処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2004132385 - 電食防止転がり軸受

官庁 日本
出願番号 2002294436
出願日 08.10.2002
公開番号 2004132385
公開日 30.04.2004
公報種別 A
IPC
F16C 33/58
F機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
30玉軸受またはころ軸受の部品
58軌道;軌道輪
出願人 NTN CORP
NTN株式会社
発明者 INUKAI HIROAKI
犬飼 広亮
ITO HIDEJI
伊藤 秀司
KATAOKA YUKIHIRO
片岡 幸浩
代理人 野田 雅士
杉本 修司
発明の名称
(EN) ELECTRIC EROSION PREVENTING ROLLING BEARING
(JA) 電食防止転がり軸受
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an electric erosion preventing rolling bearing, allowing easy and accurate end face machining and film thickness management of an insulating layer after formed.

SOLUTION: The insulating layer 6 is provided on an inner ring 2 or an outer ring 3 in a range from the peripheral face fitted to a housing or a shaft over the end face. The insulating layer 6 is a flame sprayed layer of metal oxide. A bearing ring having the insulating layer 6 out of the inner ring 2 or the outer ring 3 is provided with a reference face 7 on the end face for the end face machining or the end face film thickness management. It is acceptable that the reference face 7 is the inner face of a step portion 8 formed on the end face or the material exposed face of the non-sprayed insulating layer 6 on the end face.

COPYRIGHT: (C)2004,JPO

(JA)

【課題】絶縁層の形成後の幅面機械加工や膜厚管理を容易にかつ正確に行える電食防止転がり軸受を提供する。
【解決手段】内輪2または外輪3に、ハウジングまたは軸に嵌まり合う周面から幅面に渡って絶縁層6を設ける。絶縁層6は、金属酸化物の溶射加工層である。内輪2または外輪3のうち、絶縁層6を有する軌道輪に、幅面加工用または幅面膜厚管理用の基準面7を幅面に設ける。基準面7は、幅面に形成された段部8の内面であっても良く、また幅面における絶縁層6を未溶射とした素材露出面であってもよい。
【選択図】    図1