天然の繊維状またはフィラメント状材料の機械的処理,例.紡績用
7絹繊維またはフィラメントの採取
A01K 67/033
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
K畜産;鳥,魚,昆虫の飼育;漁業;他に分類されない動物の飼育または繁殖;新規な動物
67他に分類されない動物の飼育または繁殖;新規な動物
033無脊椎動物の飼育又は繁殖;新規な無脊椎動物
出願人 NATIONAL AGRICULTURE AND FOOD RESEARCH ORGANIZATION
国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
発明者 KAMEDA TSUNENORI
亀田 恒徳
YOSHIOKA TAIYO
吉岡 太陽
代理人 特許業務法人平木国際特許事務所
優先権情報 2016111301 02.06.2016 JP
2017109181 01.06.2017 JP
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING LONG YARN OF BAGWORM, AND APPARATUS FOR PRODUCING THE SAME
(JA) 長尺ミノムシ絹糸の生産方法及びその生産装置
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide: a method for producing a pure and long yarn of a bagworm, which does not contain foreign matters such as folia and twigs; and an apparatus for achieving the method.

SOLUTION: A method for producing a long yarn of a bagworm includes: a spinning step of making the bagworm spin continuously along a linear route L by locking legs FL, ML, and RL of the bagworm holding a nest, the linear route L having a width φ of less than a maximum bilateral straddling width W2 of te bagworm to be used and capable of locking the legs thereof; and a collecting step of collecting a long yarn from the linear route after conducting the spinning step.

SELECTED DRAWING: Figure 5

COPYRIGHT: (C)2019,JPO&INPIT

(JA)

【課題】葉片や枝片等の夾雑物を含まない純粋で、かつ長尺のミノムシ絹糸を生産する方法、及びその生産方法を実現するための装置を開発することを課題とする。
【解決手段】使用するミノムシの左右最大開脚幅W2未満の幅φで、かつ脚部を係止可能な線状路Lに、巣を保持した前記ミノムシの脚部FL,ML,RLを係止させて線状路に沿って連続して吐糸させる吐糸工程、及び吐糸工程後に線状路から長尺絹糸を回収する回収工程含む長尺ミノムシ絹糸の生産方法。
【選択図】図5