処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2017055072 - サマリウム-鉄-窒素系焼結磁石、及びサマリウム-鉄-窒素系焼結磁石の製造方法

官庁 日本
出願番号 2015180017
出願日 11.09.2015
公開番号 2017055072
公開日 16.03.2017
特許番号 6614647
特許付与日 15.11.2019
公報種別 B2
IPC
H01F 1/059
H電気
01基本的電気素子
F磁石;インダクタンス;変成器;それらの磁気特性による材料の選択
1磁性材料を特徴とする磁石または磁性体;その磁気特性のための材料の選択
01無機材料
03保磁力によって特徴づけられるもの
032硬質磁性材料
04金属または合金
047組成に特徴のある合金
053希土類元素を含むもの
055磁性遷移金属を共に含むもの,例.SmCo↓5
059Va族元素を共に含むもの,例.Sm↓2Fe↓1↓7N↓2
B22F 1/00
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
1金属質粉の特殊処理,例.加工を促進するためのもの,特性を改善するためのもの;金属粉それ自体,例.異なる組成の小片の混合
B22F 3/10
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
10焼結のみに特徴のあるもの
B22F 3/105
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
10焼結のみに特徴のあるもの
105電流,レーザーまたはプラズマを利用することによるもの
C22C 33/02
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
33鉄合金の製造
02粉末冶金によるもの
C22C 38/00
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
38鉄合金,例.合金鋼
出願人 NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY
国立研究開発法人産業技術総合研究所
発明者 TAKAGI KENTA
高木 健太
SODA RIKIO
曽田 力央
OZAKI KOYO
尾崎 公洋
代理人 伊東 忠重
伊東 忠彦
発明の名称
(EN) SAMARIUM-IRON-NITROGEN BASED SINTERED MAGNET, AND MANUFACTURING METHOD OF SAMARIUM-IRON-NITROGEN BASED SINTERED MAGNET
(JA) サマリウム-鉄-窒素系焼結磁石、及びサマリウム-鉄-窒素系焼結磁石の製造方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a samarium-iron-nitrogen based sintered magnet which includes crystal grains pulverized to a size close to a grain size of a single magnetic domain, and is superior in coercive force.

SOLUTION: A samarium-iron-nitrogen based sintered magnet is provided, which comprises a samarium-iron-nitrogen based alloy, where crystal grains included therein are larger than 0.04 μm and 5 μm or less in average grain diameter, and which has an oxygen content of 0.7 wt% or less. Also, a samarium-iron-nitrogen based sintered magnet is provided, which comprises a samarium-iron-nitrogen based alloy, where crystal grains included therein are larger than 0.04 μm and 5 μm or less in average grain diameter, and an oxygen content (wt%) and the average grain diameter (μm) of the crystal grains satisfy the relation given by the following formula (1): (Oxygen content)×(Average grain diameter of crystal grains)<2.2 (1).

SELECTED DRAWING: Figure 1

COPYRIGHT: (C)2017,JPO&INPIT

(JA)

【課題】単磁区粒径近傍まで粉砕された結晶粒子を含有し、かつ保磁力に優れた、サマリウム−鉄−窒素系焼結磁石を提供する。
【解決手段】サマリウム−鉄−窒素系合金を含有し、
含有する結晶粒子の平均粒径が0.04μmより大きく5μm以下であり、
酸素含有率が0.7重量%以下であるサマリウム−鉄−窒素系焼結磁石を提供する。
また、サマリウム−鉄−窒素系合金を含有し、
含有する結晶粒子の平均粒径が0.04μmより大きく5μm以下であり、
酸素含有率(重量%)と、前記結晶粒子の平均粒径(μm)とが、以下の式(1)の関係を満たすサマリウム−鉄−窒素系焼結磁石を提供する。
(酸素含有率)×(結晶粒子の平均粒径)<2.2 ・・・(1)
【選択図】図1