このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2017081068) 液体吐出装置及び圧力低減方法

官庁 : 日本
出願番号: 2015213932 出願日: 30.10.2015
公開番号: 2017081068 公開日: 18.05.2017
公報種別: A
IPC:
B41J 2/19
B41J 2/18
B41J 2/165
B 処理操作;運輸
41
印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
J
タイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2
設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005
液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01
インクジェット
17
インクの取扱いに特徴があるもの
19
気泡を取除くもの
B 処理操作;運輸
41
印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
J
タイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2
設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005
液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01
インクジェット
17
インクの取扱いに特徴があるもの
18
インクの循環系
B 処理操作;運輸
41
印刷;線画機;タイプライター;スタンプ
J
タイプライタ;選択的プリンティング機構,すなわち版以外の手段でプリンティングする機構;誤植の修正
2
設計されるプリンティングまたはマーキング方法に特徴があるタイプライタまたは選択的プリンティング機構
005
液体または粒子を選択的にプリンティング材料に接触させることに特徴があるもの
01
インクジェット
135
ノズル
165
ノズルの目詰り防止,例.ノズルの浄化,キャッピングまたは湿らすこと
出願人: セイコーエプソン株式会社
発明者: 内山 雄二
代理人: 渡辺 和昭
西田 圭介
仲井 智至
優先権情報:
発明の名称: (JA) 液体吐出装置及び圧力低減方法
要約: front page image
(JA)

【課題】液体保持部に液体を供給することに伴って上昇する液体流路の圧力を低減する液体吐出装置を提供する。
【解決手段】液体を吐出可能な吐出部9と、液体収容部2から吐出部9に接続される液体流路10と、液体を保持可能であるとともに吐出部9に液体を供給可能な液体保持部8と、液体流路10中の液体を流動させる液体流動部3と、液体流路10を開閉可能な液体流路開閉部7と、液体の循環流路10cと、循環流路10cを開閉可能な循環流路開閉部6と、液体流動部3の駆動と液体流路開閉部7による液体流路10の開閉とを制御するとともに、制御に伴って液体流動部3と液体保持部8との間で液体流路10の圧力が上昇した場合に、循環流路開閉部6による循環流路10cの開閉を制御することで、上昇した圧力を液体収容部2に循環流路10cを介して逃がすことが可能な制御部と、を備える。
【選択図】図1