このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2011172240) 媒体非依存事前認証改善策のフレームワーク

官庁 : 日本
出願番号: 2011058535 出願日: 16.03.2011
公開番号: 2011172240 公開日: 01.09.2011
特許番号: 5641986 特許付与日: 07.11.2014
公報種別: B2
IPC:
G09C 1/00
H04W 12/06
H04W 36/14
H04W 48/18
G 物理学
09
教育;暗号方法;表示;広告;シール
C
秘密の必要性を含む暗号または他の目的のための暗号化または暗号解読装置
1
あらかじめ決められた方式によって,符号または符号群を入れかえ,またはそれらと他を置き換えることによって,与えられた符号の順序,例.理解できる原文,を理解できない符号の順序に交換する装置または方法
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
12
セキュリティ装置,例.接続のセキュリティまたは不正行為の検出;認証,例.身元または承認されているかの確認;プライバシーの保護または匿名
06
認証
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
36
ハンドオフまたは再選択
14
ネットワークまたはエアーインターフェースの再選択
H 電気
04
電気通信技術
W
無線通信ネットワーク
48
アクセス規制;ネットワークの選択;アクセスポイントの選択
18
ネットワークまたは通信サービスの選択
出願人: 株式会社東芝
テルコーディア・テクノロジーズ・インコーポレーテッド
発明者: ダッタ、アシュトシュ
ファジャード、ビクター
大場 義洋
谷内 謙一
代理人: 蔵田 昌俊
福原 淑弘
中村 誠
野河 信久
峰 隆司
砂川 克
優先権情報: 11/279,856 14.04.2006 US
60/698,949 14.07.2005 US
発明の名称: (EN) FRAMEWORK OF MEDIA-INDEPENDENT PRE-AUTHENTICATION IMPROVEMENT
(JA) 媒体非依存事前認証改善策のフレームワーク
要約:
(EN) PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a framework of pre-authentication improvement which is independent from a medium.

SOLUTION: A method for reducing the effect of undesired switch back of a mobile node between a first network and a second network includes: (a) maintaining a context related to the first network for a period of time, so that the context can be immediately restored when the mobile returns to the first network; and (b) allowing the mobile node to use the context when returning to the first network.

COPYRIGHT: (C)2011,JPO&INPIT
(JA)

【課題】媒体に依存しない事前認証改善策のフレームワーク。
【解決手段】第1のネットワークと第2のネットワークの間でモバイルノードの不所望切換復帰の影響を軽減する方法であって、a)前記モバイルが第1のネットワークに戻るときにコンテキストが迅速に回復できるように前記第1のネットワークに関連するコンテキストを一時期維持することと、b)前記第1のネットワークに戻るときに前記モバイルノードに前記コンテキストを使用させることとを備える。
【選択図】図1