処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2015166178 - 選択的レーザー溶融付加製造による金属またはセラミックの部品の製造方法

官庁
日本
出願番号 2015004977
出願日 14.01.2015
公開番号 2015166178
公開日 24.09.2015
公報種別 A
IPC
B29C 67/00
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
67グループB29C39/00~B29C65/00,B29C70/00またはB29C73/00に包含されない成形技術
B22F 3/105
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
10焼結のみに特徴のあるもの
105電流,レーザーまたはプラズマを利用することによるもの
B22F 3/16
B処理操作;運輸
22鋳造;粉末冶金
F金属質粉の加工;金属質粉からの物品の製造;金属質粉の製造;金属質粉に特に適する装置または機械
3成形または焼結方法に特徴がある金属質粉からの工作物または物品の製造;特にそのために適した装置
12成形と焼結の両者を特徴とするもの
16連続または反復する工程を含むもの
B23K 26/21
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
20接合
21溶接
B23K 26/34
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26レーザービームによる加工,例.溶接,切断または穴あけ
34接合以外を目的としたレーザー溶接
B33Y 10/00
B処理操作;運輸
33付加製造技術
Y付加製造,すなわち付加堆積,付加凝集または付加積層による3次元物質の製造,例.3D印刷による,ステレオリソグラフィーによるまたは選択的レーザー焼結による
10付加製造の工程
CPC
B22F 5/009
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
22CASTING; POWDER METALLURGY
FWORKING METALLIC POWDER; MANUFACTURE OF ARTICLES FROM METALLIC POWDER; MAKING METALLIC POWDER
5Manufacture of workpieces or articles from metallic powder characterised by the special shape of the product
009of turbine components other than turbine blades
B22F 5/04
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
22CASTING; POWDER METALLURGY
FWORKING METALLIC POWDER; MANUFACTURE OF ARTICLES FROM METALLIC POWDER; MAKING METALLIC POWDER
5Manufacture of workpieces or articles from metallic powder characterised by the special shape of the product
04of turbine blades
B23K 26/32
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
26Working by laser beam, e.g. welding, cutting or boring
20Bonding
32taking account of the properties of the material involved
B33Y 10/00
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
33ADDITIVE MANUFACTURING TECHNOLOGY
YADDITIVE MANUFACTURING, i.e. MANUFACTURING OF THREE-DIMENSIONAL [3-D] OBJECTS BY ADDITIVE DEPOSITION, ADDITIVE AGGLOMERATION OR ADDITIVE LAYERING, e.g. BY 3-D PRINTING, STEREOLITHOGRAPHY OR SELECTIVE LASER SINTERING
10Processes of additive manufacturing
B33Y 80/00
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
33ADDITIVE MANUFACTURING TECHNOLOGY
YADDITIVE MANUFACTURING, i.e. MANUFACTURING OF THREE-DIMENSIONAL [3-D] OBJECTS BY ADDITIVE DEPOSITION, ADDITIVE AGGLOMERATION OR ADDITIVE LAYERING, e.g. BY 3-D PRINTING, STEREOLITHOGRAPHY OR SELECTIVE LASER SINTERING
80Products made by additive manufacturing
B23K 26/082
BPERFORMING OPERATIONS; TRANSPORTING
23MACHINE TOOLS; METAL-WORKING NOT OTHERWISE PROVIDED FOR
KSOLDERING OR UNSOLDERING; WELDING; CLADDING OR PLATING BY SOLDERING OR WELDING; CUTTING BY APPLYING HEAT LOCALLY, e.g. FLAME CUTTING; WORKING BY LASER BEAM
26Working by laser beam, e.g. welding, cutting or boring
08Devices involving relative movement between laser beam and workpiece
082Scanning systems, i.e. devices involving movement of the laser beam relative to the laser head
出願人 ALSTOM TECHNOLOGY LTD
アンサルド エネルジア アイ・ピー ユー・ケイ リミテッド
発明者 MIKHAIL PAVLOV
ミハイル パヴロフ
HOEBEL MATTHIAS DR
マティアス ヘーベル
FELIX ROERIG
フェリックス レーリヒ
JULIUS SCHURB
ユリウス シュアプ
代理人 アインゼル・フェリックス=ラインハルト
森田 拓
前川 純一
二宮 浩康
上島 類
優先権情報 14151178.2 14.01.2014 EP
発明の名称
(EN) METHOD FOR MANUFACTURING METALLIC OR CERAMIC COMPONENT BY SELECTIVE LASER MELTING ADDITIVE MANUFACTURING
(JA) 選択的レーザー溶融付加製造による金属またはセラミックの部品の製造方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for selective laser melting additive manufacturing of a three-dimensional metallic or ceramic article/component entirely or partly.

SOLUTION: The method includes: successively building up the article/component layer by layer directly from a powder bed of a metallic or ceramic based material by remelting the layers with a high energy laser beam; and moving repetitively across areas to be solidified. The movement of the laser beam is made of a superposition of a continuous linear movement and at least one superimposed oscillation with a predetermined frequency and amplitude. The oscillation is created by a beam deflection device, and the beam deflection device is also used for a linear positioning movement.

COPYRIGHT: (C)2015,JPO&INPIT

(JA)

【課題】3次元の金属またはセラミックの物品/部品の全体的または部分的な選択的レーザー溶融付加製造のための方法を提供する
【解決手段】本発明の方法は、前記物品/部品を層ごとに、金属またはセラミック系材料の粉末床から直接、高エネルギー・レーザービームで層を再溶融させることによって連続的に形成するステップと、凝固されるべき領域を繰り返し横断するステップと、を含み、エネルギー・ビームの横断は、連続した直線運動と、所定の周波数および振幅を有する少なくとも1つの重畳された振動と、の重ね合わせからなり、振動は、ビーム偏向装置によって形成され、ビーム偏向装置は、線形位置決め運動のためにも用いられる方法に関するものである。
【選択図】図5