国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (JP2004338676) 外面展開型エアバッグ装置

官庁 : 日本
出願番号: 2003140631 出願日: 19.05.2003
公開番号: 2004338676 公開日: 02.12.2004
公報種別: A
IPC:
B60R21/16
B60R21/00
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
02
乗員安全装置又は部品
16
衝突時に膨張するように設計された膨張可能な乗員拘束又は抑制装置,例.エアバッグ
B 処理操作;運輸
60
車両一般
R
他に分類されない車両,車両付属具,または車両部品
21
事故又は他の交通危機の場合乗員又は歩行者を負傷から保護又は防止するための車両の装置又は部品
CPC:
B60R 21/36
B60R 21/2338
B60R2021/161
B60R2021/23386
出願人: TAKATA CORP
タカタ株式会社
発明者: TAKIMOTO TAKAYUKI
瀧本 孝之
代理人: 重野 剛
優先権情報:
発明の名称: (EN) OUTER SURFACE DEVELOPMENT TYPE AIR BAG DEVICE
(JA) 外面展開型エアバッグ装置
要約: front page image
(EN) PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an outer surface development type air bag device for an airbag to surely develop along a development intended area.

SOLUTION: The air bag 14 is provided with a bag base part 14a developing along a lower edge of a windshield 2, and bag side parts 14b respectively developing along an outer surface of an A pillar 6 from both right and left end sides of the bag base part 14a. A guild rod 20 is provided to vertically extend along the outer surface of the A pillar 6. A connecting band 14c connecting the bag side part 14b and the guide rod 20 is mounted on the upper end part of the bag side part 14b. The connecting band 14c can be freely moved along the guide rod 20. The bag side part 14b is guided along the guide rod 20 though the connecting band 14c and develops along the outer surface of the A pillar 6.

COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI
(JA)

【課題】エアバッグが確実に展開予定領域に沿って展開する外面展開型エアバッグ装置を提供する。
【解決手段】エアバッグ14は、ウィンドシールド2の下縁部に沿って展開するバッグ基部14aと、該バッグ基部14aの左右両端側からそれぞれAピラー6の外面に沿って展開するバッグサイド部14bとを有している。Aピラー6の外面に沿って上下方向に延在するガイドロッド20が設けられている。バッグサイド部14bの上端部には、該バッグサイド部14bとガイドロッド20とを連結する連結帯14cが取り付けられている。連結帯14cは、ガイドロッド20に沿って移動自在となっている。バッグサイド部14bは、連結帯14cを介してガイドロッド20に沿って案内され、Aピラー6の外面に沿って展開する。
【選択図】 図3