このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2009101315) 粉体化装置

官庁 : 日本
出願番号: 2007276781 出願日: 24.10.2007
公開番号: 2009101315 公開日: 14.05.2009
公報種別: A
IPC:
B02C 18/22
B02C 13/04
B02C 18/14
B29B 17/02
B29B 17/00
B29B 17/04
B 処理操作;運輸
02
破砕,または粉砕;製粉のための穀粒の前処理
C
破砕,または粉砕一般;穀粒の粉砕
18
原料を砕片に切り刻むナイフまたは他の切断または裂断による粉砕;刻み機械またはウォームまたは同等物を用いた同様の装置
06
回転ナイフを有するもの
16
細部
22
供給または排出装置
B 処理操作;運輸
02
破砕,または粉砕;製粉のための穀粒の前処理
C
破砕,または粉砕一般;穀粒の粉砕
13
回転打撃部材を有する粉砕機による粉砕
02
水平回転子軸を有するもの
04
回転子に蝶着された打撃子を有するもの;ハンマーミル
B 処理操作;運輸
02
破砕,または粉砕;製粉のための穀粒の前処理
C
破砕,または粉砕一般;穀粒の粉砕
18
原料を砕片に切り刻むナイフまたは他の切断または裂断による粉砕;刻み機械またはウォームまたは同等物を用いた同様の装置
06
回転ナイフを有するもの
14
水平容器内に有するもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
17
プラスチック含有廃棄物からのプラスチックまたはその他の成分の回収
02
他の材料からのプラスチックの分離
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
17
プラスチック含有廃棄物からのプラスチックまたはその他の成分の回収
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
B
成形材料の準備または前処理;造粒または予備成形品の成形;プラスチックを含む廃棄物からプラスチックまたはその他の成分の回収
17
プラスチック含有廃棄物からのプラスチックまたはその他の成分の回収
04
プラスチックの粉砕
CPC:
B29B 17/04
B29B2017/0488
B29L2007/008
B29L2009/00
B29L2031/7322
Y02W 30/625
出願人: R-INVERSATECH LTD
アールインバーサテック株式会社
SANKI SANGYO KK
三喜産業株式会社
SHINWA TECH CORP
信和テック株式会社
YOSHIDA DENSHI SERVICE:KK
株式会社吉田電子サービス
発明者: AMIMOTO KICHINOSUKE
網本 吉之助
AKABOSHI YUTAKA
赤星 裕
NISHISHITA TAKAO
西下 孝夫
ITO KAZUKO
伊藤 和子
KIKUCHI MASAFUMI
菊池 雅史
KOYAMA AKIO
小山 明男
代理人: 長谷川 芳樹
黒木 義樹
鈴木 光
三上 敬史
優先権情報:
発明の名称: (EN) POWDERING APPARATUS
(JA) 粉体化装置
要約: front page image
(EN) PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a powdering apparatus capable of separating resin from fibers and suppressing failure due to a lump of the fibers or the like.

SOLUTION: The powdering apparatus includes: an inner cylinder 10 which is rotated around a center shaft X; an outer cylinder 30 which is arranged substantially coaxially with the inner cylinder 10 and surrounds the inner cylinder 10; hammering members 50 disposed on the outer circumferential surface 12 of the inner cylinder 10; and a roller 80 which has protrusions 82 formed on the circumferential surface 80a thereof and is rotated around a shaft parallel to the center shaft of the inner cylinder 10. An opening part 59 is disposed on a position facing the outer circumferential surface of the inner cylinder 10 in the outer cylinder 30 to be extended in the axial direction of the outer cylinder, the roller 80 is arranged outside the outer cylinder such that a part of the circumferential surface 80a faces the surface of the inner cylinder 10 via the opening part 59, and the inner cylinder 10 and the roller 80 are respectively rotated such that the outer circumferential surfaces facing each other move in the direction different from each other.

COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT
(JA)

【課題】繊維と樹脂とを引き剥がすことができ、かつ、繊維の塊等による不具合を抑制する。
【解決手段】中心軸X回りに回転される内筒10と、内筒10と略同軸に配置されて内筒10を取り囲む外筒30と、内筒10の外周面12上に設けられた打撃部材50と、周面80aに突起82が形成されると共に内筒10の中心軸と平行な軸周りを回転されるロール80と、を備える。外筒30における内筒10の外周面と対向する位置に、外筒の軸方向に伸びるように開口部59が設けられ、ロール80は、周面80aの一部が開口部59を介して内筒10の表面と向き合うように前記外筒の外に配置され、内筒10とロール80とは互いに向かい合う外周面同士が互いに異なる方向に移動するようにそれぞれ回転される。
【選択図】図2