処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2005015423 - ベンゼン、エチレンおよび合成用ガスの製造方法

官庁 日本
出願番号 2003184527
出願日 27.06.2003
公開番号 2005015423
公開日 20.01.2005
特許番号 4188763
特許付与日 19.09.2008
公報種別 B2
IPC
C01B 3/40
C化学;冶金
01無機化学
B非金属元素;その化合物
3水素;水素を含有する混合ガス;水素を含有する混合物からのそれの分離;水素の精製
02水素または水素含有混合ガスの製造
32ガス化剤,例.水,二酸化炭素,空気,と気体または液体有機化合物との反応によるもの
34ガス化剤と炭化水素との反応によるもの
38触媒を用いるもの
40触媒を特徴とするもの
C07C 2/84
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
2少ない数の炭素原子を含有する炭化水素からの炭化水素の製造
76部分的な水素の脱離を伴なう炭化水素の縮合によるもの
82酸化カップリング
84接触的
C07C 2/86
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
2少ない数の炭素原子を含有する炭化水素からの炭化水素の製造
86炭化水素と非炭化水素相互の縮合によるもの
C07B 61/00
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61他の一般的方法
CPC
Y02P 20/52
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
20Technologies relating to chemical industry
50Improvements relating to the production of products other than chlorine, adipic acid, caprolactam, or chlorodifluoromethane, e.g. bulk or fine chemicals or pharmaceuticals
52using catalysts, e.g. selective catalysts
出願人 SAUDI BASIC INDUSTRIES CORP
サウディ ベーシック インダストリーズ コーポレイション
発明者 MAMEDOV AGADDIN
アガディン マメドフ
JOSEPH TONY
トニー ジョーゼフ
AL-ALWAN AKRAM
アクラム アル-アルワン
代理人 河野 香
柳田 征史
佐久間 剛
発明の名称
(EN) METHOD FOR PREPARING BENZENE, ETHYLENE AND GAS FOR SYNTHESIS
(JA) ベンゼン、エチレンおよび合成用ガスの製造方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To overcome defects of conventional techniques employed in a method for preparing benzene, ethylene and gas for synthesis, i.e. to increase methane conversion rate and selectivity and yield of benzene.

SOLUTION: In the preparation method, a starting gas flow containing methane and carbon dioxide is introduced into a reactor. If required, the methane in the reactor is oxidized under a specific condition using a first catalyst material and/or an additional oxidizer. A product gas flow containing benzene, ethylene and the gas for synthesis is taken out from the reactor. Here, the first catalyst material is chosen from the group consisting of Mn(NO3)2, Si(WO4)2, KNO3, NaOH and HBO3, and the inner wall of the reactor is treated with the first catalyst material.

COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

(JA)

【課題】ベンゼン、エチレンおよび合成用ガスを製造する方法において、従来技術の欠点を克服する、すなわち、メタンの転化率を高し、ベンゼンの選択率および収率を高くする。
【解決手段】メタンおよび二酸化炭素を含む出発ガス流を反応器中に導入する。必要に応じて第1の触媒材料および/または追加の酸化剤を用いて、ある反応器の条件で反応器中のメタンを酸化させる。反応器から、ベンゼン、エチレンおよび合成用ガスを含む生成物ガス流を取り出す。第1の触媒材料は、Mn(NO、Si(WO、KNO、NaOH、およびHBOからなる群より選択される。反応器の内壁は第1の触媒材料で処理されている。
【選択図】 なし