このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (JP2005237317) 微小昆虫捕獲装置と画像処理計数方法

官庁 : 日本
出願番号: 2004053067 出願日: 27.02.2004
公開番号: 2005237317 公開日: 08.09.2005
公報種別: A
IPC:
A01M1/06
A01M1/00
A01M1/14
G06M11/00
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
M
動物の捕獲,わな猟,または威嚇;有害な動物又は有害な植物の駆除装置
1
昆虫を捕獲または殺除するための定置式装置
06
吸引効果を使用するもの
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
M
動物の捕獲,わな猟,または威嚇;有害な動物又は有害な植物の駆除装置
1
昆虫を捕獲または殺除するための定置式装置
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
M
動物の捕獲,わな猟,または威嚇;有害な動物又は有害な植物の駆除装置
1
昆虫を捕獲または殺除するための定置式装置
14
粘着面により捕獲するもの
G 物理学
06
計算;計数
M
計数機構;他に分類されない対象物の計数
11
ランダムに分布している物品の計数,例.一表面上に分布しているものの計数
出願人: TERADA SEISAKUSHO CO LTD
株式会社寺田製作所
NATIONAL AGRICULTURE & BIO-ORIENTED RESEARCH ORGANIZATION
独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構
発明者: TAKEDA MITSUYOSHI
武田 光能
SATO YASUSHI
佐藤 安志
MIYAZAKI MASAHIRO
宮崎 昌宏
MIYAMA DAISUKE
深山 大介
ARAKI TAKUYA
荒木 琢也
IMURA HIROAKI
井村 裕朗
KAGEYAMA ATSUSHI
影山 淳
優先権情報:
発明の名称: (EN) MINUTE INSECT-CATCHING APPARATUS AND IMAGE PROCESSING COUNTING METHOD
(JA) 微小昆虫捕獲装置と画像処理計数方法
要約: front page image
(EN) PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a minute insect-catching apparatus and an image processing counting method capable of quickly and accurately grasping occurrence of various kinds of insects even if a person is not an expert, because expert knowledge is required in order to determine small insects by visual observation, though size and generation period of insects parasitized in farm products are all different and large insects can be determined by visual observation.

SOLUTION: The minute insect-catching apparatus is constituted of a fan installed in the vicinity of a generation part, a motor for driving the fan, a cell used as an electric source for the motor and a cartridge type adhesive sheet for blowing sucked air in order to research numbers of generation of insects parasitized or fried in farm products and the apparatus counts the generation amount.

COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI
(JA)

【課題】
農作物に寄生する昆虫として約2000種以上、天敵の昆虫などを含めればその種数は約1万種以上もあるといわれており、その大きさや発生時期はまちまちである。これらの発生時期には自然条件が大きく関わっている。大きな昆虫は目視で判断できるが、小さな昆虫を目視で判断するためには専門知識を必要とする。
【解決手段】
農作物に寄生、飛来する昆虫の発生数を調べるために、発生部位付近に設置するファンと、ファンを駆動するモータと、モータの電源とする電池と、吸い込んだ空気を吹き付けるカートリッジ式粘着シートとより構成し、発生量を計数することを特徴とする微小昆虫捕獲装置。
【選択図】図1