処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2014226871 - フィラー挙動シミュレーション方法および複合材料の物性解析方法

官庁 日本
出願番号 2013109568
出願日 24.05.2013
公開番号 2014226871
公開日 08.12.2014
公報種別 A
IPC
B29C 45/76
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
45射出成形,即ち所要量の成形材料をノズルを介して閉鎖型内へ流入させるもの;そのための装置
17構成部品,細部または付属装置;補助操作
76計量,制御または調整
B29C 43/58
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
43圧縮成形,すなわち付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
32構成部品,細部または付属装置;補助操作
58計量,制御または調整
B29C 47/92
B処理操作;運輸
29プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
Cプラスチックの成形または接合;他に分類されない可塑状態の材料の成形;成形品の後処理,例.補修
47押出成形,すなわち所定の形状を与えるダイまたはノズルを通して成形材料を押し出すもの;そのための装置
08構成部品,細部または付属装置;補助操作
92計量,制御または調整
G06F 17/50
G物理学
06計算;計数
F電気的デジタルデータ処理
17特定の機能に特に適合したデジタル計算またはデータ処理の装置または方法
50計算機利用設計
出願人 TORAY ENG CO LTD
東レエンジニアリング株式会社
発明者 NAKANO AKIRA
中野 亮
発明の名称
(EN) METHOD FOR SIMULATING BEHAVIOR OF FILLER, AND METHOD FOR ANALYZING PHYSICAL PROPERTY OF COMPOSITE MATERIAL
(JA) フィラー挙動シミュレーション方法および複合材料の物性解析方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for simulating behavior of a filler, in which a length change of the filler, a change of the filler content or the flexural deformation of the filler is taken into consideration so that physical properties of a composite material can be predicted precisely even if there is a wall-thinning trend of a cavity or a lengthening trend of the filler, and to provide a method for analyzing the physical properties of the composite material.

SOLUTION: The method for simulating behavior of the filler, in which the position, moving direction and shape of the filler moving in a fluid are analyzed at an optional time, comprises: a flow analysis step of analyzing a speed distribution of the fluid; a filler definition step of generating at least one filler, which is defined by a continuous numerical analysis element, in a predetermined position at least one predetermined time; and a filler behavior analysis step of analyzing the position, moving direction and shape of the filler by using the speed distribution of the fluid.

COPYRIGHT: (C)2015,JPO&INPIT

(JA)

【課題】 キャビティの薄肉化やフィラーの長尺化が進んでも、フィラー長の変化やフィラー含有率の変化、フィラーの曲がり変形を考慮することで、複合材料の物性を精度良く予測できるフィラー挙動シミュレーション方法および複合材料の物性解析方法を提供すること。
【解決手段】 流体中を移動するフィラーの任意時刻における位置、方向、形状を解析するフィラー挙動シミュレーション方法であって、前記流体の速度分布を解析する流動解析工程と、前記流体中の所定の位置に、少なくとも一つ以上の連続する数値解析要素で定義されたフィラーを、少なくとも一つ以上、所定の時刻に発生させるフィラー定義工程と、前記流体の速度分布を用いてフィラーの位置、方向、形状を解析するフィラー挙動解析工程を有することを特徴とする、フィラー挙動シミュレーション方法が提供される。
【選択図】 図1