このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2011172241) 媒体非依存事前認証改善策のフレームワーク

官庁 : 日本
出願番号: 2011058536 出願日: 16.03.2011
公開番号: 2011172241 公開日: 01.09.2011
特許番号: 5232887 特許付与日: 29.03.2013
公報種別: B2
IPC:
H04W 36/14
H04W 36/02
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
36
ハンドオフまたは再選択
14
ネットワークまたはエアーインターフェースの再選択
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
36
ハンドオフまたは再選択
02
再選択中のバッファリングまたは欠落した情報の回復
出願人: 株式会社東芝
テルコーディア・テクノロジーズ・インコーポレーテッド
発明者: ダッタ、アシュトシュ
ファジャード、ビクター
大場 義洋
谷内 謙一
代理人: 蔵田 昌俊
中村 誠
福原 淑弘
峰 隆司
白根 俊郎
村松 貞男
野河 信久
幸長 保次郎
砂川 克
優先権情報: 11/279,856 14.04.2006 US
60/698,949 14.07.2005 US
発明の名称: (EN) FRAMEWORK OF MEDIA-INDEPENDENT PRE-AUTHENTICATION IMPROVEMENT
(JA) 媒体非依存事前認証改善策のフレームワーク
要約:
(EN) PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a framework of pre-authentication improvement which is independent from a medium.

SOLUTION: There is provided a method for mitigating effects of undesired switch back of a mobile node between a former network and a new network. The method includes transmitting data packets to both the former network and the new network for a predetermined period to avoid packet loss when the mobile node returns from the new network to the former network.

COPYRIGHT: (C)2011,JPO&INPIT
(JA)

【課題】媒体に依存しない事前認証改善策のフレームワーク。
【解決手段】前ネットワークと新ネットワーク間でのモバイルノードの不所望切換復帰の影響を軽減する方法であって、前記モバイルノードが前記新ネットワークから前記前ネットワークに戻る場合に、パケットの損失を回避するために一定期間前記前ネットワークと前記新ネットワークの両方にデータパケットを送信することを含む。
【選択図】図1