このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (CA2297267) METHOD FOR FILLING CONTAINERS AND INSTALLATION THEREFOR

官庁 : カナダ
出願番号: 2297267 出願日: 20.07.1998
公開番号: 2297267 公開日: 04.02.1999
特許番号: 特許付与日: 18.03.2003
公報種別: C
PCT 関連事項: 出願番号:FR1998001577 ; 公開番号: クリックしてデータを表示
IPC:
B67C 3/12
B67C 3/10
B67C 3/24
B67C 3/26
B 処理操作;運輸
67
びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封;液体の取扱い
C
他に分類されないびん,広口びん,缶,たるまたは類似した容器の液体または準液体の充填,排除;じょうご
3
液体または準液体のびん詰め;びん詰め機またはこれに類似の装置を用いる広口びんまたは缶への液体または準液体の充てん;たるへの液体または準液体の充てん
02
液体または準液体のびん詰め;びん詰め機またはこれに類似の装置を用いる広口びんまたは缶への液体または準液体の充てん
06
逆圧を用いるもの,すなわち容器内に背圧をかけて充てんするもの
12
圧力制御装置
B 処理操作;運輸
67
びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封;液体の取扱い
C
他に分類されないびん,広口びん,缶,たるまたは類似した容器の液体または準液体の充填,排除;じょうご
3
液体または準液体のびん詰め;びん詰め機またはこれに類似の装置を用いる広口びんまたは缶への液体または準液体の充てん;たるへの液体または準液体の充てん
02
液体または準液体のびん詰め;びん詰め機またはこれに類似の装置を用いる広口びんまたは缶への液体または準液体の充てん
06
逆圧を用いるもの,すなわち容器内に背圧をかけて充てんするもの
10
不活性のガス,例.二酸化炭素,の予備充てん
B 処理操作;運輸
67
びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封;液体の取扱い
C
他に分類されないびん,広口びん,缶,たるまたは類似した容器の液体または準液体の充填,排除;じょうご
3
液体または準液体のびん詰め;びん詰め機またはこれに類似の装置を用いる広口びんまたは缶への液体または準液体の充てん;たるへの液体または準液体の充てん
02
液体または準液体のびん詰め;びん詰め機またはこれに類似の装置を用いる広口びんまたは缶への液体または準液体の充てん
22
細部
24
びんの支持又は取扱いのための装置
B 処理操作;運輸
67
びん,広口びんまたは類似の容器の開封または密封;液体の取扱い
C
他に分類されないびん,広口びん,缶,たるまたは類似した容器の液体または準液体の充填,排除;じょうご
3
液体または準液体のびん詰め;びん詰め機またはこれに類似の装置を用いる広口びんまたは缶への液体または準液体の充てん;たるへの液体または準液体の充てん
02
液体または準液体のびん詰め;びん詰め機またはこれに類似の装置を用いる広口びんまたは缶への液体または準液体の充てん
22
細部
26
充てん頭部;びんの首部に充てん頭部を嵌合させる装置
出願人: SIDEL
発明者: EMMER, GERARD
優先権情報: 97/09546 22.07.1997 FR
発明の名称: (EN) METHOD FOR FILLING CONTAINERS AND INSTALLATION THEREFOR
(FR) PROCEDE POUR LE REMPLISSAGE DE RECIPIENTS, ET INSTALLATION POUR LA MISE EN OEUVRE
要約: front page image
(FR) Pour remplir un récipient (8) en matière plastique lorsque celle-ci est encore chaude et déformable sans le détériorer, lorsque le remplissage comporte une phase (17; 13) au cours de laquelle une différence de pression notable apparaît entre l'intérieur du récipient et l'ambiance extérieure à l'installation de remplissage, au moins durant une partie de ladite phase, on place le récipient dans une enceinte (9) étanche l'isolant de l'extérieur et on modifie (18; 12) la pression à l'intérieur de l'enceinte pour réduire, voire annuler, la différence de pression entre l'intérieur et l'extérieur du récipient. L'invention est applicable au remplissage de récipients en matière plastique, avec des boissons gazéifiées et/ou à leur remplissage après une phase de mise sous vide de leur volume intérieur, immédiatement après leur fabrication par soufflage.


また、:
MXPA/a/1999/011783KR1020010022035ES2189221BRPI9811520EP0998424US6220310
JP2001510768 CN1265079DE000069810116AU1998088128FR2766473WO/1999/005061