処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2006212287 - 超音波探触子

官庁 日本
出願番号 2005029539
出願日 04.02.2005
公開番号 2006212287
公開日 17.08.2006
公報種別 A
IPC
A61B 8/00
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
B診断;手術;個人識別
8超音波,音波または亜音波を用いることによる診断
出願人 MATSUSHITA ELECTRIC IND CO LTD
パナソニック株式会社
発明者 SHINTANI KEIJI
新谷 啓司
HASEGAWA SHIGEYOSHI
長谷川 重好
代理人 二瓶 正敬
発明の名称
(EN) ULTRASONIC PROBE
(JA) 超音波探触子
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To improve adhesion with the surface of a subject without damaging safety against breakage in falling, to prevent the entire ultrasonic probe from being enlarged by a reservoir tank and to achieve miniaturization.

SOLUTION: An ultrasonic element and an acoustic coupling medium 2 are arranged inside a window 1, the reservoir tank 3a formed of rubber or the like is provided on the surface (subject side) of the window as the reservoir tank for pressurizing the acoustic coupling medium in the window, also the reservoir tank 3b is provided inside the window, and the reservoir tanks 3a and 3b are connected so that the acoustic coupling medium can flow.

COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

(JA)

【課題】 落下時の破損に対する安全性を損なうことなく被検体の表面との密着性を向上させ、リザーバタンクにより超音波探触子全体が大型化することを防止して小型化を実現する。
【解決手段】 ウィンドウ1内には超音波素子と音響結合媒体2が配置され、ウィンドウ内の音響結合媒体を加圧するためのリザーバタンクとして、ゴムなどで形成されたリザーバタンク3aがウィンドウの表面(被検体側)に設けられるとともに、リザーバタンク3bがウィンドウ内に設けられ、リザーバタンク3a、3bは音響結合媒体が流動可能なように連結されている。
【選択図】 図1