処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2006213801 - 2液硬化型無溶剤系接着剤

官庁 日本
出願番号 2005026763
出願日 02.02.2005
公開番号 2006213801
公開日 17.08.2006
公報種別 A
IPC
C09J 175/04
C化学;冶金
09染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04ポリウレタン
出願人 MITSUI CHEMICALS POLYURETHANES INC
三井化学株式会社
発明者 IMAI AKIHIRO
今井 朗博
KAWASAKI HIROSHI
川崎 浩
MATSUFUJI MIKIO
松藤 幹夫
代理人 岡本 寛之
発明の名称
(EN) TWO-PART CURABLE SOLVENTLESS ADHESIVE
(JA) 2液硬化型無溶剤系接着剤
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a two-part curable solventless adhesive holding an excellent appearance and adhesive strength even after a high-temperature sterilizing treatment, moderately regulating a reaction of a principal ingredient with a curing agent and ensuring good operation efficiency when a laminate composite film is produced in which a barrier layer is laminated to a plastic film.

SOLUTION: The two-part curable solventless adhesive is prepared from the principal ingredient and the curing agent as follows. A polyol having secondary or tertiary terminal hydroxy groups in an amount of 30% based on the whole terminal hydroxy groups and containing acid groups is contained in the principal ingredient. An isocyanate group-terminated urethane prepolymer obtained by reacting an araliphatic polyisocyanate with a polyol and having 1.5-2.5 average number of functional groups and an aliphatic polyisocyanate and/or a modified material thereof are contained in the curing agent.

COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

(JA)

【課題】 バリア層とプラスチックフィルムとが積層されるラミネート複合フィルムにおいて、高温殺菌処理後も、優れた外観および接着強度を保持し、しかも、ラミネート複合フィルムの製造時に、主剤と硬化剤との反応が適度に調整され、良好な作業性を確保することのできる、2液硬化型無溶剤系接着剤を提供すること。
【解決手段】 主剤には、全末端水酸基の30%以上が2級または3級の末端水酸基であり、酸基を含むポリオールを含有させ、硬化剤には、芳香脂肪族ポリイソシアネートとポリオールとの反応により得られ、平均官能基数が1.5〜2.5であるイソシアネート基末端ウレタンプレポリマーと、脂肪族ポリイソシアネートおよび/またはその変性体とを含有させて、これら主剤と硬化剤とから、2液硬化型無溶剤系接着剤を調製する。
【選択図】 なし