処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2016154501 - 農作業支援システム

官庁 日本
出願番号 2015035743
出願日 25.02.2015
公開番号 2016154501
公開日 01.09.2016
特許番号 6704130
特許付与日 14.05.2020
公報種別 B2
IPC
A01C 15/00
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
C植付け;播種;施肥
15肥料散布機
A01B 63/111
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
B農業または林業における土作業:農業機械または器具の部品,細部または附属具一般
63農業機械または器具を昇降する,あるいは位置を調整する装置またはそのための配置
02トラクタに装着された作業機のためのもの
10水圧あるいは気圧によって操作されるもの
111作業機の作業深さの調整
A01M 9/00
A生活必需品
01農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
M動物の捕獲,わな猟,または威嚇;有害な動物又は有害な植物の駆除装置
9このサブクラスに属する目的に従った粉体散布機の特殊な適用または配列
出願人 ISEKI & CO LTD
井関農機株式会社
発明者 KATO SATORU
加藤 哲
KAJINO YUTAKA
楫野 豊
KATSUNO SHIRO
勝野 志郎
IZEKI HIDEO
井関 秀夫
代理人 酒井 宏明
発明の名称
(EN) FARM WORK SUPPORT SYSTEM
(JA) 農作業支援システム
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a farm work support system enabling an appropriate work in a field regardless of a fertilizer concentration in the field.

SOLUTION: A farm work support system 1 includes: a travel vehicle boy 11 included in a tractor 10 and traveling on a field 350; a tillage device 40 connected to the travel vehicle body 11 and for performing ground work; a fertilizer concentration sensor 230 for detecting information on the field 350; and a tablet terminal device 300 for storing work information of the tillage device 40 and field information acquired by the fertilizer concentration sensor 230. In the farm work support system, the tillage device 40 serves as a work device, the fertilizer concentration sensor 230 acquires a fertilizer concentration in the field 350 as the field information, the tablet terminal device 300 stores the fertilizer concentration acquired by the fertilizer concentration sensor 230, and a work position and a motion of the tillage device 40 are changed in accordance with the fertilizer concentration stored in the tablet terminal device 300.

SELECTED DRAWING: Figure 1

COPYRIGHT: (C)2016,JPO&INPIT

(JA)

【課題】圃場での作業を、圃場の肥料濃度に関わらず適切な作業にすることのできる農作業支援システムを提供すること。
【解決手段】トラクタ10が有し、圃場350を走行する走行車体11と、走行車体11に連結され、対地作業を行う耕耘装置40と、圃場350の情報を検出する肥料濃度センサ230と、耕耘装置40の作業情報、及び肥料濃度センサ230で取得した圃場情報を記憶するタブレット端末装置300と、を備える農作業支援システム1において、作業装置として耕耘装置40を有し、肥料濃度センサ230は、圃場情報として圃場350の肥料濃度を取得し、タブレット端末装置300は、肥料濃度センサ230で取得した肥料濃度を記憶し、タブレット端末装置300に記憶された肥料濃度に合わせて、耕耘装置40の作業位置や動作を変更する。
【選択図】図1