国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (EP2980427) SLIDE BEARING ASSEMBLY

官庁 : 欧州特許庁(EPO)
出願番号: 15178562 出願日: 28.07.2015
公開番号: 2980427 公開日: 03.02.2016
公報種別: A1
指定国: AL, AT, BA, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LI, LT, LU, LV, MC, ME, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR
IPC:
F16C 17/18
F16C 17/22
F16C 32/06
F16C 33/04
F16C 33/10
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
17
専ら回転運動のためのすべり軸受
12
荷重方向に関係しないで特徴づけられるもの
18
低速で回転できる浮動軸受金または浮動ブッシュをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
17
専ら回転運動のためのすべり軸受
12
荷重方向に関係しないで特徴づけられるもの
22
熱膨張を補充する配列をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
32
その他の軸受
06
軸の運動以外に,少なくとも広区域にわたって形成された流体クッションにより支持された運動部材をもつもの,例.静圧空気軸受
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
02
すべり軸受の部品
04
軸受金;ブッシュ;ライニング
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
33
軸受部品;軸受または軸受部品の特別な製造方法(金属加工または類似の操作は関係クラスを参照)
02
すべり軸受の部品
04
軸受金;ブッシュ;ライニング
06
おもに金属で作られたすべり面
10
潤滑に関する構造
CPC:
F16C 32/0633
F16C 17/02
F16C 17/18
F16C 17/22
F16C 17/24
F16C 23/045
F16C 32/0688
F16C 33/043
F16C 33/046
F16C 33/1025
F16C 33/1055
F16C 33/1075
F16C 2361/61
出願人: ROLLS ROYCE DEUTSCHLAND
発明者: LÜCK RUDOLF
優先権情報: 102014110907 31.07.2014 DE
発明の名称: (DE) GLEITLAGERVORRICHTUNG
(EN) SLIDE BEARING ASSEMBLY
(FR) DISPOSITIF DE PALIER LISSE
要約: front page image
(DE) Es wird eine Gleitlagervorrichtung (1) mit einem inneren ringförmigen Innenelement (5), wenigstens einem das Innenelement (5) in radialer Richtung (7) der Gleitlagervorrichtung (1) umfassenden wenigstens annähernd ringförmig aus geführten Zwischenelement (11) und einem das wenigstens eine Zwischenelement (11) in radialer Richtung (7) der Gleitlagervorrichtung (1) umfassenden ringförmigen Außenelement (9) beschrieben. Das Innenelement (5) ist relativ zu dem Außenelement (7) und das wenigstens eine Zwischenelement (11) ist relativ zu dem Innenelement (5) und relativ zu dem Außenelement (7) drehbar. In einem Grundzustand der Gleitlagervorrichtung (1) ist das Innenelement (5) zu dem wenigstens einen Zwischenelement (11) in radialer Richtung (7) der Gleitlagervorrichtung (1) und das wenigstens eine Zwischenelement (11) zu dem Außenelement (9) beabstandet. Das Innenelement (5) und das Außenelement (7) sind mit einem metallischen Werkstoff und das wenigstens eine Zwischenelement (11) mit einem nichtmetallischen Werkstoff ausgeführt.