処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2013196788 - 非水電解液二次電池

官庁 日本
出願番号 2012059396
出願日 15.03.2012
公開番号 2013196788
公開日 30.09.2013
公報種別 A
IPC
H01M 2/02
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
2発電要素以外の部分の構造の細部またはその製造方法
02電槽,外装または包装
H01M 2/08
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
2発電要素以外の部分の構造の細部またはその製造方法
02電槽,外装または包装
08封口物質
H01M 10/0566
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
05非水電解質二次電池
056電解質の材料に特徴があるもの,例.無機電解質/有機電解質の混合
0564有機物のみからなる電解質
0566液体
H01M 10/0585
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
05非水電解質二次電池
058構造または製造
0585板状電極を有する二次電池
CPC
Y02E 60/10
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
60Enabling technologies or technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
10Energy storage
出願人 DENSO CORP
株式会社デンソー
発明者 NAKAJIMA ATSUSHI
中島 敦士
FUKAYA ATSUSHI
深谷 淳
YAMADA MANABU
山田 学
代理人 大川 宏
発明の名称
(EN) NONAQUEOUS ELECTROLYTE SECONDARY BATTERY
(JA) 非水電解液二次電池
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a nonaqueous electrolyte secondary battery which can restrain a laminate resin in a fusion-adhered portion from being separated.

SOLUTION: In a nonaqueous electrolyte secondary battery sealed by fusion-adhering a laminate resin film, a resin lump portion provided integrally with each laminate resin film so as to cover the joined surface of a pair of fusion-adhered laminate resin films is formed at an end portion on the battery interior side of the fusion-adhered portion of a laminate resin film case. The resin lump portion is characterized in that the amount of a protrusion to the battery interior side (L), the radius of a circle to which the outer peripheral shape thereof is closely akin (r1), and the radius of a circle to which the surface at the end portion of the fusion-adhered portion between the resin lump and the laminate resin film is closely akin (r2) are each within a predetermined range.

COPYRIGHT: (C)2013,JPO&INPIT

(JA)


【課題】 溶着部におけるラミネート樹脂の剥離が抑えられた非水電解液二次電池を提供すること。
【解決手段】
ラミネート樹脂フィルムを溶着して封止してなる非水電解液二次電池において、ラミネート樹脂フィルムケースの溶着部の電池内部側の端部には、溶着した一対のラミネート樹脂フィルムの合わせ面を覆うように各ラミネート樹脂フィルムと一体にもうけられた樹脂塊部が形成され、樹脂塊部は、電池内部側への突出量(L),その外周形状が近似する円の半径の大きさ(r1),樹脂塊部とラミネート樹脂フィルムとの溶着部の端部の表面が近似する円の半径(r2)のそれぞれが所定の範囲内にあることを特徴とする。
【選択図】 図1