処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2004010929 - スクラップからのコバルトの回収方法

官庁 日本
出願番号 2002163725
出願日 05.06.2002
公開番号 2004010929
公開日 15.01.2004
特許番号 4210475
特許付与日 31.10.2008
公報種別 B2
IPC
C22B 23/00
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B金属の製造または精製;原料の予備処理
23ニッケルまたはコバルトの採取
C02F 1/58
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
58特定溶存化合物の除去
C02F 1/62
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
58特定溶存化合物の除去
62重金属化合物
C02F 1/72
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
72酸化によるもの
C02F 1/76
C化学;冶金
02水,廃水,下水または汚泥の処理
F水,廃水,下水または汚泥の処理
1水,廃水または下水の処理
72酸化によるもの
76ハロゲンまたは化合物によるもの
C22B 3/04
C化学;冶金
22冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B金属の製造または精製;原料の予備処理
3湿式による鉱石または濃縮物からの金属化合物の抽出
04浸出によるもの
CPC
Y02P 10/20
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
PCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN THE PRODUCTION OR PROCESSING OF GOODS
10Technologies related to metal processing
20Process efficiency
出願人 NIKKO MATERIALS CO LTD
日鉱金属株式会社
発明者 MORI HIDEYUKI
森 英之
代理人 小越 勇
木下 洋平
発明の名称
(EN) METHOD FOR RECOVERING COBALT FROM SCRAP
(JA) スクラップからのコバルトの回収方法
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for inexpensively and efficiently recover cobalt from scrap of a waste material of battery positive pole etc. and to obtain a cobalt material particularly suitable for use in the production of organic metal such as cobalt soap or use as a raw material for cobalt electrolytic solution.

SOLUTION: The method consists of the following steps: a step where Co, Al, Cu, Mn, Fe, etc., contained in the scrap of the waste material of battery positive pole etc. are dissolved using sulfuric acid of 0.75 to 0.85 equivalent to the amount of the metals contained and then pH is regulated to 6 to 7 and the Al, Cu and Fe contained in the resultant solution are filtered out in the form of hydroxides to reduce the respective contents of these elements to 10 mg/L, respectively; and a step where an oxidizing agent of 2.5 equivalent to the Mn as an impurity is added and pH is regulated to 2.5 to 5 and the Mn is filtrated and removed in the form of an oxide to reduce the content of the Mn to 10 mg/L. The residual solution is recovered as a Co-containing purified solution.

COPYRIGHT: (C)2004,JPO

(JA)

【課題】電池正極廃材等のスクラップからコバルトを安価にかつ効率良く回収する方法を提供するものであり、特にコバルト石鹸のような有機金属を製造する場合又はコバルト電解液用の原料として使用する場合に、好適なコバルト材料を得る。
【解決手段】電池正極廃材等のスクラップ中に含有されているCo,Al,Cu,Mn,Fe等を含有する金属量に対して0.75当量以上0.85当量以下の硫酸で溶解した後、pHを6〜7に調整して溶解液中に含有するAl,Cu,Feを水酸化物として濾過し、これらの元素をそれぞれ10mg/L以下にする工程、次に酸化剤を不純物であるMnに対して2.5当量以上添加し、pHを2.5〜5に調整してMnを酸化物として濾過除去し、Mn含有量を10mg/L以下とする工程からなり、残液をCo含有精製液として回収することを特徴とする電池正極廃材等のスクラップからのCo回収方法。
【選択図】   図1