このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2005511296) 濾過膜容器およびそれを使用する方法

官庁 : 日本
出願番号: 2003552420 出願日: 13.12.2002
公開番号: 2005511296 公開日: 28.04.2005
公報種別: A
IPC:
C02F1/44
B01D63/00
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
44
透析,浸透または逆浸透によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
63
半透膜を用いる分離工程のための装置一般
CPC:
B01D 63/12
B01D 63/043
B01D 63/046
B01D 65/00
B01D2313/105
出願人: ノーリット メンブラーン テヒノロギー ベーフェー
発明者: クノップス、フランシスクス ニコラス マリー
代理人: 板垣 孝夫
森本 義弘
優先権情報: 1019565 14.12.2001 NL
発明の名称: (JA) 濾過膜容器およびそれを使用する方法
要約: front page image
(JA)

発明は、供給水入口2と、透過水出口3と、容器1内に設けた少なくとも2つの濾過膜4、4’、4’’、4’’’とを有する容器1で構成され、濾過する水を供給水入口2から濾過膜4、4’、4’’、4’’’に供給し、透過水を透過水出口3から排出する濾過膜容器1に関する。透過水出口3または供給水入口2の1方は濾過膜容器1の少なくとも一端Iに配置され、他方は濾過膜容器1のほぼ中央の位置IIに配置される。


また、:
AU2002353656CA2472907CN1615174DE000060220184EP1458465IN1661/DELNP/2004
ZA2004/04664