処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2012037667 - 透明体およびその製造方法

官庁 日本
出願番号 2010176558
出願日 05.08.2010
公開番号 2012037667
公開日 23.02.2012
特許番号 5688246
特許付与日 30.01.2015
公報種別 B2
IPC
G02B 5/22
G物理学
02光学
B光学要素,光学系,または光学装置
5レンズ以外の光学要素
20フィルター
22吸収フィルター
B32B 9/00
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
9本質的にグループB32B11/00~B32B29/00に包含されない特殊な物質からなる積層体
C23C 16/40
C化学;冶金
23金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法または化学蒸着による被覆一般
16ガス状化合物の分解による化学的被覆であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残さないもの,すなわち化学蒸着(CVD)法
22金属質材料以外の無機質材料の析出に特徴のあるもの
30化合物,混合物または固溶体の析出,例.ほう化物,炭化物,窒化物
40酸化物
G02B 1/10
G物理学
02光学
B光学要素,光学系,または光学装置
1使用物質によって特徴づけられた光学要素;光学要素のための光学的コーティング
10光学要素への塗布または表面処理によって作られた光学的コーティング
出願人 スタンレー電気株式会社
発明者 新野 史
吉田 誠
代理人 特許業務法人 山王坂特許事務所
発明の名称
(EN) TRANSPARENT BODY AND MANUFACTURING METHOD OF THE SAME
(JA) 透明体およびその製造方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a transparent body with a hard coat structure that has a ultraviolet ray blocking function, is durable against acid rain, and is excellent in thermal cycle performance.

SOLUTION: The transparent body includes a transparent substrate 1, an ultraviolet ray absorbing layer 2 arranged on the substrate 1, and a hard coat layer 3. An amorphous TiO2 film having a thickness of 5000 angstroms or less, and a composition ratio of Ti and O where Ti:O is 1:1.8 or more and 1:2.0 or less is used as the ultraviolet ray absorbing layer 2. A TiO2 film has a property excellent in acid resistance and further the amorphous TiO2 film does not include photocatalyst performance, so that it has highly adhesive to the substrate.

COPYRIGHT: (C)2012,JPO&INPIT

(JA)

【課題】紫外線遮蔽機能をもち、酸性雨に対する耐性が高いかつ、かつ、冷熱サイクル特性に優れたハードコート構造を備えた透明体を提供する。
【解決手段】透明基材1と、基材1上に順に配置された、紫外線吸収層2とハードコート層3とを有する透明体であって、紫外線吸収層1として、アモルファスなTiO膜で、膜厚5000オングストローム以下、TiとOの組成比Ti:Oが1:1.8以上、1:2.0以下のものを用いる。TiO2膜は、耐酸性が高い性質を有し、しかも、アモルファスなTiO膜は光触媒性能を備えないため、基材との密着性が高い。
【選択図】図2