処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2018090689 - 樹脂組成物およびその架橋体

官庁 日本
出願番号 2016234331
出願日 01.12.2016
公開番号 2018090689
公開日 14.06.2018
公報種別 A
IPC
C08L 23/20
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
23ただ1個の炭素―炭素二重結合を有する不飽和脂肪族炭化水素の単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02化学的な後処理によって変性されていないもの
184以上の炭素原子を有する炭化水素の単独重合体または共重合体
20炭素数が4~9のもの
C08F 232/08
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
232炭素環中に1個以上の炭素―炭素二重結合を含有し,側鎖に不飽和脂肪族基をもたない環式化合物の共重合体
08縮合環をもつ単量体
C08J 3/24
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
3高分子物質の処理方法または混合方法
24高分子物質の架橋,例.加硫,
C08J 5/24
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5高分子物質を含む成形品の製造
24その場で重合しうるプレポリマーによる物質の含浸,例.プレプレグの製造
C08L 63/00
C化学;冶金
08有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L高分子化合物の組成物
63エポキシ樹脂の組成物;エポキシ樹脂の誘導体の組成物
H05K 1/03
H電気
05他に分類されない電気技術
K印刷回路;電気装置の箱体または構造的細部,電気部品の組立体の製造
1印刷回路
02細部
03基体用材料の使用
出願人 MITSUI CHEMICALS INC
三井化学株式会社
発明者 SAITO JUNJI
斎藤 純治
ASAHINA KOTARO
朝比奈 浩太郎
MURASE HIROHIKO
村瀬 裕彦
SAITO HARUKA
齋藤 春佳
代理人 速水 進治
発明の名称
(EN) RESIN COMPOSITION AND CROSSLINKED BODY THEREOF
(JA) 樹脂組成物およびその架橋体
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a resin composition that makes it possible to obtain a crosslinked body having excellent dielectric properties, heat resistance and mechanical properties in a high frequency region, suitable for an interlayer insulation film for a circuit board aimed at a high-density arithmetic unit, a circuit board and the like.

SOLUTION: A resin composition contains a cyclic olefin copolymer (P) and an epoxy resin (Q). In the resin composition, a mass ratio of the epoxy resin (Q) content to the cyclic olefin copolymer (P) content, ((Q)/(P)), is 0.1 or more and 5 or less.

SELECTED DRAWING: None

COPYRIGHT: (C)2018,JPO&INPIT

(JA)

【課題】高集積化演算装置に向けた回路基板用の層間絶縁フィルムおよび回路基板等に好適な高周波領域での誘電特性、耐熱性および機械的特性に優れた架橋体を得ることが可能な樹脂組成物を提供する。
【解決手段】本発明の樹脂組成物は、環状オレフィン共重合体(P)と、エポキシ樹脂(Q)と、を含む。そして、当該樹脂組成物中の環状オレフィン共重合体(P)の含有量に対するエポキシ樹脂(Q)の含有量の質量比((Q)/(P))が0.1以上5以下である。
【選択図】なし