処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2016198997 - コンピュータ支援の樹脂挙動解析装置

官庁 日本
出願番号 2015082183
出願日 14.04.2015
公開番号 2016198997
公開日 01.12.2016
特許番号 6527006
特許付与日 17.05.2019
公報種別 B2
IPC
B29C 70/16
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
70複合材料,すなわち補強材,充填材あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物,の成形
04補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06繊維状の補強材のみ
10繊維状の補強材の構造に特徴があるもの
16相当な長さの,あるいは連続した長さの繊維を用いたもの
G06F 17/50
G物理学
06計算;計数
F電気的デジタルデータ処理
17特定の機能に特に適合したデジタル計算またはデータ処理の装置または方法
50計算機利用設計
B29C 43/58
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
43圧縮成形,すなわち付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
32構成部品,細部または付属装置;補助操作
58計量,制御または調整
出願人 HONDA MOTOR CO LTD
本田技研工業株式会社
発明者 DAN KOJI
団 功司
KOBAYASHI MASATOSHI
小林 正俊
BABA TSUYOSHI
馬場 剛志
代理人 吉田 豊
西村 隆一
発明の名称
(EN) COMPUTER-AIDED RESIN BEHAVIOR ANALYSIS DEVICE
(JA) コンピュータ支援の樹脂挙動解析装置
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a computer-aided resin behavior analysis device enabling quantitative evaluation of fiber bending when analyzing behavior at the time of molding of fiber-reinforced resin mixed with continuous fiber and discontinuous long fiber in a metallic mold with predetermined molding conditions via a simulation program stored in a computer.

SOLUTION: In a resin behavior analysis device analyzing behavior at the time of molding of resin mixed with continuous fiber and discontinuous long fiber with predetermined molding conditions via a simulation program stored in a computer, when analysis conditions including at least a plurality of nodes F of fiber are input, the simulation program calculates curvature Af of fiber 16a predicted from the molding conditions with respect to an evaluation length obtained from at least one node Fn out of the plurality of nodes F on the basis of the analysis conditions (S100), and evaluates bending of the fiber on the basis of the curvature Af with respect to the evaluation length (S102).

SELECTED DRAWING: Figure 3

COPYRIGHT: (C)2017,JPO&INPIT

(JA)

【課題】連続繊維や不連続な長繊維が混入された繊維強化樹脂を金型内で所定の成形条件で成形するときの挙動をコンピュータに格納されたシミュレーションプログラムを介して解析するとき、繊維曲がりの定量評価を可能としたコンピュータ支援の樹脂挙動解析装置を提供する。
【解決手段】連続繊維や不連続な長繊維が混入された樹脂を所定の成形条件で成形するときの挙動をコンピュータに格納されたシミュレーションプログラムを介して解析する樹脂挙動解析装置において、そのシミュレーションプログラムが、繊維の複数個の節点Fを少なくとも含む解析条件が入力されるとき、解析条件に基づいて複数個の節点Fの中の少なくとも一つの節点Fnから得られる評価長さに対する成形条件から予測される繊維16aの曲がり率Afを算出し(S100)、評価長さに対する曲がり率Afに基づいて繊維の曲がりを評価する(S102)。
【選択図】図3