処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. JP2002237279 - 二次電池

官庁 日本
出願番号 2001033966
出願日 09.02.2001
公開番号 2002237279
公開日 23.08.2002
特許番号 3829630
特許付与日 21.07.2006
公報種別 B2
IPC
H01M 2/02
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
2発電要素以外の部分の構造の細部またはその製造方法
02電槽,外装または包装
H01M 10/04
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
04構造または製造一般
H01M 10/40
H電気
01基本的電気素子
M化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
10二次電池;その製造
36H01M10/05~H01M10/34に分類されない蓄電池
40with organic electrolytes
CPC
Y02E 60/10
YSECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
EREDUCTION OF GREENHOUSE GAS [GHG] EMISSIONS, RELATED TO ENERGY GENERATION, TRANSMISSION OR DISTRIBUTION
60Enabling technologies or technologies with a potential or indirect contribution to GHG emissions mitigation
10Energy storage
出願人 MITSUBISHI CHEMICALS CORP
三菱化学株式会社
発明者 AOSHIMA NORIYUKI
青島 敬之
SOGA IWAO
曽我 巌
代理人 長谷川 曉司
発明の名称
(EN) SECONDARY BATTERY
(JA) 二次電池
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To improve safety during over-charge.

SOLUTION: This secondary battery comprises a battery element having a positive electrode and a negative electrode, closed in a case formed of an exterior material, the case having a wrapping portion for wrapping the battery element with side walls and upper and lower bottoms and junction piece portions for joining at least parts of the peripheral edges of the exterior material. At least parts of the junction piece portions are bent along the side walls of the wrapping portions. In the case that fastening strength test is performed, the bent junction piece portions are fastened to the side walls at such a strength that they can sustain angles of 45 or less to the side walls: the fastening strength test involves continuous charge of the battery having a voltage of 3 V in an upper limit voltage range of 10 V at a current of 1.8C for 200 minutes, where 1C is a current value for one-hour discharge of a capacity obtained by charging the battery at a constant voltage of 2.7 V to 4.2 V until the current value is zero.

COPYRIGHT: (C)2002,JPO

(JA)


【目的】 過充電時の安全性を向上させる。


【解決手段】 正極及び負極を有する電池要素が、外装
材からなるケース内に密閉されてなり、該ケースは、側
壁部及び上下底部によって電池要素を被包してなる被包
部と、前記外装材の少なくとも一部の周縁部同士が接合
されてなる接合片部とを有してなる二次電池において、
少なくとも一部の前記接合片部が前記被包部の側壁部に
沿って折曲されてなり、且つ、下記固着強度試験を行な
った場合に、前記折曲された前記接合片部が、前記側壁
部に対して45度以下の角度を維持できる程度の強度で
前記側壁部に固着されてなることを特徴とする二次電
池。


固着強度試験


電池電圧が3Vにある電池を、上限電圧を10Vとした
範囲で、1.8Cの電流で200分間充電し続ける。

だし、1Cは、電池電圧2.7Vから4.2V定電圧で
電流値が0になるまで充電して得られた容量を1時間で
放電するための電流値である。