このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2012500559) セル識別情報の送信方法

官庁 : 日本
出願番号: 2011523771 出願日: 29.04.2009
公開番号: 2012500559 公開日: 05.01.2012
公報種別: A5
IPC:
H04W 48/18
H04W 48/20
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
48
アクセス規制;ネットワークの選択;アクセスポイントの選択
18
ネットワークまたは通信サービスの選択
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
48
アクセス規制;ネットワークの選択;アクセスポイントの選択
20
アクセスポイントの選択
出願人: テレフオンアクチーボラゲット エル エム エリクソン(パブル)
発明者: ベリークヴィスト, イェンス
スクリワ−ベルトリング, ポール
代理人: 大塚 康徳
高柳 司郎
大塚 康弘
木村 秀二
下山 治
優先権情報: 61/089,587 18.08.2008 US
発明の名称: (JA) セル識別情報の送信方法
要約:
(JA)

セルラ無線システムにおいて、無線基地局から移動機へ送信されるメッセージに、複数のセルID、特に複数のE-UTRAN物理層ID(PCID)が、属するエリア、特にトラッキングエリアに従ってグループ化される。一実施形態において、グループ化されたセルID情報は同報メッセージとして送信される。トラッキングエリアグループと共にIDがグループ化されている同報メッセージを受信する、マルチRAT(例えばGERAN/E-UTRAN)対応の移動機は、同一エリアに属する隣接セルを判別することが可能になる。その結果、E-UTRANセルへのセル再選択が、トラッキングエリアが許可されていないことを理由に拒否された場合、移動機は、拒否されたセルと同一のPCIDグループに含まれないE-UTRANセル、すなわち同一トラッキングエリアに属さないへのセル再選択を直ちに開始することを許可されることができる。これにより、それらセルへのセル再選択を開始するための待機時間が不要となる。
【選択図】 図4


また、:
CN102124786