国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (JP2009234431) エアバッグ装置

官庁 : 日本
出願番号: 2008083183 出願日: 27.03.2008
公開番号: 2009234431 公開日: 15.10.2009
特許番号: 4972024 特許付与日: 13.04.2012
公報種別: B2
IPC:
B60R 21/36
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
34
車両の非乗員,例.歩行者の保護
36
エアバッグを用いるもの
出願人: タカタ株式会社
発明者: 熊谷 雅義
中村 敦
代理人: 小山 卓志
青木 健二
田中 貞嗣
阿部 龍吉
蛭川 昌信
内田 亘彦
菅井 英雄
韮澤 弘
米澤 明
優先権情報:
発明の名称: (EN) AIRBAG DEVICE
(JA) エアバッグ装置
要約:
(EN) PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an airbag device to properly and softly receive a pedestrian, etc. by expanding in a stable state.

SOLUTION: This airbag device is furnished with an airbag 20, an inflator 15 to blow out gas in the airbag 20, a detection means to detect collision and a control means to actuate the inflator 15 by a signal from the detection means and expands the airbag 20 arranged along a front pillar 2 on the outside of a vehicle. The airbag 20 is furnished with an expansion part 20a to expand by actuation of the inflator 15, a first locking part 20c connected to the expansion part 20a through a first connecting part 20e and locked to a vehicle body and a second locking part 20d connected to the expansion part 20a through a second connecting part 20f and locked to the vehicle body, the first locking part 20c is provided on one side in the longitudinal direction of the expansion part 20a, the second locking part 20d is provided on the other side in the longitudinal direction of the expansion part 20a, and the second connecting part 20f is arranged at a position separated from an airbag outer edge 20g.

COPYRIGHT: (C)2010,JPO&INPIT
(JA)

【課題】 安定な状態で膨張することで歩行者等を適切に、且つ、ソフトに受け止めるエアバッグ装置を提供する。
【解決手段】 エアバッグ20と、エアバッグ20内にガスを噴出するインフレータ15と、衝突を検知する検知手段と、検知手段からの信号によりインフレータ15を作動させる制御手段と、を備え、車両外側でフロントピラー2に沿って配置されたエアバッグ20を膨張させるエアバッグ装置10において、エアバッグ20は、インフレータ15の作動により膨張する膨張部20aと、膨張部20aと第1接続部20eを介して接続され、車体に係止される第1係止部20cと、膨張部20aと第2接続部20fを介して接続され、車体に係止される第2係止部20dとを備え、第1係止部20cは、膨張部20aの長手方向の一方側に設けられ、第2係止部20dは、膨張部20aの長手方向の他方側に設けられ第2接続部20fは、エアバッグ外縁20gから離れた位置に配置されることを特徴とする。
【選択図】 図1