処理中

しばらくお待ちください...

PATENTSCOPE は、メンテナンスのため次の日時に数時間サービスを休止します。サービス休止: 火曜日 27.07.2021 (12:00 午後 CEST)
設定

設定

出願の表示

1. JP2000202204 - 液中の気泡含有量の制御方法及び装置

官庁
日本
出願番号 1999006860
出願日 13.01.1999
公開番号 2000202204
公開日 25.07.2000
特許番号 3831136
特許付与日 21.07.2006
公報種別 B2
IPC
B01D 19/02
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
D分離
19液体の脱気
02泡の消散または防止
G01N 29/02
G物理学
01測定;試験
N材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
29超音波,音波または亜音波の使用による材料の調査または分析;超音波または音波を物体内に伝播させることによる物体内部の可視化
02流体の分析
出願人 BABCOCK HITACHI KK
バブコック日立株式会社
発明者 YOSHIKAWA HIROBUMI
吉川 博文
MIYATA TERUFUMI
宮田 輝史
TAKAMOTO NARUHITO
高本 成仁
HASHIMOTO YASUKI
橋本 泰樹
代理人 松永 孝義
発明の名称
(EN) METHOD FOR CONTROLLING BUBBLE CONTENT IN LIQUID AND DEVICE THEREFOR
(JA) 液中の気泡含有量の制御方法及び装置
要約
(EN)

PROBLEM TO BE SOLVED: To add an antifoaming agent so that the liq. level in a tank is kept constant.

SOLUTION: (1) A pipeline in which a slurry or an aq. soln. flows is irradiated with an ultrasonic wave, the bubble content is measured from the reduction rate, and an antifoaming agent is added to control the content in a specified range. (2) The consumed power of an agitator 7 for agitating the slurry or soln. is measured, and the antifoaming agent is added so that the content is controlled in a specified range. (3) The consumed power of a pump 12 for sending the slurry or soln. is measured, and the antifoaming agent is added so that the content is controlled in a specified range. As the result of (1), (2) or (3), the liq. level in the tank 6 is kept constant. This method can be applied when the bubbles in a liq. absorbent having absorbed the SOx in the waste gas of a desulfurizer are eliminated.

COPYRIGHT: (C)2000,JPO

(JA)


【課題】 タンク内の液レベルを一定に維持するように
消泡剤の添加を行うこと。


【解決手段】 1)スラリまたは水溶液が流れている配
管に超音波を照射し、その減退率から気泡含有量を測定
し、その含有量が所定の範囲になるように消泡剤を添加
することにより、2)スラリまたは水溶液を撹拌する撹
拌機の消費動力を測定し、その含有量が所定の範囲にな
るように消泡剤を添加することにより、または3)スラ
リまたは水溶液を送液するポンプの消費動力を測定し、
その含有量が所定の範囲になるように消泡剤を添加する
ことにより、それぞれタンク内の液レベルを一定に維持
できるようになる。
脱硫装置の排ガス中の硫黄酸化物を
吸収した吸収液中の気泡を消す場合に適用できる。