処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2007335294 - 積層型電池

官庁 日本
出願番号 2006167498
出願日 16.06.2006
公開番号 2007335294
公開日 27.12.2007
公報種別 A
IPC
H01M 10/40
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
36H01M10/05~H01M10/34に分類されない蓄電池
40with organic electrolytes
H01M 2/16
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
2発電要素以外の部分の構造の細部またはその製造方法
14隔離板;薄膜;隔膜;間隔保持部材
16材質に特徴のあるもの
H01M 4/02
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4電極
02活物質からなるまたは活物質を含有した電極
CPC
Y02E 60/10
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
60Enabling technologies or technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
10Energy storage
出願人 NISSAN MOTOR CO LTD
日産自動車株式会社
発明者 MIYATAKE KAZUKI
宮竹 一希
SHIMAMURA OSAMU
嶋村 修
HORIE HIDEAKI
堀江 英明
WATANABE SHIGEO
渡辺 茂雄
代理人 八田 幹雄
奈良 泰男
宇谷 勝幸
発明の名称
(EN) LAMINATED BATTERY
(JA) 積層型電池
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a laminated lithium-ion secondary battery with excellent durability and heat resistance.

SOLUTION: In the laminated battery having a battery element made by having a cathode with a cathode active material layer formed on the surface of a collector, a separator, and an anode with an anode active material formed on the surface of a collector, at least one cathode active material layer and the separator contain heat resistant materials. By arranging materials with high heat resistance for the cathode active material layer and the separator, it is possible to well restrain heat radiation and temperature rise caused by short circuiting or the like.

COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

(JA)

【課題】耐久性及び耐熱性に優れる積層型リチウムイオン二次電池を提供する。
【解決手段】集電体の表面に正極活物質層が形成されてなる正極、セパレータ、及び集電体の表面に負極活物質層が形成されてなる負極がこの順で積層されてなる電池要素を有する積層型電池であって、少なくとも一の正極活物質層及びセパレータが耐熱性材料を含む事を特徴とする。正極活物質層及びセパレータに耐熱性の高い材料を配置する事によって、短絡等による発熱・温度上昇を十分抑制する事が可能となる。
【選択図】図1