処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2012035512 - 化粧シート及びこれを用いた金属化粧板

官庁 日本
出願番号 2010177811
出願日 06.08.2010
公開番号 2012035512
公開日 23.02.2012
特許番号 5521876
特許付与日 18.04.2014
公報種別 B2
IPC
B32B 27/30
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
30ビニル樹脂からなるもの;アクリル樹脂からなるもの
B32B 15/08
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15本質的に金属からなる積層体
04層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08合成樹脂の層に隣接したもの
B32B 27/00
B処理操作;運輸
32積層体
B積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27本質的に合成樹脂からなる積層体
出願人 大日本印刷株式会社
発明者 千田 陽子
小林 武
廣嶼 雄彦
代理人 大谷 保
平澤 賢一
発明の名称
(EN) DECORATIVE SHEET AND METAL DECORATIVE PLATE USING THE SAME
(JA) 化粧シート及びこれを用いた金属化粧板
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a decorative sheet having a high surface scratch resistance, an excellent weatherability and a high interlaminar strength, and a metal decorative plate using it.

SOLUTION: The decorative sheet 10 is constituted by arranging an adhesive layer 12, a transparent thermoplastic resin layer 13, a fluoroplastic layer 14 and a surface protective layer 15 on a base material 11 in this order. The surface protective layer is constituted by crosslinking and curing a resin composition containing at least curable resin and fluoroplastic and the curable resin is at least one kind of resin selected from a group consisting of 2-part curable resin, ionization curable resin and thermosetting resin. The interlaminar peel strength of the surface protective layer and fluoroplastic layer of the decorative sheet is 1 kg/cm or above. The interlaminar peel strength is measured by a method wherein a cellophane tape (cellophane adhesive tape with a width of 24 mm) is bonded to the surface of the decorative sheet and the back of the decorative sheet is fixed to the carriage of a tack tester to measure the interlaminar peel strength under a condition of an angle of 90° and a speed of 30 cm/min.

COPYRIGHT: (C)2012,JPO&INPIT

(JA)

【課題】表面の耐擦傷性が高く、耐候性に優れ、かつ層間密着性の高い化粧シート及びこれを用いた金属化粧板を提供する。
【解決手段】基材11上に接着層12、透明熱可塑性樹脂層13、フッ素樹脂層14及び表面保護層15をこの順に配してなる化粧シート10であって、該表面保護層は、少なくとも硬化性樹脂とフッ素樹脂を含有する樹脂組成物を架橋硬化してなり、該硬化性樹脂が、2液硬化性樹脂、電離放射線硬化性樹脂及び熱硬化性樹脂からなる群から選ばれる少なくも1種であり、かつ以下の測定方法による表面保護層とフッ素樹脂層の層間剥離強度が1kg/cm以上である化粧シート。(層間剥離強度の測定方法)化粧シートの表面にセロファンテープ(ニチバン(株)製のセロファン粘着テープ、24mm幅)を貼り付け、該化粧シートの裏面を粘着力試験装置のキャリッジに固着し、角度90°、速度30cm/分の条件で、層間剥離強度を測定した。
【選択図】図1