処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2007083186 - 水処理システム

官庁 日本
出願番号 2005276606
出願日 22.09.2005
公開番号 2007083186
公開日 05.04.2007
特許番号 4673709
特許付与日 28.01.2011
公報種別 B2
IPC
C02F 1/78
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
72酸化によるもの
78オゾンによるもの
C02F 1/32
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
30照射によるもの
32紫外線によるもの
C02F 1/72
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
72酸化によるもの
出願人 TOSHIBA CORP
株式会社東芝
発明者 ARIMURA RYOICHI
有村 良一
ABE NORIMITSU
阿部 法光
IDE KENJI
出 健志
KURIHARA CHIYOUKO
栗原 潮子
MENJU TAKU
毛受 卓
MURAYAMA SEIICHI
村山 清一
代理人 特許業務法人 天城国際特許事務所
発明の名称
(EN) WATER TREATMENT SYSTEM
(JA) 水処理システム
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a water treatment system which can optimize an ozone injection rate, an oxidation promoting agent injection rate, and a ratio of these injection rates, and promptly cope with a water-quality change of water to be treated to enable the suppression of the amount of generated harmful disinfection by-products by using a fluorescence analyzer.

SOLUTION: The water to be treated is introduced into water treatment equipment 1; ozone is injected into the water to be treated from ozone injection equipment 2, and an oxidation promoting agent is injected from oxidation promoting agent injection equipment 3 to perform advanced oxidation treatment. The fluorescence intensity of the water to be treated before being introduced into the water treatment equipment 1 is measured by a fluorescence analyzer 4 for the water to be treated; water-quality indexes of the water to be treated are measured by a water-quality indexes measuring device 8, and the fluorescence intensity of the water to be treated, introduced to the water treatment equipment 1 and subjected to the advanced oxidation treatment is measured by a fluorescence analyzer 5 for treated water. A water treatment control device 6 performs injection control based on fluorescence intensity reduction rate determined from the fluorescence intensities measured by the fluorescence analyzer 4 for the water to be treated, and fluorescence analyzer 5 for the treated water.

COPYRIGHT: (C)2007,JPO&INPIT

(JA)

【課題】 蛍光分析計を用いることによってオゾン注入率と酸化促進剤注入率及びそれらの注入比率を最適にすると共に、被処理水の水質変化に対して迅速に対応することができ、有害な消毒副生成物質の生成量も抑制することを可能とする水処理システムを提供する。
【解決手段】 水処理設備1に被処理水を導入し、この被処理水に対しオゾン注入設備2からオゾンを注入し、かつ酸化促進剤注入設備3から酸化促進剤を注入して促進酸化処理を行う。この水処理装置1に導入される前の被処理水の蛍光強度を被処理水蛍光分析計4で測定すると共に、同被処理水の水質指標を測定する水質指標測定装置8で測定し、さらに、水処理装置1に導入され促進酸化処理された処理水の蛍光強度を処理水蛍光分析計5で測定する。水処理制御装置6は、被処理水蛍光分析計4と処理水蛍光分析計5とで測定された各蛍光強度から求まる蛍光強度減少率に基き注入制御を行う。
【選択図】図1