処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2006159223 - AlまたはAl合金接合体の製法

官庁 日本
出願番号 2004351718
出願日 03.12.2004
公開番号 2006159223
公開日 22.06.2006
特許番号 4393362
特許付与日 23.10.2009
公報種別 B2
IPC
B23K 20/00
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
20加熱するかまたは加熱することなく,衝撃または他の圧力を加えることによる非電気的接合,例.クラッド法または被せ金法
C22C 21/00
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C合金
21アルミニウム基合金
B23K 103/10
B処理操作;運輸
23工作機械;他に分類されない金属加工
Kハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
103,,
08,
10,
出願人 KOBELCO KAKEN:KK
株式会社コベルコ科研
発明者 YONEDA YOICHIRO
米田 陽一郎
NAKANE YASUO
中根 靖夫
代理人 植木 久一
菅河 忠志
二口 治
伊藤 浩彰
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING Al OR Al ALLOY JOINED BODY
(JA) AlまたはAl合金接合体の製法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To develop a method by which, when joining Al or Al alloy materials, joining boundaries can be securely and firmly joined into one body by diffusion bonding.

SOLUTION: Each joining face side of the Al or Al alloy materials to be joined is provided with a low density region having a relative density of 40 to 90% preferably to a thickness of 1 mm, and the low density parts are superimposed and are subjected to diffusion bonding, thus the base metals in the joined faces are remarkably deformed to expose clean faces, and simultaneously, oxides on the boundaries are finely pulverized and finely dispersed. In this way, they are firmly joined into one body.

COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

(JA)

【課題】 AlまたはAl合金材を接合する際に、接合界面を拡散接合によって確実且つ強固に接合一体化することのできる方法を開発すること。
【解決手段】 接合すべきAlまたはAl合金材の接合面側に、相対密度40〜90%の低密度領域を好ましくは厚さ1mm以上設け、該低密度部を合わせて拡散接合することにより、接合面の母材を大きく変形させて清浄面を露出させ、同時に界面の酸化物を微細に破砕して微分散させることにより、強固に接合一体化する。
【選択図】 図1