このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2016538929) 調節可能な整形外科用接続部

官庁 : 日本
出願番号: 2016535678 出願日: 02.12.2014
公開番号: 2016538929 公開日: 15.12.2016
特許番号: 6553608 特許付与日: 12.07.2019
公報種別: B2
IPC:
A61F 2/30
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
F
血管へ埋め込み可能なフィルター;補綴;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント;整形外科用具,看護用具または避妊用具;温湿布;目または耳の治療または保護;包帯;被覆用品または吸収性パッド;救急箱
2
血管への植え込み可能なフィルター;補綴,すなわち,身体の各部分のための人工的代用品または代替物;身体とそれらを結合するための器具;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント
02
身体内への植込み式人工器官
30
関節
出願人: ジンマー,インコーポレイティド
発明者: アンドリュー ホプキンス
代理人: 青木 篤
島田 哲郎
三橋 真二
廣瀬 繁樹
曽根 太樹
優先権情報: 61/910,700 02.12.2013 US
発明の名称: (JA) 調節可能な整形外科用接続部
要約:
(JA)

本開示は、接続部に特有の調節可能性を与える整形外科用接続部を作るための方法及びシステムを含む。例示的に、一実施形態は、複数の整形外科用部品を接続するための接続組立体を提供する。かかる接続組立体は、雌型穴を具備する第1の整形外科用部品を含むことができる。更に、組立体は、第1の整形外科用部品の穴の中に配置可能な雄型接続部材である又は雄型接続部材を含むことができる第2の整形外科用部品を含むことができる。1つの好ましい形式において、雄型接続部材は準球形部材である。準球形部材は、例えば穴の中に準球形部材を取外し可能にロックするか又は取外し可能なロック若しくは固定を助けるように穴の1つ又はそれ以上の壁又は表面に接触するためのテクスチャ加工外面を含むことができる。


また、:
CA2932585CN105939682EP3079611AU2014357337KR1020160095059WO/2015/084791