処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

出願の表示

1. WO2022092099 - 美容方法

公開番号 WO/2022/092099
公開日 05.05.2022
国際出願番号 PCT/JP2021/039524
国際出願日 26.10.2021
IPC
A61K 8/81 2006.1
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
18組成に特徴があるもの
72有機高分子化合物を含むもの
81炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によって得られるもの
A61K 8/02 2006.1
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
02特別な物理的形態に特徴があるもの
A61K 8/34 2006.1
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
18組成に特徴があるもの
30有機化合物を含むもの
33酸素を含むもの
34アルコール
A61K 8/35 2006.1
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
18組成に特徴があるもの
30有機化合物を含むもの
33酸素を含むもの
35ケトン,例.キノン,ベンゾフェノン
A61K 8/86 2006.1
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
K医薬用,歯科用又は化粧用製剤
8化粧品あるいは類似化粧品製剤
18組成に特徴があるもの
72有機高分子化合物を含むもの
84炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られるもの
86ポリエーテル
A61Q 17/00 2006.1
A生活必需品
61医学または獣医学;衛生学
Q化粧品または類似化粧品製剤の特殊な使用
17防護剤;外部の影響,例.日光,X線もしくは他の有害光線,腐食物質,バクテリア,またはこん虫の針,から防護するため皮膚に直接接触させる製剤
出願人
  • 花王株式会社 KAO CORPORATION [JP]/[JP]
発明者
  • 内山 雅普 UCHIYAMA, Masayuki
  • 浅見 信之 ASAMI, Nobuyuki
  • 木村 光 KIMURA, Hikaru
  • 笹岡 俊 SASAOKA, Shun
代理人
  • 特許業務法人アルガ特許事務所 THE PATENT CORPORATE BODY ARUGA PATENT OFFICE
優先権情報
2020-18393902.11.2020JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (ja)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) BEAUTY METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE BEAUTÉ
(JA) 美容方法
要約
(EN) Provided is a beauty method in which the skin is adequately protected from irritation from the interior and/or irritation from the exterior of the skin. The present invention pertains to a beauty method carried out by protecting the skin, the method having a step (step I) for applying a coating comprising deposits containing fibers having an average fiber diameter of 0.01 to 7 μm onto the skin and holding the coating for 1-12 hours.
(FR) L'invention concerne un procédé de beauté dans lequel la peau est suffisamment protégée contre l'irritation de l'intérieur et/ou l'irritation de l'extérieur de la peau. La présente invention concerne un procédé de beauté mis en oeuvre par protection de la peau, le procédé comprenant une étape (étape I) pour appliquer un film comprenant des dépôts contenant des fibres ayant un diamètre moyen de fibre de 0,01 à 7 µm sur la peau et maintenir le film pendant 1 à 12 heures.
(JA) 皮膚外部からの刺激及び/又は内部からの刺激から皮膚を適切に保護する美容方法を提供する。 本発明は、平均繊維径0.01~7μmの繊維を含む堆積物からなる被膜を皮膚上に適用し、1~12時間保持する工程(工程I)を有する、皮膚を保護することによる美容方法に関する。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報