処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2018095535 - 板ガラス製造方法、清澄容器及び板ガラス製造装置

官庁 日本
出願番号 2016244309
出願日 16.12.2016
公開番号 2018095535
公開日 21.06.2018
公報種別 A
IPC
C03B 5/225
C化学;冶金
03ガラス;鉱物またはスラグウール
Bガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
5溶融窯における溶融;ガラス製造専用窯
16溶融プロセスの特徴;ガラス溶融窯に特に適する補助手段
225清澄
CPC
C03B 5/225
CCHEMISTRY; METALLURGY
03GLASS; MINERAL OR SLAG WOOL
BMANUFACTURE, SHAPING, OR SUPPLEMENTARY PROCESSES
5Melting in furnaces; Furnaces so far as specially adapted for glass manufacture
16Special features of the melting process; Auxiliary means specially adapted for glass-melting furnaces
225Refining
出願人 NIPPON ELECTRIC GLASS CO LTD
日本電気硝子株式会社
発明者 TSUKAMOTO TERUYUKI
塚本 晃之
代理人 城村 邦彦
熊野 剛
山本 淳也
発明の名称
(EN) SHEET GLASS MANUFACTURING METHOD, CLEAR CONTAINER, AND SHEET GLASS MANUFACTURING DEVICE
(JA) 板ガラス製造方法、清澄容器及び板ガラス製造装置
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for performing excellently a defoaming treatment of molten glass, and producing a high-quality sheet glass.

SOLUTION: A sheet glass manufacturing method includes a melting step, a clarifying step and a molding step. In the sheet glass manufacturing method, the clarifying step is executed, while bringing molten glass GM into contact with the whole inner surface of a body part 7 so that a vapor phase space is not formed in a clear container. In the sheet glass manufacturing method, vaporization of platinum from the inner surface of the body part 7 can be prevented, and contamination of platinum into the molten glass can be also prevented, to thereby perform excellently a defoaming treatment of the molten glass.

SELECTED DRAWING: Figure 3

COPYRIGHT: (C)2018,JPO&INPIT

(JA)

【課題】溶融ガラスの脱泡処理を良好に行うとともに、高品質な板ガラスを製造する方法の提供。
【解決手段】板ガラス製造方法は、溶解工程と、清澄工程と、成形工程とを備える。板ガラス製造方法は、清澄容器内に気相空間が形成されないように、本体部7の内面全てに溶融ガラスGMを接触させながら清澄工程を実行する。また、本体部7の内面から白金が揮発することも防止でき、溶融ガラスへの白金の混入を防止して溶融ガラスの脱泡処理を良好に行うことができる板ガラスの製造方法。
【選択図】図3